>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【稼げる】JavaScriptエンジニアができる副業の種類と報酬例【仕事の探し方も解説】

「副業でJavaScriptエンジニアになれる?」
「JavaScriptエンジニアが副業で稼ぐことはできる?」
「仕事はどうやって探すの?」

と疑問に思っていませんか?

副業が解禁される企業が増え、収入源を増やしたいと考える方も多いでしょう。せっかくJavaScriptエンジニアとしての能力があるなら、活用して損はありません。

そこでこの記事では、以下のことを解説していきます!

  • JavaScriptエンジニアとしてできる副業の種類と単価
  • 必要なスキル
  • 副業を探す方法
  • 副業のコツ

副業をするべきか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

監修者:平井 隆嗣 システム開発に加えてマーケティングまで対応し、集客や売上に貢献するエンジニア。 開発会社にて4年間の勤務をし、リーダーとして活躍したあとフリーランスとして独立。WordPress導入、デザイン、開発、アプリケーション開発などを幅広く手掛ける。
監修者:迫 佑樹 株式会社SkillHacks代表取締役。大学在学中からプログラミングスキルを身につけ、フリーランスエンジニアとして独立。 自身の経験を活かしプログラミングを教え、その知見からオンラインスクール事業Skill Hacksを運営。そのほか、実店舗ビジネスや知識プラットフォームBrainなどさまざまなビジネス経営中。

JavaScriptエンジニアとしてできる副業の種類と報酬

JavaScriptエンジニアといっても、副業の種類はいくつかあります。

ここで紹介するのは、副業の種類と報酬の目安です。

  • クラウドソーシング
  • 講師
  • ライター
  • 自主制作
  • ブログ運営
  • YouTube

自分に合う副業のスタイルがないか、確認しましょう。

【JavaScriptエンジニアの副業の種類1】クラウドソーシング

クラウドソーシングを使うと、JavaScriptの案件を簡単に探せます。

クラウドソーシングとは、仕事を探す側と発注する側を結ぶためのサービスです。

単発のWeb制作が多く発注されています。

実際にクラウドソーシングサイトで募集されている内容として、次のようなものがあります。

内容必須スキル報酬
投資信託で得られるポイントのをシミュレーションし、グラフ表示するシステムJavaScript、Ruby、CSS3万円
物販の在庫や価格を管理するシステム(基本骨格あり)JavaScript、PHP、MySQL、HTML時給2,000円
ブラウザから画像をアップロードし、受け取りと保存をするシステムJavaScript、PHP3〜5万円

 

【JavaScriptエンジニアの副業の種類2】講師

JavaScriptエンジニアとしての経歴が既に十分あれば、講師として副業できます。

インターネットで見つかる講師としての副業は、ほとんどがリモート業務を前提としています。

講師とはいえ、対面せずに教えられる案件もあるので人前に苦手な方でも安心して働けるでしょう。

副業向けに募集されている、具体的な仕事や単価の例は以下の通りです。

仕事内容報酬
課題の添削
質問対応
ビデオチャットによるアドバイス
時給1,500円〜2,000円
合計実稼働50時間のオンライン授業講師(単発案件)15万円
平日月3日程度
eラーニング受講者への質疑応答
日給1万円〜1.5万円

【JavaScriptエンジニアの副業の種類3】ライター

JavaScriptエンジニアの経験を生かし、プログラミングのノウハウや知識を記事にまとめる、ライターとしての副業です。

ライターというと難しいイメージがありますが、事前知識を持ってマニュアルを守れば仕事はサクサク進みます。

ライティング未経験でも、JavaScriptエンジニアとしての経歴が買われて仕事につながるでしょう。

単発、長期案件ともに募集されています。

実際に募集されている仕事と報酬の例は次の通りです。

仕事内容文字数報酬
if関数に関する記事(構成指定あり)4,000字文字単価1.2円〜
初心者向け記事(長期案件)2,000字記事単価6,000円
JavaScriptやHTML/CSSの解説記事指定なし記事単価の平均15,000円

【JavaScriptエンジニアの副業の種類4】自主制作

特定の契約を結ばず、JavaScriptで自主制作を行った副業ができます。

作成できるのは次のようなものです。

  • JavaScriptとHTML5によるスマートフォン向けアプリ
  • ブラウザ用ゲーム
  • Webサイト

有料で配信するか、ユーザーを集めて広告収入を得ることで副業にします。

稼げる金額はサービスの規模やユーザー数によりかなり変動しますが、中にはWebサイトの運営で月に数百万円稼いでいる人も。

努力次第で本業よりも稼げるでしょう。

▼アプリ開発で稼ぐ方法を解説▼
【メリット多数】アプリ開発で稼ぐ方法4選!おすすめ勉強法も合わせて解説 >>【メリット多数】アプリ開発で稼ぐ方法4選!おすすめ勉強法も合わせて解説

【JavaScriptエンジニアの副業の種類5】ブログ運営

JavaScriptエンジニアの知識を生かし、ブログを作って副業できます。

ユーザーのニーズに合う記事を書き、商品紹介でアフィリエイトをしたり、広告の表示回数に応じて報酬を得る仕組みです。

アフィリエイトで紹介する商材によっては、1度購入されるだけで1万円以上稼げるものも。

ある程度ブログへの訪問が安定すれば、半自動的に収入を得られます。

▼エンジニアブログで稼ぐコツとブログ開設のメリットを取材▼
【稼げない】ブログの副業はオワコン?月50万円稼いだ猛者に徹底取材 >>【稼げない】ブログの副業はオワコン?月50万円稼いだ猛者に徹底取材

【JavaScriptエンジニアの副業の種類6】YouTube

JavaScriptエンジニアという肩書きを生かし、簡単な授業動画をYouTubeに掲載して副業にできます。

本やWebサイトでは分かりにくい点を動画で丁寧に解説すれば、確かなニーズが生まれるでしょう。

動画ごとに表示される広告動画の再生実績で報酬が入る仕組みです。

0円からのスタートですがうまくいけば10万、100万円と大きく稼げます。

▼YouTubeで登録者数を増やすコツまとめ▼
【2020年版】YouTubeのチャンネル登録者数を増やす方法やコツ18選【完全ガイド】 >>【2020年版】YouTubeのチャンネル登録者数を増やす方法やコツ18選【完全ガイド】

JavaScriptエンジニアの副業で必要なスキル

JavaScriptエンジニアの副業を成功させるにはスキルアップが欠かせません。

こちらでは、JavaScriptエンジニアに必要なスキルを4つ紹介します。

  • HTML/CSS
  • jQuery
  • デザインツール
  • WordPress

自分に足りないものがあれば、率先して習得を目指しましょう。

【JavaScriptエンジニアに必要なスキル1】HTML/CSS

HTML/CSSはJavaScriptとセットで習得しておきましょう。

HTMLはWebサイトを作る基本となるマークアップ言語で、Webサイトの構造そのものを作ります。

もう1つのCSSは、HTMLで作った要素に見た目を付け加えます。

Progateのような学習サイトを使ったり、ある程度文法が理解できたら模写コーディングを行ったりすると、効率的に習得できますよ。

【JavaScriptエンジニアに必要なスキル2】jQuery

jQueryとは、JavaScriptでよく使われる機能をまとめたライブラリです。JavaScriptのライブラリのスタンダードとも言われています。

JavaScriptだけでもプログラミングはできますが、jQueryを一緒に覚えておいた方が仕事がはかどるでしょう。

JavaScriptだけで記述すると数十行にも及んでいたコードが、jQueryでは数行になることもあります。これにより、効率化が図れるのがメリット。また、jQueryを使えば、ブラウザの違いを吸収して同じコードが使えるのも特徴です。

さらに、非同期通信も簡単に実装できます。非同期通信とは、ページ全体を再読み込みせず、サーバーとの通信結果をページに表示すること。

たとえば、

  • 入力されたパスワードが間違っているときにエラーを出す
  • 検索で文字を打ち込んだとき関連する候補一覧を出す

など、たくさんの場面で利用されています。

このように、JavaScriptでのプログラミングを効率化できるので、jQueryの勉強を検討しましょう。

【JavaScriptエンジニアに必要なスキル3】デザインツール

デザインツールは、Webサイト作りに役立ちます。

アイコン作成や画像加工を自由にできるようになるからです。

背景の透過や色味の変更ができるようになると、よりイメージに近いサイト制作ができます。

IllustratorやPhotoshopなどの定番ソフトを使いこなせると、スムーズに副業ができますよ。

【JavaScriptエンジニアに必要なスキル4】WordPress

WordPressとは、オープンソースのブログ投稿システムです。

多くのメディア制作でWordPressが使われています。そのため、副業でも使用機会が多い上、ニーズの高さから高単価を期待できます。

WordPressの開発に使われているPHPも、一緒に習得しておくといいでしょう。

JavaScriptエンジニアの副業を探す方法

JavaScriptエンジニアとして副業をしようとは思っても、そのように案件を獲得すればいいのか最初は分からないですよね。

こちらでは、副業を探す方法を解説します。

  • クラウドソーシングサイト
  • オンラインサロン
  • SNSやブログの活用

それぞれ仕組みや特徴を確認しましょう。

【副業を探す方法1】クラウドソーシングサイト

クラウドソーシングを使うと、無料の会員登録で誰でも副業を始められます。

クラウドソーシングの中でも有名なサイトは、ランサーズやクラウドワークスです。

仕事を始める前にクライアントがサービス側にお金を預ける仮払い形式をとっているので、売り上げの回収が滞る心配がありません。

また、初心者向けの案件も多いので、副業を始めたばかりでもレベルにあった仕事に取り組めるでしょう。

ただし、システム利用料として報酬の2割程度の手数料がかかるサイトが多いので注意してください。

▼クラウドワークスとランサーズの違いはこちら▼

【診断】クラウドワークスとランサーズはどちらを使えばいい?特徴やおすすめの人を徹底比較

>>【診断】クラウドワークスとランサーズはどちらを使えばいい?特徴やおすすめの人を徹底比較

【副業を探す方法2】オンラインサロン

オンラインサロンとは、会費制で入会するコミュニティのことです。

本来は交流や情報収集の場であるオンラインサロンですが、副業探しにも使えます。

ビジネス系のオンラインサロンでは、サロンメンバー同士での仕事の受発注をサポートしているものがあるからです。

同じサロンで普段から交流している相手からの仕事なら、副業に慣れていなくても安心して受注できるでしょう。

クローズな場なので、特別な案件や高単価な案件に出会えるのもメリットです。

【副業を探す方法3】SNSやブログの活用

SNSやブログを副業探しに活用できます。

自分の思いや作品例を掲載し、能力のアピールに使えるからです。

クライアントの目に止まれば、クライアント側から仕事の提案が来る可能性があります。

また、受け身で待つだけでなく、仕事の募集情報がフォロワーから回ってくるかもしれません。

SNSやブログは簡単に開設できますので、仕事のルートの1つとして持っておきましょう。

JavaScriptエンジニアの副業のコツ

こちらでは、JavaScriptエンジニアが副業に失敗しないためのコツを紹介します。

  • ポートフォリオを持つ
  • 営業力を磨く
  • 継続案件を得る
  • スキルアップする

より高い収入を得るためにも確認しておきましょう。

【JavaScriptエンジニアの副業のコツ1】ポートフォリオを持つ

ポートフォリオを制作し、SNSやブログで公開しましょう。

ポートフォリオとは、過去の制作実績などをまとめたカタログのようなものです。仕事に応募する際に実力の裏付けとして使えます。

クライアントも、ポートフォリオを見て採用を決めることが多いです。

魅力的なポートフォリオで自分を売り込みましょう。

【JavaScriptエンジニアの副業のコツ2】営業力を磨く

副業は自分で仕事を獲得しなければならないので、営業力が必要です。

待っているだけで仕事が舞い込んでくるJavaScriptエンジニアは、ほんの一部。営業をおろそかにすると、そもそも仕事にありつけません。

さらに受け身な営業は、条件の悪い契約を結ばされてしまうリスクがあります。

積極的に提案や質問をしたり、仕事内容をよく見極めたりして営業を進めましょう。

【JavaScriptエンジニアの副業のコツ3】継続案件を得る

継続案件を得た方が、安定的な稼ぎに繋がります。

なぜなら、単発案件は仕事が終わるたびに振り出しに戻り、営業の手間がかかったり仕事がない空白期間を作る原因になったりするからです。

Webサイトの保守運用の仕事などを得られれば、固定のクライアントから継続的に報酬がもらえます。

【JavaScriptエンジニアの副業のコツ4】スキルアップする

JavaScriptエンジニアは需要が高い仕事とはいえ、副業を続けていくならスキルアップが欠かせません。

周りのエンジニアに実力が追い越されたり、知識の内容が古くなったりして、自分の市場価値が下がってしまうからです。

例えば、取り扱える言語を増やして仕事の幅を広げていくといいでしょう。

本業を並行してスキルアップをするなら、オンライン講座の利用がおすすめです。

オンライン講座なら自分の好きな時間に勉強を進められるので、スケジュールの確保がしやすいメリットがあります。

当メディアで提供しているFront Hacks(フロントハックス)では、講師に無制限で質問しながら疑問を残さずに学習できます。

本記事で紹介したHTML/CSSやjQueryもカリキュラムに含み、網羅的なスキルアップが可能です。

現役のJavaScriptエンジニアだけでなく未経験の方も利用できますので、ぜひご活用ください!