>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【保存版】プログラミングがつまらない理由は6点!挫折しないための対処法を紹介

「プログラミングがつまらなくて勉強がはかどらない…」
「どうしたらプログラミング学習を楽しくできるのかな?」
「そもそもプログラミングスキルを身につけるメリットってある?」
このようなお悩みを抱えていませんか?

一度「つまらない」と感じてしまうと、学習がはかどりませんよね。なんとかして今の状況を脱出したい方も多いはず。

そこでこの記事では、プログラミングがつまらないと感じるときの対処法を紹介します。加えて、そもそもの原因を解説。
つまらないと感じる理由を明確にすることで、学習がスムーズになります!

今日からできる対処法もあるため、プログラミング習得を目指している方はぜひ参考にしてみてください。

監修者:平井 隆嗣 システム開発に加えてマーケティングまで対応し、集客や売上に貢献するエンジニア。 開発会社にて4年間の勤務をし、リーダーとして活躍したあとフリーランスとして独立。WordPress導入、デザイン、開発、アプリケーション開発などを幅広く手掛ける。
監修者:迫 佑樹 株式会社SkillHacks代表取締役。大学在学中からプログラミングスキルを身につけ、フリーランスエンジニアとして独立。 自身の経験を活かしプログラミングを教え、その知見からオンラインスクール事業Skill Hacksを運営。そのほか、実店舗ビジネスや知識プラットフォームBrainなどさまざまなビジネス経営中。

プログラミングがつまらないと感じる理由6選

プログラミングがつまらないと感じる理由は、主に以下6点にわけられます。

  1. エラーや疑問点を解決できない
  2. 学習のやり方が適していない
  3. 覚えることが多い
  4. やりがいを感じられない
  5. 身につけたスキルをアウトプットしていない
  6. コードを書く作業が退屈

自分がどの原因に当てはまるのかぜひチェックしてみてください。

1.エラーや疑問点を解決できない

プログラミング学習では、エラーや疑問点がつきものです。例えば、参考書通りにコードを書いてもエラーが出ることもしばしば。

疑問が残ったままになれば、学習へのモチベーションを保つのは難しいでしょう。結果として「つまらない」と感じてしまいます。プログラミング学習をスムーズに進めるためには、疑問点を解決できる環境を整えることが大切です。

2.学習のやり方が適していない

勉強方法が適していなければ、つまらないと感じる原因になります。プログラミングは学習の順番などが重要になるからです。

例えば、言語より先にフレームワークやライブラリを学ぶのは、初心者にはおすすめしません。
フレームワーク・ライブラリはプログラミングの応用なので、言語の知識があってこそ理解できる分野です。

プログラミングがつまらないと感じるのであれば、学習方法を見直してみるのもひとつの手です。

3.覚えることが多い

プログラミングは、言語によって学習することがたくさんあります。よって覚えることが多く、つまらないと感じる方は多いです。

わからないことがほとんどなので、調べるながら進めることが当たり前になります。

手間に感じるかもしれませんが、最初だけと割り切って学習に取り組みましょう。

4.やりがいを感じられない

プログラミングにやりがいを感じられなければ、学習は続かないでしょう。

勉強の過程でエラーや疑問が出てきて、つまずくことが多いからです。

よって問題解決に達成感を感じれないと「つまらない」と感じてしまいます。

5.身に付けたスキルをアウトプットしていない

初心者は、スキルをインプットすることを重要視しがち。手を動かさず、座学ばかりでは「つまらない」と感じるのは自然なことです。

プログラミングの魅力は、自分の作りたいシステム・アプリを形にできること。

そのため、身に付けたスキルはアウトプットしていくことが大切です。

6.コードを書く作業が退屈

どこかスマートな印象があるプログラミング。しかし、実際はコードを淡々と書いていく地道な作業です。単調なので、退屈に感じる人もいます。

コードを書く作業自体がつまらないと感じる場合は、目標を決めたりシステム・アプリを作ったりするのがおすすめ。

達成感を感じればプログラミングが楽しいと感じられるでしょう。

プログラミングがつまらないときの対処法6選

プログラミングがつまらないと感じる場合、なんとかして改善したいですよね。挫折せずに学習をすすめたいと思う方は多いでしょう。

こちらでは、プログラミングがつまらないときの対処法を6点紹介します。

  1. 疑問点を解決できる環境を整える
  2. 具体的な目標を定める
  3. 学習の記録をつける
  4. システムやアプリを制作する
  5. プログラミング仲間を見つける
  6. 学習する言語を変える

順番に解説しましょう。

1.疑問点を解決できる環境を整える

プログラミングは専門的な知識が必要な分野なので、学習の過程でエラーやわからないことが出てくることは多いです。
そのため、疑問点を解決できる環境を整えることをおすすめします。

例えば、参考書を購入したり専門講座を受講したりする方法があります。

加えて、メンターを利用するのもひとつです。メンターとは、プログラミング学習をサポートする講師のような存在マンツーマンで指導してくれることがほとんどのため、疑問点を解決しやすいです。

メンターを探し方や選ぶ際の注意点は「【決定版】プログラミング学習を依頼できるメンターの探し方5選!利用するメリットと注意点も徹底解説」にて紹介しています。こちらもぜひチェックしてみてください。

2.具体的な目標を定める

プログラミングがつまらないと感じる場合は、目的を設定するのがおすすめ。
目標があることで、やるべきロードマップが明確になります

例えば「プログラマーとして就職すること」が目標なら、実務レベルのスキルを身につける学習をおこなえばいいことがわかります。

やるべきことが明確になれば、つまらないと感じても勉強を進めることが可能です目標は、より具体的なものを設定すると良いでしょう。

3.学習の記録をつける

どこまで学習したのか、なにができるようになったのかを記録することがおすすめです。
自分の成長を振り返ることができ、モチベーションアップにつながります。

加えて、1週間後、1か月後の成長が楽しみになり、学習の意欲も向上します。

記録は手書きでもデジタルでも問題ありません。自分が振り返りやすいと思う方法で記録しましょう。

4.システムやアプリを制作する

ある程度スキルが身に付ければ、システムやアプリを制作すると良いでしょう。プログラミングが形になることで、達成感を得られるからです。

オリジナルのものを作りリリースすれば、収益を得られる可能性もあります。
就職の際にはポートフォリオにも使えるので、システムやアプリの制作はおすすめです。

アプリ開発を考えている方は「【保存版】アプリ開発を独学で行うためのロードマップを解説!スキルを身に付ける3つの方法も紹介」をチェックしてみてください。具体的なロードマップやスキルの身につけ方を解説しています。

5.プログラミング仲間を見つける

プログラミング仲間を見つけるメリットは、悩みを共有できることです。学習過程や案件獲得など、幅広い分野の不安を相談できます。

周りにプログラミングを学んでいる方がいない場合は、SNSやオンラインサロンで見つけるのがおすすめ。
特にオンラインサロンは講座を受講できるところもあるため、学習がはかどるメリットがあります。

6.学習する言語を変える

プログラミング学習でどうしても進められない方は、言語を変えるのもひとつの手段です。
言語によって難易度が異なり、未経験からの勉強はハードルが高いものがあります。

例えばプログラミング初心者であれば、以下がおすすめです。

  • HTML
  • CSS
  • Ruby
  • JavaScript

学習につまずいている方は、比較的理解しやすい言語から取り組んでみましょう。

「つまらない」が吹き飛ぶ!プログラミングの2つの魅力

こちらでは、プログラミングの魅力を2点紹介します。

  1. 自分のアイデアを形にできる
  2. 社会からの需要が高い

ぜひチェックしてみてください。

1.自分のアイデアを形にできる

プログラミングの魅力は、自分が作りたいものを形にできることです。
ひとつのアイデアが、多くの人を引きつけられるかもしれません。

例えば多くのユーザーがいるTwitterやLINEなども、プログラミングを用いられて制作されています。

個人で作られた「100万のタマゴ」というは、ただタマゴをタップするだけというシンプルな作りながらも、世界で800万ダウンロードされました。
決して優れた機能を搭載しなくてはならないというわけではなく、ワンアイデアで人気を集めることも可能です。

自分の作ったサービスが役に立ったり楽しんでもらえたりすれば、大きなやりがいになるでしょう。
自分で0から新しいコンテンツを生み出せることが、プログラミングの大きな魅力です。

2.社会からの需要が高い

プログラミングを習得している人材は、需要が高く就職に有利です。

dodaの発表によれば、技術系(IT・通信)の有効求人倍率は8.67倍です。有効求人倍率とは、求職者1人当たりにつき何件の求人があるかを表す指標。つまりプログラミングを習得している人材は、1人につき8件以上の求人があることになります。

下記の画像は、他の職種との有効求人倍率を比べたものです。


引用:doda「転職求人倍率レポート(2021年2月)

技術系(IT・通信)は、他の職種と比較しても高い倍率であることがわかります。プログラミングを習得することで、就職も有利になるでしょう。

プログラミングが「つまらない」と感じるならオンライン講座の活用がおすすめ

オンライン講座とは、パソコンやスマホで受講できる講座です動画やテキストを利用して、学習を進めていきます。

メリットは、場所や時間を問わずに学習できること。教室に通う必要はないため、仕事や学業が忙しい方にもおすすめです!

またオンライン講座は学ぶ順番も決まっているため、順序良く学習を進められます。さらに、講師に質問できるオンライン講座であれば、疑問点を解決できることも利点です。

プログラミングが「つまらない」と感じている方には、当メディアが紹介するSkill Hacksがおすすめ!
わかりやすい動画教材で、1本当たり約10〜20分で視聴可能です。通勤時でもサクッとプログラミング学習ができます。

最大の特徴は、LINEで質問できること。期間や回数の制限は設けていないため、わからないところをとことん解決できます。
サンプル用の動画もあるため、ぜひ内容をチェックしてみてください。

Skill Hacksなら最速でプログラミング初心者を脱出できる

  • 初心者からWebアプリケーション開発の知識を学べる
  • 無期限の質問サポート付き
  • 買い切り型で受講期限も無制限