>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【プロ監修】VYONDの評判は最悪?アニメーション制作で稼ぐコツまで完全公開

本記事では、VYONDを使ったアニメーション動画制作を手がけ、Animation Hacksの講師も手がけるぺそさんに徹底取材!

  • VYONDって本当に便利なの?
  • VYONDで作ったアニメーション動画は稼げるの?
  • 素人でもすぐにスキルは身につくの?

など、徹底的に教えていただきました!VYONDを使って実際にアニメーション動画制作をしているからこそわかる、細かい情報までしっかりお伝えします。

VYONDの導入を悩んでいる方は必見です!

ハック大学 ぺそ

 

外資金融企業として働きつつ、YouTuber、経営者、AnimationHacks 講師、の4足のわらじで生きる副業サラリーマン。2020年夏、仕事術の本も出版予定

Twitter :https://twitter.com/hack_univ

YouTube:ハック大学

VYONDを30秒でサクッと解説

ぺそさんへの取材内容を紹介する前に、少しだけVYONDについて解説します。

VYOND(ビヨンド)とは、アニメーション制作に特化した動画編集ソフトです。
VYONDを使えば、あらかじめ用意された素材と背景スライドを組み合わせるだけで、簡単に以下のような動画が作成できます。

素材が豊富で、BGMや効果音も簡単に挿入できることから、プロが作るようなアニメーションを誰でも短時間で作成できるのが特徴です。作成できる動画パターンも3つあり、目的に応じてアニメーションを作れます。

VYONDで作れる3つのアニメーションとは

VYONDでは3種類のアニメーションを作成できます。

  • コンテンポラリー
  • ビジネスフレンドリー
  • ホワイトボードアニメーション

3種類はテンプレートが変わるだけで、基本的な操作方法は同じ。そのため、一つの操作を覚えてしまえば、印象の異なるスタイルで動画作成が出来るのが魅力です。

それぞれ簡単に特徴を説明します。

1. コンテンポラリー

コンテンポラリーはビジネスコンセプトやサービス概要の説明に向いているスタイルです。海外ではITサービスの説明によく用いられています。

2. ビジネスフレンドリー

ビジネスフレンドリーは、ビジネスからエンタメまで幅広い素材が揃っています。
大きめのモーションが多いのが特徴で、ビジネスにもカジュアルにも使えるのが特徴です。

3. ホワイトボードアニメーション

ホワイトボードアニメーションは、まるで手書きのようなモーションが特徴的なスタイルです。情報が伝えやすく、親近感が湧く動画を作ることができます。

▼ホワイトボードアニメーションについて詳しく知りたい方はこちらから▼
【監修】プロが教えるホワイトボードアニメーションの使い方とおすすめソフト5選 >>【必見】ホワイトボードアニメーションの使い方と魅力を講師の私が徹底解説

VYONDのメリット

ここからは、VYONDでアニメーションを作るメリットを伺いました。大きくわけてメリットは2つ。

  1. イラストがかけなくてもアニメーションが作れる
  2. 作った素材をストックがストックになる

さらに具体的に教えていただきます。

1. イラストが書けなくてもクオリティの高いアニメーションが作れる

VYONDって私のようなデザインセンスがない人でも使えますか…?

ちあき

ぺそさん

大丈夫ですよ!イラストのテンプレートがかなり多いので、自分で絵を描くことはありません。

また、VYONDならば、操作がパワーポイントのように直感的。だれでも高クオリティの動画が作れます!

2. 作った素材がストックになる

そのほか、VYONDの良さはありますか?

ちあき

ぺそさん

アニメーション動画全般に当てはまることですが、作った素材をどんどんストック出来るのがメリットです。

映像を使った動画編集だと毎回素材が変わるので、過去の素材の使い回しはしにくいですよね。その点、アニメーション動画は過去の素材を有効活用できます。

そのため、動画を作れば作るほど過去から引っ張ってくることが出来るようになって、作成時間が短くなっていきますね。

VYONDのデメリット

ここまでVYONDのよい面を伺ってきましたが、悪いところも知りたいですよね。そこで、VYONDを使うデメリットも3つまとめました。

  1. 英語が苦手だとつまづく
  2. 一部の素材は使いにくい
  3. 導入コストが高い

1. 英語が苦手だとつまづく

VYONDは操作画面がすべて英語。さらに、VYONDの販売会社が作っている動画講義も日本語版がありません。

そのため、英語が苦手だとつまづく可能性があります。たくさんのオブジェクトから必要なものを探したいのに、どうやって検索すればたどりつけるかわからないという悩みも。

ほかのアニメーションソフトもそうですが、日本語対応していないので苦しみます。

なお、Animation Hacksならば講義は日本語。質問もぺそさんにできるので、語学が苦手な人でも安心です。

2. 一部の素材は使いにくい

VYONDの魅力は素材の多さにありますが、一部使いにくいものも。全体的にアメリカ風のデザインなので、あまり日本人受けしない素材もあります。

ただし、そもそもの素材の数が多いので、そこまで気にならない方も多いでしょう。

3. そもそも導入のコストが高い

VYONDは導入コストが高いです。日本の代理店から買おうとすると、165,000円。費用の高さに躊躇する方も多いのではないでしょうか。

アニメーション制作は稼げるとはいえ、初期投資が高いのはデメリットです。ただし、Animation Hacks受講者は約4万円も安くVYONDを購入できます。

【アニメーションソフト比較】
VideoScribeよりVYONDがおすすめ

VYOND同様、アニメーション作成が出来るソフトにVideoScribeがあります。2つの違いを簡単にまとめると以下のとおりです。

VYONDVideoScribe
画像の種類10,000種類以上6,000種類程度
音声BGMと効果音BGMのみ
日本語フォント×
モーションの種類豊富すくない

ただし、これだけだと使用者の声がわからないので、具体的に教えていただきました。

アニメーションソフトってVYOND以外にもありますよね。有名どころだとVideoScribeとか。

VYONDを選んだ理由はなんですか?

ちあき

ぺそさん

VideoScribeは使っていないので使用感の対比はできないんですが、VYONDの方が使える素材と動きが多いんです。同時に複数の素材を動かせるので、クオリティ高く動画が仕上がります。

また、VYONDは定期的なアップデートがあるので、そこも信頼できるなと思いました。なにより、表現の幅が広くモーションがなめらかなので、品質が高い動画を作ろうと思うならばVYONDがおすすめです。

なるほど!ただ、一方でVYONDは少し値段が張るのも事実ですよね。

ちあき

ぺそさん

確かに少し高いですが、費用対効果を考えれば他のソフトと比べてお得だと思います。

例えばよく比較されるVideoScribeは…

  • 日本語のフォントをそのまま入力できない
  • 操作方法が難しく編集に時間がかかる

こんなデメリットがあります。しかし、VYONDはほぼパワーポイントと同じ感覚でアニメーション動画が作成できるので本当に楽です。

パワーポイントって大体の人が使ってことあるじゃないですか?なので感覚的に操作ができるというのは大きな魅力です。

VYONDの料金プラン

ここではVYONDの料金プランを紹介します。誰でも買える方法は2通り。

  • 日本の代理店を通す
  • 海外サイトから購入する

それぞれ料金プランは以下のとおりです。
(※アニメーション制作の仕事も受けられるProfessionalプランの場合)

日本の代理店海外サイト
年額払い165,000円$999(約110,000円)
月額払い$159(約17,000円)
3ヶ月払い$399(約43,000円)

海外サイトの方が安いですが、やり取りや購入手続きがすべて英語。ハードルが高いと感じる方もいるでしょう。

しかし、弊社が提供しているVYOND専門のアニメーション動画作成教材「Animation Hacks」をご購入していただくと…

  • 約11万円でVYONDを購入可能
  • AnimationHacksの講師が個別に対応
  • 受講生向けリンクから購入でAmazonギフト券1万円キャッシュバック

と、かなりお得に購入できます。少しでも安くVYONDを手に入れて、アニメーションスキルも磨きたい方はAnimation Hacksがおすすめです。

3分の動画で30万円?VYONDならガッチリ稼げる

最近、アニメーション動画作成の仕事がアツいって話を耳にするんですが、ぶっちゃけ稼げるんですか…?

ちあき

ぺそさん

結論から言うとめちゃくちゃ稼げます(笑)案件によっては3分の動画作成で30万円ほど貰える案件もあります。

ここまでいかないにせよ、企業から受注できれば1本5〜10万円の案件は結構多いです!ただし個人相手だと10分の動画で1万円とかまで下がっちゃいますね。

企業の案件は本当に美味しいですよ。「この研修講座の内容をアニメーションにしてほしい!」みたいな依頼がくるのでロット数も多くなってかなり稼げます。

それはめちゃくちゃ稼げそうですね…!個人相手でも一般的な動画編集の仕事と比べるとそこまで悪い報酬じゃない気がします。

しかし、例えば10分のアニメーション動画を作成するのにどれくらい時間がかかるんですか?

ちあき

ぺそさん

10分の動画なら…実際にVYONDを使ってアニメーションを作成している時間は3〜4時間程度ですね。

え!時給換算にしたら数万円レベルですね!個人相手でも2000円は切らない…アニメーション動画の作成ってそんなに稼げるんですか…いやいや私は騙されませんよ!

そのレベルに到達するまでスキルアップするにはかなり時間がかかるんですよね?

ちあき

ぺそさん

そんなことないですよ!例えば私の講座Animation Hacksを受講していて要領が良い人では3〜4日ほどで企業から案件を取ってきたりしています。

また動画を作れば作るほど、自分の中でパターンが蓄積されていくので、それをうまく転用しながら作成していくとドンドン制作時間も短縮されていきます。

そんなのもう絶対アニメーション動画のスキルを身につけた方が良いじゃないですか(笑)なんで、そんなに稼ぎやすいんですか?

ちあき

ぺそさん

一番大きな理由は「アニメーション動画の制作ができる人が圧倒的に少ない」からです。動画編集者はかなり増えてきましたが、アニメーション動画となるとほとんどいません。
使うソフトは海外製だし、日本語で教えてくれる教材もAnimation Hacks以外だとほぼ無いので参入ハードルが高いから新しいプレイヤーも少ないんです。

なので本当に今がチャンスなんですよ…!

法人の仕事は足で稼げ!ポートフォリオづくりが受注の鍵

法人案件をうまく受注するコツを教えて下さい!

ちあき

ぺそさん

法人案件をとるコツは、客先に出向くなどオフラインで営業をかけることです。TwitterなどでDMを送ったり電話でアピールするのもありですね。

実際にAnimation Hacksの受講生もオフライン営業している方が高単価の案件をとっています。

なるほど…ただ、営業なんてしたことがないので、めちゃくちゃハードルが高そうです。

ちあき

ぺそさん

法人案件を取りたい方こそAnimation Hacksがおすすめです!法人が好みそうなポートフォリオの作り方の講義があるので、それをみたら準備できますよ!
…おお!宣伝上手!でも、高単価案件を取れるヒントも得られるなら、めちゃくちゃお得ですね…!

ちあき

アニメーションを制するには絵コンテを制せ

いい案件を取ろうと思ったらクオリティの高い動画を作らないといけないですよね?
具体的に、初心者と上級者ではどこに差が出てくるのでしょうか。

ちあき

ぺそさん

差がつくのは絵コンテです。

アニメーションソフトを使うとテンプレートがたくさんあるので、イラスト部分にセンスはいらないんですよね。ただ、絵コンテの良し悪しで伝わりやすさが変わるんです。

比較をしているのか、因果関係なのか、直感的にわかりやすい配置をするところが差が出る部分ですね。

それは難しそうです。たとえばどんな工夫をしたらわかりやすくなるんでしょうか?

ちあき

ぺそさん

たとえば、テキストを囲む図形だけでも印象は変わるんです。

丸だと抽象的な概念、四角いと確定した事実っぽい印象を人は受けるんですよね。なので、この辺の図形をイメージに合わせて使い分けるだけでも、伝わりやすさは変わってきます。
たとえば、組織図は四角を使ったほうがわかりやすいですね。

意識したことはなかったですが、言われてみるとそうですね…!

ちあき

ぺそさん

ソフトの使い方だけ覚えても、伝わりやすい表現ができないといい動画が作れません。

操作だけ覚えても伝え方がわからないと受注してから苦しむので、Animation Hacksではこの表現方法の解説に力を入れています。特に私は昔コンサルティングファームで働いていて、図解を多く作成してきたので、この辺の手法はたくさん持っているんですよね。

プロの知識が凝縮されているからこそ、実践で役立つスキルがつくんですね…!

ちあき

【完全版】VYONDのアニメーション作成の手順

アニメーションソフトはまだまだ教材も少ないので、どうやって動画を仕上げているのかわからない方も多いでしょう。

そこで、実際にぺそさんがアニメーションを作っている手順を教えていただきました

ホワイトボードアニメーションを作成するのに必要なのは6つのステップ。

  1. 絵コンテ作成
  2. キャラクターや文字を配置する
  3. それぞれに動きをつける
  4. 音声を追加する
  5. 音声と動きのタイミングを合わせる
  6. 最終調整

ぺそ

ポイントは、一つの作業を全スライドやりきってから次の作業にうつること。1スライドずつ作りきってから次に行くより、効率的です。
STEP.1
絵コンテ作成
まずはアニメーション全体の絵コンテを作成します。絵コンテは全体のわかりやすさを決める重要なポイント。

作成者の力量が一番問われる部分でもあります。

STEP.2
キャラクターや文字を配置する
各スライドに置きたい素材を並べていきます。

人や車、動物などの素材を置きましょう。

このときはまだ動きをつけず、先に全ページ素材の配置だけ終えてください。

STEP.3
それぞれに動きをつける
素材をすべて配置したら、それぞれの動きを指示します。

右から登場、ふわっと出てくるなど、ここで考えるのは動き方だけ。タイミングは無視して、まずは出方だけ決めましょう。

STEP.4
音声を追加する
ここまで作業を終えたら、音声ファイルを差し込みます。
STEP.5
音声と動きのタイミングを合わせる
音声に合わせて、素材の動きのタイミングを合わせます 。また、各スライドの尺を決めます。
STEP.6
全体を最終調整
最後に全体を確認して、動きがかぶっているところやずれているところを微修正します。

先にアニメーションを作りきってから音声を撮る方法もありますが、上で紹介した方法のほうがおすすめ。

アニメーションに合わせて喋ると、伝えきれない部分がでてきたりや不自然な話し方になったりすることも多いです。

先に音声を作って、それにモーションを合わせれば、伝えたいことがしっかりつまった動画が作れます。

ズバリ!VYONDはこんな人におすすめ

最後に、VYONDをおすすめしたい人を教えて下さい!

ちあき

ぺそさん

VYONDがおすすめな人は2パターンあります。

  1. 顔出しせずに情報発信したい人
  2. 動画編集で稼ぎたい人

会社員で顔は出せないけど得意な分野がある人は、特に向いています。たとえば営業のスペシャリスト、ある業界のエキスパートみたいな方です。

顔を出さずに自分の知識をコンテンツにできるのですごくおすすめですね。

本業の経験をそのまま活かせるのは、たしかに強みになって良さそうです…!

ちあき

ぺそさん

また、情報発信は興味ないけど副業で稼ぎたい人にもぴったりです。今はまだアニメーション動画を作れる人が少ないので、高単価の案件でも取りやすいタイミング。

法人のニーズも上がってきているので、今のうちに参入するのがよいですね。

Animation Hacksならば、ポートフォリオの作り方も含めた講座を提供しているので、最速で稼ぎたい方はぜひ一緒に勉強しましょう!

VYONDのスキルを最速で身につけるならAnimation Hacks

  • 初心者からでも最短2〜3週間で仕事を取れるレベルでアニメーション動画のスキルが学べる
  • アニメーション動画は稼げる!卒業生が5分の動画で20万円の受注を獲得
  • 無期限の質問サポート付き
  • アニメーションソフトVYONDを約4万円お得に購入可能
  • Amazonギフト券1万円分のキャッシュバックあり