>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【脱初心者】ライティングでスキルアップするための具体的な6つの方法

「ライティングに必要なスキルって?」
「スキルアップするにはどうしたらいいの?」

コロナ禍で増えた在宅時間を活用しようとライティングに挑戦する人が増え、業界がますます活発になってきました。

多くのライバルの参入している今、Webライターが生き残るにはスキルアップが必須です!

できるだけ早く初心者から卒業して、スキルも収入も高めたいところ。

しかし、イマイチその方法が分からない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、初心者ライターが他と差をつけるために必要な、以下の内容をお伝えしていきます。

  • ライティングに求められるスキル
  • スキルアップする方法
  • スキルアップして目指せるキャリア

少しでもライティングで成長したい気持ちがあれば、この記事を読んで損はないはずです!

ライティングの世界を30秒でサクッと解説

スキルの紹介に入る前に、ライティングでなぜスキルが求められるのか業界の現状を知っておきましょう。

  • Webライターの仕事内容
  • スキルのあるWebライターの少なさ
  • ライティングの執筆料と収入モデル

以上の内容を簡単に説明します。

Webライターはインターネット上の文章を書く仕事

Webライターとはザックリいうと、インターネット上の文章を書く仕事。

原稿を依頼したクライアントからもらう執筆料が給料にあたります。

新聞記者や小説家と大きく違う点は、Webサイトへの公開を前提とした記事を書くことです。

そのため、ただ文章が書ければいいという訳ではなく、Webサイトへのアクセスを集めるSEOのテクニックも重要となります。

そしてWebライターが手がける記事の内容は多岐に渡ります。

  • PR・セールス記事
  • 取材・イベントレポ
  • ニュース

これらの仕事をこなすため、執筆以外にも資料集めやネットリサーチが必要なのです。

スキルのあるWebライターは実は少ない

Webライターへの参入は、以前よりもかなり簡単になりました。

インターネット環境やデジタルデバイスが一般に普及したためです。

そしてWebライターが増えて業界が盛り上がった反面、実は本当にスキルのあるライターが不足状態にあります。

理由は、「文章を書くだけなら簡単でしょ?」と軽い気持ちでライティングを始める人がたくさんいるから。

  • てにをはがグチャグチャ
  • 見出しの使い方が分からない
  • SEOって何?

この記事を読んでスキルアップを目指している人には当たり前にできることばかりかもしれません。

しかし、このような状態の人が続々ライティングに挑戦し、最終的に音信不通に陥ることまであります。

結果としてクライアントは、Webライターのスキル不足に頭を悩ませています。

そのため、数あるライターの中から頭ひとつ抜きんでたスキルを身に付けることで、クライアントとWin Winな関係を築けるのです。

ライティングの執筆料と収入モデル

ライティングの執筆料は2つの形式に分かれます。

  • 文字単価
  • 記事単価

文字単価は、最低ランクで1文字あたり0.5〜1円程度。ベテランになると1文字5円という人もいます。

記事単価も経験によりピンキリで、労力のかかる取材記事などは1本数万円でやり取りされています。

仮に、ライティングによる収入モデルを文字単価1円で計算してみましょう。

文字単価1円×1日1万字×20日=20万

たとえ初心者ライターでも適切なスキルで毎日コツコツと文字数を積み上げると、ある程度の収入は得られるのです。

ライティングに求められる6つのスキル

ライティングに特別なスキルは必要ありません。

しかし最低限身につけておいた方がいいスキルは確かにあります。

  • 分かりやすく正しい日本語を扱えるスキル
  • 情報収集スキル
  • SEOスキル
  • 時間管理スキル
  • 最低限のパソコンスキル
  • 営業スキル

それぞれ簡単に説明します。

【必要なスキル1】分かりやすく正しい日本語を扱えるスキル

クライアントに提出しても恥ずかしくない記事を仕上げるため、分かりやすく正しい日本語は扱えるようにしておきましょう。

ライティングでは、誰にでも伝わるシンプルな文章が求められるからです。

  • 文末の言葉が重ならないようにする
  • ひらがなと漢字の割合を意識する
  • 句読点で文章を区切る

何も小説家のような巧みな文章は必要ありません。むしろ、小学生でも簡単に読めるような、意味を噛み砕いた文章が好まれます。

クライアントが基本的な日本語の修正をする手間がないよう、文章力を磨きましょう。

【必要なスキル2】情報収集スキル

Webライターの仕事の8割は情報収集であると言われています。

ライティング案件を受注していると時には自分の知らない世界の記事を書くこともあるため、事前のリサーチが重要です。

また、得意な分野であっても、まわりの記事が伝えている内容や読者が知りたいことを調べるのは必須。

リサーチの腕を上げることで、読者に間違いのない正しい情報を与えたり、目的のずれない的確な記事を作ったりできますよ。

インターネットで情報を集める他、口コミを調べたり新聞や本も活用したりしましょう。

【必要なスキル3】SEOスキル

インターネット上でアクセスを集めるためにはSEOが必要です。

せっかく記事を書いても、検索で上位にならなければほとんど見られません。クライアントはもちろん、読まれる記事を求めているので、SEOの知識があるライターを求めています。

そのためWebライター自身でも勉強しなければ、仕事はなくなっていくでしょう。

見出しを整えたり、対策キーワードを文中や見出しに入れたり、対策の方法は数えきれません。

最初は知識がなくて難しくても、続けていくうちに必ずコツはつかめます。

SEOでGoogleにWebページの価値を伝えられるスキルを身に付けましょう。

【必要なスキル4】時間管理スキル

Webライターは在宅で請け負う仕事が多いです。

そのため記事作成や納品のスケジュールを自分一人で管理するスキルが必要です。

仕事の計画性のないWebライターは、最悪仕事がなくなります。

なぜなら、クライアントにとって代わりのWebライターはたくさんいるから。クライアントのためにも自分のためにも、時間管理は徹底してできるようにしましょう。

【必要なスキル5】最低限のパソコンスキル

Webライターをするなら最低限のパソコンスキルも身に付けましょう。

ライティングの仕事の多くはパソコン上で完結するからです。

例えばGoogleドキュメントやWordPressは使えるようにしておくと便利ですよ。

覚えたパソコンスキルはライティング以外の仕事でも役立つことでしょう。

【必要なスキル6】営業スキル

ライティングが主な仕事とはいえ、営業スキルも持っておきましょう。

なぜなら、待っているだけでは仕事は入らないからです。

Webライターでいうところの営業は、仕事を受注するために自らを売り込むことです。

初心者のうちでも、営業が上手にできれば仕事が途切れることはありません。

クライアントに自分の価値を伝えられる営業スキルを研究しましょう。

ライティングがスキルアップする方法6選

肝心のライティングスキルはどのように磨いたらいいのか、その具体的な方法をお伝えします!

  • 文章の型を意識する
  • 案件をこなして経験を積む
  • フィードバックを読み込む
  • ライター講座を受講する
  • たくさんの文章に触れる

すぐに挑戦できることばかりです。

記事を読んだらぜひ実践してくださいね。

【スキルアップの方法1】文章の型を意識する

文章の型を知り、意識してライティングしましょう。

伝わりやすく、読みやすい文章がスラスラと組み立てられるようになりますよ。

例えばPREP法(プレップ法)という型があります。

  • Point(結論)
  • Reason(理由)
  • Example(具体例)
  • Point(もう一度結論)

この順番で文章を作る方法のことです。

Point(結論)この包丁は料理初心者の方におすすめです。
Reason(理由)なぜなら切れ味がいいのにいつまでもサビないからです。
Example(具体例)お手入れの必要がなく、普段料理をしない若い人の間でも好評でした。
Point(もう一度結論)包丁を研ぐ手間を省きたい人はこの包丁を使ってみてください。

このように結論を繰り返し伝えると、要点がぶれずに主張のハッキリした文章が完成します。

このような型は他にもたくさんあります。

レパートリーを増やして使い分けてみてくださいね。

【スキルアップの方法2】案件をこなして経験を積む

案件をたくさんこなし、同じ時期にライティングを始めた他の誰よりも経験を積み上げましょう。

ライティングを始めた最初の頃は、納得のいく文章が書けなくて当たり前です。

多くの記事に挑戦していくうちに、質の良い記事を安定して生産するコツが掴めるはずですよ。

たくさんのジャンルに挑戦すれば、自分の知らなかった得意分野が見つかるかもしれません。

【スキルアップの方法3】フィードバックを読み込む

クライアントによっては納品した記事へのフィードバックをくれたり、添削後の公開記事を確認させてくれたりします。

スキルアップしたいなら、このフィードバックの活用はかなり重要です。

納品して終わりにして振り返りをしなければ、自分の足りないところや弱点に気づけないからです。

自分が書いた文章を100点だと信じていては、同じミスを繰り返してしまいます。

逆に丁寧にフィードバックや添削を読み込めば、直した方がいい癖が浮かび上がってくるはずです。

そしてフィードバックによりクライアントの求めることの再確認もできますよ。

【スキルアップの方法4】ライター講座を受講する

Webライティングに必要なスキルを磨くには、ライター講座を受講するという手段もあります。

講座を活用することでプロから確実にライティングのコツを学ぶことができますよ。

超初心者で文字を書く以上のことが右も左もわからない方は、講座を使って効率的にスキルアップしましょう。

例えば、当メディアで提供しているオンライン講座、Writing Hacks(ライティングハックス)は以下のような人におすすめです。

  • Webライターのスタートがうまくいっていない方
  • ライティングスキルに不安を持つ現役ライターの方
  • 月収100万円を目指す方

現役ライターによる計3回の添削があり、さらに受講中はLINEで無制限に質問できる特典付き。

初心者ライターの壁を超えたい人はぜひチェックしてみてくださいね。

【スキルアップの方法5】たくさんの文章に触れる

なるべくたくさんの文章に触れてみることも、スキルアップのポイントです。

Webページに限らず、雑誌や広告など世の中には様々な文章であふれています。

上手だなと思う文章に出会えたら、その記事を音読したり写してみたりして修行するのがおすすめ。

今まで気づかなかったような文章運びや言葉のリズムを知れますよ。

【スキルアップの方法6】構成を作りこむ

手間を惜しまず構成を作り込むのも、スキルアップの鍵になります。

繰り返しになりますが、ライティングでは構成までの段階で8割の時間をかける人もいます。

決して記事を書きながら構成を考えることのないようにしておきましょう。

そうすることで、一貫性のある質の高い記事を作れるようになりますよ。

▼記事の構成の作り方をチェック▼
【完全版】記事構成の具体的な作り方を6ステップで解説【作成例あり】 >>【完全版】記事構成の具体的な作り方を6ステップで解説【作成例あり】

スキルアップした先で目指せる4つのキャリア

ここまででお伝えした方法でスキルアップをすると、将来的には4つのキャリアが広がります。

  • 取材などにスキルを拡大
  • 講師になってライターを育成する
  • メディアのディレクターになる
  • スキルを生かして就職する

【キャリア1】取材などに仕事の幅を拡大

基本的なライティングがこなせるようになったら、仕事の幅を拡大しましょう。

このようなレベルの高い仕事は、初心者向けのライティングよりもかなり高い単価で取引されています。

例えばイベントレポートや取材記事を書けるようになると、他のライターと大きく差を付けられますよ。

興味があれば取材にも挑戦してみましょう。

【キャリア2】講師になってライターを育成する

Webライターの腕を生かして、ライター育成の講師にもなれます。

そしてライティングだけでなく、仕事の取り方やポートフォリオの魅せ方など教えられることはたくさんあります。

人を育てることでさらに自分のライティングを磨くことができるでしょう。

【キャリア3】メディアのディレクターになる

Webライターとして成長したら、メディアのディレクターになる道も開けます。

自分で記事を作るだけでなく、プロジェクトの管理側に立つのです。

例えば次のような仕事を行うようになります。

  • クライアントへのヒアリング
  • ライターの管理
  • デザイナーへの発注
  • スケジュール管理

自分の手でプロジェクトを動かしてみたいと思ったら、ディレクターがおすすめですよ。

【キャリア4】スキルを生かして就職する

Webライターの腕を生かして就職することも可能です。

最近はライター枠での求人募集もよく見かけるようになってきました。

そしてオウンドメディアを運営する会社はもちろん、培ってきた文章力を武器に紙媒体のライターへの転身もできます。

就職すれば、フリーランスにはなかった福利厚生や、安定した給与を手に入れることができるでしょう。

Writing Hacksならライティングを0から学べて仕事にできる

  • 超初心者でも仕事を取れるレベルでライティングのスキルが学べる
  • 無期限の質問サポート付き
  • ていねいな記事添削でスキルアップ
  • 卒業生グループで仕事を共有!優秀な卒業生は「沖プロ」に招待