>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【必見】人間関係がつらくて転職したい人へ!職場環境の改善策や再就職に失敗しないポイントを解説

「職場の人間関係がストレス」
「転職以外に解決方法はないのかな」
「転職してもまた人間関係に失敗しないか不安」

このような悩みを抱えていませんか?

職場の人間関係が良好ではない場合、転職してリセットしてしまいたいと思う方も多いはず。

しかし、安易に転職をするのは危険です。まずは今の職場でできる改善策を試してみて、うまくいかなければ万全の準備をしてから転職活動をするのがベストの方法です。

そこでこの記事では、以下の内容を詳しく解説していきます。

  • 職場の人間関係に悩む人の割合
  • 人間関係がつらくて転職を考える理由
  • 転職で人間関係をリセットする前にできる改善策
  • 人間関係が原因での転職に失敗しないためのポイント

記事を読めば、ストレスから開放されるヒントになるはずです。ぜひ参考にしてみてください。

人間関係が転職のきっかけになったことがある人は53%

職場の人間関係に悩んでいるのは、あなただけではありません。年齢や性別が異なる人々が集まっているので、どうしても意見や価値観は異なるものです。

職場は仕事をする場所なので、必要以上に仲良くする必要はありません。しかし良好な人間関係が築けていないと、余計なストレスを抱えたり、業務をスムーズに遂行できなかったりする原因になります。

大手転職サイト「エン転職」のユーザーアンケートによると、53%の人が「人間関係が転職のきっかけになった」と回答しています。また、同アンケートでは、職場で人間関係に難しさを感じた経験のある人は84%でした。

転職のきっかけがキャリアアップなどの前向きなものではなく、人間関係によるネガティブなものである人も多いです。

出典:エン転職「1万人に聞く「職場の人間関係」意識調査

人間関係がつらくて転職を考える7つの理由

こちらでは、人間関係がつらくて転職を考える理由を7つ紹介します。自身の状況を整理するためにも、内容を確認してみてください。

  1. 社風が合わない
  2. 仕事を任せてもらえない
  3. 気が合う人がおらず誰とも話さない
  4. 派閥争いに巻き込まれている
  5. ハラスメントを受けている
  6. いじめや無視をされる
  7. 後輩が可愛くない

順番に見ていきましょう。

1.社風が合わない

他の社員は問題なく働けているのに、自分だけ馴染めないと「社風が合わない」と感じるものです。

たとえば、以下のようなケースです。

  • 体育会系のノリ
  • 飲み会やイベントが多い文化
  • 残業するのが当たり前の雰囲気
  • 実力よりも年功序列を重視している

ひとりで反発するのは勇気がいりますし、孤立してしまう不安もあるでしょう。

社風が合わないと同調圧力に屈するしかなく、職場にいること自体に大きなストレスを抱えてしまいます。

2.仕事を任せてもらえない

仕事を任せてもらえないのは、想像以上につらいものです。社内ニートのような状態になり、自分の存在意義がわからなくなってしまいます。

もちろん、仕事を任せてもらえないのはスキルや知識が不足しているかもしれません。過去の失敗やトラブルから信用を失ってしまったケースも考えられます。

しかし、まわりの人が忙しそうにしている中で自分だけが手持ち無沙汰では、気まずい思いをするでしょう。
周囲の冷たい視線を感じながら、ただ時間が過ぎるのを待つのは大変な苦痛です。

3.気が合う人がおらず誰とも話さない

仕事をする時間は、一日の大半です。気が合う人がおらず誰とも話さない時間が長くなると、孤独を感じるようになってきます

たとえば、職場に年齢が離れた人しかいない、自分以外の人は専門分野が異なるケースなどです。

気軽に話せる相手がいれば、雑談での気分転換や悩み相談もできます。しかし気の合う人がいない場合、他の人と協力すればスムーズに進行する案件も自分ひとりで抱え込むような事態にもなりかねません。

4.派閥争いに巻き込まれている

派閥争いによって、人間関係が悪化している職場は珍しくありません。もし巻き込まれると、業務以外にも気を使うことが増えて疲弊してしまいます

中立の立場でいようとすると、それぞれの派閥から反感を買ってしまう危険性もあるでしょう。

派閥ができると一部の結束力は高まるかもしれませんが、足の引っ張り合いが生じて全体の生産性は低下するものです。不毛な争いに嫌気がして、仕事のモチベーションも下がってしまいます。

5.ハラスメントを受けている

ハラスメントは職場の人間関係において、重要な問題です。被害に頭を抱える人は少なくありません。

日本労働組合総連合会の「仕事の世界におけるハラスメントに関する実態調査2019」では、38%の人が「ハラスメントを受けたことがある」と回答しています

代表的な職場におけるハラスメントは、以下の通りです。

  • セクシャルハラスメント:相手に不快感を与える性的な嫌がらせ
  • パワーハラスメント:職務上の地位などを乱用して精神的・身体的に追い込む
  • マタニティハラスメント:妊娠中や子育て中といった女性に向けた嫌がらせ
  • ケアハラスメント:働きながら家族の介護をしている社員に対する嫌がらせ

もし相手に悪気がなかったとしても、被害者は大変な苦痛を受けます。

6.いじめや無視をされる

大人同士が集まる職場でも、いじめや無視といった子どもじみた嫌がらせをする人が一定数存在するのは事実です。成果を出している人への嫉妬や、ミスで迷惑をかけられたのをきっかけに始まります。

これまで親しくしていた人から急に理由もわからず無視をされると、ダメージを受けるものです。また、いじめや無視は集団で行われることもあるので、誰であっても精神的に追い込まれるでしょう。

いじめや無視は業務にも悪影響が出てしまうので、転職を考えるには十分な理由だと言えます。

7.後輩が可愛くない

上司や先輩だけでなく、後輩との関係に悩む人も少なくありません。相手のためを思って行動していてもうまくいかず、職場に行くのが嫌になってしまいます。

さらに、上司から「指導不足」や「管理能力の欠如」と悪い評価されてしまう危険性も考えられます。

具体的には、以下のようなケースで後輩を可愛くないと感じるようです。

  • 不平不満が多い
  • 仕事の成果にこだわらない
  • 教えた内容を守らない

今までは問題がなかった職場でも、後輩ができたことで人間関係が悪化する場合もあります

転職で人間関係をリセットする前にできる改善策5選

人間関係以外に問題がないのであれば、時間や労力のかかる転職は避けたいですよね。

そこでこちらでは、転職で人間関係をリセットする前にできる改善策を5つ紹介します。

  1. 信頼できる人や人事部などに相談をする
  2. 異動希望を出す
  3. 自分の考え方を変えてみる
  4. プライベートを充実させる
  5. ゆっくり休む

それぞれチェックしていきましょう。

1.信頼できる人や人事部などに相談をする

人間関係についての相談は勇気がいりますが、信頼できる人や人事部などに打ち明けてみてください。
ストレスの軽減や、問題解決の糸口が見つかる可能性が高いです。

友人や家族であれば、あなたの話を親身になって聞いてくれるでしょう。
また人事部は、社員が快適に働ける環境を作るための部署でもあります。企業としてのしかるべき対処をしてくれるはずです。

職場の人間関係はひとりで悩まず、まわりの人に頼ってみるのが改善につながります。

2.異動希望を出す

規模がある程度大きな企業で働いている場合、部署を異動すれば問題が解決する可能性があります。
人間関係のトラブルは個人の間で発生するケースが多いので、苦手な相手と物理的に距離を取るのは有効な手段です。

ただし、いきなりの異動希望は通らないかもしれません。人間関係の問題が発生した経緯だけでなく、自身のキャリアビジョンなども併せて伝えましょう。

異動希望を通すためには、企業にとってもメリットがあると提示するのが秘訣です。

異動は転職と比べれば環境がすべて変わるわけではないので、人間関係以外に不満がないのであれば、チャレンジする価値のある改善策です。

3.自分の考え方を変えてみる

人間関係の根本的な原因を解消できるのが理想ですが、難しい場合は自分の考え方を変えてみるのも方法です。
他人を変えるのは困難ですが、自分の考え方は努力次第で変えられます

相手の立場や気持ちを想像してみる、悪い部分だけでなく良い部分も見るようにするなど、歩み寄りを意識してみてください。

新しい価値観が生まれたり、対立する必要性を感じなくなることもあります

周囲の人間や環境が変わるように期待するのではなく、自分の考え方を変えてみるのはすぐに実践できる改善策です。

4.プライベートを充実させる

人間関係が悪いのも仕事だと割り切って、プライベートを充実させるのも方法です。
仕事以外の楽しみがあれば、職場での煩わしい人間関係も気にならなくなります。

割り切った態度を取っていると、あなたを悪く言う人が現れるかもしれません。しかし、業務に支障がないのであれば相手にする必要はないです。

「仕事はプライベートを楽しむ資金を稼ぐため」くらいの余裕を持ち、業務を進めることだけに集中すれば、周囲からの雑音は気にならないでしょう。

5.ゆっくり休む

ゆっくりと休んで心身ともにリフレッシュするのも、大事な改善策です。疲労が溜まっていると、誰であっても他人にイライラしやすくなります。

また、疲労の蓄積で仕事の生産性が下がり、人間関係を悪化させる原因になっている可能性も考えられます。

転職を検討するのであれば、ゆっくりと休んでからでも遅くはないはずです。まずは回復に努めて、冷静な判断ができるようにしてください。

人間関係が原因での転職に失敗しないためのポイント5つ

努力しても職場の人間関係が改善する見込みがないのであれば、転職の準備を進めていきましょう

失敗しないためには、以下5つのポイントがあります。

  1. 人間関係以外の転職理由を明確にする
  2. 転職エージェントを活用する
  3. 自分に合う職場か情報収集をする
  4. 退職理由はポジティブに変換して伝える
  5. スキルを身に着けて人と関わらない仕事を選ぶ

ストレスのない職場に転職するためにも、参考にしてみてください。

1.人間関係以外の転職理由を明確にする

人間関係だけを転職理由にしてしまうと、待遇や仕事内容のミスマッチといった不満を抱える危険性があります。

ストレスから早く開放されるために内定がもらえそうな企業ばかり応募してしまうのは、人間関係が原因での転職でありがちな失敗です。

失敗を避けるためにも、自分にとって大事にしたい優先順位を決めて、人間関係以外の転職理由を明確にしてください。

2.転職エージェントを活用する

転職エージェントを活用すれば、あなたの希望によりマッチした企業へ転職できる可能性が高くなります。
これまでのキャリアを踏まえて、専門家ならではの視点で具体的なアドバイスをもらえるためです。

紹介される企業とは強力なつながりがあるケースも多いので、リアルな職場の雰囲気や人間関係についての情報も期待できます。

無料で利用できる転職エージェントも豊富にあるので、まずは気軽に会員登録をしてみてはいかがでしょうか。

3.自分に合う職場か情報収集をする

自分に合う職場か情報収集をすれば、社風が合わない危険性を回避できます。企業のホームページや、求人サイトを徹底的に確認してください。

採用担当者のSNSやブログも、よりリアルな意見を知るチャンスです。もし可能であれば、選考時に社内見学も依頼するといいでしょう。

転職先でも人間関係に悩むといった同じ失敗を繰り返さないためにも、事前の情報収集が欠かせません。

4.退職理由はポジティブに変換して伝える

退職理由を「人間関係が悪いため」と面接でそのまま伝えてしまうと、マイナスな印象を与えるので注意してください。

入社後にトラブルを起こす危険性や、また人間関係を理由に退職するリスクがあると判断されてしまいます。

たとえば、以下のようにポジティブに変換して伝えましょう。

  • 社風が合わなかった:年次に関わらずフラットに意見を交わせる職場で働きたい
  • パワハラを受けていた:自分の裁量で仕事ができる環境にチャレンジしたい
  • いじめがあった:協調性やチームワークが重要となる仕事に就きたい

退職理由はポジティブに変換するだけでなく、志望動機と結びつけるとより効果的です。前向きな意欲を伝えることで、面接にとって魅力的に映るようにアピールをしてください。

5.スキルを身に着けて人と関わらない仕事を選ぶ

職場での人間関係にうんざりしているのであれば、人と関わらない仕事に目を向けてみるのもポイントの1つです。スキルを身に付いてけいれば、在宅ワークやリモートワークOKの企業といった選択肢も増えます。

スキル次第で人と関わらず働ける仕事は、以下のようなものがあります。

  • プログラマー
  • エンジニア
  • Webデザイナー
  • Webライター
  • イラストレーター

人と直接会う必要がなくなるので、人間関係の煩わしさに悩まず働けます。

Skill Hacksなら最速でプログラミング初心者を脱出できる

  • 初心者からWebアプリケーション開発の知識を学べる
  • 無期限の質問サポート付き
  • 買い切り型で受講期限も無制限
  • 転職のノウハウを共有