>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【厳選】Webエンジニアむけのスクールおすすめ5選【2021年版】

Webエンジニアに向けて勉強したいなと思ったとき、スクールに行くべきか悩む人は多いです。独学で挫折した経験があるならなおさらです。

しかし、スクールに通っても途中で挫折する人が少なくないという事実を知っていますか?また、卒業後に転職サポートがなく、仕事がうまく見つけられない人も。

料金も内容もピンキリなので、スクール選びは慎重に行うべきです。

とはいえ、Webエンジニア向けの学校は増えていて、どこがいいのか悩んでしまう気持ちはわかります。おすすめ30選なんて言われても、自分に合うところを選びきれないというのが本音ではないでしょうか?

そこで本記事では、Webエンジニア向けのスクールを徹底的に比較して、よりすぐった5つを紹介します。

その中でも後悔しない学校選びができるように

  • スクール選びのポイント
  • スクールを使うメリット
  • デメリット

まで、詳しく解説しました。

この記事を読むと、自分に合うスクールの選び方がわかりますよ。入学してから後悔しないように、ぜひ参考にしてください!

Webエンジニアを目指す人向けおすすめスクール5選

Webエンジニアを目指す人に本当におすすめのスクールは以下の5つです。

  1. テックキャンプ エンジニア転職
  2. TECH ACADEMY(テックアカデミー)
  3. Code Camp
  4. DMM WEB CAMP
  5. 侍エンジニア塾

【おすすめのスクール1】
テックキャンプ エンジニア転職

初心者から転職やフリーランスを目指すなら、「テックキャンプ エンジニア転職」がおすすめです。

基本的に講義はオンラインですが、自習や交流の場として教室も用意されています。ハイブリット式なので「日常的に通学はしたくないけれど、1人では不安」という人におすすめです。一緒にスタートした人と「同期」という概念があり、カリキュラムに「チームでの開発」があるので一緒に頑張る仲間ができて挫折がしにくい傾向も。

コースの期間は、2つあり、短期集中の10週間か通常の6ヶ月。アフターフォローも充実しているところが強みです。

スクール名テックキャンプ エンジニア転職(旧テックエキスパート)
受講方法
  • オンライン
  • オフライン(自習や交流)
コース短期集中スタイル(10週間)、夜間・休日スタイル(6ヶ月)
受講料短期集中スタイル:648,000円、夜間・休日スタイル:848,000円
(入会金無料)
学べる内容Ruby/ Ruby on Rails/ Swift/ PHP/ Laravel/ Javascript/ jQuery/ Git
/ GitHub/ HTML5/ CSS3/ SQL/ Java/ Unity/ C#など
Adobe Photoshop/Adobe Illustrator
教室 計9校(渋谷3校、丸の内、名古屋、難波2校、福岡2校)
特徴
  • 30歳以上でも受け入れ可能
  • 実務とほぼ同じ環境を経験できる
  • カリキュラムの中でチーム開発が経験できる
  • 期間内に終わらない場合は延長も可能
  • 無料専属のキャリアアドバイザー
  • 転職保障(全額返金保証)

【おすすめのスクール2】
Tech Academy(テックアカデミー)

なるべく低予算で転職やフリーランスになりたいなら、Tech Academy(テックアカデミー)がおすすめ。

完全オンラインなのに、凄腕のメンターさんがついてくれるため、初心者にもわかりやすいカリキュラムが評判です。マンツーマンでわからないところはすぐに解決しやすいところがポイント。

1週間の無料体験期間があり、1ヶ月から気軽に始められるので、少しだけ知識がある人にもおすすめです。

 

スクール名Tech Academy
受講方法オンライン(マンツーマン)
コース
  • Webアプリケーションコース
  • PHP/Laravelコースなど
受講料社会人プラン1ヶ月:129,000円、学生プラン1ヶ月:89,000円
学べる言語Ruby/Ruby on Rails/ Swift/ PHP/ Laravel/ JavaScript/ jQuery/ Git/ GitHub/ HTML5/ CSS3/ SQL/ Java/ Unity/ C#など
Adobe Photoshop/ Adobe Illustrator
教室教室なし
特徴
  • 1週間無料体験あり
  • 1ヶ月から通える
  • 他に比べてとにかく安い
  • マンツーマン制度
  • 最大8時間チャットツールでメンターに相談できる
  • 回数無制限で課題レビュー

【おすすめのスクール3】
Code Camp(コードキャンプ)

コストを抑えながら確実に実力を身に付けていきたいなら、Code Camp(コードキャンプ)がおすすめ。とにかく費用の割にカリキュラムやメンターのクオリティが高く、コスパがいいと話題です。

オンラインなのでパソコンとインターネット環境さえあれば、どこでも始められることが特徴です。教室に通わなくて良い分、自分でモチベーションの維持をする必要があるので、コツコツとできる人に向いています。クオリティーが高い分初心者には課題が難しく感じる側面も。

期間は全て2ヶ月で、コースは大きく分けて3種類。

  1. プログラミング系
  2. デザイン系
  3. 両方

を選べます。

スクール名Code Camp(コードキャンプ)
受講方法オンライン(365日7時~23時40分の間対応のマンツーマンメンター制)
コース
  • Webマスターコース
  • Rubyマスターコース
  • Javaマスターコース
  • デザインマスターコース
  • アプリマスターコースなど
受講料
  • マスターコース(2ヶ月):148,000円〜
  • プレミアムコース(2ヶ月):398,000円〜
学べる言語Ruby/ Ruby on Rails/ Swift/ PHP/ Laravel/ JavaScript/ jQuery/ Git/ GitHub/ HTML5/ CSS3/ SQL/ Java/ Unity/ C#など
Adobe Photoshop/Adobe Illustrator
教室教室なし
特徴
  • カウンセリングで割引クーポンがもらえる
  • メンターの評判がいい
  • 就職転職サポート(無料)

【おすすめのスクール4】
DMM WEBCAMP(ディーエムエムウェブキャンプ)

エンジニア転職で満足度が高いのが、DMM WEBCAMP(ディーエムエムウェブキャンプ)です。

就職支援成功率は98%で、かつ転職保証で「転職できなかった場合は全額返金」というところが大きな特徴。

DMM WEBCAMPは基本的に講座はオンラインですが、メンターが常駐している教室を解放しています。オフラインでも勉強や交流ができるハイブリット型なところが人気。

カリキュラムも経済産業省認定の高水準かつ、転職保障もあり、卒業後の「離職率」は1%と発表されています。転職できなかったら授業料は全額返金という強気の保障が心強いです。

スクール名DMM WEBCAMP
受講方法
  • オンライン(カリキュラム式)
  • オフライン(フリースクーリング)
コース転職コース(通常3ヶ月・専門4ヶ月)
受講料転職コース(通常):628,000円、(専門)828,000円
学べる言語Ruby/Ruby on  Rails/ Swift/ PHP/ Laravel/ JavaScript/ jQuery/ Git/ GitHub/ HTML5/ CSS3/ SQL/ Java/ Unity/ C# など
Adobe Photoshop/Adobe Illustrator
教室計3校舎(渋谷、新宿、難波)
特徴
  • 転職成功率98%(2020年1月現在)
  • フリースクーリング(メンターに質問し放題)
  • キャリアサポート(無料)
  • 条件に当てはまれば最大56万キャッシュバック
  • 最大5万円キャッシュバックキャンペーンも(期間限定)
  • 転職保証(転職できなかったら全額返金)

受講料は高額ですが、分割払いの選択できるので1ヶ月最低15,500円の「お稽古価格」で通えます。

講座を受ければ、無料のメンターとキャリアサポートを利用でき、本格的な自己分析でぴったりの転職先を見つけられると話題です。

また、民間の転職型プログラミング教室でただひとつの経済産業省の認定講座なので、条件をクリアしたら社会人でも国から支援金を受けられます。

支援金を使えば専門コースが「828,000円→268,000円」と56万円も安くなるので、対象になるか調べましょう。支援金を受けられれば最も条件の良いスクールといえるでしょう。

【おすすめのスクール5】
侍エンジニア塾

目的にまっしぐらな学習カリキュラムで高評価を得ているのは、侍エンジニア塾です。

受講方法はオンラインとオフラインから選べます。基本的にインストラクターは専属で、カリキュラムは必要に合わせて「オーダーメイド」できます。ただし講師に関しては、相性もあるのでもしも合わないと感じたら変更してもらいましょう。

完全無料体験ができるので、気になったらまず体験から始められて安心です。

こちらも転職サポートが充実し、返金保障もあるので安心して勉強に取り組めることでしょう。

スクール名侍エンジニア塾
受講方法
  • オンライン
  • 通学
コース
  • スタンダードコース
  • AIコース
  • 転職コース
受講料
  • デビューコース1ヶ月:
    【学生】124,000円〜【一般】128,000円〜
  • AIコース3ヶ月
    【学生】593,000円〜、【一般】648,000円〜
  • 転職コース1ヶ月:128,000円〜
    (転職が成功すれば無料)
学べる内容Python/ WordPress/ Ruby/ PHP/ Node.js/ Java/ Dart/ Flutter/ C++/ C#/ Swift/ Xamarin/ Kotlin/ Unity/ Microsoft Azur/ Amazon Web Service/ Heroku/ Slack/ Docker/ Git/ Jenkins/ Travis CI/ Vagrant/ Vim/ Reactなど
教室渋谷校
特徴
  • 転職成功率94.1%(2019年実績)
  • オンライン無料体験
  • Amazonギフト券プレゼント
  • オーダーメイドカリキュラム
  • 現役エンジニアに相談できる
  • 転職保証(転職できなかったら全額返金)

Webエンジニアになるためにプログラミングスクールを利用するメリット

Webエンジニアになるためにプログラミングスクールを利用すると、3つのメリットを享受できます。

  1. 効率よく学習できる
  2. 学習のモチベーションが保ちやすい
  3. 就職や転職がスムーズにできる

それぞれ解説します。

【メリット1】
効率よく学習できる

スクールに通うと実績のあるプロによって、綿密なカリキュラムが組まれているのでとにかく学習効率が良いです。

独学だと何から始めていいかわからないことがありますよね。

わからないことがわからないと遠回りする時間や無駄なことに注ぐ労力が増えて、効率が悪いです。

最短距離でWebエンジニアになるのであれば、スクールに通うのがベストですよ。

【メリット2】
学習のモチベーションが保ちやすい

スクールに通うと講師や他の生徒の存在が刺激になって、学習のモチベーションが保ちやすいのもメリットのひとつです。他に頑張っている人がいると、自分も頑張ろうと思いますよね。

また、わからないところを共有できたり講師に質問できることはスクールの最大の強みといえるでしょう。

学習のモチベーションを保つことは実はとても大切なことの一つです。せっかく始めた勉強も挫折してしまったらもったいないので、モチベーションはキープしましょう。

【メリット3】
就職や転職がスムーズにできる

スクールに通う最大のメリットは、就職や転職やスムーズにできることです。

実績のあるスクールは就職先と提携していたり、転職の斡旋をしてくれたりするサービスがあります。

就職や転職ができなかった場合は授業料の返金保障があるスクールもあるので、どこまで寄り添ってくれるのかチェックしましょう。

Webエンジニアになるためにプログラミングスクールを利用するデメリット

プログラミングスクールにはメリットだけでなく、もちろんデメリットもあります

  1. 費用がかかる
  2. カリキュラムの進度に合わせる必要がある
  3. 継続が大変

それぞれ解説します。

【デメリット1】
費用がかかる

最大のデメリットは費用がかかることです。

スクールは手厚いサービスがある反面費用が高額になることも。

Webエンジニアはスキルが上がれば比較的高収入が期待できるので、就職や転職をすれば費用分はすぐに取り返せますが最初の出費は覚悟しましょう。

【デメリット2】
カリキュラムの進度に合わせる必要がある

スクールに通うと自分のペースで学べないこともデメリットです。

カリキュラムに合わせて勉強を進めなければならないので、学校や仕事が忙しい時期は地獄を見ることになるかもしれません。

ある程度基本的なことは本などで独学を進めたほうが、理解が早まるでしょう。

【デメリット3】
継続が大変

プログラミングスクールの継続率は7割と言われています。

実際に「挫折した3割の人のほとんどの人が入校した1ヵ月以内にやめる」と言われているくらい最初が大変です。

特に通いのスタイルで初期段階で用事で1度休むと、授業について行くのが困難になり劣等感に苛まれることも。フォローをしっかりしてくれるところを選びましょう。

スクールは高額なので、最初は入門編の本などを読んで適正を確認したほうがいいでしょう。

Webエンジニア向けプログラミングスクールを選ぶ7つのポイント

プログラミングスクールは高額なので、間違いのないように選びたいですよね。

そこで、こちらではスクールを選ぶポイントを7つご紹介します。

  1. オンラインか通学かを決める
  2. カリキュラム
  3. 教師の質
  4. 就職支援の手厚さ
  5. 金額
  6. 学習環境
  7. 教材のわかりやすさ

それぞれ詳しく解説します。

【ポイント1】オンラインか通学かを決める

スクールを選ぶときは、受講方法も大切です。自分に合わない講座形式だと継続しづらくなります

受講方法には、大きく分けると「オフライン」と「オンライン」の2つの形式があります。

【オンライン】

  • ライブ配信(生中継)
  • 動画配信(録画)
  • ビデオ通話(1対1)
  • ビデオ通話(グループ学習)
  • チャット
  • Webサイト

【オフライン】

  • 通学
  • 通信講座

オンラインのメリットは、通学の移動時間がなく、自分のペースで勉強できること

一方、オフラインの教室形式だと、講師に直接質問できるのが良いところです。しかし、予定が合わず通学できなかったり、地方だと受講できないというデメリットも。通学する場合は通いやすさもしっかりと確認しましょう。

【ポイント2】
カリキュラム

自分の学びたい内容が学べるか・期間は長過ぎないか

Webエンジニアのスクール選びに欠かせないのは、カリキュラムを知ることです。ひと言でスクールと言っても、次のように様々なスタイルがあります。

  • 資格を取るスクール
  • 知識をつけるスクール
  • 実践で学ぶスクール
  • 講師に質問・相談をできるスクール

自分が何を学びたいのか、スクールに何を求めているかを明確にし、目的に合う講座を選びましょう。

【ポイント3】
教師の質

スクールを選ぶには「どんな人が講師なのか」講師の質もポイントの1つ。同じ内容でも、講師によってわかりやすさが異なります

また、添削や質問・相談ができる場合は、講師との相性や距離感や返信の早さにストレスがないかが大切。

高い授業料を払うからにはミスマッチのないように、事前に評判などを調べましょう具体的には以下のような項目をチェックしてみてください。

  • 講師の経歴
  • 実際の受講者による評判
  • 受講者の卒業後の実績
  • SNSやブログがある場合は発信内容

もちろんWebでの評判がすべてではありませんが、最新の口コミも参考になるでしょう。

【ポイント4】
就職支援の手厚さ

チェックしたいポイントは就職支援の手厚さです。

どんな業界も就職活動は大変なもの。

せっかく無事にスクールを卒業できても、全くツテのないまま未経験のWebエンジニアを雇ってくれる会社は多くはありません。雇ってもらえても給料が希望よりも低いスタートになることも。

その点も考慮して、スクールは卒業生の就職支援を売りにしているところも少なくありません。

卒業生が実績を作っていれば、就職先も幅広い選択肢が用意されているはずです。

就職の斡旋はある意味卒業生の実績、スクールの実績の証明になるので必ずチェックしましょう。

【ポイント5】
金額

スクールを選ぶ際にネックになるのが受講料ですね。せっかく評判のいいスクールに行きたいと思っても予算に見合わなければ通えません。日用品と違ってスクールは、金額が安ければ安いほど良いわけではありません。コストに見合った価値を得られるかどうか、いわゆるコスパがポイントです。

スキルをつけて本格的にWebエンジニアとして稼ぎたいのならば、先行投資はやはり必要です

特に時間がない社会人は「時間や手間、効率をお金で買う」という意識で決めましょう。スキルを早く身につけられば回収も早いですよ。

【ポイント6】
学習環境

見逃しやすいのが学習環境です。

集中しやすい環境は人によって変わります。

例えば、家などでは勉強に集中できないなどで作業スペースが欲しい人には「自習室がある」ことは大切なポイントになります。

  • たくさんの人がいたほうが集中できる
  • 少人数の方が集中できる
  • 個人指導がいい
  • 自習室がある
  • いつでも質問できる
  • チューターがいる
  • 部屋のデザインや色
  • 通いやすさ

など自分の好みに合うかも確認しましょう。

実際に体験授業を受けたり見学をさせてもらったりすると、イメージしやすいですよ。

【ポイント7】
教材のわかりやすさ

大事なポイントは、使う教材のわかりやすさです。

いくら講師が良くても教材がわかりづらいと自習の妨げになります。

教材にも相性があります。可能であれば実際の教材を見せてもらって継続できそうなレイアウト、内容かを確認しましょう。

【体験談あり】スクール選びでやりがちな失敗5選

スクール選びでやりがちな5つの失敗を体験談とともにお伝えします。

  1. 目標設定が曖昧
  2. カリキュラムを受講さえすれば身につくと思っている
  3. 学習速度についていけない
  4. スクールにいけば転職できると思っている
  5. 卒業して違うスクールに通った

それぞれ解説します。

【失敗1】
目標設定が曖昧

失敗した例の一つとして、「目標設定が曖昧だった」ということがあります。

なんとなく「Webエンジニアって稼げそう」と思ってスクールに通ったものの「実際に自分には全然向いてなくてコードを見るだけで寝てしまった」なんて声も。

エンジニアはとても地道な作業で、向き不向きがあります。どちらかというと学生時代に「理系」が好きだった人がマッチする傾向があります。

簡単な適正検査ができるサイトもあるので、念のため確認してみましょう。もちろん適正がなくても努力してWebエンジニアの最前線でバリバリ稼いでいる人もいるので、安心してください。

また、目標は曖昧なものよりも「◯◯みたいなサイトが作りたい」「◯◯な仕事をして困っている人を助けたい」など明確にするといいでしょう。

普段から理想とするサイトやアプリをチェックすることもおすすめです。

【失敗2】
カリキュラムを受講さえすれば身につくと思っている

よく聞く体験談としては「スクールに通えばWebエンジニアになれる」という勘違いです。

いくら学校に通っても自分で勉強しないとスキルは身につきません。

「わかったつもり」では仕事はできませんよね。

特にWebエンジニアはコードを書かないと成長は見られないので、時間がある限りコードを書きましょう。コードを書くのが楽しくてたまらないくらいの方が成長が早いですよ。

【失敗3】
学習速度についていけない

スクールの「学習速度についていけなくて挫折した」という体験談もあります。

特に通学式のスクールは決まった日程で通い続けなければならず、毎回授業は進みます。

わからないことを放置せずに、質問をして、毎回の授業を確実にものにしましょう。

【失敗4】
スクールにいけば転職できると思っている

スクールに行きさえすれば転職できると思うのも危険です。

繰り返しになりますが、スクールはサポートはしてくれますが、スキルがないと転職はできません。

反対にしっかりと勉強してスキルを身につけられれば、就職先の斡旋をしてもらえることも。

諦めずに地道に勉強しましょう。

【失敗5】
卒業して違うスクールに通った

スクールを卒業したけれども就職できなくて違うスクールに通った、なんて体験談も。

スクールは高校や大学と違って単位制などではないので、通い続ければ基本的に卒業はできます。

しかし、すぐに就職できるかのスキルはシビアに見られてしまいます、

なぁなぁになんとか卒業できたものの、就職できるスキルや自信がなくてスクールホッパーになってしまう人も。

スクールに通ったからといって他人任せになるのではなく、自発的にスキルを身につける意気込みが必要です。