>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【決定版】プログラミング学習を依頼できるメンターの探し方5選!利用するメリットと注意点も徹底解説

「プログラミング学習でメンターってなにをするの?」
「メンターを利用するメリットってあるのかな?」
「プログラミング学習を依頼できるメンターってどうやって探せばいいの?」

プログラミングは専門性が高いため、独学での習得には不安がありますよね。メンターへの依頼を考えている方も多いのではないでしょうか?

しかし、メンターを利用することにメリットはあるのか気になるところ。依頼するには費用がかかるため、じっくり吟味したいですよね。

そこで本記事では、下記内容を解説していきます。

  • プログラミング学習でメンターを利用するメリット
  • メンターを探す方法
  • メンターを選ぶ際のポイント

このコラムを読むことで、プログラミング学習におけるメンター利用についての理解が深まるでしょう。依頼を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

監修者:平井 隆嗣 システム開発に加えてマーケティングまで対応し、集客や売上に貢献するエンジニア。 開発会社にて4年間の勤務をし、リーダーとして活躍したあとフリーランスとして独立。WordPress導入、デザイン、開発、アプリケーション開発などを幅広く手掛ける。
監修者:迫 佑樹 株式会社SkillHacks代表取締役。大学在学中からプログラミングスキルを身につけ、フリーランスエンジニアとして独立。 自身の経験を活かしプログラミングを教え、その知見からオンラインスクール事業Skill Hacksを運営。そのほか、実店舗ビジネスや知識プラットフォームBrainなどさまざまなビジネス経営中。

プログラミング学習でのメンターの役割

メンターを直訳すると「指導者、助言者」です。メンターによってサポート内容は異なりますが、プログラミング学習では以下のような役割をしてくれる人を指します。

  • 言語選定
  • カリキュラムの作成
  • 学習支援
  • キャリアサポート

人によりサポート範囲は異なるので、どこまで支援をしてくれるのか事前に確認すると良いでしょう。

メンターのなかにはプログラミング学習だけでなく、キャリアや悩みの相談などの精神的な支援も行う人も。幅広くサポートしてくれるので、初めてプログラミングを勉強する人はメンターをつけると、安心して学習できます。

プログラミング学習でメンターを利用するメリット7選

プログラミング学習をするうえで、メンターを利用するメリットは以下の通りです。

  1. オリジナルのカリキュラムを作成してくる
  2. 疑問点を解決しやすい
  3. 挫折しにくい
  4. 不得意分野を見つけられる
  5. 現場の状況を理解できる
  6. 自分のペースで学習しやすい
  7. スクールへ通うよりも安価

それぞれの項目について、深掘りしていきましょう。

【メンターにプログラミング学習を依頼するメリット1】
オリジナルのカリキュラムを作成してくれる

メンターは学習者に合わせたオリジナルのカリキュラムを作成してくれます。基本的にマンツーマンでやりとりを行うためです。

例えばプログラミング初心者であれば、「プログラミングとはなにか」「言語の特徴」などといった基礎的なところから学習できるでしょう。

自分のレベルに合わせたカリキュラムを作成してくれるのは、メンターならではのメリットです。

【メンターにプログラミング学習を依頼するメリット2】疑問点を解決しやすい

プログラミング学習をメンターへ依頼することで、疑問点を解決しやすくなります。マンツーマンでの指導が基本であり、気軽に質問ができるためです。

コードを書いていくとエラーが出ることがほとんど。お手本通りにしたとしても上手くいかないことがあるので、分からないことを聞ける環境があるのは大きな強みでしょう。

疑問点を解決することで、効率の良い学習が可能になります。メンターの利用は、プログラミングスキルをできるだけ早く身に付けたい人におすすめです。

▼プログラミングが時間の無駄とならない対策を解説▼
【必見】プログラミングが時間の無駄になる理由5選!効率よく学習を進める5つの方法 >>【必見】プログラミングが時間の無駄になる理由5選!効率よく学習を進める5つの方法

【メンターにプログラミング学習を依頼するメリット3】挫折しにくい

メンターと一緒に学習することによって挫折しにくくなります。

プログラミングの挫折率は9割と言われています。主な理由は下記の通りです。

  • 疑問を質問できる環境にいない
  • モチベーションが維持できない
  • エラーを解決できない

前項でも紹介しましたが、メンターがいることで学習を進めていくうちに出てくる疑問点やエラーを解決できますその結果、自分でできることが増え、モチベーション維持にもつながるでしょう。

プログラミングスキルを挫折せずに習得したいなら、メンターへの依頼を検討することをおすすめします。

【メンターにプログラミング学習を依頼するメリット4】不得意分野を見つけられる

メンターを利用するメリットは、自分の不得意な分野を見つけられること。一人ひとりに付き添ってくれるため、メンターが学習者の特徴を掴みやすくなっています。

不得意分野を見つけられることで、苦手をなくす学習ができるでしょう。メンターによっては、苦手ジャンルに特化したカリキュラムを組んでくれることも。

プログラミングを効率よく学習したいなら、メンターへの依頼を検討しましょう。

【メンターにプログラミング学習を依頼するメリット5】現場の状況を理解できる

現役エンジニアのメンターと学習することで、現場の状況を理解できます。例えば下記内容を知れるでしょう。

  • 現場で求められるコードの書き方
  • プログラミング以外に勉強すべき内容

メンターと一緒に学習することで、独学では身に付けられない知識を取り入れられます。エンジニアやプログラマーとして就職を考えているのであれば、利用を検討しましょう。

【メンターにプログラミング学習を依頼するメリット6】自分のペースで学習しやすい

メンターを利用することで、自分のペースでプログラミング学習ができます。

例えばプログラミングスクールの場合、受講日程があらかじめ決められているケースがほとんどです。仕事や学業で忙しい方は、時間の確保が難しい可能性があります。

一方メンター専用のサービスを利用すれば、基本的に自宅での学習がほとんどそのため、自分の好きな時間にプログラミングを勉強できます。

【メンターにプログラミング学習を依頼するメリット7】スクールへ通うよりも安価

メンターを利用するメリットとして、プログラミングスクールの受講費よりも安価ということが挙げられます。それぞれの相場は下記の通りです。

  • プログラミングスクール:20~30万円
  • メンター:0.6~1万円(月額)

専用のサービスからメンターの依頼をすると、月ごとに支払いが生じるケースがほとんどです。そのため、いつまで利用するかによって費用が異なります。しかし、1年間利用したとしても7.2~12万円なので、プログラミングスクールよりも安価です。

学習のための費用は抑えたいけれど、きちんとスキルを身に付けたい人におすすめです。

【失敗しない】プログラミングのメンターを選ぶ4つのポイント

この章ではメンターを選ぶ際のポイントを解説します。主に下記4点です。

  1. サポート内容を確認する
  2. 現役のエンジニアへ依頼する
  3. 口コミやレビューを参考にする
  4. お試しがあれば利用する

順番に解説していきましょう。メンター選びで失敗したくない方は、ぜひ参考にしてみてください。

【プログラミングメンターの選び方1】サポート内容を確認する

メンターを依頼する際には、サポート内容を確認しましょう。支援してくれる項目が異なるためです。

例えば、メンターによって学習できる言語が異なります。自分が学びたいスキルを身に付けられるかも合わせて確認しましょう。

サポート内容に疑問があれば、一度メンターに質問することをおすすめします。ミスマッチを防ぐためにも、不安を取り除いてから依頼をしましょう。

【プログラミングメンターの選び方2】現役のエンジニアへ依頼する

メンターを依頼するときは、現役のエンジニアかどうかを確認しましょう。現役であれば現場の生の情報やトレンドを意識した指導を受けられます。

メンターにはエンジニアを引退した方や大学生が行なっているケースも見受けられます。キャリアを意識するなら、現役エンジニアへメンターを依頼すると安心できるでしょう。

【プログラミングメンターの選び方3】口コミやレビューを参考にする

メンター専用のサービスであれば、メンターごとに口コミが記載されています。依頼する前に確認することで、どのようにサポートしてくれるのかが分かることがメリット。

メンター専用のサービスを使わない場合は、Googleなどで人名を検索したり経歴を確認したりしましょう。

【プログラミングメンターの選び方4】お試しがあれば利用する

メンターによってはお試しを設けている人がいるため、事前に利用しておくと良いでしょう。ミスマッチを防止できるためです。

もし合わないと感じれば別のメンターへ変更できるため、金銭的なダメージを受けにくいです。

お試しを利用する際には、質問の応答やカリキュラムなどを確認しておくと良いでしょう。

プログラミングのメンターを探す方法5選

プログラミングのメンターを探す方法は、下記の5点です。

  1. 企業へ就職・インターンを行う
  2. SNSから探す
  3. 勉強会へ参加する
  4. メンター専用のサービスを利用する
  5. プログラミングスクールへ通う

それぞれの方法について、メリット・デメリットを含めて解説していきます。

【プログラミングメンターの探し方1】企業へ就職・インターンを行う

プログラマーやエンジニアとして企業へ就職したりインターンを行ったりすることで、先輩社員がメンターの役割を担います。実際に働いている人がメンターになってくれるため、実践的なスキルを身に付けられるでしょう。

ただし、担当してくれるのは企業へ就職・インターンを行っている間だけです。自分でメンターを選べないので、相性が良くない人とペアを組むリスクもあります。

【プログラミングメンターの探し方2】SNSから探す

SNSからメンターを探す方法もあります。

例えば現役のエンジニア・プログラマーへメンターの依頼メッセージを送ることで、メンターを引き受けてくれることがあります。Twitterでは「#メンター募集」というハッシュタグと共に募集をかけることも可能。

この方法のデメリットは、メンターが見つからない可能性があることです。依頼をしたり募集をかけたりしても、満足のいく結果にならないケースがあるでしょう。

【プログラミングメンターの探し方3】勉強会へ参加する

プログラミングは勉強会を設けていることがあるので、参加することによってメンターを見つけられる場合があります。人数の規模はさまざまですが、関係性を築きたいなら少人数制のものへ参加しましょう。

勉強会へ参加しても、自分が求めるレベルのエンジニア・プログラマーがいない可能性があります。情報収集の場としてはおすすめなので、学習で行き詰ったときに活用してみても良いでしょう。

【プログラミングメンターの探し方4】メンター専用のサービスを利用する

専用のサービスを利用することで、メンターを見つけられます。口コミが記載されているので、判断材料が多いことがメリットです。

例えば下記サービスから見つけられます。

  • MENTA
  • ココナラ
  • タイムチケット

メンターをサクッと探したい人におすすめの選択肢です。

ただし選択肢が多すぎるため、誰に依頼するか絞り切れない可能性があります。サポート内容などを確認して、吟味すると良いでしょう。

【プログラミングメンターの探し方5】プログラミングスクールへ通う

プログラミングスクールによっては、メンターを用意してくれることがあります。

講師とは別でメンターを設けているスクールであれば、学習面で手厚くサポートしてくれるでしょう。過去の受講生のノウハウが蓄積されているので、効率の良いスキル習得が期待できます。

ただしプログラミングスクールへ通うには受講料が必要です。そのため、費用に対する負担が大きくなるでしょう。

【依頼前にチェック】プログラミング学習にメンターを利用する際の3つの注意点

メンターを利用する際には、事前に知っておくべき注意ポイントがあります。以下の3点です。

  1. 自分に合ったメンターを見つけるのが難しい場合がある
  2. 自主的に学習する姿勢が必要
  3. メンターには期限がある

詳しく解説していきましょう。

【メンターを利用する際の注意点1】自分に合ったメンターを見つけるのが難しい場合がある

自分と相性の良いメンターを見つけることが難しい場合があります。合わないメンターと学習することで、学習効率が悪くなる可能性も。満足のいくサポートを受けられないケースもあるでしょう。

ミスマッチを防ぐためには、以下の方法がおすすめです。

  • メンターに求めることを明確にする
  • 口コミやレビューを参考にする
  • お試し利用をする

自分に合ったメンターを見つけるためには、さまざまな人に依頼してみるのもひとつの方法です。

【メンターを利用する際の注意点2】自主的に学習する姿勢が重要

プログラミングを学習するには、自主的に学ぶ姿勢が重要です。メンターに頼りっきりではプログラミングスキルは身に付けられません。

メンターの目的は、あくまでも学習のサポートをすること。スキルを身に付けられるかどうかは、学習者の姿勢によります。

メンターへ依頼したからといって、プログラミングを習得できる保証はないことを覚えておきましょう。

【メンターを利用する際の注意点3】メンターには期限がある

メンターは月や回数で期限が決まっています。そのため、期間が終わってから疑問点が出てきた場合は、追加で依頼をしなければなりませんもちろん費用も必要です。

プログラミングを初めて学習する人は、疑問点が多く出る傾向があります。メンターの期限内に学習が終わらない可能性もあるので、期間に余裕を持って受講したり、期限が終わったときの対応を確認したりしておきましょう。

プログラミングを学習するなら質問無制限のオンライン講座という選択肢も!

プログラミングを習得したいなら、オンライン講座を受講する選択肢もあります。プログラミングスクールと比較すると約10万円安価なので、学習コストを抑えたい人にもおすすめです。

質問を無制限で受け付けているオンライン講座であれば、期限を気にせずにサポートが受けられるでしょう。

プログラミングスキルを身に付けたいなら、当メディアが提供するSkill Hacksがおすすめ!

講師は現役のエンジニアなので、現場レベルで通用するスキルが習得できます。さらに、受講期間も質問も無制限で受け付けているので、挫折しにくい仕組みになっています。

公式ページでは、サンプル動画を載せているのでぜひご覧ください。

Skill Hacksなら最速でプログラミング初心者を脱出できる

  • 初心者からWebアプリケーション開発の知識を学べる
  • 無期限の質問サポート付き
  • 買い切り型で受講期限も無制限