>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【必見】TikTokを伸ばすにはおすすめ動画の表示が大切!再生回数を増やす5つのポイント

「TikTokをはじめたけどなかなか動画再生数が増えない。」
「動画再生数を増やす方法はあるかな。」
「投稿した動画をバズらせたい。」

こんなお悩みを抱えていませんか。

TikTokを伸ばすために、おすすめ動画に表示されることが重要です。おすすめ欄から多くのユーザーに拡散されて、バズが狙えます。
ところがTikTokのおすすめ表示される仕組みを理解せずに動画を投稿しても、なかなか再生数は増えません。

そこでこの記事では、以下のことについて徹底解説していきます。

  • TikTokでおすすめ表示されるのに必要な要素
  • 動画再生回数を伸ばすポイント
  • 再生回数を伸ばす動画編集方法

本記事を読むことで、TikTokを伸ばす方法がわかります。「TikTokで動画をバズらせたい」と思っている方は、ぜひ最後までお読みください。

TikTokを伸ばすためにはおすすめ動画での表示が大切!必要な要素5つ


TikTokを伸ばすためには、おすすめ動画に表示されることが大切です。視聴者のいいねやコメントなどのリアクションをAIが分析して、反応率が高い動画をより多くのユーザーにおすすめ表示するからです。

そこで、おすすめ動画の表示に必要な要素は、以下の5つです。

  1. 視聴時間
  2. 視聴完了率
  3. いいね数
  4. コメント数
  5. プロフィール表示回数

それぞれ順番に解説していきます。

1.視聴時間

視聴時間が長いほど、おすすめ表示されやすくなります。視聴者が飽きずに楽しんだ目安になるからです。
一方で、動画をみて1〜2秒で離脱される動画は、AIから評価が低くなり、おすすめに表示されません。

2021年からTikTok動画の時間が最大で1分だったところ、3分間に延長されました。

今後ますます、視聴時間におけるAIの評価を考慮する必要があります。ショート動画だけでなく、1〜3分動画の制作も考えて動画投稿しましょう。

2.視聴完了率

視聴完了率が高いほど、おすすめ表示されやすくなります。ユーザーが最後まで飽きずに見終わった基準になるからです。

数秒単位のショート動画は尺が短い分、視聴完了率が高くなります。
なかなか再生数が増えない方は、視聴者が最後までサクサク見れる構成を考えて、動画制作に活かしましょう。

3.いいね数

いいね数が多くもらえると、おすすめ表示されやすくなります。視聴者が面白いと感じたり、共感されたりすると、いいねが貰いやすくなります。

自分の投稿するテーマに合わせたハッシュタグをつけることで、狙っている視聴者層に動画をみてもらいやすくなるので、いいねが付きやすいです。

動画の質も大切なので、いいね数が増えるような魅力的な投稿を心がけましょう。

4.コメント数

コメント数の多さは、おすすめ表示に必要です。手軽に押せる「いいね」と比べると、視聴者の手間を取らせるので、コメントがつく難易度は高くなります。

コメントがつきやすくなるテクニックとして、動画内で感想を求めるやり方があります。視聴者がコメントするまでの心理的ハードルを下げられるからです。

コメント数が増えるような構成を意識して、撮影しましょう。

5.プロフィール表示回数

プロフィール表示回数も、おすすめ表示に必要な要素です。
動画をみてあなたのことに興味をもったユーザーが、他の動画も見ようとプロフィールに飛んでくるからです。

他の動画に、いいねやコメントがもらえたら、過去動画が拡散されやすくなります。

プロフィール表示してもらうには、視聴者が楽しめる動画を作るのが1番です。

TikTokの動画再生回数を伸ばす5つのポイント

TikTokの動画再生回数を伸ばすために、以下5つのポイントを押さえて投稿する動画を作りましょう。

  1. 発信するテーマは1つに絞る
  2. 人気のテーマで発信する
  3. 自分の得意分野で発信する
  4. 動画の量より質を重視する
  5. 動画投稿時間と頻度を統一する

順番に解説していきます。

1.発信するテーマは1つに絞る

発信するテーマは1つに絞りましょう。動画の内容がバラバラだと、フォロワーを伸ばしにくいからです。

たとえば、エンタメ系動画をみてくれた視聴者は、他の動画も気になりプロフィールに飛びます。
投稿履歴に料理動画やダイエット動画など他テーマの発信内容を見たとき、求めている内容と違うと思われたらフォローされません。

ただし、TikTokをはじめたばかりで伸びるテーマが見つかっていない段階では、複数の内容で投稿してみるのはおすすめです。いいね数やコメントがつくテーマがわかったタイミングでテーマを絞ると、効率的にフォロワーを伸ばせます。

発信するテーマは1つに絞って、フォロワーを獲得していきましょう。

2.バズりやすいテーマで発信する

バズりやすいテーマで、発信してみましょう。人気のあるテーマで発信したほうが、視聴者から反応がもらいやすく、動画の拡散が狙えるからです。

以下のテーマは、人気が高くバズも狙いやすいくなります。

  • エンタメ系
  • 学校や日常のあるあるネタ
  • 語学系
  • ノウハウ系
  • 恋愛系
  • お金や投資
  • ビジネス系

お金や恋愛に関するテーマは、誰しもが悩んだことがある内容なので、興味関心の高い分野となります。
エンタメ系やあるあるネタは、視聴者から面白いと思われれば、いいねやコメントなどの反応がもらえるので、大きな拡散を狙えます。

動画が伸び悩んでいる方は、人気のあるテーマで発信してみましょう。

3.自分の得意分野で発信する

自分の得意分野で発信してみましょう。自分の強みをいかせれば、視聴者から興味を引かれ、動画に反応を貰いやすくなるからです。

たとえば、あなたが2ヶ月で10kg痩せた経験をもとに、以下の内容で動画を作ったとします。

  • 10kg痩せたおすすめの食事法
  • 10kg痩せた運動方法
  • ダイエットに挫折しそうになったときにやったこと

これから痩せたいと思っている方にとって、投稿者が痩せた経験をもとに発信した生の情報は1番知りたいもの。
視聴者が投稿をみてファンになってくれれば、フォローに繋がります。

「自分には得意なことがない」という方もいるかもしれません。そんなときは、過去に苦手を克服した経験をもとに動画を作りましょう。
過去に自分が悩んでいたことは、同じように悩んでいる人がいるからです。

自分の得意分野で発信してみて、あなたのファンを獲得しましょう。

4.動画の量より質を重視する

動画の量を増やすより、質を重視して投稿しましょう。魅力的な動画でなければ、動画を最後までみてもらえず、おすすめ表示もされないからです。

毎日投稿される知らない人のVlogをみても、あまり面白くないもの。週1回の投稿頻度でも、みた人が面白いと思える動画の方が最後まで見たくなりますし、動画も拡散されやすくなります。

視聴者が楽しめる内容を1番に考え、質を重視した動画を投稿しましょう。

5.16〜17時に動画投稿する

投稿時間は適当ではなく、最初はなるべく16〜17時しましょう。
動画がおすすめ表示できれば、TikTokのピーク時間に拡散され、バズりやすくなるからです。

TikTokは最初の200再生までに、ユーザーからいいねやコメントなどの反応が多くもらえれば、他のユーザーにおすすめ表示されます。
多くの人がTikTokを見る時間は19〜21時なので、ピーク時におすすめ表示できれば、動画がバズりやすくなります。

16〜17時に動画を投稿して、バズを狙っていきましょう。

再生回数を伸ばすための7つの動画編集方法

動画の再生回数を伸ばすためには、視聴者にとって魅力的な動画を作る必要があります。そこで、再生回数を伸ばすための動画編集方法は、以下の7つです。

  1. 魅力的なタイトルをつける
  2. 縦画面で撮影する
  3. 開始1秒で視聴者の興味を引く
  4. フルテロップを設定する
  5. 人気ハッシュタグを使って発信する
  6. 空白の時間はカットする
  7. 有名な曲を使用する

それぞれ、順番に解説していきます。

1.魅力的なタイトルをつける

作成した動画には、魅力的なタイトルをつけましょう。ホーム画面をみた視聴者が、思わず動画をクリックしたくなるからです。

タイトルをつけるときに有効なテクニックは、以下の方法がおすすめです。

  • タイトルを一目でわかりやすくする
  • 「◯選」などの数字を入れる
  • 「男性限定」など限定感を出す
  • 「今すぐモテたい人必見」など想定読者への呼びかけを入れる
  • 「最新」「速報」などトレンド情報をのせる

実際に読者がクリックしたくなるタイトルになるかは、実践をとおして感覚をつかみます。上記で紹介したテクニックを使いつつ、魅力的なタイトルをつけましょう。

2.縦画面で撮影する

動画は縦画面で撮影しましょう。TikTokの投稿はスマホに合わせた、縦画面に設計されているからです。

視聴者はサクサク動画をみたいと思っているので、わざわざ横画面にしないといけなかったり、画面が小さく途切れていたりすると離脱の原因となります。

動画は必ず縦画面で撮るようにしましょう。

3.開始1秒で視聴者の興味を引く

開始1秒で視聴者の興味を引く構成を意識しましょう。視聴者は動画を1〜2秒見て「この動画つまらなそう」と判断されたら、スクロールされてしまうからです。動画の冒頭で離脱される動画は、AIからの評価が低くなり、おすすめ表示されなくなります。

反対に、最初の1秒で視聴者の興味を引ければ、内容が薄かったり多少の引き伸ばしがあったりしても、最後まで試聴されやすくなります。

開始1秒で視聴者の興味を引く動画を意識して作りましょう。

4.フルテロップを設定する

動画には、必ずフルテロップをつけましょう。通学や通勤の電車など、音声なしでTikTokを利用するユーザーが一定数いるからです。

他にも、動画内容が文字でわかりやすくなるので、視聴時の離脱も防げます。

またテロップをつけるときは、動画の上の方につけることがおすすめです。
ハッシュタグや概要欄と重なる位置にテロップが入ると、動画全体が見づらくなります。

フルテロップを設定し、視聴者から見やすい動画を作りましょう。

5.人気ハッシュタグを使って発信する

人気ハッシュタグを使って発信しましょう。
ハッシュタグ検索で自分の動画が表示されたり、発信するテーマに関心のある視聴者の目に止まりやすくなるからです。

投稿する動画につけるべきハッシュタグは、以下の2つです。

  • トレンドのハッシュタグ
  • 自分の発信するテーマに関連した、総再生回数100万以上のハッシュタグ

人気上昇中のハッシュタグは、ホーム画面のトレンドから見られます。
また人気のハッシュタグは、総再生回数が100万回以上のものを選ぶと、タグ検索の試聴回数を増やせます。

ハッシュタグ検索からきた視聴者は、テーマに関心があるユーザなので、動画にいいねやコメントなどの反応がつきやすいです。
いいねやコメントがつくようになれば、おすすめ表示から動画の拡散が狙えます。

人気のハッシュタグをつけて、テーマに関心のあるユーザーを集めましょう。

6.空白の時間はカットする

空白や不要な間の時間はカットしましょう。
視聴者にとって退屈な時間ができると、動画から離脱されてしまうからです。

無音部分や「えーっと」のような口癖など、視聴者に不要な部分を編集で削除するすれば、テンポよく動画を見られます。
また、開始直後や終了間際は、視聴者が最も離脱しやすい時間です。

動画の開始と終了間際は意識して、無駄な余白を削るようにカットすれば離脱を防げます。

視聴者が動画をサクサク見れるように、空白時間をカットする編集を活用しましょう。

7.有名な曲を使用する

動画に使用する曲は、有名な曲を使用しましょう。音源からの検索流入を狙えたり、楽曲がいいと最後まで聞いてくれる視聴者が増えるからです。

動画内に使用する曲は、以下の2つがおすすめです。

  • 有名ティックトッカーが使っている曲
  • TikTok内で流行っている曲

有名な曲を使用して、楽曲からの検索流入を増やしましょう。

▼無料でビジネス力を飛躍的に高められるLINEマガジン

無料でビジネス力を飛躍的に高められるLINEマガジンは、起業4年で年商10億円を突破した迫 佑樹が、ビジネスのノウハウを紹介する無料のマガジンです。
  • 18歳から起業し、年商10億円を突破
  • オンライン事業をやりながら、飲食店や美容室も成功に導く
  • 不動産6個保有
  • ベンチャー投資家として5社に出資
など、短期間で実績を出したノウハウを、限定コラムや動画という形で配信しています。 ビジネス力を高めたいマーケティングのスキルを伸ばしたいと考えている方は、ぜひ登録を検討してみてください。