>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【サービス事例あり】Rubyができること7選!特徴やメリットをわかりやすく解説

プログラミング言語がたくさんあるなかで、どれを勉強するか悩む人も多いはず。特にRubyでできることって何があるんだろう?という疑問を持つ方に向け、記事を書きました。

Rubyについて、プログラミングのオンライン講座を手掛ける当メディアが

  • 特徴
  • できること
  • 勉強するメリット
  • 実際に利用されているサービス

を初心者にもわかりやすく解説しています!Rubyについてどんな言語か詳しく知りたい方は、ぜひご覧ください!

監修者:平井 隆嗣 システム開発に加えてマーケティングまで対応し、集客や売上に貢献するエンジニア。 開発会社にて4年間の勤務をし、リーダーとして活躍したあとフリーランスとして独立。WordPress導入、デザイン、開発、アプリケーション開発などを幅広く手掛ける。
監修者:迫 佑樹 株式会社SkillHacks代表取締役。大学在学中からプログラミングスキルを身につけ、フリーランスエンジニアとして独立。 自身の経験を活かしプログラミングを教え、その知見からオンラインスクール事業Skill Hacksを運営。そのほか、実店舗ビジネスや知識プラットフォームBrainなどさまざまなビジネス経営中。

Rubyとは?特徴をサクッと解説

Rubyは1993年に誕生したプログラミング言語で、コードがシンプルで読み書きしやすいのが特徴です。

たとえば、以下のようなサービス開発に積極的に使われています。

  • Webアプリケーション
  • ショッピングサイト
  • SNSサイト

有名なサービスでは、食べログやWantedly(ビジネス向けSNSサービス)などがRubyで開発されています。

RubyはRuby on Railsなどのフレームワークが豊富にあるのが大きなメリットです。

フレームワークとは、アプリケーションの処理を簡単に実装できる仕組みのこと。アプリは0から作るととても大変なので、手間を省くためのフォーマットをある程度用意してくれていたり、簡単に実装できるようにしてくれたりするのがフレームワークです。

フレームワークは頻繁に使う基本的な機能をまとめて提供してくれるので、プログラミングの時に使うとかなり効率がアップします。

Rubyでできること7選

Rubyの特徴は汎用性の高さ。さまざまな開発が1言語でできるのが魅力です。

ここでは、Rubyで開発できるものを7つ紹介します。

  1. SNS開発
  2. ショッピングサイト開発
  3. Webアプリケーション開発
  4. スクレイピング
  5. クローラー
  6. チャットボット
  7. ゲーム制作

1. SNS開発

Ruby on Railsを活用すると、以下のような機能を簡単に制作できます。

  • ユーザー登録
  • ログイン
  • 投稿データの管理用データベースの作成

実際にSNSやマイクロブログサービスでは、Rubyが使われているケースが多いです。他のSNSと連動したログイン機能や、スマホ対応のレスポンシブデザインも簡単に対応できます。

2. ショッピングサイト開発

ログインやユーザー登録に関する機能を簡単に設定できるので、ショッピングサイトの開発も可能です。

なお、Rubyにはショッピング用のパッケージSolidusがあります。これを利用することで、決済機能を簡単に実装できるのがメリットです。もちろん、Rubyを活用して0から決済機能を作ることもできますよ。

3. Webアプリケーション開発

ブラウザ上で利用できるWebアプリケーションの開発は、Rubyの得意分野。おそらくRubyが最も活用されているジャンルです。

インターネットを介したサービスを作るときにRubyを活用することで速く作成できるのが強み。Ruby on Railsにもアプリケーション作成に役立つパッケージは多いので、効率的に制作をすすめられます。

4. スクレイピング

スクレイピングとは、Web上にある情報を自動収集し、加工してアウトプットする技術を指します。

Rubyのライブラリにはスクレイピングに対応したNokogiriがあり、HTMLの情報を簡単に収集可能です。タイトルや画像など必要な部分を引っ張って、好きな形に加工できるので便利ですね。

5. クローラー

Web上のリンクをたどり、情報収集をするクローリング。このクローリングを自動で行うプログラムであるクローラーの作成もRubyならば短いコードを打つだけで可能です。

  • open-uri
  • nokogiri

といったライブラリを使えば、クローラーを実装できますよ!

クローラーを活用することで、最新ニュースを集めたり、SNSのタイムライン情報を取得することもできるようになります。

6. チャットボット

チャット上で自動返信を行う、チャットボットの開発もRubyで手がけられます。閲覧者のよくある質問に回答でき、手軽に使えるため、企業のサービスサイトに導入する事例も増えていますよね。

チャットボットはLitaというライブラリを使うことで実装できます。Slackで自動応答するSlackボットも同様にRubyで作れますよ!

7. ゲーム制作

Rubyにはゲーム開発に特化したライブラリもあります。

  • Gosu
  • DXRuby

などのライブラリを使えば、2D ゲームの開発も可能です。

Rubyは、ある特定の問題に特化した記述である、内部DSLを作るのに向いているという強みがあります。これによりゲーム開発における記述を短縮できるのがメリットです。

Rubyが苦手なこと2選

多くのものが開発できるRubyですが、一部の開発には向いていません。

  • 機械学習
  • スマホアプリ開発

これらを実現するには、他の言語のほうが向いています。勉強すべき言語も合わせて解説していきます。

1. 機械学習

コンピューターに大量のデータを受け渡し、分析や予測などをするモデルを自動構築する機械学習。この分野ではPythonが有名です。

Rubyには処理速度が遅めという弱点があるため、機械学習にはあまり向きません。関連するライブラリも充実していないので、他の言語を用いたほうが良いでしょう。

2. スマホアプリ開発

Rubyでもスマホアプリの開発はできますが、情報が少ないためおすすめしませんスマホアプリを作るならば、以下のような言語のほうが一般的です。

<Androidアプリ>

  • Java
  • Kotlin

<iOSアプリ>

  • Swift
  • Objective-C

開発者が多い言語のほうが情報も多いため、学習で挫折しにくいでしょう。そのため、スマホアプリ開発を一番の目的にするならば、Rubyはおすすめしません。

なお、Rubotoなどのライブラリを利用すれば、Rubyでもアプリ作成自体は可能です。すでにRubyを使っている方であれば、挑戦してみても良いかもしれませんね!

アプリ開発に強い言語、それぞれの特徴について「【保存版】アプリ開発に必要な言語12選!身に付けておきたい3つのスキルも紹介」で詳しく解説しています。

スマホアプリ開発をしたい方はこちらもぜひご覧ください!

Rubyの5つのメリット

Rubyを勉強するのには多くのメリットがあります。ここでは5つ紹介していきます。

  1. 日本語の記事や書籍が多い
  2. 汎用性が高い
  3. 文法がわかりやすい
  4. オブジェクト指向を学べる
  5. Ruby on Railsを使える

1. 日本語の記事や書籍が多い

Rubyを開発したのは日本人の「まつもとゆきひろ」氏。だからこそ、Rubyに関する日本語の情報が豊富です。

プログラミング学習や現場において、情報を探す場面は多いもの。課題を解決したいときにそもそも情報が少なかったり、英語を読み漁らないといけなかったりすると負担になりますよね。

その点、Rubyならば日本語の情報が数多く揃っているので、初学者にも安心です。

2. 汎用性が高い

Rubyの強みは汎用性の高さにあります。システムやアプリケーション開発に使えるので、ひとつの言語でさまざまな開発ができます。さらにMac ,Windows、Linuxなど動作環境も制限されないところもメリット。

そのため、複数の言語を使って開発をしたくないとき、Rubyは重宝されます。また、複数のエンジニアを雇う余裕がないようなベンチャー企業ではRubyエンジニアの需要が高いです。

3.  文法がわかりやすい

Rubyはシンプルな文法で記述できると言われています。

記述量も少なめで済むので、初心者の学習にもピッタリ。他のプログラミング言語を使うと6行、7行とコードを書かなければいけない処理でも、1行で済むこともあります。

スッキリとまとめることができるので、わかりやすいのが魅力です。

4. オブジェクト指向を学べる

Rubyを勉強すると、オブジェクト指向も身につきます。

オブジェクト指向は「もの」を組み立てるように表現するプログラミングの考え方です。

たとえば、車のデータを作るときにあらかじめメーカーや色などを設定できるようにしておきます。それを車種ごとに定義することで、分業しやすくなったり、修正も容易になったりするのがメリット。

簡単に言うと、複数人での作業がしやすくなり、開発も効率的に行えるようになりる考え方です。

オブジェクト指向を前提にしたプログラミング言語は多いので、最初に身に着けておくのがおすすめ。他の言語を勉強するときもスムーズになります。

なお、オブジェクト指向についてさらに詳しく知りたい方は、「PHPにおけるオブジェクト指向とは?理解するメリットや3大要素まで徹底解説」の記事が役立ちます。

5. Ruby on Railsが使える

フレームワークとして優秀なRuby on Railsが使えるのも強みです。

Ruby on Railsはさまざまな機能を備えているので、少ない労力でWebサイトやサービスを制作できます。これにより、開発工程、コスト削減が可能です。

特に素早くサービスをリリースしたいベンチャー企業やスタートアップではRubyを求める声も多いです。スピード感ある開発で、新しいものを生み出していきたい現場では、Ruby on Railsができると重宝されます。

なお、Ruby on Railsの勉強方法は、「【挫折しない】Ruby on Railsを勉強する前に知っておきたい学習方法4STEP」で詳しく解説しています。

Ruby・Ruby on Railsで作られたサービスの例5選

Rubyでできることがわかったところで、実際にRubyおよびRuby on Railsで制作されたサービスを5つ紹介します。

  1. cookpad
  2. Airbnb
  3. Wantedly
  4. GitHub
  5. Hulu

1. cookpad

レシピ検索サービスcookpadは、RubyとRuby on Railを使って開発されています。

アカウント情報の登録や、次々とアップロードされるレシピ情報の管理にはRuby on Railsがうまく活用されています。

2. Airbnb

民泊情報をシェアして、宿泊者と貸主をつなぐAirbnbもRubyで開発されています。今では世界各国で80万件以上の宿泊施設を紹介している大型サイトとなりました。

UIも優れており、わかりやすく使えるサービスです。

3. Wantedly

ビジネスに関係する人をつなぐSNS、WantedlyもRubyを使って開発されたサービスです。

Wantedlyはエンジニアによるブログ更新もしていて、勉強になるのでこちらを見てみるのもよいですね!

4. GitHub

世界中のエンジニアがデータやコードを保存・公開できるGitHubもRubyで開発されたサービスです。

8000万件以上のプロジェクトが預けられた大型のプラットフォームであり、今やなくてはならないものとなりました。

5. Hulu

映画やドラマのサブスクリプションサービスHuluも、Ruby on Railsが活用されています。

2008年のリリース当時はバックエンドにRuby on Railsが使われていましたが、現在では他のフレームワークも利用されています。

このように、スタートアップのタイミングではRuby on Railsを活用し、後に置き換えることも可能です。たとえば、Twitterも開発当初はRubyを用いており、サービスが大きくなってからScalaに変更されました。

Skill Hacksなら最速でプログラミング初心者を脱出できる

  • 初心者からWebアプリケーション開発の知識を学べる
  • 無期限の質問サポート付き
  • 買い切り型で受講期限も無制限