>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【完全網羅】TikTokの広告は3種類!費用や運用する3つのポイントなどを徹底解説

「TikTokの広告ってどんな種類があるの?」
「広告を運用してみたいけど費用や効果が気になる!」
「TikTok広告を運用するときのポイントや注意点は?」

と考えていませんか?

近年爆発的な人気を誇るTikTok。その人気さから、広告媒体としての注目も集めています。

ビジネスには欠かせないSNSになりつつあるTikTokですが、どんな広告を運用できるのかは気になりますよね。

そこでこの記事では、TikTokの広告に関して、以下の内容を解説します!

  • 広告の種類
  • 費用
  • TikTok広告のメリット・ポイント
  • 運用する方法

などについて解説します。TikTokで広告を運用したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!

TikTokは広告媒体としても人気?アプリの概要をサクッと解説

TikTokは、15秒〜1分程度の短尺動画を投稿できるSNSです。
様々なBGMやエフェクトを挿入できるなど、手軽に面白い動画を作成できます。

そのポップさや手軽さから、特に10代〜20代前半の若者世代から莫大な人気を集めているサービスです。

ユーザー数が多く気軽に投稿できることから、広告媒体としての注目を高まっています。
実際、多くの企業や個人がTikTokで広告を作成し、運用しています。

TikTokの広告は全部で3種類

TikTokで利用できる広告は、全部で3種類あります。

  1. 起動画面広告
  2. チャレンジ広告
  3. インフィード広告

それぞれの広告について、内容を紹介するので参考にしてみてください!

1.起動画面広告

起動画面広告とは、TikTokを開いたときに表示される広告です。

アプリを開くと、自動で広告が流れてきた経験がある方もいると思います。それが、起動画面広告です。

起動画面広告は、多くのユーザーに視聴されるので製品や会社を認知してもらうのに効果的です。
誰にでも見てもらいやすいので、新たな顧客につながる可能性もあるでしょう。

広告にはリンクが貼れるので、特定のサイトへの誘導もできます。

2.チャレンジ広告

チャレンジ広告とは、ハッシュタグを作成しそのタグに沿った動画を、ユーザーが投稿するスタイルの広告です。

チャレンジ広告では、広告主があるテーマのハッシュタグを作成し、ユーザーに参加してもらうことで、多くの視聴者に届きます。

ユーザー参加型の広告なので、企業とユーザーの距離感が縮まるだけでなく、自然な拡散が期待できるでしょう。

テーマがバズれば多くのユーザーに届くので、広告効果をより高められます。

3.インフィード広告

インフィード広告とは、おすすめ欄に表示される広告です。

TikTokでは、自分がフォローしているユーザーの投稿と、おすすめされている動画が表示されます。

おすすめ欄には、自分の好みやフォローしているユーザーに近い投稿が自動で表示されますが、中には広告も流れてきます。

インフィード広告は、通常の投稿に似た形式で表示されるので、視聴者からは広告と思われにくいのが特徴です。

一般的なSNS広告のスタイルで、TikTokのターゲティング精度を生かして効果的な広告運用が期待できます。

起動画面広告やチャレンジ広告ほどの拡散力はありませんが、予算に合わせて利用できる広告です。

TikTok広告にかかる費用は42万円から

TikTokで広告を出したいけど、どれくらいの予算があればいいか分からないと考えている方は多いですよね。

TikTokでは、最低42万円から広告を運用できます。

これは、通常の投稿に似た形式で表示されるインフィード広告の利用料です。

他の起動画面広告やチャレンジ広告は、利用できるタイミングが限られているため、かなり高額になっています。

  • 起動画面広告:1日1社のみ配信
    相場→約500万円(770円/1,000インプレッション)
  • チャレンジ広告:TikTok公式と打ち合わせし、開催期間を決める形式
    相場→約1,000万円

そのため、安く抑えたいのであれば、インフィード広告がおすすめです。

なお、50万円くらいの広告の場合の獲得できるインプレッション目安は、約60万と言われています。

内容によっても変わりますが、広告が1度閲覧される料金は約0.8円なので、かなりコストパフォーマンスの高い広告です。

TikTokに広告を出す3つのメリット

近年は、TikTokが広告媒体として注目されていて、もはやビジネスに必須なSNSとの認識もされています。

そんなTikTokで広告を運用する大きなメリットは、主に以下の3つです。

  1. 10〜20代にアプローチ可能
  2. 的確なターゲティング
  3. ユーザーの記憶に残りやすい

それぞれのメリットを解説するので、TikTok広告に興味がある方は参考にしてみてください。

1.10〜20代にアプローチ可能

TikTokで広告を運用すると、10〜20代に効率的にアプローチできます。

TikTokユーザーの約4割は18〜24歳の若い世代です。若者にアプローチするのにこれまで最適な媒体はありません。

流行に敏感かつ面白いものを発見したい世代なので、SNSでの情報収集が当たり前になっています。

10〜20代向けのビジネスをしている方や会社は、TikTokを利用すると効率的に広告運用できます。

2.的確なターゲティング

TikTokのターゲティングが的確なのもメリットの1つです。

TikTokは独自のAIで的確なターゲティングを行ってくれるので、より広告の効果を感じやすくなります。

ターゲティングとは、広告を表示させるユーザーの属性を決める作業です。
広告では、適切なターゲティングを行わないと効果を得られません。

その媒体のターゲティング精度に広告効果が左右されることもあるほど、重要な要素です。

TikTokは的確なターゲティングを用意に行えるので、高い広告効果が見込めます。

3.ユーザーの記憶に残りやすい

TikTokの広告は、ユーザーの記憶に残りやすいのも特徴です。

TikTokは、音と映像を使った広告なのでインパクトがあり、記憶に残ります。
さらに、頭に入りやすいポップなBGMやエフェクトがあり、動画が短いので飽きずに広告を視聴可能です。

またスワイプして次々と動画が再生される手軽さと便利さから、ユーザーの滞在時間が長くインプレッションが増えやすいです。

「様々な広告を試したけどあまり効果を感じられなかった」という方は、TikTokを利用してみるといいかもしれません。

TikTokに広告を出す際のポイント3選

TikTokは、ユーザー数や年齢層から広告媒体としても人気です。広告を運用したい企業や個人にとって、利用したいSNSであることは間違いありません。

こちらでは、TikTokに広告を出す際に意識するべきポイントを3つ紹介します。

  1. 広告の目的を踏まえて選ぶ
  2. 費用対効果を考える
  3. 広告予算に合わせて選ぶ

それぞれ解説するので、これから広告を運用しようと考えている方は、参考にしてみてください。

1.広告の目的を踏まえて選ぶ

広告の目的を踏まえて、種類や媒体を選びましょう

単に広告と言っても目的は様々です。集客や商品の紹介、イベントの告知など様々なものがあります。
他にも、ターゲットや条件にも違いがあるでしょう。

そのため、自社の広告を運用する目的に合わせて、広告の種類を選ぶことが大切です。

例えば、大きく認知度をあげたいのであれば起動画面広告、ユーザーに親近感を持ってもらいたいならチャレンジ広告など。

広告の目的を踏まえて手法や媒体を選ぶと、効果的な広告運用ができます。

2.費用対効果を考える

費用対効果をあらかじめ考えておくことも、非常に重要です。
広告を運用する費用に対して、どれだけ利益が得られるのかを判断しておく必要があります。

例えば、広告費用に100万円かけて利益が120万円出る場合と、300万円の費用で600万円の利益が出る広告では、後者の方が費用対効果は高いです。

広告を運用するときは、ただ露出が増える方法を選んでもうまくはいきません。利益を最大化するためにも、費用対効果の高い広告を運用しましょう。

3.広告予算に合わせて選ぶ

広告予算に合わせて種類や媒体を選ぶのも、ポイントの1つです。

どれだけ費用対効果が高い広告でも、予算に見合わないものは運用するリスクがあります。
当然のことではありますが、予算の算出が甘いと赤字になるリスクが高くなるでしょう。

特に、個人で広告を運用する場合は注意が必要です。TikTokなどの広告には高額な費用がかかるので、自分が発信力をつけた方が安くて早い可能性もあります。

広告予算があれば問題ないですが、あまり費用をかけられない場合は、無理をせずに身の丈にあった方法を選びましょう。

個人の方は広告運用よりも先に、初期費用をかけずに行えるアカウント運用がおすすめです。

TikTokの広告を出す方法

TikTokで広告を出したいと思ったとき、どのような方法があるのでしょうか。

基本的な方法は以下の2つです。

  1. 運営に問い合わせる
  2. 代理店に依頼する

詳しく解説していきます。

1.運営に問い合わせる

TikTokの運営に問い合わせると、広告を運用できます。

TikTok For Businessの問い合わせフォームから、会社名やメールアドレス、活用目的などの必要な情報を記載して申し込みを行いましょう。

申し込み後は、メールで案内が来るので指示に従って動けば問題ありません。

非常に簡単に広告の運用を開始できます。

しかし、TikTokの広告は1度割り当てられるとキャンセルができません
途中の修正や打ち切りもできず、キャンセルしたとしても当初の金額が請求されます。

そのため、広告の内容はよく確認してから申し込みましょう。

2.代理店に依頼する

代理店に依頼しても、TikTokで広告を運用できます。

近年ではTikTokの人気に伴い、広告代理店でも広告の出稿を対応してもらえます。
代理店によってはマーケティングの知識が広く、広告運用についてアドバイスしてもらえるケースも。

個人の方は、広告の運用方法から学びたい方は代理店に依頼するのも1つの手です。

▼無料でビジネス力を飛躍的に高められるLINEマガジン

無料でビジネス力を飛躍的に高められるLINEマガジンは、起業4年で年商10億円を突破した迫 佑樹が、ビジネスのノウハウを紹介する無料のマガジンです。
  • 18歳から起業し、年商10億円を突破
  • オンライン事業をやりながら、飲食店や美容室も成功に導く
  • 不動産6個保有
  • ベンチャー投資家として5社に出資
など、短期間で実績を出したノウハウを、限定コラムや動画という形で配信しています。 ビジネス力を高めたいマーケティングのスキルを伸ばしたいと考えている方は、ぜひ登録を検討してみてください。