>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【保存版】アプリ開発を独学で行うためのロードマップを解説!スキルを身に付ける3つの方法も紹介

「アプリ開発って独学でできるのかな?」
「アプリ開発からリリースまでにはどんな手順があるの?」
「アプリ開発を独学で行うための学習方法を知りたい」

学習の費用を抑えたい方は、独学でアプリを開発したいと考えているのではないでしょうか?しかし、知識がない状態だとなにから始めていいかわからないですよね。

そこでこの記事では、アプリ開発を独学で行うためのロードマップを解説していきます。本コラムを読むことで、アプリを開発するための道筋が明確になるでしょう。

効率よく進めるために注意したいポイントも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

監修者:平井 隆嗣 システム開発に加えてマーケティングまで対応し、集客や売上に貢献するエンジニア。 開発会社にて4年間の勤務をし、リーダーとして活躍したあとフリーランスとして独立。WordPress導入、デザイン、開発、アプリケーション開発などを幅広く手掛ける。
監修者:迫 佑樹 株式会社SkillHacks代表取締役。大学在学中からプログラミングスキルを身につけ、フリーランスエンジニアとして独立。 自身の経験を活かしプログラミングを教え、その知見からオンラインスクール事業Skill Hacksを運営。そのほか、実店舗ビジネスや知識プラットフォームBrainなどさまざまなビジネス経営中。

【手順ごとに解説】アプリ開発を独学でするロードマップ

アプリを開発するには、どのような手順を踏めばいいのかわからない方も多いでしょう。具体的なロードマップは下記の5ステップです。

  1. 開発するアプリを決める
  2. フレームワークを学習する
  3. 開発に必要なプログラミング言語を学習する
  4. 実際にコードを書いて練習する
  5. アプリを開発しリリース作業を行う

それぞれの手順ごとに概要を解説していきます。

【ステップ1】開発するアプリを決める

まずは開発するアプリを決めましょう。作るものによって学習する内容が大きく異なるためです。

例えば、プログラミング言語は開発するアプリによって異なります。同じスマホのアプリでもAndroidは「Java」、iPhoneは「Swift」という言語で開発できるといったように、異なる言語が必要です。

そのため開発するアプリから選定を行いましょう。アプリの種類と必要な言語は下記記事にて詳しく解説していますので、ぜひチェックしてみてください。

▼アプリの種類から必要な言語を紹介!▼
【保存版】アプリ開発に必要な言語12選!身に付けておきたい3つのスキルも紹介 >>【保存版】アプリ開発に必要な言語12選!身に付けておきたい3つのスキルも紹介

【ステップ2】フレームワークを学習する

フレームワークとは、アプリやシステムを開発するために必要な機能があらかじめ用意されたひな形のようなものです。フレームワークを学習する理由は、アプリ開発を効率よく進められるためです。

必要な機能があらかじめ用意されているため、作成のためにかかる時間やコストを削減できます。開発時のバグも減らせます

フレームワークには、下記のものが挙げられます。

  • Ruby on Rails(Rubyのフレームワーク)
  • React(JavaScriptのフレームワーク)
  • Bootstrap(CSSのフレームワーク)

アプリ開発を効率よく行うには、フレームワークを使いこなさければなりません。

当メディアが紹介する講座では、プログラミング言語と併せてフレームワークの学習もできます。Skill HacksではRuby on Rails、Front HacksではReactをカリキュラムに組んでいます。そのため、アプリ開発を効率よく進めるためのノウハウが身に付くでしょう。

【ステップ3】開発に必要なプログラミング言語を学習する

開発するアプリの選定が終わり、フレームワークを学習したらプログラミング言語を学習しましょう。ベースのスキルとなるため、しっかり知識を身に付けましょう。

先ほどでも触れましたが、開発するアプリによって学習するプログラミング言語は異なります

スマホアプリとWebアプリでも必要なものが異なるので、最初に何をつくりたいか考えてから学習を始めましょう。それぞれ必要な言語やアプリの種類については、下記記事にて解説しています。

▼アプリ開発に必要は言語を12種類紹介!▼
【保存版】アプリ開発に必要な言語12選!身に付けておきたい3つのスキルも紹介 >>【保存版】アプリ開発に必要な言語12選!身に付けておきたい3つのスキルも紹介

【ステップ4】実際にコードを書いて練習する

プログラミングを学習する際には、実際にコードを書いて練習しましょう。参考書などの説明を読むだけでは、知識は身に付かないからです。

コードを書いてみると不明点がでてくるもの。出てきた疑問を解決することで、スキルが自分のものになっていきます。

プログラミングを習得したいなら、実際にコードを書いて練習しましょう。

【ステップ5】アプリを開発しリリース作業を行う

アプリが開発できたら、リリース作業も行ってみましょう。リリースまですることで、開発の全体像が掴めます。

公開する方法は、アプリの種類によって異なります。Webアプリであればサーバーを契約してリリース、スマホアプリであればApp storeやGoogle Playに申請したりしましょう。

独学の段階でアプリを公開することで、自分の実績にもなります。就職に有利になる場合があるので、率先してリリース作業を行いましょう。

▼アプリ開発で稼ぎたい方に必見の記事!▼
【メリット多数】アプリ開発で稼ぐ方法4選!おすすめ勉強法も合わせて解説 >>【メリット多数】アプリ開発で稼ぐ方法4選!おすすめ勉強法も合わせて解説

アプリ開発を独学で進めるメリット

アプリ開発を独学で進めるにはメリットがあります。以下の2点です。

  1. 学習コストを抑えられる
  2. 自分のペースで勉強できる

それぞれのメリットについて、詳しく解説していきましょう。

【独学のメリット1】学習費用を抑えられる

独学で行うことで学習費用を抑えられます。最近ではアプリ開発を無料で行えるものが増えているからです。

専門スクールに通う場合、20~40万円ほど必要です。決して安い金額ではないため、受講料の支払いが難しい方もいるでしょう。

学習費用をできるだけ抑えたい方には、独学が向いています。

【独学のメリット2】自分のペースで勉強できる

自分のペースで学習できることも独学のメリットです。プログラミングやフレームワークを理解するには、人によって必要な時間は異なります。

スクールなどあらかじめカリキュラムが決められている場合、次の講義までに復習が必要です。仕事や学業が忙しいとなかなか難しいこともあるでしょう。

自分の理解度や環境に合わせて進められるのは、独学ならではのメリットです。

アプリ開発を独学で進めるデメリット

メリットばかりに思える独学ですが、実はデメリットもあります。主に下記2点です。

  1. 疑問点を解決しにくい
  2. 自分でカリキュラムを組む必要がある

これらの項目は、独学を始める前に知っておきたいことです。アプリ開発を達成させるためにも、必ず確認しましょう。

【独学のデメリット1】疑問点を解決しにくい

独学での学習は、疑問点を解決しにくいというデメリットがあります。疑問点が出てきた場合、自分で解決しなければなりません。

主な方法として、書籍やインターネットからの検索が挙げられます。プログラミング言語やフレームワークによっては情報が少ないものがあるため、疑問点を解決できない場合があります。

また、せっかく書いたプログラミングにエラーが出たとき、原因が突き止めにくいのもデメリット。一文字でも間違えるとエラーが出てしまうので、解消するのに苦労することも多いでしょう。

わからないことが積み重なると学習が思うように進みません。結果として、アプリ開発を挫折してしまうことにつながるでしょう。

【独学のデメリット2】自分でカリキュラムを組む必要がある

自分でカリキュラムを組まなければなりません。そのため、計画性が求められます。

専門スクールなどはあらかじめカリキュラムが組まれているため、順番に学習を進めて行けばアプリ開発に必要なスキルが身に付きます。

一方自分で学習する際には、なにを学ぶべきなのか探すところから始まります。アプリ開発の知識のない人は、この時点でかなりの労力を使うでしょう。仮にカリキュラムを組めたとしても、必要のないスキルを学習してしまう可能性があります。

独学のアプリ開発を効率よく進めるための2つのポイント

前章で紹介した通り、独学のアプリ開発には注意したいデメリットがあります。目的を達成するためには、効率よく学習を進めていくことが大切です。

この章では、独学でアプリ開発をするときに気を付けたいポイントを紹介します。具体的には、下記2点です。

  1. 具体的な目標を設定する
  2. 実際にアプリ開発の仕事を受ける

それぞれのポイントについて、詳しく解説していきましょう。

【ポイント1】具体的な目標を設定する

アプリ開発を達成させるためには、具体的な目標を設定しましょう。目的があいまいだとアプリ開発に意味を見出せずに挫折してしまいやすいからです。

以下2人の目標を例として解説します。
Aさん:お金を稼ぎたいからアプリを開発したい
Bさん:エンジニアに転職したいから実績としてアプリを開発したい

Aさんの目的は収入を得ることなので、アプリを作成しなくても達成できるでしょう。一方、Bさんは「エンジニアに転職するための実績作り」という明確な目標。疑問点があったとしても、自分で解決するよう率先して動けるため、挫折もしにくいです。

アプリ開発を最後までやり遂げたいなら、具体的な目標を設定して学習に励みましょう。

【ポイント2】実際にアプリ開発の仕事を受ける

ある程度スキルが身に付けは、実際にアプリ開発の仕事を受けてみましょう。自分の実績にもなります。

クライアント(顧客)とやり取りをすることで、アプリ開発の具体的なイメージが掴めることもメリット。どんなアプリを作って欲しいかヒアリングしたり、設定された納期を守ったりするため、実践的な経験が積めるでしょう。

アプリ開発を独学で行うための学習方法3選

アプリ開発を独学で進めるためには、スキルを身に付けるために勉強しなければなりません。この章では、具体的な学習方法を3点紹介します。

  1. 書籍で学習する
  2. Webサイトを活用する
  3. オンライン講座を受講する

それぞれの注意点なども解説するので、ぜひチェックしてみてください。

【学習方法1】書籍で学習する

アプリ開発をするには、書籍から学習する方法があります。

本のメリットは、体系的にスキルを学べることです。そのため、アプリ開発の知識がない人におすすめです。

ただし、学習したい内容によってもどの本を読むかは変わります。そのため、勉強したい内容や目的をはっきりさせると良いですね。

【学習方法2】Webサイトを活用する

Webサイトを活用するころで、ノウハウを学習できます。

検索ワードによっては、自分の知りたいことをピンポイントで調べやすいというメリットがあります。お金をかけずに学べるので、費用をかけたくない人にはおすすめです。

一方、プログラミングの知識がない人は「なにから検索していいか分からない」という場合があります。疑問が出てきたとしても、質問ができずに解決できないケースが考えられます。

【学習方法3】オンライン講座を受講する

オンライン講座は、どこかの教室に通う必要がありません。自宅やカフェなど好きな場所でアプリ開発に必要なスキルを習得できます。

なおオンライン講座では質問できる回数や期限が決まっているものがあります。そのため、受講する前に確認しておくと安心できるでしょう。

アプリ開発にも活かせるプログラミングの基礎知識を身に着けたい方はSkill Hacksがおすすめです。最大の特徴は質問を回数や期間の制限なしで受け付けていること。LINE @で質問できるので、疑問点をサクッと解決できるでしょう。

Skill Hacksなら最速でプログラミング初心者を脱出できる

  • 初心者からWebアプリケーション開発の知識を学べる
  • 無期限の質問サポート付き
  • 買い切り型で受講期限も無制限