>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【現役直伝】webライターの勉強方法8選!稼ぎ続けるためのレベルアップ方法を伝授

「Webライターってどんな勉強したらいいの」

「Webライターとしてレベルアップする方法が知りたい」

「ライティングが伸び悩んでいるのを勉強して打破したい」

Webライターのライバルが増えてきて、このままじゃヤバいぞと思っている方も多いのではないでしょうか。案件がなかなか取れず、苦戦している人もいるでしょう。

これからもライターが増えていくことが予想されるため、スキルアップしなければ淘汰されてしまいます。とはいえ、何から勉強したらいいのか、どんな手段があるのか悩んでしまいますよね。

そこでこの記事では、月収100万円を突破したライターが実践した勉強方法を紹介します。未経験から学んで収入を伸ばしていけたので、今特別なスキルがない方でも大丈夫!

これから活躍したい方、必見です!

Webライターには勉強が必要!

Webライターとして稼ぎ続けていきたいならば、勉強は必須です。もしかしたら、特に学ぶことなく初めての仕事がとれた方もいるかもしれません。しかし、スキルなしでは仕事を続けていくのは難しいです。

特に、Webライターは参入障壁が低く、新たな人がどんどん市場に入ってきています。そのため、勉強を続けて人と差別化していかないと稼ぎ続けるのは難しいでしょう。

▼月収100万円超えWebライターが語る生き残り戦略▼
【月収100万越えも可能】Webライターはオワコン?生き残るための2つの方法を直撃取材 >>【月収100万越えも可能】Webライターはオワコン?生き残るための2つの方法を直撃取材

Webライターが勉強すべき理由

Webライターが勉強することで得られるメリットは大きく分けて2つ。

  • スキルをつけると仕事を受注できる
  • 報酬単価が上がる

それぞれ解説します!

【勉強すべき理由1】スキルをつけると仕事を受注できる

スキルがある人は優先的に仕事が受注できます。たとえば、次の2人のライターどちらを採用したいでしょうか?

  • 未経験知識なしの人
  • 執筆したいジャンルで検索1位の記事を書いている人

おそらくすべての人が、下のライターを採用しますよね。このように、スキルがある人は採用されやすくなります。

また、取材ができたりセールスコピーが書けたりすると、ますます活躍の幅は広がりますよ!

【勉強すべき理由2】報酬単価が上がる

勉強を続けることで、報酬が上がっていきます。ライバルよりスキルが高ければ、単価が高い案件でも採用される機会は増えますよね。既存のクライアントから単価アップしてもらえることもあります。

さらに、ライティングの能力が高ければ、修正回数も減り、一つの仕事にかかる時間の短縮にも。結果として、クライアントの信頼につながる上に時間単価は高くなるので一石二鳥です!

Webライターが勉強すべき必須スキル

それでは、Webライターが伸ばすべきスキルを解説します。執筆にあたって勉強すべきなのは4つ。

  • ライティングスキル
  • PCスキル
  • 執筆分野に関する知識
  • コミュニケーションスキル

詳しく解説しますね!

なお、それぞれのスキルを噛み砕いて別記事でもっと詳しく解説しています!

▼初心者を脱出するのに必要なスキルを解説▼
【脱初心者】ライティングでスキルアップするための具体的な6つの方法 >>【脱初心者】ライティングでスキルアップするための具体的な6つの方法

【勉強すべきスキル1】ライティングスキル

まずはライティングに関するスキルを身につけましょう。

ただ文章をかければWebライターになれるわけではありません。仕事は見つかるかもしれませんが、単価は低め。消耗してしまうでしょう。

最低限必要なライティングに関するスキルは、下記になります。

  • 基本的な文章力
  • Web特有の書き方
  • SEOの基礎知識

読まれるWeb記事を作成するにはコツがあるので、まずはルールを叩き込みましょう。

稼げるライターになるための文章スキルを身につけたい方は、当メディアで提供するWriting Hacksがおすすめ!月収100万円を超える講師陣が提供するオンライン講座です。

3回の添削もついているので、具体的な改善点を理解しながらスキルアップできますよ!

【勉強すべきスキル2】PCスキル

Webライターをするなら最低限のパソコンスキルも身に付けましょう。ライティングの仕事の多くはパソコン上で完結するからです。

特によく使うのは下記のツール。

  • Googleドキュメント
  • Word
  • WordPressのスキル

最低限、GoogleドキュメントとWordが使えれば仕事は見つかります。ただし、しっかり稼ぎたいならWordPressまで必須です。入稿・装飾ができるようになると、単価が上がってきますよ!

▼ライターに必要なツールをまとめて紹介▼
【厳選】Webライターにおすすめなツール15選!特徴や使い方を解説【目指せ高品質】 >>【厳選】Webライターにおすすめなツール15選!特徴や使い方を解説【目指せ高品質】

【勉強すべきスキル3】執筆分野の知識

執筆分野に関する知識も大切です。Webライターをしていると、全く知らない分野について調べて書く機会も多いでしょう。そのときに、できるだけ詳しく情報を調べておくのもおすすめです。

同じ分野を執筆し続けると、徐々にリサーチの時間を減らせます。すると、仕事にかかる時間が短縮できますよね!

特に単価が高めの募集があるジャンルが狙い目。最初にいただいた仕事を丁寧にこなして実績にすれば、高単価の案件が受注できる可能性が出てきます。

そのときに備えて、執筆分野の知識は徐々に深めていきましょう。

【勉強すべきスキル4】コミュニケーションスキル

ライターとして活躍するにはコミュニケーションスキルも必要です。なぜなら、クライアントが満足する記事を出せなければ報酬がもらえないからです。

指示が曖昧なところは質問したり、確認したりするようにしましょう。また、新規の顧客を見つける営業のためにも、コミュニケーションを重視すると良いですね。

Webライターのスキルをつける勉強方法8選

Webライターに関するスキルを学んだところで、具体的な勉強方法を8津紹介します!

  1. スクール・講座
  2. 本・書籍
  3. Webサイト
  4. オンラインサロン
  5. 他の人の執筆記事を読む
  6. 映像作品(ドラマ・映画など)をみる
  7. ブログを運営する
  8. 実践(記事の添削・フィードバック)で学ぶ

【勉強方法1】スクール・講座

手っ取り早く勉強したいなら、スクールや講座を使うのもおすすめ。Webライターの場合、型を覚えた上で、書いた記事を添削してもらうのが上達の近道です。

本やサイトでも知識自体は得られますが、自分が実践できているか客観的に見つめることは出来ません。その点、添削付きのスクールであればできていないところを意識して、次の執筆にのぞめますよね!

なお、添削付きの講座を探しているならば、当メディアで提供するWriting Hacksがおすすめ!3回の添削をするのは現役で活躍中のライターなので、今必要とされている文章力が身につけられます!

▼そのほかの講座情報まとめ▼
【マル秘】動画編集のフリーランス始め方から生き残るコツまでガッツリと取材 >>【初心者必見】Webライターは講座を受けるべき!選び方とおすすめ7選

【勉強方法2】本・書籍

ライティングを学ぶのに、本も有効です。特にライターの場合は、文章を読むこと自体も勉強になりますよね。本の場合、テーマが細かく別れているので必要なものを選びましょう。

  • 文章力を上げる
  • SEOの知識をつける
  • 商品を売るコピーの書き方を学ぶ

など、目的に合わせて書かれた本を読めば、レベルアップ間違いなしです!

▼ライティングスキルアップに役立つ本11選▼
【2020年版】Webライターにおすすめの本11選!必要なスキル別に解説【現役ライターが厳選】 >>【2020年版】Webライターにおすすめの本11選!必要なスキル別に解説【現役ライターが厳選】

【勉強方法3】Webサイト

ライティングのコツについてまとまったWebサイトも多数あります。装飾なども含めて、生きたWeb記事に触れられるので、Web記事をよむのもおすすめです。

たとえば「バズ部」などのサイトでは、SEO記事の書き方やWordPressの使い方を解説しています。また、当サイトにもWebライティングに関する記事があるので、こちらもぜひ参考にしてくださいね!

【勉強方法4】オンラインサロン

ライター向けのオンラインサロンに入って学ぶのも良いでしょう。オンラインサロンでは、定期的に案件募集がかかっているところもあります。

また、会員同士が交流できるので、仕事の仕方に不安を抱える初心者にもおすすめ。他の人のやり方を取り入れながら自分の仕事に生かせるので、クライアントとのコミュニケーションスキルを学ぶ場にもピッタリです。

【勉強方法5】他の人の執筆記事を読む

読みやすいなと感じたWeb記事から学ぶのも一つの方法です。Webライティングの技術は、生の教材から得るのがいいですよね。

ただ読むだけでも効果はありますが、特におすすめなのが2つの方法。

  • 音読
  • 写経

音読すると、その記事独特のリズムを取り入れることができます。文章が長くなりがちな人や、句読点の打ち方に悩むことが多い人におすすめ。

また、写経すると新しい言い回しを取り入れやすかったり、改行のタイミングなどの感覚を理解できたりするのがメリット。

筆者も実際にやってみて効果があったので、ぜひどちらも試してみてください!

【勉強方法6】映像作品(ドラマ・映画など)を見る

執筆ジャンルに関する知識が乏しいなら、映像作品から入るのも一つの手。いきなり専門的な書籍から入るのはハードルが高いなと思っている方にはピッタリです。

特に、想定読者の気持ちを想像しやすくなるので、リード文が書きやすくなりますよ!そのほか、関係するサービスがあれば利用してみても良いでしょう。

▼読者にささるリード文の書き方のコツ▼
【文例つき】リード文の書き方の5つのコツ!役割からガッツリ解説 >>【文例つき】リード文の書き方の3つのコツ!役割からガッツリ解説

【勉強方法7】ブログを運営する

初心者ライターはブログを運営するのもおすすめです。特に未経験者の場合、記事を書いて場数を踏むのが何より大切。書き続けることで、長文を執筆するのにも慣れていきますよ!

また、ブログはそのままポートフォリオとしても使えます。ライティングの実績がまだ少ない方や、ありのままの実力をアピールしたい方にも、ブログを運営するのがおすすめです。

▼ライターがブログをやるべき理由を発注者に取材▼
Webライターはブログもやると有利?4つのメリットと活用方法を取材 >>Webライターはブログもやると有利?4つのメリットと活用方法を取材

▼ライターが提出するポートフォリオの作り方▼
【必須】Webライターのポートフォリオの役割と作り方をまるっと解説【仕事が取れる】 >>【必須】Webライターのポートフォリオの役割と作り方をまるっと解説【仕事が取れる】

【勉強方法8】実践(記事の添削・フィードバック)で学ぶ

すでに仕事を始めているのなら、納品した記事のフィードバックから学ぶのが一番です!なぜなら、記事を編集した人から、足りない部分をそのまま教えてもらえるから。これほど有益な情報はありません!

もらった記事のフィードバックはまとめておいて、次の記事を提出する前に見直すのがおすすめです。同じミスをしなくなるので、クライアントにも喜ばれますよ!

しっかりした添削を受けて、執筆スキルを伸ばしたい人は当メディアで提供するWriting Hacksがおすすめ。現役ライターから3回の添削を受けられるので、自分の書き方のクセを振り返りながらレベルアップできますよ!

Writing Hacksならライティングを0から学べて仕事にできる

  • 超初心者でも仕事を取れるレベルでライティングのスキルが学べる
  • 無期限の質問サポート付き
  • ていねいな記事添削でスキルアップ
  • 卒業生グループで仕事を共有!優秀な卒業生は「沖プロ」に招待