>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【3ヶ月で習得】独学でデザイナーになるための3つのスキルと効率的に学ぶ7つのコツ

「Web系のデザイナーとして稼ぎたいけど、独学でも大丈夫なのかな?」

今回はそんなお悩みを抱えている人に向けた記事になっています!

現在、在宅勤務は脚光を浴びており、特に「デザイナー」は家でもできる仕事として注目度も高いです。

本記事では、名刺を作ったり、バナーを作成したりするWeb系のデザイナーに独学でなる方法を紹介します。その他にも、効率よく学ぶコツも分かりやすく解説していきますね!

【独学でも習得すべき】デザイナーに必要なスキル3選

デザイナーに独学で目指す前に、まずは必要なスキルを確認していきましょう!

  1. デザインの基礎
  2. Photoshop・Illustratorが使用できること
  3. HTML・CSSのコーディング

上記3つのポイントについて、それぞれ解説していきます。

【デザイナーの必要スキル1】デザインの基礎

デザイナーとして稼ぐためには、基礎知識を身につけることが必要です。

デザインは感覚や生まれつきのセンスによるものと思われるかもしれません。しかし、きちんとした理論があります。例えば、配色や配置、文字のフォントなどは、カッコよく見せるためのルールがあるのです。

基礎をしっかりと固めることで、センスの良いデザインを作成することができます。

デザイナーとして稼ぐためには、

  • そもそもデザインとはなんなのか?
  • どうやったらセンスがいいものを作れるのか?
  • デザインの目的に合った色の使い方とは?

などを学習しましょう!

▼デザイナーになるための勉強方法▼
【3ヶ月で習得】独学でデザイナーになるための3つのスキルと効率的に学ぶ7つのコツ >>【3ヶ月で習得】独学でデザイナーになるための3つのスキルと効率的に学ぶ7つのコツ

【デザイナーの必要スキル2】Photoshop・Illustratorが操作できること

デザイナーを目指すのなら、PhotoshopIllustratorの操作スキルを身につけることが大切です。

こちらはデザイン専用のソフトで、写真を加工したり、バナー・広告を作ったりするときに必要になります。

「デザイナーなら使えて当たり前のソフト」といっても過言ではありません!

そのため、デザインで稼ぎたいのなら、PhotoshopやIllustratorの操作スキルは必須です。操作方法は、本やWebサイト、専用講座などで身につけることができます。

▼独学でphotoshopを身につける方法▼
【保存版】初心者が0円でPhotoshopを独学マスターする極意を徹底解説 >>【初心者必見】Photoshopの独学は難しい?効率よく学べる2つの方法を徹底解説

▼独学でIllustratorを身につける方法▼
【保存版】初心者が0円でIllustratorを独学マスターする極意を徹底解説 >>Illustratorは独学できる! 成功する勉強法と3つのモチベーション維持方法を紹介【未経験OK】

【デザイナーの必要スキル3】HTML・CSSのコーディング

HTMLCSSなどのコーディングもできるといいでしょう。

HTML・CSSとは、ざっくり説明するとホームページを作ったり、デザインをしたりするのに必要な言葉のようなものです。Webサイトをかっこよくデザインするには必要なスキルになります。

HTML・CSSのコーディングは、プラスαで習得しておきたいものです。Webデザインまでできると仕事の幅も広がるので、身につけておいて損はありません。専用の本も販売しているので、1度確認しておくのもいいでしょう!

「自分だけでは学習するのは難しそう」という人は、Skill Hacksがおすすめ。分からないことがあれば、講師に何度でも質問可能です!しかもLINE@でサクッと疑問を解決できますよ。

【2~6か月】デザイナーに独学でなる場合、どのくらいの期間が必要?

「独学でデザイナーになるにはどのくらいかかるのかな」と、疑問を持たれる方もいらっしゃるのではないでしょうか?人にもよりますが、全くのデザイン未経験者であれば6か月以上かかることもあります。

どこまでの仕事をこなせるようになるかというゴールでも必要な期間は変わってきます。案件別に目安を以下にまとめてみました。

  • バナーやアイキャッチ作成:約2〜3ヶ月
  • Webデザイン:約6か月

Webデザインの場合、Photoshop・illustratorの操作スキルに加えてコーディングを学習する必要もあります。そのため、必要な期間が少し長くなっているのです。

当メディアが紹介するDesign Hacksでは、バナー・アイキャッチに加え、1枚もののWebページを作るツールの使い方まで教えており、2~3ヶ月で受講が完了します。5回の課題提出もあるので、実践的なスキルも身につけることが可能です。

受講後は、卒業生限定のお仕事案内所へ招待!コンペも定期的に開催されています。効率的にスキルを身につけて、すぐに稼げるようになりたい人におすすめですね。

▼バナー作成の仕事内容をより詳しく解説▼
【完全ガイド】バナー作成の副業の始め方!相場や必要なスキル・仕事の取り方まで伝授【月5万円も可】 >>【完全ガイド】バナー作成の副業の始め方!単価や必要なスキル・仕事の取り方まで伝授

【効率よく学ぶために】独学でデザイナーを目指す際に行いたい7つの方法

独学でデザインを身につけるには、いくつかコツがあります。ここでは独学する場合に意識すべきことを7つ紹介します。

  1. デザイナーの目標をハッキリさせる
  2. デザインを模倣してみる
  3. 自分が好きなデザインを分析し、実際に作成する
  4. 分からないことは自分で調べるクセをつける
  5. 作ったデザインを発信してみる
  6. ポートフォリオを作成する
  7. 実際にデザインの仕事をしてみる

ぜひ取り入れてみてください。

【効率よくデザインを学ぶ方法1】
デザイナーの目標をハッキリさせる

独学でスキルを習得しようとするとモチベーションが下がったり、勉強が続かなかったりします。その原因は、目標やゴールがハッキリしていないせいかもしれません。

具体的には、

  • 在宅で毎月5万円稼ぐ
  • デザイナーとして正社員で働きたい

などですね。自分がどうなりたいのか?を具体的に決めてから学習に取り組むことをおすすめします。

目標が決まれば自然とやるべきことが見えてきます!紙に書き出すなどして、自分のゴールを明確にしましょう。

【効率よくデザインを学ぶ方法2】
デザインを模倣してみる

自分が再現したいと思うデザインを模倣したり、トレースしたりするのもおすすめです。これは身につけたスキルを実践してみるということになります。

デザインを再現しようとすることで、「どうやってこの作品はできているのか?」を具体的に学ぶことができるのです。

知識だけを身につけるだけではデザイナーになれません。アウトプットも意識して行っていきましょう!

【効率よくデザインを学ぶ方法3】
自分が好きなデザインを分析し、実際に作成する

ある程度デザインのスキルがついてきたら、自分が好きなデザインを分析して、実際に作ってみましょう

具体的な流れを解説していきますね。

  1. まずは自分が好きだと思うデザインが集まった本を買ったり、ネット等で調べたりしましょう。
    InstagramやPinterestなどでも見つかりやすいので活用してみてください。
  2. 続いてデザインの「どこが好きだと思うのか」を自分なりに分析・書き出してみましょう。
  3. その後、分析した要素を取り入れたデザインを実際に作ってみます。バナーや名刺、チラシなど自分の作成したいものを選びましょう。

模倣やトレースとはちがい、オリジナルのデザインを作ることになります。「難しそう…」と思う人もいるでしょう。しかし、最初から上手くやろうと思わないでOK。慣れていくことが大切なので、どんどんチャレンジしていきましょう!

【効率よくデザインを学ぶ方法4】
分からないことは自分で調べるクセをつける

実際にデザインを作っていると分からないことがほとんどです。最初からすんなりできる人はほとんどいません。

不明な点が出てきたときは、自分で本やネットで調べるクセをつけましょう。自分の力で解決することで、よりスキルを身につけやすいからです。

どうしても分からないことがあれば、人に聞いてみるのもいいでしょう。近くに聞ける人がいない場合は、デザイナーが集まるオンラインサロンやSNSなども活用してみるといいですね。

なお、当メディアで提供するDesign Hacksならば、講師に質問無制限。調べてわからないことはすぐに確認できる環境にあるので、安心して独学できます。

【効率よくデザインを学ぶ方法5】
作ったデザインを発信してみる

SNSなどで自分の作品を発信してみましょう!デザイナーとして活動していることのアピールにもなります。

なお、デザイナーが集まるコミュニティがあります。そこに作品をアップしてフィードバックをもらうという方法もいいでしょう。同じデザイナーという目線であなたの作品を見てもらえるので、勉強にもなるはずです。

余談にはなりますが、SNSから仕事をゲットできちゃうことも!私の知り合いで毎日Twitterにイラストをアップしていた人がいました。なんとその絵が気に入られ、noteの挿絵を描くお仕事をゲットすることができてたのです!

このように自分から発信をすることで、案件を獲得できるというメリットもあります。

【効率よくデザインを学ぶ方法6】
ポートフォリオを作成する

ポートフォリオとは、作品集のことで「自分がこれだけのデザインを作れますよ!」とアピールするためのものです。デザイナーとして転職する際や副業として仕事を取ってくるときにもあった方が有利でしょう。

なお、ポートフォリオには自己紹介使ったソフト作品の紹介などを記載していきます。作り方が分からないという方は、他人の作品集を見て、書き方やアピール方法などを参考にするのも良いでしょう。

ただ、いままでポートフォリオをで作ったことがないという方も多いのではないでしょうか?どんな風に作れば案件を獲得しやすいのかも、なかなかピンとこないですよね。

そんな方におすすめしたいのが、Design Hacksです。こちらの講座では、デザインの基礎スキルだけではなく、ポートフォリオの作り方までサポート!なお、分からないことがあればLINE@から何度でも質問できちゃうのも安心です。

▼未経験向けポートフォリオの作り方▼
【保存版】未経験デザイナー向け爆売れポートフォリオの教科書 >>【完全ガイド】デザイナーのポートフォリオサイト作りの教科書【未経験でも0からわかる】

【効率よくデザインを学ぶ方法7】
実際にデザインの仕事をしてみる

ある程度スキルが身についてきたら、実際に仕事を行ってみましょう

案件をこなすことで、

  • デザインの相場を知ることができる
  • 字際に仕事を請け負うことでデザイナーのイメージが掴める
  • デザインの練習にもなるしお金ももらえる

というメリットがあります。

クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングを活用してお仕事を探してみましょう!

▼未経験からOKな仕事の探し方を詳しく紹介!▼
【未経験OK】デザイナーとして稼ぐ3つの方法と収益を安定させる4つの条件 >>【未経験OK】デザイナーとして稼ぐ3つの方法と収益を安定させる4つの条件

【レッツチャレンジ】独学でデザイナーになるための4つのノウハウ

独学でデザイナーになる方法は、主に下記4つです。

  1. 本で学ぶ
  2. ネット・YouTubeから勉強する
  3. 専門スクールに通う
  4. オンライン講座講座を活用する

それぞれの注意点もあるので、しっかり確認していきましょう!

【独学でデザイナーになる方法1】本で学ぶ

デザイン未経験の人は、本から勉強しはじめるのも良いでしょう。

本のメリットは、体系的に学習できること。デザインが全く分からない人も基礎からスキルを身につけることができます。

なお、学習したい内容によってもどの本を読むかは変わります。そのため、勉強したい内容や目的をはっきりさせると良いですね。

▼デザイナーを目指す人におすすめな本を紹介▼
【2022年版】デザイナーを目指す本:初心者におすすめする7冊【未経験OK】 >>【2022年版】デザイナーを目指す本:初心者におすすめする7冊【未経験OK】

【独学でデザイナーになる方法2】ネット・YouTubeから勉強する

ネット・YouTubeでデザインのノウハウを学習することができます。

検索ワードによっては、自分の知りたいことをピンポイントで調べやすいというメリットがあります。お金をかけずに学べるので、費用をかけたくない人にはおすすめです。

一方、デザイン初心者は「なにから検索していいか分からない」という場合もあるでしょう。その他にも、疑問が出てきたときに質問ができないケースもあります。

【独学でデザイナーになる方法3】専用スクールに通う

独学でデザイナーを目指すなら、専用のスクールに通うという手も良いでしょう。

きちんとした講師に教えてもらえるので、スキルが身につきやすいです。さらに、分からないことがあっても質問できるというのもデザイン初心者にはおすすめなポイント。

一方、費用が高いというデメリットもあります。

デザインのスクールでは、CodeCamp(コードキャンプ)やTECHACADEMY(テックアカデミー)は有名どころ。それぞれの費用を表にザックリとまとめてみました。

CodeCamp(コードキャンプ)148,000円~
TECHACADEMY(テックアカデミー)149,000円~(学生:129,000円~)

上記を確認すると、受講するには10万円以上必要になります。気軽に始められる値段ではないですよね。

さらに、通学するスクールだと時間を作って通わなければなりません。働きながら、家事・育児をしながらでは難しいのがデメリットです。

▼講座の探し方とおすすめを紹介▼
【挫折しない】イラストレーター向け講座おすすめ9選【Adobe PhotoshopやIllustratorデザインも学べる】 >>【挫折しない】PhotoshopやIllustratorの講座おすすめ4選と効果的に活用する選び方

【独学でデザイナーになる方法4】オンライン講座を活用する

オンライン講座は専用スクールとは違い、通う必要がありません

なお講義は動画のため、仕事・子育てが忙しい人や近くに専門スクールがない方にもおすすめ!費用もスクールと比べると安価なので、初期投資をできるだけ下げることも可能です。

ただし、質問を受け付けていないところや回数制限があるところもあるので選ぶ際は注意しましょう!

当メディアが紹介するDesign Hacksでは、

  • 費用は59,800円(税込)の買い切りで追加費用は一切かからない
  • 質問はLINE@で何度でもすることが可能
  • 5回の添削講義つき
  • ポートフォリオの作り方、仕事の取り方までしっかりサポート 

という特徴があります。お金はあまりかけたくないけど、デザイナーとして実践的なスキルを身につけたい人におすすめです!

独学でデザイナーを目指すならDesign Hacks

Design Hacksならデザイン作成を0から学べて仕事にできる

  • 未経験でも2〜3ヶ月でデザイン作成のノウハウを取得
  • 5回の添削で改善点を意識しながらステップアップ
  • 無期限・無制限の質問サポート付き
  • 受講後はお仕事案内所に招待!卒業生限定の仕事にチャレンジ