>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【プログラミング初心者向け】Progateの次にやるべきこと4選【実務スキルの習得が重要】

「Progateを学習しおわったあとはどうすればいいのか?」
「プログラミングスキルを高める方法はある?」
「プログラマーとして就職をするなら、どんな行動をとればいい?」

Progateはほぼ無償でプログラミングを学べるため、使用している方は多いでしょう。しかし、一通りカリキュラムがおわったあとはどうしたらいいのか迷ってしまいますよね。

なかにはProgateに入っている他の言語を学習しようと思う方もいるでしょう。しかし、目的もなく勉強するのは危険

そこでこの記事では、Progateの次におこないたいことを紹介します。プログラミングスキルを高める方法も解説するので、学習に困っている方もぜひ参考にしてみてくださいね。

Progateがおわったあとの2つの注意点

Progateの学習がおわったあと、なにをすれば良いのか迷う人は多いでしょう。しかし、注意しなければならないこともあります。

主に下記2点です。

  1. 手当たり次第にプログラミング言語を学習しない
  2. 実践的なスキルを学ぶ

各注意ポイントについて、順番に解説していきます。

【Progate後の注意点1】手当たり次第にプログラミング言語を学習しない

Progateではさまざまな言語が学習できますが、手当たり次第勉強するのはおすすめできません。自分の目標としているものとは、関係のない言語を学ぶ可能性があるためです。

例えば、Androidアプリの開発が目的である場合、PythonやPHPを学習しても遠回り。手当たり次第に勉強しても、目標に近づかないかもしれません。

種類を増やすより、学習した言語を使って開発を進めるために、さらに深く学ぶべきです。Progateを学習しおわったあとは、自分がなにを目標としているのか改めて考え直すと良いでしょう。

【Progate後の注意点2】実践的なスキルを学ぶ

一通り勉強が完了したら、実践的なスキルを学びましょう。Progateでは、あくまでも基礎的な技術しか身に付かないためです。

プログラミングを仕事にしたい方やシステムを開発したい人にとっては、Progateの学習だけでは不十分と言えるでしょう。

なお実践的なスキルを身に付ける方法は、次の章で詳しく紹介します。

【手順ごとに解説】Progateの次におこないたいこと4選

Progateの学習がおわったら、下記4つの段階を踏んでいきましょう。

  1. 開発環境を構築する
  2. テキストエディタの使い方に慣れる
  3. 模写をおこなう
  4. オリジナルの商品を作ってみる

それぞれの項目について詳しく解説します。

【ステップ1】開発環境を構築する

まずは自分のパソコンに開発環境を構築しましょう。システムやアプリを開発するには、必要不可欠なステップです。

  • テキストエディタ
  • Webサーバー
  • データベース

など、プログラムを書く環境や、作成後に実行する環境を整えます。また、サーバーとデータベースを連携させる設定も必要です。

開発環境の構築と言うと難しく聞こえるかもしれませんが、書籍やネット上で簡単に情報収取できます。情報量も多いため、疑問点も解決しやすいでしょう。

【ステップ2】テキストエディタの使い方に慣れる

テキストエディタとは、プログラムを実行するためのものです。Progateではテキストエディタが用意されていましたが、実践で使うには自分のパソコンにインストールしなければなりません。

下記サービスはプログラミング初心者でも扱いやすくなっています。無料で使えるため、インストールすると良いでしょう。

  • Atom
  • Visual Studio Code

テキストエディタも書籍やネットで使い方を学習できるので、活用することをおすすめします。テキストエディタに慣れてきたら、次のステップに進みましょう。

【ステップ3】模写をおこなう

開発環境やテキストエディタの準備が整えば、プログラミングの模写をおこないましょう。既存サービスを真似することで、実際に使われているスキルを学習できます。

自分が目標としているシステムやアプリに近いものをトレースすると、将来的に役に立つでしょう。実践的なプログラミングスキルを身に付けるためには、模写は近道と言えます。

【ステップ4】オリジナルの商品を作ってみる

プログラミングの模写をある程度こなしたら、オリジナルのシステムやアプリを作ってみましょう。自分で作ったシステムやアプリはポートフォリオになり、案件獲得の際に有利になることも。

また、作成物から報酬を得られる可能性もあります。習得したスキル腕試しとして、オリジナルのものを作ってみましょう。

【就職を考えるなら】Progateの次におこないたい学習手段

Progateを学習している人には、エンジニアやプログラマーとして就職を検討している人もいるでしょう。キャリアを考えるなら、現場レベルで必要なスキルを身に付けたいところ。実務経験がないため、未経験からの就職はハードルが高めだからです。

この章では、就職を考えている人に向けてProgateの次の学習方法を紹介します。主に下記2点です。

  1. プログラミングスクールへの通学
  2. オンライン講座の受講

順番に解説していきます。

【Progateの次におこないたい学習方法1】プログラミングスクールへの通学

エンジニア・プログラマーを目指すなら、プログラミングスクールへの通学を検討しましょう。講師がいるため、疑問点を解決しやすいことがメリット。就職サポートがついているスクールであれば、キャリアを見据えた学習ができるでしょう。

しかし、受講費用は30~50万円と高めです。分割払いに対応しているスクールもありますが、人によってはネックと感じることもあるでしょう。

▼Webエンジニアむけのおすすめスクールを紹介▼
【厳選】Webエンジニアむけのスクールおすすめ5選【2021年版】 >>【厳選】Webエンジニアむけのスクールおすすめ5選【2021年版】

【Progateの次におこないたい学習方法2】オンライン講座の受講

受講費用を抑えたい方は、オンライン講座の受講がおすすめ。足りない知識をサクッと補いたい方にも向いています。

有名なサービスとしては、下記が挙げられます。

プログラミングスクールと同様にカリキュラムが組まれているため、効率良く学習を進められるでしょう。

ただし、単発で勉強するのが不安な人やProgateで疑問がたくさんあって手が止まったという方は、質問できるスクールやオンライン講座をおすすめします。不明点を解決できるため、プログラミン学習が挫折しにくいでしょう。

プログラミングスキルを着実に習得したいなら、当メディアが紹介するSkill Hacksがおすすめ。最大の特徴は質問を回数や期間の制限なしで受け付けていることです。LINE @で簡単に質問できるので、安心して学習を進められます。

プログラミングレベルをさらに引き上げる4つの方法

プログラミングレベルを高めるためには、Progateにプラスαで行動しましょう。具体的には、下記4点の方法をおすすめします。

  1. 案件を取る
  2. インターンに参加する
  3. アプリをリリースする
  4. プログラミングコンテストに出てみる

ひとつずつ解説していきます。スキルを高めたいと考えている方は、ぜひ本章の内容を参考にしてみてください。

【プログラミングレベルを上げる方法1】案件を取る

プログラミングレベルを上げたいなら、実際に案件を獲得してみましょう。クライアントワークをおこなうことで、実践的なスキルが身に付くためです。

案件をこなすことで、下記能力も習得できるでしょう。

  • コミュニケーション
  • スケジュール管理

プログラミング以外のスキルが身に付くのもメリットのひとつです。

なおプログラミングの業務を獲得するには、クラウドソーシングやSNSなどを活用しましょう。

【プログラミングレベルを上げる方法2】インターンに参加する

学生の方は、企業のインターンに参加するのもおすすめ。質問の受け答えをおこなう「メンター」と呼ばれる方がつく場合もあるため、スキルを習得しやすいメリットがあります。

インターンに参加することで、報酬がもらえたり就職活動に有利になったりすることも。経験を積むという観点から、インターンに応募することをおすすめします。

▼プログラミング学習におけるメンターについて解説▼
【決定版】プログラミング学習を依頼できるメンターの探し方5選!利用するメリットと注意点も徹底解説 >>【決定版】プログラミング学習を依頼できるメンターの探し方5選!利用するメリットと注意点も徹底解説

【プログラミングレベルを上げる方法3】アプリをリリースする

実際にアプリをリリースすることで、開発からリリースまでの流れを経験できますプログラミング以外にもマーケティングなどのスキルを習得できるでしょう。

なおアプリを開発することで、収益化を図ることも。場合によっては、起業することも可能でしょう。

▼アプリ開発で起業する方法を紹介!▼
【ほーくさんチェック待ち】Webエンジニアに独学でなる方法を6ステップで解説【必要なスキル7選】【ほーくさんチェック待ち】Webエンジニアに独学でなる方法を6ステップで解説【必要なスキル7選】 >>【決定版】アプリ開発での起業で失敗しないコツ5選!【事前の準備が超重要】

【プログラミングレベルを上げる方法4】プログラミングコンテストに出てみる

プログラミングコンテストとは、 プログラミングの能力や技術を競う大会です。作品を提出したり、チームを組んで参加したりとコンテストによって形式はさまざま。賞金が出るものもあります。

有名な大会は下記の通りです。

  • U-22プログラミングコンテスト
  • 日本情報オリンピック
  • SamurAI Coding

ゲーム系やセキュリティ系など、コンテストのカテゴリも多様。スキルレベル向上のためにも、参加してみると良いでしょう。

Skill Hacksなら最速でプログラミング初心者を脱出できる

  • 初心者からWebアプリケーション開発の知識を学べる
  • 無期限の質問サポート付き
  • 買い切り型で受講期限も無制限