>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【入門編】PHPを基礎から学べるおすすめの本10選!3つの選び方も合わせて紹介

「PHPを基礎から学べる本を知りたい」
「おすすめの入門書はどれ?」
「色んな本が出ていて何が良いのかわからない」

などの疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

PHPをとりあえず手軽に本で学びたい方に向けて、この記事を書いています。プログラミング関連の本は非常に種類があり、PHPの入門から学びたい場合、どれを選べば良いかわからないのが現状でしょう。

そこでこの記事では、

  • PHPを学習する本の選び方
  • おすすめの本10選
  • 本よりおすすめの学習方法

などをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

PHP入門の本の3つの選び方

まず初めに、PHP入門の本をどのように選べば良いのか、3つの選び方を紹介していきます。

  1. 知識レベルに合っているか
  2. 環境構築にも触れているか
  3. 学びたいバージョンの本であるか

1. 知識レベルに合っているか

初めに見るべきポイントは、自分の知識レベルに合っているかという点です。

PHP入門の本と言っても、解説の粒度や進むスピードはものによって全く違います。解説の仕方も、イラストや具体例を出して丁寧に解説してくれるものから、文字だけでサクサク進む本もあるでしょう。

全くPHPを知らない方が文字だけの本を読んでも、内容が理解しにくくて身になりません。逆に、基礎知識はあるけどその先の細かい技術を知りたい方が、イラストで基本的な動き方を解説されても、何も学べないですよね。

本に学びたい知識があるのかどうかを確認してから選びましょう。

2. 環境構築にも触れているか

環境構築について触れているかどうかも、本を選ぶ上で大切なポイントになります。環境構築を簡単に言うと、人間が書いたプログラミング言語を、コンピューターが理解できるようにする作業です。

アプリやサイトを作るために、プログラミングを言語でコードを書いていっても、環境構築がされていないとコンピューターは理解できません。PHPを勉強して実践するためには、環境を自分で作る必要があります。

しかし、環境構築は初心者がつまづきやすいポイントでもあるため、本できちんと解説されていないと、コードを書いても思う通りに動かないのです。

これからPHPを学び始める方は、環境構築の解説がされている本を選びましょう。

3. 学びたいバージョンの本であるか

自分が学びたいPHPのバージョンの本であるか、ということも選ぶときのポイントです。

というのも、PHPには

  • PHP5
  • PHP7

という2つのバージョンがあります。

同じ言語でもバージョンが変わるだけで、プログラムの仕様がかなり違いあります。つまり、PHP5を覚えたとしても、PHP7のプログラムは開発できません。

自分が学習したいバージョンについて解説している本を選ばないと、学習する意味がなくなってしまいます。

ちなみに、これから学習する方はPHP7がおすすめです。PHP7はPHP5をバージョンアップしたような言語で、現在は多くのシステムやプログラムに使用されています。

どちらか悩んだ場合には、PHP7を学習しましょう。

【入門編】初心者でもPHPを学べるおすすめの本10選

それでは、初心者でもPHPを学べるおすすめの本を10冊紹介していきます。

  1. いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室
  2. スラスラわかるPHP
  3. 誰もがあきらめずにすむPHP超入門
  4. よくわかるPHPの教科書
  5. 気づけばプロ並みPHP 改訂版–ゼロから作れる人になる!
  6. WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。
  7. スラスラ読める PHPふりがなプログラミング ふりがなプログラミングシリーズ
  8. ゼロからわかるPHP超入門
  9. 独習PHP 第3版
  10. PHPフレームワーク Laravel入門

1. いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室

タイトルいきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室
価格1,980円(単行本版)
出版社リックテレコム
特徴独自の速習コースで初心者でもPHPを理解できるようになる本

これからPHPを学びたい」「PHPについてほとんど初心者」という方におすすめの1冊です。

PHPの基礎からMySQLまで、初心者でもわかりやすく素早く理解できるよう解説してくれています。また、初心者がつまづきやすいポイントをとことん解消しているため、他の入門書で理解できなかった方にもおすすめです。

あらかじめ、プログラミングの基礎であるHTMLとCSSをある程度理解しておくと、よりスムーズに理解できるでしょう。

2. スラスラわかるPHP

タイトルスラスラわかるPHP
価格2,530円(単行本版)
出版社翔泳社
特徴プログラミングやPHPの知識がゼロでも自作できるようになる本

プログラミングやPHP関連の知識はゼロ」という方が、自力でプログラムを作成できるようになる本です。

PHPの概要や基本構文など言語の基礎的な部分だけでなく、Webサイトの仕組みやデータベース・セキュリティなどについても解説しています。

インターネットに関する知識が少ない方でも理解できる本です。わかりやすいイラストが使用されているのも、おすすめのポイントです。

3. 誰もがあきらめずにすむPHP超入門

タイトル誰もがあきらめずにすむPHP超入門
価格1,848円(単行本版)
出版社SBクリエイティブ
特徴誰もがあきらめずにPHPを理解できるようになる本

「誰もがあきらめずにすむ」というタイトルの通り、これまでPHPの本を読んだけど挫折したという方におすすめの本です。

豊富なイラストや図で、仕組みが見てわかるようになっているため、初心者でもプログラミングのイメージが付きやすく、スムーズに進められます。

実践形式で本を読み進めていくため、知識と実際のコードがリンクして覚えやすいのもおすすめの理由です。

4. よくわかるPHPの教科書

タイトルよくわかるPHPの教科書
価格2,728円(単行本版)
出版社マイナビ出版
特徴プログラミングの考え方からアプリ作成までを丁寧に解説している本

プログラミングの考え方から環境構築、実際にアプリを作るまでの過程を詳しく知りたい方におすすめの本です。

難易度が緩やかに上がっていくため、プログラミング初心者でも挫折しにくいのが特徴の1つ。環境構築にも触れているので、疑問点が少なく学習を進められるでしょう。

HTMLやCSSなどのプログラミングの基礎をある程度知った上で読むと、PHPの仕組みが理解しやすくスムーズに読み進められます。

5. 気づけばプロ並みPHP 改訂版–ゼロから作れる人になる!

タイトル気づけばプロ並みPHP 改訂版–ゼロから作れる人になる!
価格2,970円(単行本版)
出版社リックテレコム
特徴ゼロからショッピングサイトを作れるようになる本

「いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室」の姉妹本であり、少し難易度が上がる中級編PHPの基礎が理解できたけど、複雑なサイトが作れないという方におすすめの本です。

ゼロからシステムを組めるプログラマーになるために、わかりやすくショッピングサイトの作成方法を解説しています。

「いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室」が理解できた方は、購入するとさらに成長できるでしょう。

6. WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。[第3版]

タイトルWordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。[第3版]
価格2,640円(単行本版)
出版社エムディエヌコーポレーション
特徴WordPressテーマの作成やサイトのアレンジができるようになる本

WordPressのテーマを自作したい」「サイトをアレンジしたい」という方におすすめの本です。

HTMLやCSSは理解しているけど実際にPHPを使うのは苦手という人でも、WordPressについて基礎からアレンジの仕方まで理解できるようになっています。

いきなりの初心者には少々難易度が高いため、PHPの基礎がある程度理解できたら読んでみると、知識の幅が広がりますよ。

7. スラスラ読める PHPふりがなプログラミング ふりがなプログラミングシリーズ

タイトルスラスラ読める PHPふりがなプログラミング ふりがなプログラミングシリーズ
価格2,200(単行本版)
出版社インプレス
特徴とにかく優しく丁寧にPHPを解説してくれている本

PHPの基本を学びたい」「とにかく丁寧に解説してほしい」という方におすすめの本です。

まるで全ての感じにフリガナを振っているような優しさで、コードを1つ1つ丁寧に解説してくれています。究極の優しさを目指していて、初心者でも挫折しにくく読み進められる内容です。

基礎を理解するには非常におすすめの本ですが、ある程度プログラミングに慣れていると物足りなく感じるでしょう。

8. ゼロからわかるPHP超入門

タイトルゼロからわかるPHP超入門
価格2,618円(単行本版)
出版社技術評論社
特徴知識がなくてもPHPについて理解できるようになる本

プログラミングやインターネットの知識がなくても、PHPについて理解できるようになる本です。

Webの仕組みからデータベースの基礎なども解説していて、環境構築についても詳しく解説しているので、すぐに実践できます。

知識ゼロでもわかりやすく基礎を理解できるため、他の本で挫折した方にもおすすめです。

9. 独習PHP 第3版

タイトル独習PHP 第3版
価格3,520円(単行本版)
出版社翔泳社
特徴PHOについて基本から実践レベルまで詳しく理解できる本

「PHPの基礎について少し理解したけどさらに知識を深めたい」という方におすすめの本です。

PHPの基本構文からDB連携、セキュリティ対策までサイトやアプリの制作に必要な知識を、詳しく丁寧に解説してくれています。

解説→例題→練習問題という流れで、知識を定着させられるため、本の内容を理解して実践で使えるようになるのもおすすめの理由です。

10. PHPフレームワーク Laravel入門

タイトルPHPフレームワーク Laravel入門
価格1,075円(単行本版)
出版社秀和システム
特徴Laravelについて丁寧にわかりやすく解説してくれている本

PHPのフレームワークであるLaravelについて、基本から使い方、開発に役立つ機能を丁寧に解説してくれています。

フレームワークは、プログラミングを効率的に行うために重要な要素で、PHPを理解したら必ず身につけたい技術でしょう。

PHPのフレームワークではLaravelの人気が高く、これから理解したい人にとっておすすめの本です。PHPの基本が理解できていれば、スムーズに読み進められる内容になっています。

本でPHPの勉強に行き詰まったらオンライン講座もおすすめ

PHPを学ぶのにおすすめな入門書などを10冊紹介しました。

本は手軽に購入できていつでも振り返れるため、PHPの基礎を学ぶのに適した学習方法でしょう。

しかし、いくら丁寧に解説されていてもどうしてもわかりにくい部分はあると思います。本が読みにくかったりコードの間違いがあったり、行き詰まる方も多いです。

本の学習に行き詰まった場合には、オンライン講座の受講をおすすめします。

オンライン講座は、現役エンジニアの講師が動画でわかりやすく解説しているため、本よりも理解しやすいのが特徴です。動画をいつでも振り返れるため、効率的な学習も可能。

中でもおすすめなオンライン講座は、当メディアが運営しているPHP Hacksです。動画でわかりやすく解説しているだけでなく、わからない場所はLINE@で無制限に質問できます。

効率的かつ最短でPHPを学びたい方は、ぜひ受講してみてください。

PHP Hacksなら最速でPHPエンジニアを目指せる

  • 初心者からPHPの知識を学べる
  • 無期限の質問サポート付き
  • 買い切り型で受講期限も無制限