>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

アプリケーションエンジニアのキャリアパス3選!選択肢を広げるために必要なスキルも紹介

「アプリケーションエンジニアってどんなキャリアがあるんだろう?」
「キャリアの幅を広げるための方法が知りたい」
「アプリケーションエンジニアのスキルを高める手段はあるの?」

アプリケーションエンジニアとして普段の業務をこなしながら、将来のキャリアが不安になっている方も多いのではないでしょうか?この先同じようにエンジニアをやっていくのか、キャリアチェンジするか悩んでしまいますよね。

将来の選択肢を広げるためには、そもそもキャリアパスとしてありうるものを知ることが大切です。まそれぞれに求められるスキルを理解しておけば、そのために努力することもできますよね。

そこでこの記事では、アプリケーションエンジニアのキャリアパスを紹介します。キャリアの幅を広げるために必要なスキルも紹介していきます。

今後のキャリアに悩んでいる方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください!

監修者:平井 隆嗣 システム開発に加えてマーケティングまで対応し、集客や売上に貢献するエンジニア。 開発会社にて4年間の勤務をし、リーダーとして活躍したあとフリーランスとして独立。WordPress導入、デザイン、開発、アプリケーション開発などを幅広く手掛ける。
監修者:迫 佑樹 株式会社SkillHacks代表取締役。大学在学中からプログラミングスキルを身につけ、フリーランスエンジニアとして独立。 自身の経験を活かしプログラミングを教え、その知見からオンラインスクール事業Skill Hacksを運営。そのほか、実店舗ビジネスや知識プラットフォームBrainなどさまざまなビジネス経営中。

アプリケーションエンジニアのキャリアパス3選

アプリケーションエンジニアのキャリアパスは、主に下記3点です。

  1. 上流にステップアップ
  2. ITコンサルに転身
  3. フリーランスで独立

それぞれの項目について、詳しく解説していきましょう。

【キャリアパス1】上流にステップアップ

アプリケーションエンジニアのキャリアパスの一つは、社内でキャリアを積み上げる方法です。

主な肩書は下記の通りです。

  • システムエンジニア
  • プロジェクトリーダー
  • プロジェクトマネージャー

ステップアップの順番は、システムエンジニア→プロジェクトリーダー→プロジェクトマネージャーとなります。

これらの役職は、アプリケーションエンジニアよりも顧客との距離が近くなります。そのため、ニーズを把握する力が必要です。役職が上がるごとにマネジメント能力も求められます。

プロジェクトマネージャーまで行くと平均年収が600万円を超えます。アプリケーションエンジニアの年収が443万円なので、かなりの高収入であることが分かりますね(すべてdoda調べ)。

【キャリアパス2】ITコンサルに転身

ITコンサルとは、企業の経営戦略や経営課題を把握して最適なITシステムを企画・提案する仕事です。アプリケーションエンジニアと異なる点は、顧客の要望を深く読み取ることが必要になる点。課題解決のためのスキルや知識が重要です。

ITコンサルの平均年収は、584万円です(doda調べ)。アプリケーションエンジニアよりも100万円ほど高くなっています。

【キャリアパス3】フリーランスで独立

会社に属さずフリーランスとして独立する選択肢もあります。業務内容は自分で決められるため、比較的自由です。

しかし、フリーランスとして生計を立てるには個人レベルで信頼される高いスキルが必要。案件を獲得するための営業力やクライアントとやり取りするためにコミュニケーション能力も重要です。

アプリケーションエンジニアが独立する場合、平均年収は912万円です(レバテック調べ)。フリーランスは案件を請け負った分収入を増やせます。

【技術編】アプリケーションエンジニアのキャリアを広げる4つの要素

アプリケーションエンジニアとしてキャリアを広げるには、下記4つの要素が必要です。

  1. プログラミングスキル
  2. フレームワークの知識
  3. 運用保守・開発の経験
  4. 資格取得

それぞれのポイントを詳しく解説していきましょう。

【キャリアを広げるポイント1】プログラミングスキル

アプリケーションエンジニアの土台のスキルとなるのがプログラミングスキルです。キャリアを広げたいなら新たな言語を学ぶと良いでしょう。

学習するなら自分の目指すキャリアに近いものをおすすめします。例えば、Windowsのアプリを開発したいならC#(シーシャープ)やVisualBasic(ヴィジュアルベーシック)の習得しましょう。

アプリの種類と必要な言語は下記記事にて詳しく解説していますので、ぜひチェックしてみてください。

▼アプリの種類から必要な言語を目的別に紹介!▼
【保存版】アプリ開発に必要な言語12選!身に付けておきたい3つのスキルも紹介 >>【保存版】アプリ開発に必要な言語12選!身に付けておきたい3つのスキルも紹介

【キャリアを広げるポイント2】フレームワークの知識

フレームワークとは、アプリやシステムを開発するために必要な機能があらかじめ用意されたひな形のようなものです。フレームワークを学習する理由は、アプリ開発を効率よく進められるためです。

必要な機能があらかじめ用意されているため、作成にかかる時間やコストを削減できます。フレームワークを使う箇所は1からコードを書く必要がないため、開発時のバグも減らせます。

フレームワークには、下記のものが挙げられます。

  • Ruby on Rails(Rubyのフレームワーク)
  • React(JavaScriptのフレームワーク)
  • Bootstrap(CSSのフレームワーク)

当メディアが紹介する講座では、プログラミング言語と併せてフレームワークの学習もできます。Skill HacksではRuby on Rails、Front HacksではReactをカリキュラムに組んでいます。そのため、アプリ開発を効率よく進めるためのノウハウが身に付くでしょう。

【キャリアを広げるポイント3】運用保守・開発の経験

アプリケーションエンジニアの業務は、運用保守と開発どちらかからスタートします。キャリアを広げるためには、両方の経験が必要です。

担当できる業務範囲が広ければ、それだけ任せてもらえる仕事も増えるでしょう。その結果、キャリアアップにもつながります。

アプリケーションエンジニアとしてキャリアの選択肢を増やすなら、運用保守と開発どちらの業務も重要です。

【キャリアを広げるポイント4】資格取得

資格を取得することで、キャリアアップに有利になることがあります。

例えば、下記の資格は取得をおすすめします。

  • 応用情報処理技術者試験
  • システムアーキテクト試験
  • 情報処理安全確保支援士試験

その他にもRuby技術者認定試験といった、言語系の認定資格も良いでしょう。

【応用編】アプリケーションエンジニアのキャリアを広げる4つのスキル

アプリケーションエンジニアとしてキャリアを広げるためには、技術以外のスキルも必要です。しかし具体的になにを習得すればいいのか、いまいちイメージがわかない人もいるでしょう。

そこでこの章では、アプリケーションエンジニアのキャリアを広げるスキルを紹介します。具体的には、下記4点です。

  1. コミュニケーション能力
  2. マネジメントスキル
  3. マーケティングスキル
  4. 英語の知識

それぞれのスキルがなぜ必要なのか詳しく解説していきます。

【キャリアを広げるスキル1】コミュニケーション能力

キャリアを広げたいなら、コミュニケーション能力は必須です。

例えばITコンサルは、顧客の経営課題をヒアリングすることが大切。顕著になっている課題だけでなく、潜在的なニーズを満たす必要があります。それを明らかにするには、顧客の意図をくみとるコミュニケーション能力が重要です。

普段の業務から同僚や上司、取引先とのやり取りを意識すると良いでしょう。

【キャリアを広げるスキル2】マネジメントスキル

キャリアを広げるためには、マネジメントスキルも必要です。

プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーは、アプリケーションエンジニアを束ねる立場にいます。つまり部下をマネジメントすることが業務の一環になります。仕事を割り振ったり、進捗を確認したりすることが大切です。

またフリーランスとして独立する際には、自分自身をマネジメントする必要があります。

エンジニアを束ねたり自己管理を徹底したしするためにも、マネジメントスキルは必要な能力です。

【キャリアを広げるスキル3】マーケティングスキル

キャリアの幅を広げたいなら、マーケティングスキルを磨きましょう。

アプリケーションエンジニアはアプリを開発する仕事です。しかし、自分の作りたいものを作っているだけでは業務として成り立ちません。クライアントから求められるアプリを開発する必要があります。

そのため、市場を調査したりトレンドを探ったりしてクライアントのニーズを把握しましょう。

【キャリアを広げるスキル4】英語の知識

英語の知識も必要です。実際の業務で活用することがあるからです。

ITの業界は、ほとんどの新しい情報が英語で発信されます。エラー解決やオープンソースも英語で記載されている場合が多いため、訳せるレベルで習得をしておくことをおすすめします。

新しい情報を収集することで、業務に使える知識が増えるでしょう。

プログラミングやフレームワークのスキルを習得する方法4選

上記でも紹介しましたがアプリケーションエンジニアのキャリアを広げるなら、プログラミングやフレームワークの知識が必要です。この章では、スキルの習得方法を紹介します。

主に下記4点です。

  1. 書籍で学習する
  2. Webサイトを活用する
  3. プログラミングスクールに通う
  4. オンライン講座を受講する

それぞれの方法について、詳しく解説していきます。

【学習方法1】書籍で学習する

アプリ開発をするには、書籍から学習する方法があります。

本のメリットは、体系的にスキルを学べることです。そのため、アプリ開発の知識がない人におすすめです。

ただし、学習したい内容によってもどの本を読むかは変わります。そのため、勉強したい内容や目的をはっきりさせると良いですね。

【学習方法2】Webサイトを活用する

Webサイトを活用するころで、ノウハウを学習できます。

検索ワードによっては、自分の知りたいことをピンポイントで調べられるというメリットがあります。お金をかけずに学べるので、費用をかけたくない人にはおすすめです。

一方、プログラミングの知識がない人は「なにから検索していいか分からない」という場合があります。疑問が出てきたとしても質問ができずに解決てきないケースが考えられます。

【学習方法3】プログラミングスクールに通う

プログラミングを学ぶなら、専門のスクールに通うと良いでしょう。疑問点があっても講師に質問することで解決できます。カリキュラムが組まれているため、効率よく学習できるでしょう。

しかし、プログラミングスクールは受講費用が高額です。相場は20〜40万円となっており、人によってはこの価格がネックになる場合があります。

【学習方法4】オンライン講座を受講する

オンライン講座は、プログラミングスクールよりも受講費が安価な傾向にあります。

さらにどこかの教室に通う必要がありません。自宅やカフェなど好きな場所でアプリ開発に必要なスキルを習得できます。

なおオンライン講座では質問できる回数や期限が決まっているものがあります。そのため、受講する前に確認しておくと安心できるでしょう。

Webアプリ開発のスキルを身に付けたいならFront Hacksがおすすめです。最大の特徴は質問を回数や期間の制限なしで受け付けていること。LINE @で質問できるので、疑問点をサクッと解決できるでしょう。

Front Hacksならフロントエンジニアになる基礎が学べる

  • 実務経験豊富なエンジニアから現場で使える知識を学べる
  • 無期限の質問サポート付き
  • 買い切り型で受講期限も無制限