>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【成功への近道】転職でよくある失敗例7選!失敗しない5つのコツも紹介

「転職で失敗したくない」
「転職での失敗例知りたい」
「転職で失敗したらときはどうすればいい?」

このようにお悩みではないでしょうか。転職は、今後の人生に関わる大きな決断です。転職をしたいと思っても、失敗を恐れてなかなか一歩を踏み出せない人もいるでしょう。転職で失敗しないコツがわかれば、心強いですよね。

そこで、こちらの記事では以下の内容について解説していきます。

  • 転職でよくある失敗例
  • 転職で失敗しないコツ
  • 転職で失敗したときの対処法

転職を考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

転職でよくある失敗例7選とその理由

転職でよくある失敗例を7つ紹介します。

  1. 業務内容が思っていたのと違った
  2. 労働条件が聞いていた内容と違った
  3. 職場の雰囲気が合わなかった
  4. 活躍できると思っていたのにスキルが活かせない
  5. やりたい仕事を優先しすぎて適正を考えなかった
  6. 年収アップを優先して他の条件をおろそかにしてしまった
  7. 社風で選んだがやりがいを感じられない

失敗例を知ることで、どんなことに注意すればよいのかわかるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

1.業務内容が思っていたのと違った

いざ仕事をしてみると「思っていた業務内容と違っていた」という失敗例があります。

特に同じ業界へ転職をする場合「仕事内容に大差ないだろうと」転職先の情報をしっかり調べないと、希望通りの仕事ができなかったという失敗につながります。

求人票に記載されている情報だけで、業務内容を把握するのは不十分です。不明なところは面接の時に質問するなどして、自分が希望している業務ができるかどうか確認しておくとよいでしょう。

2.労働条件が聞いていた内容と違った

労働条件や待遇などで「聞いていた内容と違っていた」と後悔するケースがあります。

業務内容を優先し、労働条件は二の次という方は失敗したと感じることはないでしょう。しかし、給与や待遇などを重視したいなら、入社前に「労働条件通知書」を確認することが必須です。

企業側は採用者に、労働条件をきちんと示すことが労働基準法により定められています。

例えば

  • 週休2日制だから土日休みと思っていたら、シフト制だった
  • 持っているスキルや経験が不足していて、思っていたよりも弓力が低かった

など。入社前に確認を怠らなければ、労働条件で失敗することは避けられます。

3.職場の雰囲気が合わなかった

いざ入社してみたら、職場の雰囲気が合わず「失敗した」と感じることがあります。社風は企業によりかなりの違いがあるので、雰囲気が合わないとストレスが溜まってしまう恐れも。

例えば、

  • 業績を重視するので、出世欲が強い人ばかりの職場
  • 体育系のノリでハキハキしている職場
  • 若者が少なく落ち着いた職場

など、自分の性格と合わない企業を選ばないと、後で苦労します。

しかし、入社前に職場の雰囲気をチェックするのは難しいものです。企業理念や社長のメッセージなどを見てみると、ある程度把握できるでしょう。

また、配属先の年齢層や男女比を聞いておくと、職場の雰囲気をイメージできることもあります。事前に得られる情報は集めておくとよいでしょう。

4.活躍できると思っていたのにスキルが活かせない

持っているスキルや経験を活かして、転職先で即戦力として働きたいと考える人もいるでしょう。しかし、同じ職種であっても業種や会社が違えば、必要とされるスキルは異なります。

即戦力として働くことを目的に転職するなら、企業が求めるスキルをしっかり把握しておくことが重要です。

また、持っているスキルを活かすことだけでなく、転職先で積極的に学び経験を積むのも大切なことです。

5.やりたい仕事を優先しすぎて適正を考えなかった

やりたい仕事が、必ずしも自分の能力に適しているとは限りません。やりたい仕事を優先することは大切ですが、その仕事に就いた時にどんなスキルが活かせるかを考えることも重要です。

転職先では自分の持っているスキルを磨けるのか、もしくは入社後に必要とされるスキルを習得できるのか、しっかり考えてから応募するようにしましょう。

6.年収アップを優先して他の条件をおろそかにしてしまった

転職の目的が年収アップの場合、他の条件をおろそかにして決めてしまうリスクがあります。たとえ給料が良くても残業ばかりだったり、社風が合わなかったりして、また転職を考えることになる可能性も。

年収が高くても、他の条件が悪いと転職に成功したとは言えません。また、初めは給料が少なくても、頑張りが認められればどんどんアップが見込める企業もあります。

年収以外のポイントもしっかりチェックしてから、転職先を決めるようにしましょう。

7.社風で選んだがやりがいを感じられない

社風だけで企業を選ぶと、失敗する可能性があります。前職で社風が合わないという不満から、雰囲気が違う企業であることを重視して転職先を決めることもあるでしょう。

「社風を重視したので業務内容をあまり見ていなかった。やりたい仕事ではないことに後で気づいた」というケースがあります。

社風を重視するのは良いですが、業務内容や待遇などその他の要素もきちんと確認しておくことが大切です。

転職で失敗しない5つのコツ

転職が成功するためには何をすれば良いのか、事前に把握しておきたいですよね。そこでこちらでは、転職で失敗しないコツを5つ紹介します。

  1. 転職すればうまくいくと考えない
  2. キャリアビジョンを明確にする
  3. 転職で何を叶えたいのか優先順位をつける
  4. 自分の市場価値を知る
  5. 業務内容や労働条件などの情報収集を怠らない

転職活動を始める前に、確認してみてください。

1.転職すればうまくいくと考えない

「転職すれば、すべての問題は解決する」と考えると、失敗するリスクが高まります。

転職したい理由や、この先どうなりたいか、目的をはっきりさせておかないと根本的な解決にならないからです。

例えば今の職場がブラックすぎて「早くこの状況から脱出したい」という目的の場合、内定がもらえればどこでもよいという気持ちになる可能性があります。

とにかく今の状況から脱却することを目的にしてしまうと、転職しても「やっぱりうまくいかない」と後悔することになりかねません。

なぜ転職したいのか、しっかり考えてからその目的が叶う企業に転職することが成功するコツです。

2.キャリアビジョンを明確にする

転職する前に、キャリアビジョンを明確にしておきましょう。キャリアビジョンとは、自分が将来なりたい姿のことです。

例えば「3年後にはプロジェクトリーダーになる」「5年後には複数のチームをまとめる力を身につけたい」など。

目標を決めることで、今何をやるべきなのか見えてきます。また、キャリアビジョンを明確にしておくと、面接時にもポジティブな印象を与えられるでしょう。

3.転職で何を叶えたいのか優先順位をつける

転職で叶えたいことは何か、優先順位を決めておきましょう。何を優先するのかを考えることで理想的な求人を探すのに役立ちます。

もし、どう順位づけすればよいのか迷うなら、現在の仕事に対する不満を洗い出すのがおすすめです。

そして、最も改善したいポイントはどこなのかを探ることで、転職先を決める優先順位が見えてきます。

優先順位をつけておくと、いくつか内定をもらったときにどこを選べば希望が叶うのかが明らかになるでしょう

4.自分の市場価値を知る

転職する際は、まず自分の市場価値を知ることも大切です。転職で言う市場価値とは、企業からどれだけ必要とされる人材か、ということです。

例えば営業なら「〇〇エリアで営業成績1位を獲得した」「担当した企業の売上を2倍にした」などの具体的な実績を提示すると、企業も評価しやすくなります。

自分の市場価値がよくわからない方は、転職エージェントに登録し、どんな企業からオファーが来るのか見てみると良いでしょう。

ある程度の年収や業務内容が把握できるので、応募する企業を絞りやすくなります。

また、理想の年収や役職を得るためにどれくらいの経験やスキルが必要なのか、判断できます。

自分の市場価値がわからず高望みすると「なかなか内定がもらえない」という可能性もあるので、転職活動する前に確認してみてください。

5.業務内容や労働条件などの情報収集を怠らない

転職を成功させるには、企業の業務内容や労働条件などの情報は重要です。

求人票に記載されている内容をチェックするのは最低限行うべきですが、疑問点があれば面接時に質問しておくと良いでしょう。

しっかり確認しておかないと、入社後に「思っていたのと違った」と転職に後悔することになりかねません。給与や休日、転勤の有無など必要な情報は入社を決める前に把握しておきましょう。

転職に失敗したときの対処法3選

転職に失敗したとき、そこで諦めるのではなく立て直すことが大切です。こちらでは、転職に失敗したときの対処法を3つ紹介していきます。

  1. スキルアップを図る
  2. 転職保証サービスやエージェントを利用する
  3. 今の職場で実績を積む

転職に失敗したら、他の方法を試してみてください。

1.スキルアップを図る

転職でやってみたい分野に挑戦したい、未経験の仕事に就きたいと考えるなら、まずスキル習得を目指すのがおすすめです。

オンラインスクールなら自宅で勉強できるので、仕事をしながらでもスキルの取得が可能です。

  • 転職したい業種は決まっているがスキル不足
  • 同業に転職したいが、もう少しスキルアップしたい
  • スキルはあるがもっと磨いて給料アップを目指したい

このような方は、転職を考える前にスキルの取得を目指してみるのがおすすめです。

2.転職保証サービスやエージェントを利用する

転職がなかなか決まらないなら、転職保証サービスやエージェントを利用するのがおすすめです。

例えば、転職保証サービスがついたSkill Hacksでは、スキルを習得した後も就職までのサポートを行っています。
自力ではなかなか転職が決まらないという方には心強いでしょう。

また転職エージェントは、あなたの職務経歴や希望条件から最適な求人を紹介してくれるマッチングサービスです。

キャリアアドバイザーからのアドバイスをもらいながら転職活動を行えるので、失敗するリスクが軽減されます。

転職に失敗したなら、方法を変えてみるのも一つの手です。

3.今の職場で実績を積む

今の職場で実績を積むという選択肢もあります。実績や経験年数を重視する企業もあるので、まだ経験が浅いのであれば数年務めてから転職を考えるのも良いでしょう。

衝動的に「転職したい」と思ったのであれば、少し時間が経つことで今の職場の良さを実感することもあります。

今の職場でやり残したことがないか、じっくり検討した上で、転職を考えてみてください。

Skill Hacksなら最速でプログラミング初心者を脱出できる

  • 初心者からWebアプリケーション開発の知識を学べる
  • 無期限の質問サポート付き
  • 買い切り型で受講期限も無制限
  • 転職のノウハウを共有