>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【超重要】フリーランスのスキル不足は危険!デメリットや4つの解決方法を解説

「フリーランスってどんな技術が必要なのかな?」

「スキル不足ってぶっちゃけやばい?」

フリーランスを目指している人は、このようなことでお悩みではないでしょうか?会社員とは違い、なにか技術がなければ生計を立てられないイメージがありますよね。

結論からお伝えすると、フリーランスのスキル不足はめちゃくちゃ危険独立したいなら、技術は必須です。

そこで今回は、

  • フリーランスのスキル不足のデメリット
  • 具体的に必要なスキル

について解説していきます。

なおスキル不足を解消する方法も紹介!フリーランスになりたい人は必見です!

【要注意】フリーランスがスキル不足で起こるデメリット3選

繰り返しになりますが、フリーランスのスキル不足は危険です。

ここでは、スキル不足によって起こるデメリットを紹介していきます。

  1. そもそもできる仕事がない
  2. 継続案件を獲得しにくい
  3. 会社員の戻ってしまう

それぞれ深掘りして見ていきましょう。

【スキル不足のデメリット1】そもそもできる仕事がない

スキル不足でフリーランスになってしまうと、そもそもできる案件が少ないです。技術が足りないせいで、仕事ができないのはもったいないですよね。

なお、案件を獲得できても単価が低いことも。そのため収入に困ってしまうことも考えられます。

つまり、スキル不足はフリーランスとして致命的ということです。

【スキル不足のデメリット2】継続案件を獲得しにくい

スキル不足だと継続案件を獲得しにくいです。

フリーランスとして生活していくには、単発な仕事では不十分これは単価が低いことと、案件を探す手間がかかるという理由です。

なおスキル不足では、発注者が満足しないこともあります。そのため、仕事が打ち切られることもしばしば。

これらの理由から、スキル不足では継続案件を獲得しにくいのです。

【スキル不足のデメリット3】会社員に戻ってしまう

スキル不足ではフリーランスとして生活するには限界があります。

上記でも紹介しましたが、仕事がないので収入を得ることが難しいからです。

結果、フリーランスでは生活できずに会社員に戻ってしまうという可能性もあります。つまり独立失敗ということですね。

【必読!】フリーランスに必要な基本スキル

フリーランスのスキル不足は、危険だということが分かっていただけたと思います。独立して生計を立てないなら、技術は必要不可欠。

それではフリーランスに必要なスキルとは何なのでしょうか?ここでは、基本的なスキルを解説していきます。

  1. コミュニケーション能力
  2. 自己管理
  3. 営業力
  4. 学習能力

上記4項目について、紹介していきましょう。

【必要な基本スキル1】コミュニケーション能力

まず必要なのは、コミュニケーション能力。

フリーランスは発注者から案件を請け負うことが多いです。その他にも、チームを組んで1つの仕事をすることもあります。つまり、なんらかの形で他人と関わりがあるということ。

そのため、コミュニケーション能力は重要です。こまめに連絡をとったり、相手の意図をくんだりすることを意識しましょう。

【必要な基本スキル2】自己管理

自己管理のスキルも大切です。

フリーランスは正社員と違い、自分の好きなように働けます。つまり、いつでもサボれるし、いつでも稼働できるということ。

そのため、仕事と私生活とのバランスを考えて働くことが重要です。1日の稼働時間を決めるなどして、自分でコントロールしていきましょう。

【必要な基本スキル3】営業力

続いて必要なのは、営業力です。

フリーランスは自分で仕事を獲得しなければなりません。そのため営業力、つまり自分のスキルをアピールする力が必要です。

「発注者が何を求めていて、それにどう応えられるのか」を伝えることができると良いでしょう。

【必要な基本スキル4】学習能力

最後に必要なスキルは、学習能力です。

フリーランスは会社員と違い、仕事を教えてくれる人がいません。そのため、自分で学習していく力が必要です。

なお、発注者からの指摘も自分のスキルアップとして受け止めることが大切。案件ごとにフィードバックの内容をまとめておくのも良いでしょう。

【案件別に解説】フリーランスに必要な最低限のスキル

上記では、基本的なスキルを紹介しました。これはどんなフリーランスでも身に付けておきたいもの。

しかしフリーランスとひとことでまとめても、行なっている案件は様々です。そこで、仕事別に必要なスキルを紹介していきます。

  • プログラミング
  • 動画編集
  • Webデザイン
  • Webライティング

上記の案件にフォーカスを当てていきましょう。

プログラミング

プログラミングでスキル不足を解消には、使用できる開発言語を増やすことが大切。つまり、戦える武器を多く持つということですね。

具体的には、

  • webサイト構築:HTML、CSS、JavaScript
  • システム開発:Java、C言語、C++
  • サーバー関係:PHP、Perl、Ruby

などが挙げられます。

実際に学んだコードを書いて、ポートフォリオを作成するのも良いでしょう。インプットとアウトプットを繰り返すということです。効率よく開発言語を学ぶことができます。ポートフォリオがあると自分のスキルをアピールできるため、一石二鳥です!

なお他のエンジニアに作品を見てもらうのもスキルアップの方法の1つ。自分だけでは気が付きにくいスキル不足を指摘してくれることもあります。

自分1人の力ではどうしても限界があるフリーランス。SNSで自分からコンタクトを取ったり、コミュニティなどで所属したりして、様々なエンジニアと関わることも重要です。

動画編集

YouTubeなどの動画編集では、スキルの底上げを図りましょう。

  • カット
  • テロップ
  • 効果音

これらを細かく調整して、離脱されにくい動画を作れるかどうかが勝負です。ただそれぞれの作業をできるだけでなく、魅力的な動画に仕上げられる能力が求められます。

具体的には、

  • テロップのタイミングを音とぴったり合わせる
  • 会話途中の間を1秒単位で切り落とす
  • テロップのフォントを見直してわかりやすくする

などです。細かい部分ですが注意していくだけで視聴しやすい動画になります!

▼ 動画編集者として生き残る方法を現役YouTuberが解説▼
【マル秘】動画編集のフリーランス始め方から生き残るコツまでガッツリと取材 >>【マル秘】動画編集のフリーランス始め方から生き残るコツまでガッツリと取材

Webデザイン

バナーやアイキャッチを作成するWebデザイン。スキル不足の原因は、デザインの引き出しの少なさかもしれません。作品を見てインプットすることをおすすめします。

例えば、

  • デザイン集
  • Instagram、PinterestなどのSNS

などを活用してスキルアップを目指すと良いですね。

なお、デザインの基礎知識を1から学習するのもいいでしょう。感覚ではなく、論理的にステキな作品を作れる技術を身に付けると良いですね。

▼デザイナーとして稼ぐ方法を直撃取材!▼
デザイナーのフリーランスは多彩な働き方が魅力!高単価案件を取り続ける秘策を取材 >>デザイナーのフリーランスは多彩な働き方が魅力!高単価案件を取り続ける秘策を取材

Webライティング

Webライティングでは、文章の基礎知識がとても重要。

スキル不足のライターは日本語の細かいルールを知らない人もたくさんいます。このルールを守らなければ、読みにくい記事になってしまうことも。

具体的な解決方法としては、

  • 同じ単語の繰り返しを避ける
  • 体言止めなどを活用して語尾を連続させない

などが挙げられますね。小さなことですが、注意するだけでスキル不足の解消に繋がります。

なおWordPressへの入稿ができるだけで、仕事の幅が広がることも。学習してスキルを身に付けましょう。

【応急処置】スキル不足のときの短期的な対処法3選

スキル不足かどうかは、実際に案件をこなしてみないと分からないこともあるでしょう。ここでは、技術が足りない場合の応急処置的な対処法を紹介していきます。

  1. 自分から行動する
  2. 案件の難易度や単価を見直す
  3. 思い切って発注者に聞く

上記3点について解説していきましょう。

【スキル不足の応急処置1】

スキル不足の原因は、受け身の姿勢が関係していることも。

例えば、

  • 言われたことだけをしている
  • 指示待ち

などですね。

このような受け身の姿勢では、「スキル不足」と思われても仕方ありません。

そのため、積極的に自分から行動することが重要です。ビジネスではとても基本的なこと。たとえスキル不足だとしても、積極的に行動することで発注者から評価されることもありますよ。

【スキル不足の応急処置2】案件の難易度や単価を見直す

2つ目の対処法は、案件や単価を見直すということです。もしかしたら、自分のスキルと求められるレベルが釣り合っていない可能性も考えられます。

そのため、1度案件の内容を見直すのも良いでしょう。場合によっては仕事の難易度を下げたり、単価を低くしたりすることも必要です。

仕事をする量は増えますが、自分のレベルに合った案件に応募することで提案がとおりやすくなる可能性もあります。

【スキル不足の応急処置3】思い切って人に聞く

発注者から「スキル不足」とやんわり伝えられたら、思い切ってどの部分がダメなのかを聞く方法もありです。自分では気が付かない欠点が見つかる可能性もあります。

教えてもらえる場合は、案件に反映できるように努めましょう!

なお、発注者からのフィードバックから学ぶ方法も1つの手です。指摘をもらった部分は、特に注意するようにしましょう。

【これで解決!】フリーランスがスキル不足を脱出する4つの方法

上記では、スキル不足の短期的は対処法を紹介しました。しかし、あくまで応急処置なので根本的な解決にはなりません

スキル不足を補っていくには、長期的に技術を身に付けなければなりません。ここでは、フリーランスがスキル不足を脱出する方法を紹介していきます。

具体的には以下4点です。

  1. 独学で学ぶ
  2. スクールに通う
  3. オンライン講座を活用する
  4. セミナーに参加する

それぞれの方法について、詳しく解説していきます。

【スキル不足の解消法1】独学で学ぶ

スキル不足は独学で補うことができます。

例えば、本やwebサイトなどで技術を身に付けることも可能です。

ただし独学なので途中でだれてしまう可能性もあります。自分の力で根気強く学習していく必要があるでしょう。

【スキル不足の解消法2】スクールに通う

専門のスクールに通うことで、スキルアップに繋がります。

講師もいるので、分からないことがあっても聞きやすいことがメリットでしょう。

ただしスクールは費用が高いです。相場は10万円以上。金銭的に余裕がある人でなければ難しいかもしれません。

【スキル不足の解消法3】オンライン講座を活用する

スクールの費用面がネック…という方には、オンライン講座もおすすめです。スクールと比べて費用は安めです。内容にもよりますが、数万円程度で十分にスキルアップができます。

なおどこかに通う必要はないので、時間がない人にもぴったりです。自宅にいながらスキルアップをすることができますよ。

ただし、分からないことがあっても質問できない講座もあります。オンライン講座を選ぶ際は、注意するようにしましょう。

基礎力が足りていないままフリーランスになってしまった、という方にはHacksシリーズがおすすめ。現役フリーランスとして活躍している講師によるオンライン講座なので、スキルがないままフリーランスになってしまった人の学び直しにも向いています。

質問無制限なので、実践的なスキルを身につけて現状を打破したい方にぴったりです。

【スキル不足の解消法4】セミナーに参加する

なおスキルがある方は、セミナーに参加するのも良いでしょう。普段では受けることのない刺激に触れることで、スキルアップに繋がります。

なお最近では、オンライン上で講座を聞くことができるので、わざわざ会場に足を運ぶ必要はありません。

セミナーによりますが、交流会があることも。ここで人脈を広げることもできますよ。

【有料級】LINEマガジン発信中

  • 濃いコンテンツが体系的に届く
  • クローズドな空間ならではの有料級の発信多数
  • 何をしていいかわからない人にも使えるスキルが見つかる