>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【ライター必見】読みやすい文章を書く方法11選!やってしまいがちなNG例も紹介

「自分の文章に自信が持てない」
「読みやすい文章を書けるようになるにはどうしたらいいの?」
「クライアントから”分かりにくい記事”と評価されてしまった…」

分かりやすい文章が書けなくて悩んでしまう方もいるのではないでしょうか?ライターなら誰しもが通る道です。

しかし、どうやったら読者に伝わりやすい記事が書けるのか分からないですよね。具体的な方法を知らない人も多いでしょう。

そこで本記事では、分かりやすい文章を書く11個のコツを紹介していきます。

このコラムを読むことで、ライターとしてスキルアップできますよ!分かりやすい文章を書けるようになりたいなら、ぜひ参考にしてみてください。

文章に読みやすさが必要な理由は?

そもそも、分かりやすい文章がなぜ重要なのでしょうか?

文章に分かりやすさが必要な理由は、読者に記事を完読してもらうためです。難しい文章やハチャメチャな文章だと、読者に最後まで読んでもらえません。

例えば、商品を売るための記事は最後にアピールが入ることがほとんど。途中で読むのを辞められてしまうと、商品の訴求をすることができませんよね。

そのため、記事を最後まで読んでもらい、文章の目的を達成させる必要があります。

【要チェック】読みやすい文章を書く方法11選

読みやすい文章を書く方法を紹介します。下記11点です。

各項目について詳しく解説していきます。

【読みやすい文章を書く方法1】1文を短くする

1文をできるだけ短くしましょう。文章が長いと何が言いたいのか読者に伝わらないことがあるからです。

具体的な例を使って解説します。

【NG例】
NASAはNational Aeronautics and Space Administrationの略称で、アメリカ宇宙航空局または米国国家航空宇宙局とも呼ばれるアメリカ合衆国政府内における宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関です。

【OK例】
NASAはNational Aeronautics and Space Administrationの略称です。アメリカ宇宙航空局または米国国家航空宇宙局とも呼ばれています。

 

アメリカ合衆国政府内の宇宙開発計画を担当する連邦機関です。

ほとんど同じ文ですが、1文を短くしただけで内容が頭に入ってきやすいですよね。

細かいことですが、「~することができる」は「~できる」に直しましょう。これだけでも文章が短くなり、読みやすくなります。

【読みやすい文章を書く方法2】指示語・接続詞を減らす

指示語や接続語を減らすようにしてみましょう。1文をできるだけ短くすると少し似ていますね。

抜いてみても意外と違和感がないときもあります。文章がごちゃごちゃしていると感じたら、指示語や接続語を引いてみましょう。

【読みやすい文章を書く方法3】箇条書きを使用する

読みやい文章にするには、箇条書きを使いましょう。文章が長く続くよりも、箇条書きにすることで視覚的にも見やすくなるからです。

3つ以上のものを書くときに使いましょう。

【NG例】
りんごの種類は、ジョナゴールド、つがる、ふじ、紅玉などがある

【OK例】
りんごの種類は、

  • ジョナゴールド
  • つがる
  • ふじ
  • 紅玉

などがある

まったく同じ文章ですが、OK例の方が読みやすいと感じるはずです。

【読みやすい文章を書く方法4】表や図解を活用する

表や図解を使うと文章は読みやすくなります。

2つ以上のものを比較するときは表を使うことがおすすめです。また、何かややこしい説明などがあるときは図解を活用しましょう。

読者にも伝わりやすい文章になります。表や図解は適度に使用しましょう。

【読みやすい文章を書く方法5】専門用語を使わない

記事を書くときは、できるだけ専門用語を使わないようにしましょう。難しい単語が出てくると意味が分からないため、読みにくい文章になってしまうからです。

記事を読んでいるユーザーは、わざわざ専門用語を調べようとは思いません。そのため「読むのがめんどくさい」と思わせてしまう文章になるのです。

目安としては、小学生にも伝わるかどうかを考えるとよいでしょう。

【読みやすい文章を書く方法6】PREP法を意識する

PREP法とは、ものごとを分かりやすく伝えるための文章の型です。ビジネスシーンでも良く使われます。

【PREP法】
P = Point(最も伝えたい結論)
R = Reason(理由)
E = Example(具体例)
P = Point(結論を繰り返す)

具体的な使い方を解説します。

【PREP法の使い方】
P: 私は会社員を辞めて良かったと思っています。
R:人間関係で悩まなくなったからです。
E:フリーランスになるとうるさい上司や嫌な同僚もいません。自分で取引先を選べるので、無茶苦茶な要求をしてくるお客さんとも縁を切れます。
P: 私は会社員を辞めて本当に良かったですし、いまとても幸せです。

分かりやすい文章を書きたいなら、PREP法を意識してみましょう。

【読みやすい文章を書く方法7】具体的な数字で説明する

文章を書くときは、具体的な数字で説明にするようにしましょう。

例えば「鳩が多い」と言われても、いまいちピンとこないですよね。主観的な印象で、本当に多いのかも分からないです。

一方「公園には鳩が1,000匹もいる」と読者にも伝わりやすいでしょう。分かりやすい文章を書くには、具体的な数字を使い客観的な記事を心がけましょう。

【読みやすい文章を書く方法8】難しい漢字を使わない

難しい漢字は使わないようにしましょう。読者が読めない可能性があるからです。

パソコンで文章を書くと漢字が予測変換が出てきます。しかし、ひらがなが一般的な場合はそちらを使用しましょう。

例えば、下記の漢字は良く使ってしまいがちです。

  • 可笑しい(おかしい)
  • 際疾い(きわどい)
  • 所以(ゆえん)

しかし、記事によってはどうしても難しい漢字を使用するときもあるでしょう。その際は、読み仮名も一緒に書くと良いでしょう。

【読みやすい文章を書く方法9】同じ文末・単語を連続させない

同じ文末や単語を連続させないようにしましょう。多用してしまうことで、幼稚な文章になってしまいます。

【NG例】
ダイエットには規則正しい生活が重要です。規則正しい生活を送ることで、痩せやすい体になるからです。ダイエットをしたいなら、規則正しい生活を心がけることが大切です。

上記は「規則正しい生活」と「~です」を3回連続使用しています。少しくどい印象ですよね。

単語を言い換えたり、代言止めを使ったりして、スマートな文章を心がけましょう。

【読みやすい文章を書く方法10】適度な装飾を入れる

文章のテクニックではありませんが、マーカーや太字などを使用するのもおすすめ。文字が続くと、読者は何を見て良いのか分かりにくいからです。

協調したい単語や重要な1文に装飾を施すと良いでしょう。

なお、使いすぎると逆効果です。適度に装飾を施して、読みやすい文章にしましょう。

【読みやすい文章を書く方法11】見出し下に画像を入れる

適度に画像を入れると良いでしょう。文字が多いと読者が「読みにくい」と感じてしまうからです。箸休めのようなイメージですね。画像は見出し2の下に挿入するのがおすすめです。

なお、使う画像はフリー素材を使用しましょう。許可されていないものを勝手に使うと著作権の関係で訴えられることもあります。

具体的には、下記サービスがおすすめです。

  • O-DAN
  • Pixabay
  • ぱくたそ

見出し2の下に画像を使い、読みやすい文章を心がけましょう。

読みやすい文章を書くためにおすすめな3つの勉強方法

読みやすい文章を書くコツが分かったでしょう。この章では、具体的な勉強方法を紹介していきます。

主に下記3点です。

  1. さまざまな文章に触れる
  2. 本を読む
  3. 講座をうける

それぞれの方法を詳しく解説していきましょう。

【読みやすい文章の学び方1】さまざまな文章に触れる

読みやすい文章を認識する必要があります。そのため、さまざまな文章に触れる機会を持ちましょう。

例えば、

  • 個人・企業のブログ
  • ニュース記事

などです。

良いと思った記事は、メモを取って見返せるようにするのがおすすめ。文章をストックすることで、自分の引き出しを増やせます。

【読みやすい文章の学び方2】本を読む

読みやすい文章を学ぶなら、本で学ぶのも1つの手です。

最近では、Webライター向けの書籍も出ています。そのため、体系的にライティングスキルを上げたい人におすすめです。

▼Webライターにおすすめの本をスキル別に紹介▼
【2020年版】Webライターにおすすめの本11選!必要なスキル別に解説【現役ライターが厳選】 >>【2020年版】Webライターにおすすめの本11選!必要なスキル別に解説【現役ライターが厳選】

【読みやすい文章の学び方3】講座を受ける

読みやすい文章を書けるようになりたいなら、専用の講座を受講するのも良いでしょう。プロのライターからノウハウを学べることがメリット。

自分にはないスキルを学習できるため、ライティング能力の向上も期待できます。しかし、講座は1回きりのものも多く、振り返りにくいものも多いです。

当メディアが紹介するWriting Hacksは、講義動画を提供するタイプの講座です。そのため、スキルが身につくまで何度も何度も動画を再生できます。

さらに講師による3回の添削講座つき!プロライターが読みやすい文章を教えてくれますよ。

▼Webライターにおすすめの講座を紹介▼
Webライター向けおすすめ講座13選!SEO・コピーライティングなど目的別に紹介 >>【初心者必見】Webライターは講座を受けるべき!選び方とおすすめ7選

Writing Hacksならライティングを0から学べて仕事にできる

  • 超初心者でも仕事を取れるレベルでライティングのスキルが学べる
  • 無期限の質問サポート付き
  • ていねいな記事添削でスキルアップ
  • 卒業生グループで仕事を共有!優秀な卒業生は「沖プロ」に招待