>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【攻略】コンテンツ販売で売れる商材の作り方を5ステップで徹底解説!

「コンテンツを販売したい。商材の作り方は?」
「具体的な作り方が知りたい」
「売れる商材を作るには?」

このような悩みにお答えしていきます。

コンテンツ販売で稼ぐには、商材の内容が大切です。しかし、販売者側が「良い」と考えるものが必ずしもユーザーの求める内容であるとは限りません。では、どんな内容にすれば売れるのか気になりますよね。

そこでこちらの記事では、コンテンツ販売商材の作り方について5つのステップで解説していきます。

  1. 販売する商材を決める
  2. 商品の構成を考える
  3. コンテンツにまとめる
  4. 販売する
  5. 販促&改善していく

コンテンツ販売で稼いでいきたいと考える方は参考にしてみてください。

【コンテンツ販売】作り方1:販売する商材を決める

まずはコンテンツ販売する商材を決めることが第1ステップです。3つのポイントにわけて解説していきます。

  1. ユーザーの悩みを解決する内容にする
  2. すでに販売されているジャンルを狙う
  3. 専門書籍があるジャンルはニーズがある

商材を決める際の参考にしてみてください。

1.ユーザーの悩みを解決する内容にする

まずはどんな内容のコンテンツを作成するのか考えていきましょう。思い浮かぶのは自分が得意とする内容や経験した内容でしょう。

「これは良い内容だから売れるはず」と考えてコンテンツを作ったとしても、ユーザーのニーズがなければ購入されることはありません。

コンテンツを作る前に、ユーザーがどんな悩みを抱えているのかチェックしてみるとよいでしょう。
おすすめの方法はYahoo!知恵袋を参考にすることです。

例えば「ダイエット方法」についてのコンテンツを作ろうとして、食事方法や運動方法を詳しく書いたとしても、そのような商材はすでにたくさんあるため欲しいと考えるユーザーはあまりいないことが考えられます。

そこで、Yahoo!知恵袋で「ダイエット」と検索し、閲覧数順で見てみると上位の悩みは、

  • 「ダイエットのモチベーションが続かない」
  • 「顔だけ痩せる方法が知りたい」
  • 「運動してもやせない」

という悩みが見られました。ここから、ダイエットのモチベーションを上げるマインドの育て方、部分やせの方法、運動しなくても痩せる方法などの商材は需要があるのでは、と考えられますね。

ダイエットはほんの1例ですが、作ろうと思っているコンテンツについて、他の人がどんな悩みを抱えているのか検索することは、売れる商材を作る重要なヒントになります。

2.すでに販売されているジャンルを狙う

すでに販売されているジャンルを狙うのも意外とおすすめです。販売しているということは、ニーズがあるということだからです。

情報商材をメインに取り扱うプラットフォームで無料会員登録し、類似商品をチェックしてみましょう。例えば、

などは無料会員登録できるので、リサーチに利用してみてください。資金に余裕があるなら、人気の商材をいくつか購入してみると参考になるでしょう。

3.専門書籍があるジャンルはニーズがある

専門書籍をチェックしてみるのもおすすめのリサーチ方法です。専門書籍があるジャンルは、出版社が手間をかけて編集して売っているということで、ニーズがあるといえるからです。

また、コンテンツを作るなら、書籍を参考にするのがおすすめです。ネット上で集めた情報ばかりでは、他の商材と差別化できないからです。

オリジナルのコンテンツを作成するためにも、専門書籍もぜひ参考にしてみてください。売れる商材が作れれば、書籍代はすぐに回収できます。

【コンテンツ販売】作り方2:商品の構成を考える

販売するコンテンツを作ったら、構成を考えて行きましょう。具体的な構成の作り方について3つの項目で解説していきます。

  1. ターゲットを設定する
  2. コンテンツの種類を決める
  3. コンテンツの内容を決める

構成の考え方について参考にしてみてください。

1.ターゲットを設定する

販売するコンテンツを決めたら、ターゲットを設定しましょう。ターゲットを設定することをペルソナ(架空の人物像)を設定するとも言います。

例えば、ダイエット系の商材を販売しようとするとき、

  • 20代男性、日中は力仕事中心
  • 40代女性、主婦で日中はほとんど家にいる
  • 10代女性、とにかく痩せたい願望がある

それぞれの人物像に合う商材は全く異なるでしょう。これらの人々全てに当てはまる商材を作ろうとすると、誰のためにもならないコンテンツになってしまいます。

また、ターゲットを設定する際は、その人の詳しい人物像についても考える必要があります。ダイエットの例でいうと「ヘルシーな食事」について作成しようとしたとき、その内容はそれぞれ異なります。

  • 外食ばかりの人・・・コンビニでも買えるヘルシー食品が知りたい
  • 料理が得意な人・・・ダイエットを感じさせない、ヘルシーで美味しい料理を作りたい
  • 時間がない忙しい人・・・簡単に作れるヘルシー料理の作り方が知りたい

などの情報を必要としていると考えられます。ペルソナを設定する際は、年齢・性別だけでなく、その人のライフスタイルや家族構成まで詳しく設定したほうがより需要のあるコンテンツを作れます。

2.コンテンツの種類を決める

コンテンツ販売できる種類は、大きく分けて4つあります。

  • テキストコンテンツ
  • 動画コンテンツ
  • 音声コンテンツ
  • オンラインセミナー

販売したい商材により、適したコンテンツが違ってくるでしょう。例えば、忙しい人向けなら通勤・通学時間にも学べるテキストや音声を選んだほうが、ユーザーの利便性を高められます。

コンテンツの種類は1つだけではなく組み合わせることも可能です。説明が長くなるときや映像でみたほうがわかりやすいときは動画コンテンツを利用したり、希望者に向けてオンラインセミナーを開催したりすることもできます。

さまざまな方法を考え、最適なコンテンツを選んでみてください。

3.コンテンツの内容を決める

ターゲットとコンテンツの種類が決まったら、コンテンツの内容を決めていきましょう。

盛り込みたい内容が多い場合、マインドマップを使うとまとめやすくなります。まずは構成を作り、ユーザーにとってわかりやすいかどうかしっかり検討してみてください。身近な人に見てもらい、感想を聞くのも良いでしょう。

自分ではわかりやすいと思っていても、第三者には伝わりにくい場合もあります。ユーザー目線に立ち、内容がわかりやすいかどうか、情報に過不足はないかなどを検討することが大切です。

【コンテンツ販売】作り方3:コンテンツにまとめる

コンテンツの構成が決まったら、いよいよコンテンツにまとめていきます。こちらでは、種類別にまとめ方を解説していきます。

  • テキスト
  • 動画
  • 音声

コンテンツをまとめる際の参考にしてみてください。

1.テキスト

テキストコンテンツは、文字がメインになります。ブログ記事のを書いて有料にしたり、メルマガを配信したりするのもテキストコンテンツの1つです。

しかし、最もメジャーなのはPDFでしょう。PDF資料にしておけば、さまざまなプラットフォームへの出品が簡単にできます。

PDFにするには、

  1. Wordで文章を作成する
  2. PDFに変換する

この2ステップで完了するので、特別用意するものがなくても資料の作成が可能です。必要に応じてグラフや画像を入れて見やすさも気にしてみてください。

2.動画

動画コンテンツの作成は、YouTubeやVimeoなどを利用すると簡単です。顔出ししなくてもスライドを表示させて動画を作成することが可能です。

PDFよりも早く作成ができることや、声で伝えられるのでニュアンスが伝わりやすいことなど、動画コンテンツのメリットはたくさんあります。

また、動画を利用することでクオリティが高いコンテンツになるため、テキストのみの商材よりも価格を上げやすいでしょう。

3.音声

音声コンテンツは、近年需要が高まっています。特に忙しい人にとって、ながら聴きができる音声コンテンツなら、勉強する時間を確保しやすいメリットがあります。

音声コンテンツは、Standfmやポッドキャストなど、配信できる媒体がたくさんあります。パソコンで音声を収録してアップロードすれば、さまざまな媒体で同時に配信することが可能です。

音声配信用のプラットフォームが増えてきているので、新たにコンテンツ販売を始めるなら音声コンテンツを上手く取り入れると、他の教材と差別化できるでしょう。

【コンテンツ販売】作り方4:販売する

コンテンツを作成したら、販売していきましょう。販売する方法は大きく分けると2通りです。

  1. プラットフォームで販売する
  2. ブログやメルマガで販売する

どちらの方法を利用して販売するのか検討するのにお役立てください。

1.プラットフォームで販売する

コンテンツ販売ができるプラットフォームを利用する方法があります。手数料はかかりますが、ユーザーが多いサイトを利用すれば、購入してもらえる可能性が高まります。

コンテンツを販売できるプラットフォームはたくさんあります。例えば、

などがあります。

売れるようになったら価格を上げていきたいと考えるなら、利用者が多く手数料が安いプラットフォーム。
ゆくゆくは自分のサイトで販売していきたいと考えるなら、出品料や月額無料のサービス。

など、自身の売りたい方法に合わせて選ぶのがおすすめです。

2.ブログやメルマガで販売する

コンテンツ販売のプラットフォームを利用しない場合、自分の持つブログやメルマガ・LINEなどを利用して販売する方法があります。

この場合、ブログにある程度集客がある人や、メルマガに登録してくれている人が多いことが条件です。手数料がかからないので、売れた分はそのまま自分の手元に入ってくるのがメリットです。

ただし販売プラットフォームにはSNSとの連携機能がついているものが多く、販促が簡単にできますが、自分のサイトで売るとなると集客力が求められます。

【コンテンツ販売】作り方5:販促&改善していく

コンテンツ販売は作成して販売したら終了ではありません。販売できたら、次のステップを確認しましょう。

  1. ブログやSNSを利用して告知していく
  2. アンケートを取りコンテンツを改善する

商品が売れるために必要なことですので、参考にしてみてください。

1.ブログやSNSを利用して告知していく

コンテンツを販売プラットフォームに登録したら、誰でも購入できるようになります。しかし、数あるコンテンツの中から自分の商材を見つけてもらうには、宣伝が必要です。

BrainやnoteはSNSでの売り方が参考になるので、チェックしてみてください。

資金に余裕があるなら、有料の広告を利用して販促してみてもよいでしょう。

2.アンケートを取りコンテンツを改善する

商品が売れたら、アンケートを取りましょう。商品の満足度や、どんなコンテンツを必要としているのか、生の声が聞けるので参考になります。

アンケートの内容をコンテンツに反映させてどんどん改善していきましょう。Webのコンテンツは、書籍と違い修正できるのがメリットです。

そのメリットを最大限に活かして、顧客満足度を上げていきましょう。

▼無料でビジネス力を飛躍的に高められるLINEマガジン

無料でビジネス力を飛躍的に高められるLINEマガジンは、起業4年で年商10億円を突破した迫 佑樹が、ビジネスのノウハウを紹介する無料のマガジンです。
  • 18歳から起業し、年商10億円を突破
  • オンライン事業をやりながら、飲食店や美容室も成功に導く
  • 不動産6個保有
  • ベンチャー投資家として5社に出資
など、短期間で実績を出したノウハウを、限定コラムや動画という形で配信しています。 ビジネス力を高めたいマーケティングのスキルを伸ばしたいと考えている方は、ぜひ登録を検討してみてください。