>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【必読】値段の高いVYONDの価格を4万円OFFで購入する方法【料金プラン比較】

使いやすく、初心者でも簡単にアニメーションが作れると評判のVYONDですが、値段が高く購入に踏み出せない人もいるでしょう。

日本の代理店経由だと165,000円。さらに、購入できるプランは限られています。ちょっと買うのは躊躇しますよね。
でも4万円もお得に買う方法があるんです!

そこでこの記事では、VYONDについて、以下の点をご紹介します!

  • VYONDの各種プランの料金と特徴
  • VYONDのメリット・デメリット
  • 他のソフトとの比較
  • お得に買える裏技

少しでもお得にVYONDを手に入れたい方は、ぜひご一読ください。

VYONDの3つの購入方法

まずは、VYONDの販売店と料金プランについて説明します。

VYONDを変えるのは3箇所。

  • 海外サイト
  • 日本の代理店
  • Animation Hacks経由

それぞれ、交流できるプランや料金が異なります。メリット・デメリットあるので、ぜひ比較しながらご覧ください。

1. 海外サイトから自力で買う

ますは海外サイトから自力で買った場合について説明します。海外サイトから購入の場合は3つのプランから選べます。

Essential PlanPremium PlanProfessional Plan
年額払い$299(約33,000円)$649(約71,000円)$999(約110,000円)
月額払い$49(約5,400円)$89(約9,600円)$159(約17,000円)
3ヶ月払いなし$219(約24,000円)$399(約43,000円)

それぞれ、使える機能に差がありますので、簡単に解説していきますね。

しかし、先に結論から紹介すると「アニメーション作成の仕事で稼ぎたいと考えている人は、Professional Planが必須」ということは頭にいれておいてください。

※海外サイトから購入する場合は当然ですが、申し込みも全て英語になります。英語に自信がない方にはハードルが高いので、この後に説明する日本語で購入する方法を参照してください。

Essential Plan

  • VYONDのロゴが入ってしまう
  • 画質が低い(720p)
  • テンプレートが2種類しかない

無料体験の延長といった位置付けVYONDがどんなサービスか知りたい人向けのプランです。
VYONDのロゴが入り、画質が下がってしまうので、仕事には使えません。

ひと月だけ契約するならまだしも、年間契約は薦めないプランです。

Premium Plan

  • ロゴがなくなる
  • 3種類のテンプレートが使える
  • GIFとして書き出し可能
  • 通常の画質になる(1080p)

少し機能は改善されますが、まだまだできないことも多いです。フォントのダウンロードやオブジェクトの一括変更もできません。動画の共有もできないため、チームで制作するには不向きです。

個人でこだわりを持たずにアニメーションを制作する方はPremiumでも満足できるかもしれません。しかし、チームで共有できなかったり、フォントなどを選べずクライアントの要望にこたえられなかったりするので、外注の仕事を受けるには不十分です

Professional Plan

  • チームでの作成が可能
  • フォントのダウンロードが可能
  • 4種類のテンプレートが使える

Professional Planでは全ての機能を使うことができます

様々なフォントも使用できる様になり、テンプレートもペーパークラフト風の動画が作れるコモンクラフトが追加。
よりクオリティーの高い動画を作成できるようになります。

本格的にアニメーション制作をしたい人チームで動画を制作したい人は、Professional Planを選びましょう

2.日本の代理店で購入する

やはり海外サイトから直接購入するというのは値段も高いので心理的ハードルがありますよね。そこで、英語に自信がない人は日本の代理店を経由して購入するという方法もあります。

しかし、これにも2つのデメリットがあります。

  • Professional Planしか購入できない
  • 値段が165,000円(税込)と海外サイトよりも高額

1点目の「Professional Planしか購入できない」については、アニメーション動画を仕事にすることを考えている人はあまり気にしなくてOKです。どっちにしてもProfessional Planを購入することが最善手ですので。

しかし、問題は2点目の値段ですよね。海外サイトが約110,000円と考えると、165,000円はかなり高額に感じますよね…

 

そこで次に「日本語で購入できる&値段も適正」という方法を紹介するので、必ずチェックしましょう。

3. Animation Hacks経由で購入する

弊社が提供しているVYOND専門のアニメーション動画作成教材「Animation Hacks」をご購入していただくと…

  • 約11万円でVYONDを購入可能
  • AnimationHacksの講師が個別に対応
  • 受講生向けリンクから購入でAmazonギフト券1万円キャッシュバック

と、かなりお得に購入できます。実際に日本の代理店で購入した場合と比較してみましょう。

【日本の代理店で購入の場合】
165,000円

【Animation Hacks経由で購入】
VYOND代:110,000円

講座代  :59,800円ー10,000円(キャッシュバック)

=159,800円

購入額もお得でありながら、もちろんVYONDの使い方をまとめた50本以上の動画と無期限の質問サポートもついてきます。

日本の代理店で購入するなら「Animation Hacks」経由でご購入された方がお得ですので、ぜひご検討ください。

VYONDの料金は高い?アニメーションソフトを比較

では次に、VYONDの料金は高いのか他のアニメーションソフトと比較してみましょう。

まずは、それぞれのソフトの特徴を表にまとめたのでご覧ください!

VYONDVideoScribeDoodly
年間プラン$999
(約110,000円)
$168
(約18,000円)
$240
(約26,000円)
月額プラン$159
(約17,000円)
$35
(約3,500円)
$39
(約4,000円)
無料体験あり
(14日間)
あり(7日間)なし
日本語フォント利用可能◯利用不可×利用可能△
(要インポート)
操作性

このように比較すると、VYONDの価格はほかのソフトに比べても高いことがわかります。では具体的にどんな違いがあるのかみていきましょう。

VideoScribe(ビデオスクライブ)

VideoScribeも、VYOND同様にホワイトボード風のアニメーションを作成できるソフトです。

ただし、VideoScribeはVYONDに比べると機能に制限があります。

  • 日本語フォントが使えない
  • 素材が数百程度
  • 同時に2人以上のキャラクターを動かせない

このような縛りがあるので、完成した動画はVYONDに比べるとややチープな印象を受けます。実際の動画イメージは以下のとおりです。

特に日本語フォントを入力できないのが大きなデメリット。必要な場合は別でテロップを入れなければいけません。

とはいえ、コスト重視でホワイトアニメーションを作ってみたい方は、VideoScribeを選んでも良いでしょう。

Doodly

Doodlyは、VideoScribeやVYONDと比較すると、特別なメリットがありません。

日本語フォントは自分でインポートすれば利用できますが、最初から使えるVYONDと比べると面倒なもの。

標準で入っているフリー画像も少ないため、自ら素材を用意しなければなりません。また、無料お試し期間がないのもデメリットです。

価格はVideoScribeとVYONDの間ですが、安さで選ぶなら「VideoScribe」、使い勝手重視なら「VYOND」が良いでしょう。

なお、当メディアで提供するAnimation Hacksの受講生ならばVYONDが4万円引きで購入できます。お得にソフトを買えるのに、豊富な教材付きで質問が無制限!アニメーション制作スキルをしっかり身につけられたい方におすすめです。

VYONDのプランごとの違いとは?価格以外の違いを解説

 

VYONDの3つのプランには、価格以外の違いも複数あります。具体的には、以下のものです。

  1. ロゴ表示の有無
  2. ダウンロードできる動画の種類
  3. チーム作業の有無
  4. オリジナルキャラクターの作成

順番に見ていきましょう。

1. ロゴ表示の有無

ロゴ表示の有無は、プランごとに異なっています。

最も安価なEssentialプランだと、画面下にVYONDのロゴが表示されてしまいます。

しかしPremium・Professionalの2つのプランでは、ロゴが表示されることなく動画作成が可能です。

もしクライアントに納品する動画を作成するのであれば、画面下にロゴが表示されるのは不適切です。

自分のYouTubeに公開する動画ならまだいいのですが、不恰好で見た目の印象がよくありません。

個人の動画であっても、ロゴが表示されるEssentialプランは、できるだけ避けた方がいいでしょう。

2. ダウンロードできる動画の種類

VYONDは、3つのプランごとにダウンロードできる動画の種類が異なっています。

プランごとのダウンロードできる動画を、以下の表にまとめました。

料金プランダウンロードできるもの
Essential720pのmp4動画のみ
・Premium
・Professional
・720pのmp4動画
・1080pのmp4動画
・GIFファイル

2021年8月時点では、1080pの解像度の動画が主流になっています。

解像度が高い方が動画の質も高く見えるので、クオリティの面から考えてもPremiumかProfessionalプランがおすすめです。

3. チーム作業の対応

チーム作業とは、YouTubeチャンネルを複数人で運営することです。

チーム作業に対応できれば、動画作成を外部に委託できます。

しかし、VYONDでチーム作業に対応しているのは、Professionalプランのみ。

チーム作業をしたいなら、Professionalプランでの利用が必須です。

ただ、VYONDのプラン変更は、後からでも可能。

最初はEssentialかPremiumプランで使用し、チーム作業が必要になったらProfessionalプランに変更するのもひとつの手です。

4. オリジナルキャラクターの作成

VYONDでは、オリジナルキャラクターを使った動画作成も可能!

使用できるのは、以下3つのスタイルのキャラクターです。

  1. ビジネスフレンドリー
  2. ホワイトボード
  3. コンテンポラリー

どのキャラクターを作れるかは、プランごとに異なります。

Essential・Premiumプランで作れるのは、ビジネスフレンドリー・ホワイトボードの2つのみ。

しかしProfessionalプランなら、上記3つのスタイルすべてでオリジナルキャラクターを作成できます。

3つすべてのスタイルを使ったオリジナル性の高い動画を作りたいなら、Professionalプランで利用するのがいいでしょう。

【高いだけの価値はある?】VYONDのメリット

ここまで読んで、正直VYONDは高いなぁと思った方もいるのではないでしょうか。VYONDは値段なりの価値があるのか気になりますよね。

そこで、VYONDを導入するメリットを5つご紹介します。

  1. 初心者でもアニメーションが作れる
  2. 日本語フォントを使える
  3. 素材が多い
  4. 多彩な表現が可能
  5. 顔出しせずに動画を作れる

1. 初心者でもアニメーション動画が作れる

VYONDは、あらかじめ素材やテンプレートが用意されているため、簡単に動画を作ることができます。パワポのように直感的に操作でき、イラストが下手な方でも本格的な動画が作れるのです。

VYONDなら、動画を作ったことがない初心者の人でも、レベルの高いアニメーションが作れます

2. 日本語フォントを使える

VYONDなら、日本語のフォントも使うことができます。

実は、ほかのアニメーションソフトは日本語フォントを導入できません。そのため、毎回外部から画像を取り入れなければならず、かなり作業の手間がかかります。

日本語フォントを自由に使えるのは、VYONDならではのメリットです。

3. 素材が多い

VYONDはとにかく使える素材の数が多いことが特徴です。

キャラクター素材は数千種類もあるので、どれを使うか悩んでしまうほど。BGMや効果音も数百種類にのぼるので、動画がマンネリ化しません。

さまざまな状況に対応できるように、シチュエーションごとにたくさんの素材・背景も用意されています。

4. 多彩な表現が可能

VYONDは、表現の種類も多彩です。

ワイプの種類や動画の出し方、消し方など、動きのバリエーションも豊富。複数のキャラクターが同時に動かせないソフトもありますが、VYONDなら問題ありません。

そのため、アニメーションで表現したいことは大体全てできるのが、VYONDの特徴でありメリットです。

5. 顔出しせずに動画を作れる

VYONDで作れるのはアニメーションなので、顔出しなしで動画を作れます!

動画のジャンルによっては顔出ししないと不自然な場合もありますが、アニメーションなら出していなくても違和感がありません。

顔出しでの動画は、仮に有名になった場合に身バレの危険性があります。

しかし顔出ししなければ身バレのリスクもないので、安心して動画作成を行えるでしょう。

VYONDのデメリット

次にVYONDのデメリットを3つご紹介します。

  1. 料金が高い
  2. ソフトもサポートも英語
  3. アニメーションを気持ち悪いと感じる人もいる

順番に見ていきましょう。

1. 料金が高い

1つ目のデメリットは料金が高いことです。年間10万以上の費用を払うのは躊躇する方もいるのではないでしょうか。

次の項目でもご紹介しますが、他のソフトと比べてもかなり高い価格となっています。初期費用が高いのはデメリットですね。

2. ソフトもサポートも英語

現地サイトで購入した場合、購入画面から購入後のサポートまで全て英語です。

さらに、VYONDは日本語対応していないので、操作画面もすべて英語。せっかく多彩な素材があるのに、その素材を検索するための英語を調べないと使えません。

たとえば、吹き出しを利用したい場合、「吹き出し」の英訳を調べるところから始めないといけないのです。操作画面が英語なのは、知名度の高いアニメーションソフト共通ですが、英語が苦手な人にはハードルが高いですよね。

なお、英語が苦手で基本操作を理解するのが不安な方は、Annimation Hacksがおすすめです。
日本語の操作説明に、無制限の質問サポート付き!言葉のハードルを感じることなく、VYONDの使い方からテクニックまで学べます。

3. アニメーションを気持ち悪いと感じる人もいる

VYONDで使える3つのテイストの中で、特にビジネスフレンドリーを「海外寄りで気持ち悪い」と感じる人もいます。

VYONDが他のアニメーションソフトよりキャラクターが多いことも、好みが分かれる要因となっています。

ただ、VYONDを使った動画は多数で、再生数も多いです。

動画作成者側も、ほとんどの人がアニメーションの好みは気にせずVYONDを使っています。

VYONDがあまりに自分の好みに合わないなら無理に使わなくていいですが、そのようなことがないなら気にする必要はないデメリットです。

VYONDを実際に使っている人の口コミ

VYONDを使っている人が、どんな感想を持っているか気になるのではないでしょうか。

そこでネット上の声をもとに、VYONDの口コミを紹介します。

このように多くの人が、VYONDでのアニメーション作成に満足しています。

ただ動画作成・編集は簡単にできる作業ではないので、最初は慣れずに苦労するかもしれません。

しかしVYONDはアニメーションソフトの中では比較的操作しやすいので、次第に機能性の良さを感じられるでしょう。

【裏技】値段が高いVYONDをお得に使う方法3選

ここまで読んで、VYONDに興味をもった方に、お得に使える方法を3つ紹介します。

  1. 無料体験を使う
  2. 現地サイトで買う
  3. AnimationHacksを受講する

ぜひ、少しでも安くVYONDを手に入れてくださいね!

1. 無料体験

VYONDの体験版に登録すると、14日間無料で全ての機能を使うことができます。

無料トライアルの利用方法は、以下のとおりです。

  1. VYOND公式サイトにアクセス
  2. Try It Free」のボタンを押す
  3. SIGN UP WITH YOUR EMAIL ADDRESS」を押す
  4. 会員登録に必要な情報を入力
  5. I agree to the Terms of Service and have read the Privacy Policy」にチェック
  6. SIGN UP FOR A FREE TRIAL」クリック
  7. 入力したメールアドレス宛に届いたメールを確認
  8. Activate Your Account」をクリックしてアカウントを有効化

これで無料で体験版を使用することができます。

体験版では、動画を保存することができません。あくまで操作性の確認で使用しましょう。

ただし、体験版のデータは、本申込後も引き継ぎ可能。18か月間はトライアル中のデータが保存されるため、焦る必要はありません。
検討する猶予があるので安心ですね。

2. 現地サイトで買う

日本の代理店でVYONDを購入する場合、Professional Planのみの販売で値段も165,000円(税込)と高額です。

一方、現地のサイトであれば、Professional Planは約110,000円で購入することができます。ソフトはまったく同じもの。しかし、55,000円も安くなるです。

ただ、現地サイトで購入する場合は、全て英語になるので注意しましょう。

3. Animation Hacksを受講する

弊社が提供しているVYOND専門のアニメーション動画作成教材「Animation Hacks」をご購入していただくと…

  • 約11万円でVYONDを購入可能
  • AnimationHacksの講師が個別に対応
  • 受講生向けリンクから購入でAmazonギフト券1万円キャッシュバック

ほかの代理店より4万円ほど安くVYONDを手に入れられます。英語のやり取りの必要もないので安心ですね!

購入額もお得でありながら、もちろんVYONDの使い方をまとめた50本以上の動画と無期限の質問サポートもついてきます。

教材作成者は、実際にYouTubeでアニメーション動画を公開し、チャンネル登録者10万人超えの「ハック大学 ぺそ」さん。
実践に基づいて、理解されやすい動画づくりのコツを解説しています!本場アメリカに直接問い合わせて貯めた知見もギッシリ。

当メディアが自信をもって提供しているコンテンツです。

まだまだ作成できる人の少ないアニメーション動画。人より先にスキルを身につけてしっかり稼ぎたい方は、Animation Hacksがおすすめです!

  • 初心者からでも最短2〜3週間で仕事を取れるレベルでアニメーション動画のスキルが学べる
  • アニメーション動画は稼げる!卒業生が5分の動画で20万円の受注を獲得
  • 無期限の質問サポート付き
  • アニメーションソフトVYONDを約4万円お得に購入可能
  • Amazonギフト券1万円分のキャッシュバックあり