>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【挫折しない】Ruby on Railsを勉強する前に知っておきたい学習方法4STEP

「Ruby on Railsってプログラミング初心者に優しいって聞いたことあるけど、どうやって勉強すればいいかわからない…」
「RailsとRubyの違いってなに…?」
「Ruby on Railsを勉強してるけど、相談できる人もいなくて自分の学習方法があっているか不安…」

Webサイトの構築にスピードが求められるようになった昨今では、Ruby on Railsが必要とされる場面がどんどん増えています。Ruby on Railsはプログラミング初心者に優しく、エンジニアへの第一歩に最適と言われることもあり、学習したいと思っている方もいるでしょう。

ただし、Ruby on Railsはそもそもプログラミング言語ではありませんこういう間違った認識で、プログラミング言語だと思って勉強し始めたら訳もわからず挫折してしまう人も。

しかし、Ruby on Railsに対する正しい認識と勉強法を抑えておけば、挫けずに学べます。

この記事では、

  • そもそもRuby on Railsはなにか
  • 勉強する流れ
  • よく躓くポイント

をまとめました。これから勉強を始める方や初心者は、ぜひ最後までご覧ください!

監修者:平井 隆嗣 システム開発に加えてマーケティングまで対応し、集客や売上に貢献するエンジニア。 開発会社にて4年間の勤務をし、リーダーとして活躍したあとフリーランスとして独立。WordPress導入、デザイン、開発、アプリケーション開発などを幅広く手掛ける。
監修者:迫 佑樹 株式会社SkillHacks代表取締役。大学在学中からプログラミングスキルを身につけ、フリーランスエンジニアとして独立。 自身の経験を活かしプログラミングを教え、その知見からオンラインスクール事業Skill Hacksを運営。そのほか、実店舗ビジネスや知識プラットフォームBrainなどさまざまなビジネス経営中。

Ruby on Railsとは

Ruby on Railsとは、プログラミング言語RubyのWebアプリケーションフレームワークの1つです。多くのエンジニアの間でRailsと略され親しまれています。

これから勉強をしようとしている人は、以下のような疑問が思い浮かぶのではないでしょうか。

  • Ruby on RailsとRubyの違いってなに?
  • Ruby on Railsを使うと何ができるの?

それぞれ解説していきます!

【Ruby on Railsのギモン1】Ruby on RailsとRubyの違いってなに?

Ruby on RailsとRubyには以下の違いがあります。

  • Ruby on Railsはフレームワーク
  • Rubyはプログラミング言語

フレームワークとは、開発を簡単に早くするための枠組みのことです。

アプリは0から作るととても大変。手間を省くためのフォーマットをある程度用意してくれていたり、簡単に実装できるようにしてくれたりするのがフレームワークです。

ログインやユーザー登録など、よく使う基礎的な機能の処理を簡単に実装できるので、開発時間が短縮できます。

ただし、フレームワークを使いこなすには、まずはプログラミング言語の習得が第一です。つまり、Ruby on Railsを使いこなすためには、先にRubyを勉強する必要があります。

Ruby on Railsをいち早く習熟するためにも、Rubyを学ぶことを優先しましょう。

【Ruby on Railsのギモン2】Ruby on Railsを使うと何ができるの?

Ruby on Railsを学習することでさまざまなものが作れます。特に多くの場面で用いられている使い方を以下にまとめました。

  • Webサイトの構築
  • ECサイトの構築
  • SNSの構築
  • スクレイピング

ブログやオウンドメディアでもよく使われています。他にもAirbnbなどのECサイトや、TwitterなどのSNSの開発にもRuby on Railsを使うことが多いです。

また、Web上の情報を集め、その情報を加工して付加価値を生み出すスクレイピングという技術も、Ruby on Railsを使って開発されることも。

ソーシャルゲームやECサイトなどを筆頭にWebサービスはRuby on Railsで作られる事が多くなった昨今。多くのエンジニアが習得していると言っても過言ではありません。

初学者がつまずいたときもコミュニティなどに属すことで、挫折を乗り越えやすい環境になっています。初めてプログラミングを勉強する人でも、Rubyから入れば安心ですね。

Ruby on Railsの学習チュートリアル4STEP

Ruby on Railsを勉強するにはどのように勉強をすれば良いのでしょうか。どんな手順でなにを使って勉強すればいいのかわからない人も多いはず…。

そんな人のために、Ruby on Railsの勉強のステップを以下にまとめました。是非ご覧ください!

  1. Rubyのインプットをする
  2. Ruby on Railsのインプットをする
  3. ガイド付きの書籍や講座を用いてWebサービスを作る
  4. 自分でWebサービスを作る

それぞれ解説していきます!

【STEP1】Rubyをインプットする

Ruby on Railsの勉強をするためには、まず基礎となるRubyの習熟が必要不可欠です。

最初からRuby on Railsの勉強をしても、Rubyがわからなければ理解ができず、ひたすら暗記するだけで実力がつきにくいからです。

プログラミングの勉強としては、書籍を購入したり、オンライン教材のチュートリアルをクリアしていくと良いでしょう。これらをこなすことで、次第にプログラムを書くことに抵抗感がなくなっていきます。

また、オブジェクト指向についてもRuby学習の段階で理解できるように勉強しましょう。

どんなフレームワークを学ぶ場合も、プログラミング言語から抑えることを意識すれば、習熟しやすいです!

【STEP2】Ruby on Railsをインプットをする

Rubyについて学習したところで、Ruby on Railsについての勉強を始めましょう。

こちらも書籍やオンライン教材が潤沢にそろっており、比較検討しながら自分に合った教材を選ぶと良いでしょう。

なるべくチュートリアルやテストがついているような、アウトプットもできるものを用いることで、受け身の学習にならずに済みます。

ずっと勉強したくなるような教材を選びましょう!

【STEP3】ガイド付きの書籍や講座を用いてWebサービスを作る

Ruby on Rails習得には、自分で手を動かすのが一番です。基礎をインプットしたら、Ruby on Railsを用いたWebサービスの仕組みや構築方法を学習しましょう。

教材の中にはWebサービスを作るまでのガイド付きのものがあります。これを使うことで、手順に沿って有名なWebサービスを模倣することができます。

自分でサービスを作りたい場合、まずは他のWebサイトを真似して自分で作れるようになるといいですね。多くのプログラミングスクールでも、卒業課題に有名なサイトとほとんど同じようなものを制作することを科すようです。

自分がつくりたいサービスに近い内容を扱う書籍がない場合は、お手本となるサイトを見つけ、それをコピーできるようになりましょう。

マッチングサービスを作りたければWantedly、ECサイトを作りたければAirbnbなど、Ruby on Railsを用いて作られたサービスはたくさんあります。

そうすれば自分の作りたいサービスもブラッシュアップされ、制作技術もより上がりますね!

【STEP4】自分でWebサービスを作る

チュートリアル付きの教材を終えたら、次は自分でサービスを作ってみましょう。

サイトを作る過程でわからないことがたくさん出てきます。それを解決するために新しく勉強したり検索したりすることで、よりRuby on Railsのスキルが向上していくでしょう。

Ruby on Railsの勉強方法4選

Ruby on Railsには多くの勉強方法があります。以下に代表的なやり方をまとめました。

  1. オンラインサービス
  2. 書籍
  3. プログラミングスクール
  4. オンライン講座

これらについて説明いたします!

【勉強方法1】オンラインサービス

プログラミングを学びたいけれど、向いているかどうかわからないし、最初はお金を多く使いたくないと考えている人にぴったりなのが、オンラインサービスです。

書籍よりも安価で学べるものが多いだけではなく、それぞれの教材の質も高いからです。初心者がつまずかないことを前提に作られたProgateや、プログラミング学習の定番ドットインストールなど、現在ではオンライン教材が充実しています。

本を読むのはハードル高いし、お金もあまりかけたくないと思ったらオンライン教材を軸に勉強してみるのも良いですね。

【勉強方法2】書籍

一定の学習を終えた人には、書籍で勉強をし始めることもおすすめします。

技術を網羅した書籍を一冊勉強しておくことで、使いたい技術の早引きができるようになり、学習速度が上がるからです。

おすすめの本としては、以下のものが良いでしょう

  • 現場で使える Ruby on Rails 5速習実践ガイド
  • パーフェクト Ruby on Rails

これらの本は実際のエンジニアの現場でも使われていることが多い名著です。

プログラミング関連の本はボリュームがあるのでハードではありますが、一冊書籍をマスターしておくと自信と知識につながるので、おすすめできる学習法です。

▼Ruby on Railsを勉強するのにおすすめの本▼
【厳選】Ruby on Railsのおすすめ本16選【入門書から上級者向けまで】 >>【厳選】Ruby on Railsのおすすめ本9選【入門書から上級者向けまで】

【勉強方法3】プログラミングスクール

エンジニアとして仕事したいけど、自制心を持って自分の力だけで勉強をするのは苦手という方におすすめです。

専任のチューターがついたり、学習進捗を管理されることもあるので、今まで勉強することが苦手だった人もプログラミングができるようになるでしょう。

しかしやはり、多額のコストがかかる場合が多いです。大体のプログラミングスクールは、1ヶ月10万円以上はかかると言われています。

【勉強方法4】オンライン講座

講義形式で体系的に、自分のペースで学びたい人におすすめなのがオンライン講座です。動画で学習できるのでわかりやすく、通学の必要がありません。

何度も巻き戻して見直すことができるので、理解を深めながらすすめられるのがメリット。ただし、質問回数が制限されていたり、そもそもわからないところを聞けないものもあるので、講座選びは慎重に行いましょう。

当メディアで提供するSkill Hacksでは、質問回数も受講期限も無制限。理解を深めながら自分のペースで学習をすすめられます。

講座案内ページには無料体験動画もあるので、気になる方はぜひ一度ご覧ください!

Ruby on Railsを勉強する上でつまずく理由4つ

Ruby on Railsを勉強する上で、多くの人がつまずくポイントをまとめました。ぜひ参考にして、ご自身の学習に役立ててください!

  1. Ruby on Railsの前提知識が足りない
  2. Webの仕組みを理解していない
  3. やりたいことが決まっていない
  4. 検索力が低い

これらについて解説していきます。

▼Ruby on Railsが難しいなと思う方向けの解説▼

>>【エンジニア直伝】Ruby on Railsが難しい6つの理由と効率的に学ぶ3つのコツ

【挫折するポイント1】Ruby on Railsの前提知識が足りない

Rubyを勉強する前にRuby on Railsを勉強したり、SQLを学ばないままWebサービスを構築しようとすると、わからない部分で挫折することがあります。

もちろん適宜キャッチアップできれば良いのですが、何故できないのかがわからなければ、どのように勉強すれば良いかもわかりませんね。

Ruby on Railsを使ってサイトを構築する前に、必要な知識を一通り勉強しておくことをおすすめします。

【挫折するポイント2】Webの仕組みを理解していない

デバイス側とサーバー側とのやりとりなど、プログラムを動かすWebの全体像を理解していないとつまずきがちです。

プログラミングを学ぶのも大切ですが、サーバー側の知識ももちろん大切 。完璧にする必要はないですが、どのような仕組みになっているかだけでも理解することが重要ですね。

【挫折するポイント3】やりたいことが決まっていない

Ruby on Railsに限らず、多くの人がプログラミングにつまずく原因の一つ。

エンジニアの第一線で活躍している人は、何かを作ってみたいという原動力があり、プログラミングを勉強し始めた方が多いです。

自分が何を作りたいのか、どういう目的でプログラミングを勉強するのかが不透明な人は、どうしても学習が継続しにくく、挫折しやすいです。

自分の目標をしっかりと持つことが、挫折しないことへ繋がりますね!

【挫折するポイント4】検索力が低い

エンジニアとして仕事をしている人でもわからないことはたくさん出てきます。その度に解決方法を検索して、作業を進めていくことが日常茶飯事。

ただ、何故バグが起きているかなどは、検索するキーワードを上手にチョイスしなければ解決できません。検索力のレベルも人ごとに異なることが多く、調べるのがうまくない人ほど挫折しやすいです。

どのように調べればいいかわからないときは、エンジニアのメンターや一緒に勉強する仲間を作って学ぶのも良いでしょう。

特に学び始めたときはつまずくことが多いですし、調べてもわからないことも。Skill Hacksならば質問無制限なので、初心者でも挫折しにくくなっています。疑問点を潰しながら、学習をすすめていきたい方におすすめです。

Ruby on Railsと一緒に勉強したい知識4つ

Ruby on Railsを勉強するときに知っておきたい前提知識を以下にまとめました。

HTML・CSS

Webページを作り、装飾する上でよく使われる言語です。これらの言語があることでWebサイトにデザイン性が生まれ、見やすかったり綺麗なHPが出来上がります。

Webアプリケーションの仕組み

サーバーとどんな通信をしてWebサイトが表示されているのかという仕組みも理解しておきましょう。

ユーザーが何かしらの操作を行うと、入力した内容に基づいてサーバーでデータ処理を行います。そのうえで、結果を返したり内容を保存したりして、ユーザーが見える部分の表示を変えます。

この一連の流れに対して、どのように処理が行われているのか、概要を理解しておきましょう。

Ruby

Ruby on RailsのプログラムはRubyで動いています。そのため、もちろんRubyも勉強必須です。

Rubyがわからなければ、内部でどんな処理が行われているかわからず、Ruby on Railsは全部暗記になってしまいます。内容がわからないままただ暗記するのは、勉強することが辛くなる原因です。

SQL

顧客のデータを管理するデータベースを作るための言語です。SQLは国際標準化されているため、データベースを管理するシステムが変わっても基本は使えるのがメリット。

ユーザー情報など、データを保存するサービスを作りたい場合は勉強が必須になりますね。

Skill Hacksなら最速でプログラミング初心者を脱出できる

  • 初心者からWebアプリケーション開発の知識を学べる
  • 無期限の質問サポート付き
  • 買い切り型で受講期限も無制限