>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

動画編集を習う!おすすめスクール5選とメリットデメリットを解説

「動画編集を習いたいけどどこがいいの?」
「独学じゃなくて人から習うメリットやデメリットは?」

「おすすめの動画編集講座は?」
などと疑問に思っていませんか?

今は動画投稿や配信など、動画の市場が拡大しているため、編集者の需要が高いです。

実際に動画編集を学んで動画を作っていきたい、副業にしたいと考えた時に「どこで習えばよいか」と悩む方が多くいます。
できることなら、効率よくスキルを身に着けていきたいですよね。

そこでこの記事では動画編集の学習について、以下の内容を詳しく解説します。

  • 動画編集を習うためのおすすめスクール・講座5選
  • 習う5つのメリット・デメリット
  • 習う上で気をつけておくべきこと

この記事を最後まで読むことで、メリットデメリットを知り、自分に合った動画編集スクールが見つけられます。

ぜひ最後までチェックしてみてください。

動画編集を習うためのおすすめスクール・講座5選

こちらでは、動画編集を習うためのおすすめスクールや講座を5つ紹介します。

  1. Movie Hacks
  2. ヒューマンアカデミー
  3. クリエイターズジャパン
  4. スタジオアス
  5. MOVA

まずはざっくりと気になる料金や期間の比較表です。

スクール・講座金額期間形式
Movie Hacks69,800円無制限オンライン
ヒューマンアカデミー193,270円6ヶ月〜オンライン・通学
クリエイターズジャパン79,800円1ヶ月〜オンライン
スタジオアス55,000円無制限オンライン
MOVA26,800円~/月12ヶ月通学

※スマートフォンの方は左右にスクロールできます。

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.MovieHacks

受講費用69,800円
期間無制限
形式オンライン
おすすめな人
  • 編集者として稼いでいきたい人
  • 安い金額で基礎から習いたい人
  • 挫折したくない人

Movie Hacksは、買い切りの動画編集講座で、基礎からしっかりと学べます。

現役の動画編集者として活躍中の福島寛人氏が講師を勤めるため、初心者の方もわかりやすいです。

他にも以下のように、充実したサポートがあります。

  • LINE@による無制限質問サポート
  • 動画編集の仕事案内所参加権利

特に受講している人への特典として、案件が来たときに優先的に案内してくれる権利はそのまま仕事にも繋げられるため、おすすめです。

しっかりと基礎から知識をつけて、稼げるようになりたいという人は、ぜひ検討してみてください。

2.ヒューマンアカデミー

受講費用193,270円
(月々6,300円~)
期間6ヶ月~
形式通学・オンライン
おすすめな人
  • 料金が高めでもしっかり習いたい人
  • 実際に通学して習いたい人

ヒューマンアカデミーの動画クリエイター講座は動画制作の基礎からソフトの使い方、企画・制作力まで幅広く学べるコースです。

現役クリエイター講師が無制限で質問対応してくれるため、未経験でも安心して学べます。

また、最寄りの教室にあるパソコンを使って学習できる点も大きなメリットと言えるでしょう。

校舎は札幌から東京、名古屋、大阪、福岡など数も多く、オフラインでも学びやすいです。

3.クリエイターズジャパン

受講費用79,800円
期間1ヶ月〜
形式オンライン
おすすめな人
  • 基礎から案件の取り方まで習いたい人
  • スキマ時間で習いたい人

クリエーターズジャパンは、受講期間無制限で学べる動画編集講座です。

基礎から案件の取り方まで幅広く学べるため、初心者に人にもおすすめです。最短1ヶ月で学べるため、できるだけ素早くスキルを習得したいという人に向いていると言えるでしょう。

仕事につなげることを目標としているので、動画編集以外にもサムネイルの作成や、アニメーション制作のコンテンツも充実しています

4.スタジオアス

受講費用55,000円
(月々4,584円~)
期間無制限
形式オンライン
おすすめな人
  • ゆっくり自分のペースで習いたい人
  • 動画編集で副収入を得たい人

studio USは、比較的安い値段で動画編集の技術が身につくオンラインスクールです。

自分のタイミングでゆっくり学習できるため、仕事や学業の合間に学べます。

動画教材が700本以上揃っており、初心者向けの基礎的な部分から、中級者以上向けの応用までしっかり学習できる点も特徴です。

5.MOVA

受講費用月々26,800円~
期間12ヶ月
形式オフライン
(週1回通学)
おすすめな人
  • プロレベルの実践スキルを身につけたい人
  • 編集者仲間が欲しい人

MOVAは、フリーランスを目指す方に向けた動画編集教室です。東京都渋谷区にあり、実際に通学して学べます。

オフラインで、編集者仲間を増やしやすく、モチベーションも保ちやすいです。

フリーランスとして仕事の獲得方法まで学べるため、起業・独立を目指してスキルアップしたい人におすすめです。

動画編集を習う5つのメリット

こちらでは、動画編集を習うことで生まれるメリットを5つ紹介します。

  1. 副業として稼ぎやすくなる
  2. 幅広い分野のスキルが上がる
  3. 継続させやすくなる
  4. 成果として残る
  5. 場所を選ばずに仕事ができる

YouTubeやTikTokなど動画投稿の人気が高まり、今動画市場は急速に拡大しています。同時に編集者の需要も高まっているためメリットは多く存在します。

ぜひ最後までチェックしてみてください。

1.副業として稼ぎやすくなる

動画編集技術が身につくと、副業として稼ぎやすくなります。沢山ある副業の中で、動画編集は未経験からでもスキルが身につけやすいため、おすすめです。

例えば月5万円の収入であれば、3ヶ月~半年ほど勉強すれば目指せるでしょう。
経験を積んで単価やスピードを上げれば、月20~30万円も見えてきます。

案件の数も多いため、個人でも稼ぎやすいメリットがあります。

2.幅広い分野のスキルが上がる

動画編集作業は、動画編集ソフト以外にも、以下のようにさまざまな作業を行ないます。

  • アニメーションソフトでの制作
  • 写真編集
  • サムネイル制作
  • テキストのデザインやフォント作成
  • 撮影

つまり動画編集作業をすることで、他の編集知識も同時に学べ、幅広い分野のスキルが向上するでしょう。

3.継続させやすくなる

独学の場合だと不明点を解決できずに折れやすいですが、習うことで継続させやすくなります。
多くの教材やスクールでは、プロに直接質問できる環境が整備されているからです

疑問点をすぐに解消できるという点は、動画編集を習う大きなメリットだと言えます。

4.成果として残る

授業内で、実際に編集をするため、自分の作品を増やしやすいです。
自分が手がけた作品は、実際に仕事につなげる際、ポートフォリオとして使用できます。

ポートフォリオとは簡単にいうと、自分が編集した作品集のことを言います。
副業やフリーランスとして案件を獲得する際には、スキルを表すポートフォリオが必須です。

ポートフォリオが充実していると生まれるメリットは、以下の通りです。

  • 信憑性が高まる
  • 何ができるかを一目で伝えられる
  • 過去の実績を伝えやすい

信憑性が高まり、不安がなくなるため、案件も獲得しやすくなります。ポートフォリオ作品として手元に成果が残るのも、習うメリットと言えるでしょう。

5.場所を選ばず仕事ができる

動画編集作業はパソコンがあれば、カフェや、コワーキングスペースなど、どこでも仕事ができます。

副業や仕事にした際に、場所を選ばないため、豊かなライフスタイルを送れます。

普段移動することが多い人や、学業や仕事などで忙しい人などに、おすすめと言えるでしょう。

動画編集を習う2つのデメリット

動画編集を習う2つのデメリットを紹介します。

  1. お金がかかる
  2. 習得までに時間がかかる

メリットが多い動画編集ですが、デメリットも多少存在します。デメリットも知っておきたいという人は、ぜひ最後までチェックしてみてください。

1.お金がかかる

動画編集だけに限りませんが、スクールに通うには費用がかかります。
動画編集は他にもパソコンやソフトが必要になるため、物によっては高くつくでしょう。

とはいえ、費用はかかるもののそれ以上に動画編集は稼ぎやすいです。

動画の編集者は需要も高く、報酬単価は1本5,000〜1万円ほどが相場です。
スキルや経験を重ねると3万円、5万円と単価も上がる仕事なため、受講費用も回収しやすいでしょう。

初期投資がかかる点がデメリットですが、稼ぎやすいためそこまで大きな痛手にはなりません。

2.習得までに時間がかかる

動画編集スキルは1日2日では、完璧に習得できませんまた、実際に編集する作業も内容によっては、時間がかかります。

1分の動画編集に1時間ほどが目安です。エフェクトやカット数などに凝ると、もっと時間がかかるでしょう。

実際に稼げるようになるには1ヶ月〜半年ほどかかるため、いますぐにスキルを取得して稼ぎたいという人には、デメリットに感じるでしょう。

動画編集を習うために気をつけておくべきポイント3つ

動画編集を習うために、気をつけておくべきポイント3つを紹介します。

  1. 目的を明確にする
  2. 生活スタイルに合った習い方を確認する
  3. 予算を決めておく

動画編集スクールや講座を受講する場合、費用がかかります。

決して安くないため、実際に購入してから後悔しないためにも、ぜひこの章でお伝えすることを意識してみてください。

ではそれぞれ詳しくみていきましょう。

1.目的を明確にする

動画編集スクールや講座を受講する際には、目的を明確にしておきましょう。

「なぜスキルを身につけたいか」という目標が明確でないと、途中で方向性がブレてしまいます

  • 動画編集で稼いでいきたいから
  • クオリティの高い動画でPRしたいから
  • 映像業界に入りたいから
  • 独学で学ぶことに限界を感じたから

例えば映画並みの作品を作りたいと思っていても、SNSに載せる動画を作るコースに入ってしまうと、目指す方向が異なり挫折しやすくなります。

どんな目的でも良いので最終的なゴールを再確認しましょうまた、目的は心が折れそうになった時のモチベーションにもつながります。

同時に自分のレベルも確認しておきましょう。初心者で不安なことが多い場合は、講師に無制限に質問できる教材がおすすめです。

2.生活スタイルに合った習い方を確認する

動画編集スクールや講座を受講するのであれば、自分の生活スタイルに合った講座を選びましょう。

例えば仕事や学業などで忙しい人は、空いた時間に勉強できるオンライン型の方が圧倒的におすすめです。

オンライン型のスクールに通う場合は、双方向でやり取りできる時間など、学び方も確認しておくことをおすすめします。

比較的時間が取りやすい人は、対面で学べるオフライン型のスクールに通学しても良いでしょう。

働きながら土日だけ通うのか、短期間で一気に学ぶのか、期間とカリキュラムをチェックすることが大切です。

3.予算を決めておく

動画編集スクールや講座によって受講費用は様々です。1講座数千円のものもあれば、数ヶ月で数十万円まで幅広いです。

さらにパソコンやソフト、インターネット環境などの準備が必要になるため、さらに費用もかかります。

授業内容や講師など、自分に合っていると思った環境でも、予算が足りなくなってしまっては、もったいないです。

買い切りのものだと、気持ちも楽になりやすくモチベーションも上がるため、おすすめです。

Movie Hacksなら動画編集を0から学べて仕事にできる

  • 超初心者でも仕事を取れるレベルで動画編集のスキルが学べる
  • 無期限の質問サポート付き
  • 卒業することで「お仕事案内所」へ参加できる!お仕事を優先的に回してもらえる