>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

サングラスで顔を隠してYouTuberになるのはあり【活躍している人もいる】

YouTuberになりたいけど顔出ししたくないな」と考えている人も、多いのではないでしょうか。

サングラスやマスクをすることで、顔出しせずにYouTube動画の撮影が可能です。「ラファエル」や「仮メンタリストえる」など、実際にマスクをして活躍しているYouTuberもいます。

ただ、サングラスやマスクをすると、表情が見えなかったり、声が聞こえにくかったりするなどのデメリットもあります。

顔出し無しでYouTuberになりたいのであれば、工夫をして動画を作る必要がありますね。

この記事では、サングラスなどで顔を隠してYouTuberになりたい方が気になる、以下のポイントを解説しています。

  • 顔を隠してYouTuberになるメリット・デメリット
  • 撮影や編集で意識すること
  • 動画を伸ばすためにやっておきたいこと

詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

YouTuberになりたいけどサングラスするのはあり?

サングラスなどて顔を隠してYouTuberになるのは全く問題ありません。

実際にサングラスやマスクをつけて動画投稿している方は、結構いるので紹介します。

白色の仮面やマスクとサングラスをつけて動画に出ているラファエルさんは有名ですよね。チャンネル登録者は173万人程となっています。

また、仮メンタリストえるさんも登録者37万人以上いるYouTuberです。白い仮面が特徴的ですね。

ガジェット系YouTuberの吉田製作所さんも、商品を撮影した動画を中心に流していて顔を出していません。

顔を出さないことで、身バレするのを防ぐことができます。プライバシーを守れるので、職場や知り合いにバレる可能性も低く、安心して動画投稿できますね。

ただ、音が聞こえにくかったり、表情が見えなったりするので要注意

撮影環境や編集に力を入れて、見やすい動画を作る必要があります。

サングラスなどで顔を隠してYouTuberになるメリット2選

サングラスなどで顔を隠してYouTuberになるメリットは以下の2つ。

  1. プライバシーを守れる
  2. 印象を残せる

それぞれ解説します。

【メリット1】プライバシーを守れる

自分の顔を隠すことで自分のプライバシーを守ることができます。

身バレを防ぐことができるので、副業禁止だったり、知り合いにバレたくなかったりした場合でも、安心して動画投稿が可能です。

サングラスだけでは足りない場合、仮面のようなマスクも検討できます。バレたくないのであれば、全体を隠せるものを選んでいきましょう。

【メリット2】印象を残せる

変わったサングラスやマスクを使えば、視聴者の印象に残すことができます。

先ほども紹介したラファエルさんや仮メンタリストえるさんは、白色の仮面を被っていてインパクトが非常に大きいです。

せっかくマスクやサングラスを使うのであれば、覚えやすいものを有効的に使っていきましょう。

サングラスなどで顔を隠してYouTuberになるデメリット3選

サングラスなどで顔を隠してYouTuberになるデメリットは以下の3つ。

  1. 感情が伝わりにくい
  2. 声がこもって聞こえることがある
  3. 隠していても身バレすることがある

それぞれ解説します。

【デメリット1】感情が伝わりにくい

サングラスなどをすると、表情が見えないので感情が伝わりにくいです。

笑顔や悲しい表情が見えないので、親近感を抱いてもらったり、共感してもらったりするのが少し難しいですね。

身バレを防ぐのが大事なので、伝わりにくいのは仕方ないと割り切るしかありません。効果音やテロップなどを使った編集で感情を伝えていきましょう。

【デメリット2】声がこもって聞こえることがある

マスクをしている場合、声が聞こえにくかったり、こもってしまったりすることがあります。口元を覆っているので仕方ない部分ですね。

カメラ本体のマイクだけでは聞こえにくい場合は、別でマイクを用意しましょう。また、編集でテロップを入れて、話している言葉を分かりやすくする工夫も必要ですね。

【デメリット3】隠していても身バレすることがある

マスクやサングラスで顔を隠していても身バレすることがあります。

  • 動画の内容
  • 部屋の内装

などが原因でバレてしまう可能性は0ではありません。実写で撮るのであれば、ある程度身バレする可能性があることを覚悟する必要があります。

絶対に身バレしたくないなら、アニメーションを使ったり、声優さんに録音を外注するなどの方法を取り入れたりすることを検討しましょう。

サングラスなどで顔を隠してYouTuberになる際に意識すること3選

サングラスなどで顔を隠してYouTuberになる際に、意識することは以下の3つ。

  1. 撮影環境に気をつける
  2. 伝わりにくい部分を編集でカバーする
  3. 顔出し必要無しのジャンルを選ぶ

それぞれ解説します。

【意識すること1】撮影環境に気をつける

撮影環境に気をつけましょう。

サングラスを利用する場合は、レンズに反射して部屋が見えてしまう可能性があります。身バレしてしまう可能性があるので注意が必要です。

また、マスクや仮面を利用する場合、口元を覆って音が拾いにくくないか、確認する必要があります。別でマイクを用意すると音が拾いやすくなり音質を高く保てるので、検討してみてください。

▼YouTuberむけおすすめマイクを解説▼
【2020年版】YouTuberにおすすめのマイク11選!撮影・録音方法の種類別に紹介 >>【2020年版】YouTuberにおすすめのマイク11選!撮影・録音方法の種類別に紹介

【意識すること2】伝わりにくい部分を編集でカバーする

サングラスなどが原因で伝わりにくい部分に関しては、編集でカバーしましょう

  • 効果音
  • BGM
  • エフェクト
  • テロップ

以上の部分を工夫して編集することで、感情を分かりやすく伝えることができます。

効果音やテロップで感情を表現する際におすすめのものを別記事で紹介しているので、参考にしてください。

▼YouTuberが使っている効果音を解説▼
大物YouTuberも使っているおすすめの効果音13選【クオリティUP】 >>【インパクト】大物YouTuberも使っているおすすめの効果音10選【クオリティUP】

▼YouTuberが使っているフォントを解説▼
【YouTuber御用達】おすすめのフォント11選【文字を活用してインパクトUP】 >>【YouTuber御用達】おすすめのフォント11選【文字を活用してインパクトUP】

【意識すること3】顔出し必要無しのジャンルを選ぶ

顔出しが必要ないジャンルを選ぶこともできます。

  1. ビジネス系
  2. 料理系
  3. ペット系
  4. アニメ・漫画の考察系
  5. ゲーム実況
  6. ラジオ系
  7. 商品紹介系
  8. 歌ってみた・踊ってみた系
  9. テロップで文字を流す・ナレーションをあてるタイプ

これらのジャンルは、顔を出さなくても動画を作ることができます。それぞれのジャンルで、実際に100万人以上の登録者がいるYouTuberも多いです。

別記事で詳しくまとめているので、参考にしてください。

▼顔出し無しでも稼げるYouTube動画のジャンルを解説▼
【2021】YouTubeで顔出しなしで稼げる人気ジャンル16選【登録者100万超も】 >>【2020】YouTubeで顔出しなしで稼げる9つのジャンルを徹底解説【100万超も】

また、アニメーションを使うことでも動画を作ることができます。自分の発信したいジャンルの動画をアニメーションで作れないか検討してみましょう。

アニメーションについて学びたいのであれば、当メディアが提供しているオンライン教材のAnimation Hacksで学ぶことをおすすめします。

約半年でチャンネル登録者数10万人超の副業YouTuber、ハック大学 ぺそさんによる分かりやすい動画教材に加え、以下の内容が学べます。

  • アニメーションソフトVYONDの使い方
  • アニメーション動画の作り方
  • デザインや表現方法

顔出しをしなくてもしっかり発信できる力が身につきますので、ぜひ参考にしてみてください。

サングラスなどで顔を隠してYouTuberになるならやっておくべきこと5選

サングラスなどで顔を隠してYouTuberになるならやっておくべきことは以下の5つ。

  1. YouTubeについて学ぶ
  2. 編集スキルを学ぶ
  3. 継続して動画投稿をする
  4. 伸びている動画やチャンネルを研究する
  5. SNSでも発信する

それぞれ解説します。

【やるべきこと1】YouTubeについて学ぶ

まずはYouTubeについてしっかり学びましょう。特にYouTubeのコミュニティガイドラインについて、しっかり勉強する必要があります。

コミュニティガイドラインとは、たくさんの人がYouTubeを楽しく利用できるように決められているルールのこと。違反してしまうと、チャンネルが消されてしまう可能性もあるので注意しましょう。

同時に、著作権についても勉強が必要著作権とは、作品を作った人が持っている所有権のこと。他人の作った音楽や絵を勝手に動画で使ってしまうと、著作権侵害で訴えられて賠償金を払うことになる場合もあります。

顔出ししないでYouTuberになるためにも、ルールを学びクリーンに動画投稿を行いましょう。

また、撮影環境やサムネイルの設定など、動画撮影や投稿方法についても知っておくべきです。クオリティの高い動画を作るためには基本を学んでおく必要がありますね。

YouTuberとしての基本を学びたいのであれば、オンライン講座のYouTube Hacksで勉強するのもおすすめです。

  • 分かりやすい動画教材
  • 登録者14万人のチャンネル運営者の質問し放題
  • 広告収益以外のマネタイズ方法を学べる

YouTubeの本質やジャンルの絞り方も学べるので、興味がある方はぜひ参考にしてください

【やるべきこと2】編集スキルを学ぶ

顔出ししないでYouTuberになるのであれば、高い編集力は必須です。

特に以下の3つのスキルは、感情をしっかり伝えるために必要ですね。

  • カット
  • テロップ挿入
  • 効果音

伸びている顔出し無し動画を分析して、どんな編集をしたら見やすいのか研究してみても良いですね。

YouTubeの動画編集に向いているソフトや、編集初心者の勉強方法を他の記事でまとめているので参考にしてください。

▼YouTube用の動画を編集するのにおすすめのソフトを解説▼
【スマホOK】YouTube動画編集の極意とおすすめソフト8選【無料&有料】 >>【スマホOK】YouTube動画編集の極意とおすすめソフト8選【無料&有料】

▼初心者向けの動画編集勉強法を解説▼
【保存版】動画編集初心者向け完全ガイド【勉強方法や編集ソフトの違いを解説】 >>【保存版】動画編集初心者向け完全ガイド【勉強方法や編集ソフトの違いを解説】

また、動画編集を本格的に勉強したいのであれば、オンライン講座のMovie Hacksがおすすめです。

  • 分かりやすい動画教材
  • 現役動画編集者に質問し放題
  • テロップだけでなくカットやSEまで学べる

動画編集の基本から応用まで学ぶことが可能です。Adobe Premiere Proを使用しているのであれば、ぜひ参考にしてみてください。

【やるべきこと3】伸びている動画やチャンネルを研究する

どんな動画が伸びているのか研究しましょう。伸びる動画の法則が分かるようになれば、自分の動画の再生数を伸ばすことができます。特に顔を出さない場合、動画のクオリティが高くなければ伸びにくいです。

研究対象は以下のようなチャンネルです。

  • 登録者数が少ないのに伸びている人
  • 自分と同ジャンルの投稿をして伸びている人

コメント欄や投稿者のSNSなどを見て、どんな人が視聴しているのか分析してみましょう。

また、自分のチャンネルもしっかり研究する必要があります。YouTubeの管理画面にある「アナリティクス」で、自分の動画の視聴者の属性や年代などを確認できます。
自分の動画をよく見ている属性向けの動画を作ると、再生数アップに繋がりやすいですね。

アナリティクスをしっかり見たことがない人も多いと思うので、まずは使い方を調べて分析してみましょう。

【やるべきこと4】継続して動画投稿をする

継続して動画投稿を行いましょうYouTubeはすぐに結果が出ないことも多く、長い人だと稼げるようになるまで、何年もかかってしまうこともあります。

現在活躍しているYouTuberも、チャンネル開設当初は苦労してきています。何年も動画投稿を続けて、ようやく成功している人ばかりです。

顔出ししている方がファンがつきやすいので、サングラスやマスクをする場合は、根気よく継続する必要があります。

2〜3ヶ月で結果が出ることはほとんどありません。戦略をきちんと練った上で動画投稿を続けていきましょう。

【やるべきこと5】SNSでも発信する

SNSでも発信していきましょう。フォロワーが増えたり、バズることができたりすると、YouTubeへの流入も狙えます。

おすすめのSNSは以下の3つです。

  1. Twitter
  2. Instagram
  3. Tik Tok

動画を載せられるSNSなので、短く動画を編集してアップしていきましょう。特にTik Tokは短編動画のSNSとして認知されており、バズればYouTubeへの流入も期待できます。

SNSのプロフィールや動画の最後に、チャンネルの名前やリンクを貼って流入を促すようにしたいですね。

また、SNSのフォロワーが多いとたくさんの人に見てもらえ、拡散もされやすくなります。YouTubeのチャンネル登録者数を増やしやすくなるので、YouTuberで活躍したいならSNSのフォロワー獲得も狙っていきましょう。

▼Twitterのフォロワーを増やす方法▼
Twitterのフォロワーを増やす4つのメリットと増やし方10選【デメリットも】 >>Twitterのフォロワーを増やす4つのメリットと増やし方10選【デメリットも】

サングラスやマスクをうまく使って顔出ししないYouTuberになろう

この記事では、サングラスなどで顔を隠してYouTuberになりたい方が気になる、以下のポイントを解説しました。

  • 顔を隠してYouTuberになるメリット・デメリット
  • 撮影や編集で意識すること
  • 動画を伸ばすためにやっておきたいこと

サングラスやマスクを使えば、副業禁止の場合でも身バレを防ぎながら動画投稿が可能です。

ただ、表情が分かりにくかったり、声を拾いにくかったりするので、撮影する際に注意が必要。伝わりにくい分、高い編集スキルが求められるので、しっかりと身につけていきましょう。

YouTuberとして活躍したいのであれば、オンライン講座のYouTube Hacksで勉強するのもおすすめです。

  • 分かりやすい動画教材
  • アナリティクスの分析方法を学べる
  • 登録者14万人のチャンネル運営者の質問し放題
  • 広告収益以外のマネタイズ方法を学べる

などメリットが盛り沢山で、分析の方法も学べます。実際に登録者が14万人いる講師に質問もできるので、興味がある方はぜひ参考にしてください

YouTube Hacksならコンテンツ力を上げるコツを学べる

  • チャンネル登録者数6桁以上の講師から攻略方法を学べる
  • 無期限の質問サポート付き
  • 買い切り型で受講期限も無制限