>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【YouTuber必見】おすすめの照明5選!光の当て方もしっかり解説【プロ級の仕上がりに】

YouTuberって撮影の時に照明を使っているの?」と疑問に思ったことがある方も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、HIKAKINさんなどのほとんどの大物YouTuberは撮影の際に照明を使っています。

照明を使うと明るい雰囲気になり、動画が非常に見やすくなります。全体の雰囲気が簡単にプロっぽく仕上がるため、動画撮影を行うのであれば用意したい機材の1つです。

この記事では、YouTube撮影で使われている照明について以下のポイントを解説しています。

  • 照明を使うメリット
  • 照明選びのポイント
  • おすすめの照明
  • 照明の当て方

詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

YouTuberは撮影の際に照明を使っている

YouTuberは撮影の際に照明を使っていることが多いです

映像が明るくなって綺麗に見えるので、室内や夜での撮影では必須のアイテムとなっています。HIKAKINさんも何年も前から使っているようですね。

また、女性YouTuberも照明をしっかり当てて撮影している方が多いですね。

喋っている内容は編集で調整できますが、そもそもの画像のみやすさを調整していくのは大変なもの。照明一つでキレイに仕上げられるので、ぜひ導入してみてください!

YouTuberを目指すなら知っておくべき照明を使うメリット

撮影時に照明を使うメリットは以下の3つです。

  1. 明るくなりクオリティが高くなる
  2. 夜でも撮影ができる
  3. 編集の際に明度を調整しなくて済む

それぞれ解説します。

【メリット1】明るくなりクオリティが高くなる

画面全体が明るくなって、動画が見やすくなります。暗い動画は非常に見にくく、「なんか暗いな」という印象を持たれてしまいます。

照明があるだけで、クオリティを上げられるので、撮影の際にはできるだけ用意したいです。

【メリット2】夜でも撮影ができる

照明があれば夜や暗い場所でも撮影ができます充電式の照明もあるので、光源がほとんどない外でも利用可能です。また、明るさを調整できる照明も多く、日中や室内で少しだけ明るさを足したい時などにも使えますね。

ただ、影ができる可能性があるので注意が必要。撮影前に影ができていないか確認するようにしましょう。

【メリット3】編集の際に明度を調整しなくて済む

照明を使えば、編集の際に明度を調整しなくてすみます。

編集ソフトで明度を調整することもできますが、違和感が出てしまうことが多いです。調整し過ぎると明る過ぎたり、肌の色が変になったりするので、クオリティが落ちる原因になってしまいます。

照明を使って撮影する際は、なるべく明るい状態にしておきましょう。

【メリット4】顔や肌がきれいに見える

照明を使うと、顔や肌がきれいに見えるようになります。

美容系のジャンルを扱う女性YouTuberは、化粧品の紹介などの際に見栄えがよくなるので、できるだけ照明を使うようにしたいですね。

美容系YouTuberのSekineRisaさんも、撮影部屋にリング型の照明を設置しています。

【最初に覚えておきたい】照明の3つの種類

照明にはいくつか種類があり、それぞれ明るさなどの特徴が異なります。

  1. LED
  2. 白熱灯
  3. 蛍光灯

それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

【照明1】LED

LEDは発光ダイオードという半導体を使って光らせるライトです。

メリットは以下の2つです。

  1. 耐用年数が長い
  2. 消費電力が少ない

コスパ良くライトを利用することが可能ですね。

数年前までは非常に高額かつ光量が低かったので、あまり使われていませんでした。ただ、技術の進歩により、お手頃価格で入手可能になり、光量も十分確保できるようになりました。

充電式のものも多く、屋外での撮影でも使い勝手が良いです。

【照明2】白熱灯

白熱灯は皆が普段使っている電球のことです。

メリットは以下の3つ。

  1. 価格が安い
  2. 手に入りやすい
  3. 重量が軽い

価格が安い上に、コンビニでも購入できます。軽いので持ち運びも苦労しません。

ただ、デメリットに以下の3つがあります。

  1. 発熱量が多い
  2. 消費電力が多い
  3. 寿命が短い
  4. 撮影に色味が合わない

発熱量が多いので、使用中は非常に熱くなってしまいます。また、寿命が短く使用中に突然切れてしまう可能性もあります。使用する際は予備を持っておきましょう。

色味がオレンジ色っぽいので、被写体に光を当てると違和感が出てしまいます動画撮影にはあまり向いていませんね。

【照明3】蛍光灯

蛍光灯は、ガラス管の内側で放電をして発光する照明のことです。撮影では電球型の蛍光灯がよく使われていています。

蛍光灯のメリットは以下の2つです。

  1. 値段が安い
  2. 寿命が長い

安い価格で十分な光量を確保できます。寿命も長いので1度購入すればしばらく使用可能です。

デメリットは以下の2つ。

  1. フリッカー現象が起こる
  2. 重量がある

フリッカー現象とは映像がチカチカしてしまうことです。蛍光灯は肉眼ではわかりにくいですが、1秒間に100~120回のペースで点滅しています。カメラで撮影する際は、シャッタースピードを調整しない綺麗に撮影することができません。

また、重量もあるので移動しながらの撮影で使用する際は注意しましょう

照明を選ぶ際に気をつけるべきポイント4選

照明を選ぶ際に気をつけるべきポイントは以下の4つ。

  1. LEDライトを選ぶ
  2. CRI表記が95以上のものを選ぶ
  3. 色温度は3200k-5600kのものを選ぶ
  4. 音が出ないものを選ぶ

それぞれ解説します。

【ポイント1】LEDライトを選ぶ

LEDライトを選ぶようにしましょう。

LEDライトは他のライトと違って熱をもったり、チカチカしたりすることがありません。寿命も長いので安心して利用できます。

手持ち式やリング式など多くの種類があり、自分の撮影スタイルに合わせて使えるのもメリット。5,000〜10,000円くらいと安価で購入できるので、負担にもなりにくいですね。

多くのYouTuberがLEDライトを使っています。

【ポイント2】CRI表記が95以上のものを選ぶ

CRI表記が95以上の照明を選びましょう。

CRIとは色の見え方を数値化したもの。95より小さかったり、表記が無かったりする場合は、光量が少ない可能性が高いです。

ネットで買うときは商品詳細に記載されているかどうか、しっかり確認しましょう。

【ポイント3】色温度は3200k-5600kのものを選ぶ

色温度が3200k-5600kとなっているものを選びましょう。

色温度とは、光の色を数値化したものです。3200kだと室内の色に近く、5600kだと太陽光に近い色になります。

色味を調整できるタイプの光源だと、様々な場面で使いやすいのでおすすめです。

【ポイント4】音が出ないものを選ぶ

稼働している際に音が出ないものを選びましょう。照明が音を発していると、撮影時にカメラが音を拾ってしまうことがあります。

照明を購入する際には、起動時に無音のものかどうか口コミなどをみて確認しましょう。

【YouTuber御用達】おすすめの照明5選

YouTuberも使っているおすすめのライトを、以下のタイプ別に5つ紹介します。

  • リング型
  • パネル型

先にリング式のLEDライトのメリットを紹介します。

  1. 設置が非常に楽
  2. 十分な光源になる
  3. 大型から小型のものまで様々

また、パネル型の照明のメリットは以下の通りです。

  1. バッテリー内臓のものが多い
  2. 手持ちタイプも多く持ち運びが便利
  3. 小型のものはカメラに直接つけられる

それぞれのメリットを把握した上で、自分好みのライトを見つけましょう。

【リング型1】リング型 Neewer 18インチ調光可能LEDリングライト

サイズ61インチ/ 155cm
色温度5500K
調光範囲1%〜100%
最大出力55W
内容・SRP18 LEDリングライト(ブラック)
・電源アダプター
・ライトスタンド
・リモコン
・ホットシューアダプター
・スマートフォンホルダー
・リングライト用キャリングバッグ
参考価格12,393円
公式販売サイトAmazon

大きめのタイプでおすすめなのは、「Neewer カメラ写真ビデオ用照明セット18インチ」です。

155cmの大型のライトなので、十分な光源を確保することができます。スマートフォンスタンドもついているので自撮り撮影にも対応しています。

三脚やケースもついているので、部屋や外での撮影の際に十分活躍してくれますね。

 

【リング型2】Neewerテーブルトップ10インチUSB LEDリングライト

サイズ10.2インチ/ 26センチ
色温度3200k – 5600k
調光範囲3色+10段階
最大出力8W
内容・LEDリングライトヘッド
・スタンドコネクトチューブ
・テーブルスタンドベース
・フレキシブルチューブ
・スマートフォンホルダー
参考価格1,999円
公式販売サイトAmazon

スマホで使う際など、卓上型でおすすめなのは、Neewerテーブルトップ10インチUSB LEDリングライト、柔軟なスマートフォンスタンド付き、ストリーミング化粧シューティング電話Selfie用です。

コンパクトで非常に使いやすいです。自撮り撮影でも十分な光量を確保できます。

色も以下の3色に変更でき、明るさは10段階に調整できます。

  • 黄+白

YouTubeの撮影などでスマートフォンを使う際におすすめです。

【パネル型 1】VILTROX 小型LEDビデオライト RB08

 

サイズ110mm x 68mm x 14mm
色温度2500K〜8500K
調光範囲10%〜100%
最大出力8W
持続点灯時間1.2h
バッテリー3000mAh
内容・RB08ビデオライト
・ディフューザー
・ホットシューマウン
・USBケーブル
参考価格12,393円
公式販売サイトAmazon

小型のライトを探しているのであれば、VILTROX 小型LEDビデオライト RB08がおすすめです。

ポケットに入るくらい超薄型で汎用性が非常に高いです。カメラにつけての利用や補助照明として十分な光量を持っています。

また、3000mAhバッテリーを搭載しており、100%の明るさで1.2時間連続で点灯可能外での撮影でも問題なく使用できますね。

 

【パネル型 2】NEEWER CN-160 LED ビデオライト

 

 

サイズ141mx62mx150m
色温度3200k – 5400k
調光範囲調光可能
最大出力9.6w
照明有効距離6m/20ft
内容・CN-160 LED ビデオライト
・フィルター x2
・バッテリーホルダー
・ホットシュースタンド
参考価格2,099円
公式販売サイトAmazon

カメラにつけて利用したいならNEEWER CN-160 LED ビデオライト」がおすすめです。

カメラの上にそのまま接続して使えるサイズなので、持ち運びも楽でどこでも利用可能です。照明有効範囲が6mほどあるので、少し距離の離れた撮影でも問題ありません。

2枚のフィルターを使うことで、光量を調整して演出することも可能です。

 

【パネル型 3】Neewer 2ピース調光可能な2色660 LEDビデオライトおよびスタンドキット

サイズ232x200x48mm
色温度3200k – 5600k
調光範囲遮光板で調光可能
最大出力40W
内容二色LEDビデオライト×2
ホワイトディフューザー×2
電源アダプター×2
電源ケーブル×2
キャリングケース×2
ライトスタンド×2
参考価格22,999円
公式販売サイトAmazon

大規模の場合や本格的に撮影したい場合は、2個セットの「Neewer 2ピース調光可能な2色660 LEDビデオライトおよびスタンドキット」がおすすめ。ディフューザーも付いていて、光量の調整も可能です。

軽量で丈夫な構造で設計されているので、外での撮影にぴったりです。別売りのリチウムイオンバッテリーを購入すれば、電源がなくでも使用できます。

1セット持っておけば、撮影時の光量に困ることはありません。

YouTube撮影時におすすめの照明の当て方3選

YouTubeの撮影時におすすめの照明の当て方を3つ紹介します。

  1. キーライト
  2. フィルライト
  3. バックライト

【照明の当て方1】キーライト

キーライトは、被写体全体を照らす照明の当て方です。

被写体に対して自然な光を当てることが可能です。被写体よりも高い位置で、側面に対して45度のあたりから光が当たるように配置します。

光が当たっていない側に影ができやすいので、角度や高さに注意しましょう。

【照明の当て方2】フィルライト

フィルライトはキーライトの補助的な役割のある照明の当て方ですキーライトによってできてしまった影を消すために使用します。

キーライトと逆側の角度から光を当てます。キーライトの光量によっては、照明ではなくレフ板などを使う場合もあります。

影が気になる時に使ってみましょう。

【照明の当て方3】バックライト

バックライトは、被写体の後頭部や肩に光を当てる方法です。

後ろ側から光が当たることで、立体感を出すことができます。正面に光が当たりにくくなるので、シーンに合わせて使い分けてみましょう。

あまり遠くから当てても効果が薄いので、カメラに入らないギリギリの場所に照明を設置することをおすすめします。

YouTuberとして活躍したいなら照明を使って動画のクオリティをあげよう

この記事では、YouTube撮影で使われている照明について、以下のポイントを解説しました。

  • 照明を使うメリット
  • 照明選びのポイント
  • おすすめの照明
  • 照明の当て方

見やすく、クオリティの高い動画を作るためにも、照明は必要なアイテムとなっています。まだ使っていないのであれば、ぜひとも購入して使ってみてください。

どの照明を使って良いのか分からないという方は、まずは大きめのリングライトを買ってみるのがおすすめです。1つ照明を足してみるだけで、明るさがガラッと変わるのでぜひ試してみてください。

また、クオリティの高い動画を作りたいのであれば、オンライン講座のYouTube Hacksで勉強するのもおすすめです。

  • 分かりやすい動画教材
  • 登録者14万人のチャンネル運営者の質問し放題
  • 広告収益以外のマネタイズ方法を学べる

YouTubeの基礎から学ぶことができるので、興味がある方はぜひ参考にしてください。

YouTube Hacksならコンテンツ力を上げるコツを学べる

  • チャンネル登録者数6桁以上の講師から攻略方法を学べる
  • 無期限の質問サポート付き
  • 買い切り型で受講期限も無制限