>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

アプリケーションエンジニアの将来性は高い!3つの理由や需要が高いエンジニアの特徴を解説

「アプリケーションエンジニアの将来性は高い?」
「今から目指したら遅い?」
「今後仕事がなくなる可能性があるか不安」
などと考えていませんか?

アプリケーションエンジニアとして活動している方は、今後も安定して収入を得られるのか将来性が気になりますよね。これからスキルを身につける方も、実際に活躍できるのか知りたいところでしょう。

アプリケーションエンジニアは、需要が高く将来性も高い仕事です!今後も、多くのエンジニアが求められると予想できます。

この記事では、

  • 将来性が高い理由
  • 将来性が高いエンジニアの特徴
  • 求められるスキル
  • スキルの身につけ方

などについて解説するので、これからアプリケーションエンジニアを目指す方、将来性が不安な方は参考にしてみてください!

監修者:平井 隆嗣 システム開発に加えてマーケティングまで対応し、集客や売上に貢献するエンジニア。 開発会社にて4年間の勤務をし、リーダーとして活躍したあとフリーランスとして独立。WordPress導入、デザイン、開発、アプリケーション開発などを幅広く手掛ける。
監修者:迫 佑樹 株式会社SkillHacks代表取締役。大学在学中からプログラミングスキルを身につけ、フリーランスエンジニアとして独立。 自身の経験を活かしプログラミングを教え、その知見からオンラインスクール事業Skill Hacksを運営。そのほか、実店舗ビジネスや知識プラットフォームBrainなどさまざまなビジネス経営中。

アプリケーションエンジニアの需要と将来性は高い

アプリケーションエンジニアの需要と将来性は高いです。

多くの企業がアプリ開発を行なっており、優秀なエンジニアが求められています。

アプリケーションエンジニアが作るアプリは、普段使っているスマホやWebで使えるものだけではありません。
特注で、企業用の業務システムなども作ります。

今後はデジタル化が進むので、多くの企業がアプリやシステムに頼ります。求められるアプリやシステムを作成できるエンジニアは、需要を伸ばし続けるので将来性も高いです。

アプリケーションエンジニアの将来性が高いつの3つの理由

こちらではさらに踏み込んで、アプリケーションエンジニアの将来性が高い3つの理由を紹介します。

  1. IT業界は人手不足
  2. 社会のデジタル化が進んでいる
  3. 市場規模が伸びている

それぞれ解説します。

1.IT業界は人手不足

そもそもIT業界は人手不足ですが、今後はさらにその傾向が強くなると言われています。政府によると、2030年には約79万人もの人材が不足すると言われるほどです。


参考:経済産業省「IT人材需給に関する調査(概要)

特に、アプリ開発の分野は市場が急成長していて、アプリケーションエンジニアの需要は高くなります。

そのため、専門的な知識があれば多くの企業に求められるでしょう。

将来性が気になる方の中には、今からプログラミング学習をしても稼げるのかという不満を持つ方もいると思います。

しかし、アプリケーションエンジニアは今後さらに求められるので、将来性が高く今のうちにスキルを身につけるのがおすすめです。

2.社会のデジタル化が進んでいる

社会のデジタル化が進んでいるのも、アプリケーションエンジニアの将来性が高い理由です。

スマートフォンが一般的になり始めてからは、様々な企業がこぞってアプリ開発を行なっています。スマホの普及により社会全体がデジタル化しているのが現状です。

近年では、アプリだけでなくAIやドローンなども注目されています。

アプリケーションエンジニアの技術は、様々なデジタル分野で活躍できるので将来性が高いです。

3.市場規模が伸びている

IT業界の市場規模は伸び続けているので、アプリケーションエンジニアの将来性も高いといえます。

IT業界の市場規模は、10年以上右肩上がりです。現在も成長していますが、今後はさらに伸びると予想されています。

実際に、多くの企業がアプリやシステムなどを導入していて、スキルがあるエンジニアは仕事に困りません。

市場規模が伸びている業界は、それだけ将来の安定性も見込めます。IT業界の中でもアプリケーションエンジニアは需要が高いと言われているので、将来性は安心です。

将来性の高いアプリケーションエンジニアの特徴5選

アプリケーションエンジニアの将来性は高いと言っても、全てのエンジニアが求められるわけではありません。

企業にとって優秀なエンジニアは将来性がさらに高くなります。

こちらでは、将来性も高いアプリケーションエンジニアの特徴を5つ紹介するので、参考にしてみてください。

  1. 複数のアプリ開発に対抗できる
  2. 常にスキルアップしている
  3. 実務経験が長い

1.複数のアプリ開発に対応できる

複数のアプリ開発に対応できるアプリケーションエンジニアは、多くの企業から求められます。

アプリケーションエンジニアと一言で言っても、作るアプリの内容は様々です。

アプリ開発に必要な知識はOSや種類によって変わります。例えば、iPhone用のアプリを作るならSwiftという言語が必要ですし、WebアプリにはPHPが使われます。

限られたアプリしか作れないエンジニアよりも、様々な種類のアプリ開発に対応できる方が需要が高いです。

仕事の幅も広がるのでエンジニアとしての将来性も高められますよ。

全てのスキルを身につけるのは難しいですが、数種類のアプリ開発を行えるのを目指しましょう。

2.常にスキルアップしている

常にスキルアップしていると将来性は高いです。IT業界は技術の進歩が早いので、常にスキルを磨いていないと置いてかれます。

アプリケーションエンジニアに限らず、エンジニアとして活躍したい方は常にスキルを磨き続けましょう。

新しいスキルを磨くときは、現職と少し違う分野の技術を身につけるのがおすすめです。

例えば、アプリ開発スキルがある方は、Web制作やマーケティングのスキルを身につけると、アプリ開発から複数の仕事を巻き取れます。

また、その分野の最新のスキルを身につけると、クライアントへの提案力も上がるのでさらに需要が高まります。

3.実務経験が長い

将来性が高いアプリケーションエンジニア特徴として、実務経験が長いというのもあげられます。

エンジニアはスキルが求められる職種ですが、経験年数で実力を判断されることが多いです。そのため、高単価な案件は経験年数が定められているものもあります。

具体的に、実務経験が3年以上あるとエンジニアとしての信頼が上がるので、将来性に左右されずに求められます。

特に高単価な案件を受注したい方は、実務経験を積んでおきましょう。

4.システム開発やITスキルがある

アプリケーションエンジニアがシステム開発やIT分野に精通していると、将来性は高いです。

アプリ開発は、プログラミングスキルだけではなく、WebやITに関する知識が求められます。システム開発の経験があれば巻き取れる仕事なども出てくるでしょう。

アプリのみならず複数のスキルがあると、エンジニアとしての価値が上がり需要が高まります。

また企業からすると、アプリの制作しかできないエンジニアを雇うと、ネットワークを管理する人も必要です。しかし、1人でアプリ開発からネットワーク・サーバーの管理ができたら、極論他のエンジニアを雇わずに済みます。

そのため、システム開発やITスキルがあると将来性は高いです。

5.発信力が高い

発信力が高いとさらにエンジニアとしての価値を高められます。

SNSなどを利用して発信力をつけると、アプリケーションエンジニアとしてのスキルをアピールしながら、影響力という武器を手に入れられます。

影響力がつくと、アプリケーションエンジニア以外の活躍もできるので、IT業界の将来性に左右されません

また、SNSを運用しているとインフルエンサーにならなくても、仕事をもらえる確率や単価が上がります。

将来性を高めるには発信力をつけるのが必須です。

アプリケーションエンジニアに求められる5つのスキル

アプリケーションエンジニアを目指すにはどんなスキルが必要なのか、気になる方もいると思います。

こちらでは、アプリケーションエンジニアに求められる5つのスキルを紹介します。

  1. プログラミングスキル
  2. Webに関するスキル
  3. コミュニケーションスキル
  4. フレームワークを扱うスキル
  5. 議題解決力・発想力

これから目指したい方や、さらに活躍したい方は参考にしてみてください。

1.プログラミングスキル

アプリケーションエンジニアはプログラミングスキルが不可欠です。

アプリ開発はプログラミング言語を使用するのが基本なので、プログラミングスキルが求められます。

具体的に、アプリ開発に必要なプログラミング言語は以下の通りです。

「幅広く利用できる言語」

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript

「Webアプリに必要な言語」

  • PHP
  • Python
  • Ruby

「Androidアプリに必要な言語」

  • Java
  • Kotlin

「MacOS・iOSアプリに必要な言語」

  • Swift
  • Objective-C

「Windowsアプリに必要な言語」

  • C#
  • VisualBasic

「業務系のアプリに必要な言語」

  • Java
  • C
  • C++
  • COBOL

作りたいアプリによって必要な言語は変わるので、まずは1つ種類を決めて学習しましょう。

どのアプリを開発するにも、HTML/CSS、JavaScriptは必要になるので、まずは基本の言語を身につけてください。

HTML/CSS、JavaScriptを効率的に学習したい方には、当メディアが運営するFront Hacksをおすすめします。

Front Hacksは、現役のエンジニアがプログラミング初心者でも分かりやすいように、動画で解説してくれています。無制限の質問サポートがついているので、疑問をすぐに解決できるのが魅力。これからアプリケーションエンジニアを目指す方にぴったりです。

2.Webに関するスキル

Webに関するスキルもアプリケーションエンジニアには必要です。

Webに関するスキルとは、

  • ネットワーク
  • サーバー
  • セキュリティ
  • ソフトウェア
  • ハードフェア
  • データベース

など、Webを動かす技術や仕組みのこと。

アプリ開発ではサーバーやネットワークの管理が必要なので、プログラミングスキルの次に学びましょう。

3.コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルもアプリケーションエンジニアに必要です。

アプリ開発では、クライアントの希望を聞き出してから開発作業が始まります。はじめに希望するアプリの要件を聞き出さないと、後から大きな修正が必要になる場合も。

また、アプリ開発はチームで開発するケースが多いです。

複数人で作業を進めるときは、メンバーとスムーズに作業するためのコミュニケーションスキルが求められます。1人の開発が遅れると全体の作業が止まる可能性があるからです。

アプリケーションエンジニアは最低限のコミュニケーションスキルが必要なので、あらかじめ身につけておきましょう。

4.フレームワークを扱うスキル

フレームワークはアプリ開発において必要不可欠。フレームワークというのは、汎用的な機能が用意された骨組みのことで、簡単にいうと効率的にプログラミングを行えるツールです。

アプリ開発は、規模が大きくなると膨大量のコードを打たなければいけません。しかし、1からコーディングするには時間と労力が必要です。

そこでフレームワークを利用すると、コーディングを効率的に進められて作業時間を短縮できます。

案件や企業によって使われているフレームワークは変わりますが、便利なツールなので最低限扱えるようにするのがおすすめです。

5.議題解決力・発想力

アプリ開発では、議題解決力や発想力も大切です。

クライアントの現状を把握して問題点を解決するのも、アプリケーションエンジニアの仕事。アプリの設計から提案・開発まで行うので、現状を把握して課題を解決する力が必要です。

また、便利なアプリやシステムを開発するには、アイデアを見つける発想力が求められます。

良いアイデアを思いつけるか不安と思う方は、日頃から思いついたものをメモしておくと開発時に使えますよ。

アプリケーションエンジニアのスキルを高めるにはオンライン講座がおすすめ

アプリケーションエンジニアとしてのスキルを高めるには、どんな方法があるか疑問に思う方もいるでしょう。

プログラミング学習などを行うのであれば、オンライン講座の受講がおすすめです。

オンライン講座は動画でスキルを学べるのものが多く、オンラインなので自分のペースで学習を進められます。忙しくてスキマ時間学習を進めたい方や、自宅でゆっくりスキルアップをしたい方に向いています。

プログラミングスキルをオンライン講座で身につけるなら、当メディアが運営するSkill Hacksがおすすめです。

3,000人以上にプログラミングを教えてきた講師から、プログラミングの基本から学べます。

また、

  • LINE@で無制限に質問できる
  • いつでもどこでも動画を見れる
  • 94本のわかりやすい教材で学べる

など、挫折せずにスキルを身につけられます。

これからプログラミングを勉強したい方は、ぜひ試してみてください。

Skill Hacksなら最速でプログラミング初心者を脱出できる

  • 初心者からWebアプリケーション開発の知識を学べる
  • 無期限の質問サポート付き
  • 買い切り型で受講期限も無制限