>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【計画的に】未経験のフリーランスはぶっちゃけ厳しい!おすすめな5つの仕事と対処法も解説

「未経験だけどフリーランスになれるのかな?」

会社からの独立を目指している人は、このようなお悩みを抱えていないでしょうか。

フリーランスというと自由な働き方をイメージされる人も多いと思います。場所や時間に縛られないことは、大きなメリットですよね。

しかしぶっちゃけると、未経験からいきなりフリーランスになるのはおすすめしません

そこでこの記事では、

  • 未経験フリーランスの厳しい現実
  • 安全に独立する方法
  • 未経験からおすすめな仕事

を紹介していきます!

フリーランスは、会社員に比べれば自由度が高いです。しかし、決して楽な職業ではありませんフリーランスを志望している人はぜひチェックしてみてくださいね。

【ぶっちゃけやばい】未経験からのフリーランスが厳しい理由4選

繰り返しになりますが、未経験からフリーランスになるのはぶっちゃけ厳しいです!リスクも多数あります。

ここではその理由について解説していきましょう。

  1. 獲得できる案件が少ない
  2. 仕事の単価が低い
  3. 実務経験を重要視される
  4. アドバイスをもらえる人がいない

上記4つの理由をひとつずつ紹介していきます。

【未経験フリーランスが厳しい理由1】獲得できる案件が少ない

未経験だと獲得できる仕事が少ないです。案件に応募しても不採用になりやすいというリスクがあります。

例えば、同じ仕事に未経験者Aさん経験者Bさんの応募があったとしましょう。

この場合、発注者が案件も任せたいと思うのは経験者のBさんです。実務経験を積んでいることから、納品物にも期待できますよね。

例え優れたフリーランスであっても、未経験というだけで獲得できる仕事は少ないのです。

【未経験フリーランスが厳しい理由2】仕事の単価が低い

先ほど未経験者は獲得できる案件が少ないとお伝えしました。もし仕事を勝ち取れたとしてもリスクがあります。それは、未経験者ができる案件は単価が低いものが多いということ。

理由としては、スキルをそこまで必要としない仕事が多いからです。つまり、誰でもできるような簡単な案件ということ。

案件の単価が低ければ、数をこなして収入を得なければなりません。下手をすれば、会社員のときよりも業務時間が長くなる可能性もあります。

このように未経験でフリーランスになってしまうと、単価の低い案件しか受けれないというリスクがあるのです。

【未経験フリーランスが厳しい理由3】実務経験を重要視される

フリーランスは実務経験が重要視されます。

発注者は、どういったスキルがあるのか、どんなものを納品してくれるのかが気になるのです。未経験者だとそもそも仕事ができるのか不安になり、案件を任されないこともよくある話。

残念ながら、フリーランスは「やる気」のような精神的な面では評価されません

実務経験の有無が重要ということが分かっていただけたかと思います。

【未経験フリーランスが厳しい理由4】アドバイスをもらえる人がいない

フリーランスになるとアドバイスをもらえる人がいなくなります。正社員と違って同僚や上司がいないからです。

未経験者は特に分からないことだらけ。困ったときは自分の力で解決しなければなりません。なお仕事でミスしてしまっても、改善が難しいこともあります。

さらに発注者は失敗を指摘することは、ほぼありません。ミスをしない他のフリーランスに仕事を頼めばいいからです。

ちょっと残酷ですが、会社に所属せず独立するということは厳しい面が多いのです。

未経験からフリーランスを目指す方法

未経験のままフリーランスになる厳しさを分かっていただけたと思います。それでも独立を目指したい人もいるでしょう。

ここでは未経験からフリーランスになる具体的な流れを紹介していきます!

  1. フリーランスとして戦っていく武器を決める
  2. その分野のスキルを身に付ける
  3. 副業を始める
  4. 収入の見込みが立ったら独立

上記の4ステップで解説していきましょう。

【ステップ1】フリーランスとして戦っていく武器を決める

まずはフリーランスとして、何をして生計を立てていくのかを決めましょう。これがあなたの武器になります!

フリーランスが行う案件はさまざま。自分に合っているものを見つけたいところですよね。

なお、具体的な案件は次の章で紹介していきますね。

【ステップ2】その分野のスキルを身に付ける

武器が決まれば、技術を身に付けましょうスキルの習得方法は、以下2点です。

  1. 就職する
  2. 独学する

それぞれ解説していきます。

就職する

自分がフリーランスとして独立したい案件を極めるなら就職という方法があります。これは、身につけたいスキルと今の仕事の業務内容が全く関係ない人ですね。

研修制度が整っている会社であれば、一から技術を教えてもらうことができます。また、インターン参加するのも一つの手。技術を学びながら現場で働けて、未経験でも入りやすいのが特徴です。

独学する

転職するのは気が引ける…という人は独学で身につけることもできますよ!最近では、本やYouTube、Webサイトなどで無料で学習することが可能。
さらに実践的なスキルを身につけるのならば、お金を払ってオンライン講座を受けることもできます。

体系的に学べるので、速くスキルを身に着けたいという方におすすめです。

ただし、独学の場合は分からないことがあったときに、自分で解決をしなければなりません。なお本業をしながらの勉強になるので、根気強く取り組んでいく必要があるでしょう。

【ステップ3】副業を始める

ステップ2で「独学」を選択した場合は、副業を始めてみましょう。これは実務経験を積むためです。その後、実績をアピールするのに役立つだけでなく、最初に見つけたクライアントがそのまま独立後のお客さんになることも。

最初は副業として小さく始め、その後フリーランスとして大きくやっていくという方法は安全です

ただし本業をしながらの副業になるので、時間を上手く活用することが大切でしょう。

【ステップ4】収入の見込みが立ったら独立

収入の見込みが立てば、フリーランスとして独立しましょう!

目安としては、

  • 副業:月10万円以上は安定的に稼げている
  • 会社員:自立して案件を請け負うことができる

このような状態が好ましいですね。

余談ですが、独立前にはある程度貯金をしておくのをおすすめします。6ヶ月〜1年程度の生活費があると安心でしょう。

未経験からフリーランスを目指せるおすすめな仕事

ここでは未経験からフリーランスを目指すことのできる仕事を紹介していきます!

  1. YouTube・動画編集
  2. Webデザイン
  3. Webライティング
  4. プログラミング
  5. ブログ・アフィリエイト

それぞれの案件の特徴も解説していきましょう。

なお、フリーランスには上記複数のスキルを持っている方もいます。できることが多いほうが収入が安定しやすいためです。ただし、一つひとつのレベルを上げたほうが良いので、一つはじめて収入が安定してからスキルを広げたほうが良いでしょう。

【おすすめの仕事1】YouTube・動画編集

最初におすすめする案件がYouTube・動画編集です。簡単に楽しめたり学んだりできる動画は需要が高まっています。この副業はネットとパソコンさえあれば誰でも始めることが可能です。初期投資もほとんどかからないことがメリットでしょう。

なお自分でYouTubeをしないでも、動画編集を代行することで収入を得ることもできます。案件自体も非常に多いので、技術さえ身につければ仕事には困らないでしょう。

主に必要なスキルは下記の通りです。

  • カット
  • テロップ挿入
  • BGM装飾

専門的な知識は必要になりますが、学習さえすれば技術を身につけることができますよ!

まとまった案件が取れるようになれば、十分フリーランスとして成り立ちます。月20〜30本と大量発注する人も多いので、継続してくれる相手が見つかれば独立が早めから狙えるのが特徴です。

当メディアで提供するMovie Hacksは、動画でわかりやすく編集技術を学べます。つまずいてしまったところは質問無制限。受講期限もないので、本業が忙しい方でも続けられますよ!

▼ 動画編集者として生き残る方法を現役YouTuberが解説▼
【マル秘】動画編集のフリーランス始め方から生き残るコツまでガッツリと取材 >>【マル秘】動画編集のフリーランス始め方から生き残るコツまでガッツリと取材

▼YouTubeの始め方を分かりやすく解説!▼
YouTuberになるには4つの手順でOK!必要な機材やスキルも初心者向けに解説 >>【必読】YouTuberになるには断固たる決意が必要!結構、辛いです

【おすすめ仕事2】Webデザイン

Webデザインは、バナーやチラシ、Webサイトのデザインを行うことで収益を得ます。

パソコンと専用ソフトさえあれば、お仕事が可能です。働く場所を選ばない働き方なので、フリーランスのデザイナーは多いです。

Webデザイナーに必要なスキルは、主に2点。

  • デザインの基礎
  • Illustrator・Photoshop(デザイン専用ソフト)の操作

少々専門的な知識もありますが、独学でも身につけることは可能です。なおWebデザインの案件自体も多いため、習得しておいて損はありませんよ。

フリーランスとしてデビューするには、簡単なサイト制作まで請け負えるといいです。単価が大きくなるので、収入が安定していきます。たとえばデザイン作成で安定して稼げるところで独立し、その後スキルを伸ばすやり方もあるでしょう。

Webデザイナーを目指したい方におすすめなのが、当メディアで提供するDesign Hacks。動画教材で、パソコンが苦手な方でもわかりやすくデザインの基礎を学べます。質問無制限で、5回の添削課題つきなので、しっかりと技術を身につけられます!

▼デザイナーのフリーランスとして稼ぐ方法を直撃取材!▼
デザイナーのフリーランスは多彩な働き方が魅力!高単価案件を取り続ける秘策を取材 >>デザイナーのフリーランスは多彩な働き方が魅力!高単価案件を取り続ける秘策を取材

 

【おすすめ仕事3】Webライティング

Webライティングとは、ネットでよく見る記事やコンテンツを作成する仕事。即金性の高さとはじめやすさが特徴です。

動画編集やWebデザインとは違い、専門的なスキルがなくても始めることができます!ネットに繋がるパソコンさえあれば問題なく始められるでしょう。

ただし、Webライティングは始めやすい分、ライバルが多いことも事実。1つの案件に応募者が殺到することも珍しくありません。そのため、ライティングに関する技術をしっかりと身にいけていくことが重要。そうしなければ、継続した仕事を取るのは難しいでしょう。

ライティングで独立するならば、単価を上げることが不可欠。低単価の案件をとにかく数多くこなす戦略でも独立できますが、サラリーマン時代の収入を超えるのは厳しいです。

  • 取材ができる
  • 検索エンジンで上位を取れるようなコンテンツが書ける
  • 思わず書いたくなるような魅力的なコピーが書ける

など、特化したスキルを身につけると収益が安定してくるでしょう。

 

▼Webライティングで稼ぐコツを解説▼
>>【月10万稼ぐ副業ライター直伝】Webライティングを始め方と稼げる3つのコツ

【おすすめ仕事4】プログラミング

プログラミングとは、ざっくり説明するとコンピューターやWebサイトを動かすための作業です。専用の言語を入力していきます。かなり専門的な知識が必要ですが、案件自体は非常に多いです。技術さえ身につけてしまえば、仕事に困る可能性は低いでしょう。

実績をつんでいけば、こちらも独立しやすい分野です。フリーランスになってから収益を安定されるには、継続した営業をするか、Webサイトやサービスの保守の仕事まで請け負うのが近道。
また、フリーランスになってからも「常駐型」という、依頼された企業に一定期間通って働くスタイルもあります。

なお最近では、プログラミングを独学で学べるアプリやコンテンツも豊富です。学習方法も選ぶことができるので、自分に合ったものを選択しましょう。

当メディアが紹介するSkill Hacksでは、動画形式でプログラミングを勉強することができます。不明なことがあれば、LINE@で何度でも質問が可能です。

無期限質問サポート付き
>>Skill Hacksの詳細はこちら

【おすすめ副業5】ブログ・アフィリエイト

ブログ・アフィリエイトは、商品やサービスを紹介し、読者がそれを購入することで広告収益を得ることができます。

ただし、購入者がいないと収益はありません。そのため、読者が「買いたい!」と思うような記事を書くスキルが必要です。

最初のうちは結果が出ず、くじけそうになるかもしれません。しかし、ひとたびコツを掴んで軌道に乗ると、自然と収入が発生する仕組みです。頑張れば頑張った分、収益に繋がるためやりがいがあります。

なおブログ・アフィリエイトに即金性はありません。また、急にサイトがなくなるリスクもあるので、何かの仕事と掛け合わせるのがおすすめ。

たとえば、個人ブログのノウハウを生かしてほかの人のブログのコンサルをしたり、ブログの内容を焼き直してYouTubeで発信したりと言った手段があります。
脱サラでフリーランスになるなら、副業時代にブログをやっておき、そこで身につけたスキルを転用するやり方が現実的です。

なお、当メディアでは稼げるブログを作る方法を解説した、Blog Hacksを提供。添削サービスもつけているので、改善点の指摘をもらいながら自分のブログを育てられます。

未経験フリーランスの仕事を探す3つの方法

フリーランスとして生き残っていくには、継続した案件が重要です。

ここでは、仕事の探し方を紹介していきます。

  1. クラウドソーシング
  2. フリーランス向けエージェント
  3. 人からの紹介

メリット・デメリットも見ていきましょう!

【仕事の探し方1】クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、ざっくり説明すると仕事をしたい人と仕事を任せたい人をマッチングさせるサービスです。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ

は有名どころですね。

クラウドソーシングで仕事を探すメリットは、実務経験の有無に関わらず始めやすいこと。実際に未経験OKの案件も多いんです!その分若干報酬も安めですが、実績を積む場としては最適でしょう。

【仕事の探し方2】フリーランス向けエージェント

エージェントとは、フリーランスと企業が案件の受発注をスムーズに行えるよう仲介するサービスです。ざっくり説明すると、仕事を紹介してくれるということ。

有名どころだと、

  • レバテックフリー
  • ギークスジョブ
  • クラウドテック

などがが挙げられます。

エージェントを使うことで、案件探しにかかる手間がかなり減るでしょう。

ただし、紹介されるのは会社へ出社して業務をおこなう「常駐」の仕事がほとんど。好きな場所で働きたいフリーランスには、向かないかもしれませんね。

【仕事の探し方3】人からの紹介

フリーランスは人から紹介してもらい仕事をすることもあります。例えば、会社員時代の繋がりで案件をもらえることも!

なお、実際に紹介で仕事をもらっているフリーランスは多いです。そのため、フリーランスは人脈が大切!

SNSなどを活用して、どういった仕事をしているのか自分から発信していくのも良いでしょう。

【有料級】LINEマガジン発信中

  • 濃いコンテンツが体系的に届く
  • クローズドな空間ならではの有料級の発信多数
  • 何をしていいかわからない人にも使えるスキルが見つかる