>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【SNS攻略】TikTokを活用したマーケティング5つの特徴と3つの戦略を徹底解説

「TikTokはマーケティングに有効なのか?」
「どのように活用していけばいい?」
「TikTokを活用したマーケティング事例を知りたい」
こんなお悩みにお答えします。

ショートムービーSNSのTikTokを、企業が集客や広告目的で活用するケースが増えています。
TikTokは使い方次第ではフォロワー数が少なくても動画が拡散されるため、認知度アップや集客手段として非常に有効です。

ところが、どのようにマーケティングをしていけば良いのか、いまいちわからないですよね。

そこで本記事では、以下のことを徹底解説していきます。

  • TikTokマーケティングの特徴
  • TikTokマーケティングの戦略
  • 企業のTikTok活用事例
  • マーケティング成功のポイント

これからTikTokマーケティングを活用して、集客や広告運用してみたいと考えている方は、ぜひ最後までお読みください。

TikTokを活用したマーケティング4つの特徴


TikTokマーケティングには、以下4つの特徴があります。

  1. 広い年代に利用されている
  2. 新規フォロワーを獲得しやすい
  3. 動画投稿のハードルが低い
  4. 参入している企業が少なく先行者利益を得られる

それぞれ、順番に解説していきます。

1.広い年代に利用されている

TikTokは、幅広い年代が活用するSNSです。

サービスが導入された当初は、ダンス動画を中心に10~20代の若い世代に流行っていましたが、現在は30~40代の層にも広く利用されています。

そのため様々なジャンルでの広告効果が見込めるため、多くの企業が参入しているのが現状です。

TikTokの運用目的にあわせたターゲットに向けて、マーケティング戦略を立てることで、大きなリターンを得られます。

2.新規フォロワーを獲得しやすい

TikTokは新規フォロワーを獲得しやすいSNSです。
AIが動画を見たユーザーの反応率を集計して、いいねやコメントなどリアクションがつく動画を拡散します。

さらにフォロワー数0人でも、AIに選ばれた100人のユーザーにおすすめ動画として表示されます

そして最初に表示されたユーザーから、いいねやコメントなどリアクションがもらえると、他のユーザーのおすすめに表示されます。

動画の質によっては、投稿が少なくてもユーザーのリアクションによって拡散され、大きくフォロワーを伸ばすことも可能です。

3.動画投稿のハードルが低い

動画投稿のハードルが低いことも、TikTokの特徴です。YouTubeでは企画を考えて撮影したあと、編集する手間がかかります。

しかし、TikTokは最短15秒から投稿可能で、編集もアプリ内で完結できるので、動画投稿にかかる労力が少なく済みます。

動画投稿のハードルが低いことのメリットは、視聴数を増やすためのPDCAを高速で回せることです。

投稿した動画の反応をみてから、反応率の低いコンテンツの発信内容を変えることで、視聴回数を効率的に増やせます。

4.参入している企業が少ない

日本のTikTokは、2017年にスタートしたばかりのサービスです。
参入する企業は増えているものの、まだまだビジネスとして利用しているアカウントは少ないのが現状です。

そのため、今のうちに自社サービスを宣伝できれば大きな集客を見込めます。

これからSNS集客をはじめたい方は、競合企業が参入する前にTikTokを運用することで、認知度アップとファン獲得ができるでしょう。

TikTokを活用したマーケティング3つの戦略

こちらでは具体的にTikTokを活用した、以下3つのマーケティング戦略について説明します。

  1. 運用型広告を出して商品を販売する
  2. ティックトッカーに商品紹介を依頼する
  3. ビジネスアカウントを運用してフォロワーを増やす

それぞれ、順番にみていきます。

1.運用型広告を出して商品を販売する

運用型広告を出せば、TikTokユーザーに広く商品を販売できます。
広告費用はかかりますが、初動で売り上げを伸ばせることがメリットです。

複数の広告を組み合わせABテストしたあと、費用対効果の高い広告だけを残して運用すれば、コストパフォーマンスの高い宣伝ができます。

運用型広告には、以下3種類の広告があります。

  1. 起動画面広告
  2. インフィード広告
  3. チャレンジ広告

それぞれ解説していきます。

1.起動画面広告

起動画面広告は、TikTok起動時に表示される広告です。
全画面表示されるので、ユーザーへのアピール力が高く、動画の拡散も期待できます。外部サイトへの誘導も可能なので、LPへ直接ユーザーを流すことも可能です。

デメリットは1日に1社までの配信なので、広告の運用コストが高いことです。

2.インフィード広告

インフィード広告は、ユーザーの投稿欄のおすすめに表示される動画です。
他の動画と同じようにおすすめ欄にのるので、ユーザーからは広告だと気づかれにくく、認知度アップが期待できます。

動画内にCTAボタンを設置できるので、問い合わせや商品購入につなげたり自社サイトへの登録を促したりできます。

3.チャレンジ広告

チャレンジ広告はハッシュタグを用意し、タグに沿った動画をユーザーが投稿する参加型の広告です。

たとえば、江崎グリコ「#ポッキー何本分体操」のチャレンジ広告。
ハッシュタグをつけた動画をTikTokに投稿すると、選ばれたユーザーは渋谷の街頭ビジョンやポッキー公式Twitterアカウントで放映されました。

ユーザーが直接企画に参加するので、ファン獲得に繋がりやすく、TikTokの拡散機能を使って広く宣伝できるメリットがあります。

2.ティックトッカーに商品紹介を依頼する

フォロワー数の多いTikTokerに商品紹介を依頼すれば、売り上げアップとともに、企業の認知度向上やイメージアップに繋がります。

また、自社商品やブランドイメージと相性のいいTikTokerに依頼すれば、狙っているターゲットに効率よく宣伝可能です。

TikTokインフルエンサーにも様々なジャンルがあるため、自社の商品販売の最も効果がありそうなフォロワーの多いTikTokerへ打診しましょう。

3.ビジネスアカウントを運用してフォロワーを増やす

ビジネスアカウントを運用すれば、投稿した動画から効率的にフォロワーを増やせます。
個人アカウントにない、ビジネスアカウントのメリットは以下の2つです。

  • アカウントや投稿動画の分析
  • プロフィール情報の追加

投稿した動画を分析して、反応率の高いテーマに絞って発信を続ければ、効率よくフォロワーを獲得できます。

また、プロフィール欄に自社サイトのURLや連絡先など企業情報を載せられるので、興味をもったユーザーと繋がれます。

フォロワーを増やすことで、自社サイトへの登録や問い合わせ、他SNSへの誘導など目的とする集客に活用しましょう。

TikTokを活用したマーケティング5つの成功事例を紹介

こちらでは、実際にTikTokを活用した5つのマーケティング成功事例をみていきます。

  1. コカコーラ
  2. ワイモバイル
  3. クラシル
  4. 長崎バイオパーク
  5. 三和交通

それぞれ、順番に説明していきます。

1.コカ・コーラ

コカ・コーラ社がチャレンジ広告を運用した例です。
リボンボトルのコーラの発売にあわせて、ハッシュタグ「#リボンでありがとう」チャレンジを開催しました。

広告内容は参加者の中から選ばれた人に、クリスマスイブの渋谷スクランブル交差点の野外ビジョンに、撮影した動画が放送されるといったもの。

コカコーラボトルの動画がTikTokでトレンドとなり、大きな宣伝となりました。

2.ワイモバイル

ワイモバイルがチャレンジ広告を運用した例です。
18歳以下を対象にしたワイモバ学割を宣伝するために、動画を投稿した人の中から1名にテレビCM出演権をプレゼントする企画を行いました。

CMへの出演が話題を集め、ダンス動画の総視聴回数が1億回に迫る人気チャレンジとなり、ワイモバイルの認知拡大とサービスの宣伝に繋がりました。

3.クラシル

クラシルはフォロワー数25万人以上の料理レシピ動画サービスで、アプリへの集客のためにTikTokアカウントを活用しています。
簡単に作れる料理動画をレシピとともに投稿し、今にも食べたくなる映像でユーザーを引きつけ、ファン獲得に成功しました。

また、バレンタインなど期間限定イベントにあわせ運用型広告をうまく活用し、フォロワーの獲得やサービスへの登録につなげています。

4.長崎バイオパーク

長崎バイオパークは、動植物園の来場者数アップを目的にTikTokアカウントを活用しています。
園内にいる動物のかわいい動画を上げることで、子供から大人まで幅広い層の来場者の増加につながりました。

また、TikTokerとのコラボ動画で、新規顧客の獲得にも力を入れています。

5.三和交通

タクシー会社の三和交通は、採用活動でTikTokを利用しています。
若手タクシードライバーの人材不足から、TikTok運用を開始し「#踊るおじさん」動画がトレンド入りしました。

新卒採用は運用開始当初に3〜4人だったのが、3年後に20人以上の応募に繋がっています。

TikTokマーケティングを成功させる3つのポイント

TikTokマーケティングを成功させるには、以下3つのポイントを押さえましょう。

  1. ターゲットと成果目標を決める
  2. セールスを抑えてユーザーが楽しめる動画を制作する
  3. 自社サイトやSNSへの誘導に活用する

それぞれ順番に解説します。

1.ターゲットと成果目標を決める

まずは、ターゲットと成果目標を決めましょう。
ターゲットと成果目標が定まらないと、狙った視聴者に刺さる動画が作れないからです。

たとえば、10代や20代のユーザー層には、数万円以上の高額商品よりもお菓子や化粧品など単価の安い商品の宣伝効果が高くなります。
また、初期費用のかからない、無料アプリの登録もおすすめです。

他にも、中小企業が新卒の採用広告としてTikTokを運用するとしたら、社内の様子やスタッフの雰囲気がわかるような動画を撮影すれば、広告費をかけずに自社に興味をもったユーザーを集客できます。

TikTokをはじめる前に、時間をかけてターゲットと成果目標を決め、マーケティング施策に活用しましょう。

2.セールスを抑えてユーザーが楽しめる動画を制作する

TikTokではセールスを抑えて、ユーザーが楽しめる動画を作りましょう。
販売色が強い動画はユーザーから反応が得られず、フォロワーが増えないからです。

TikTokのユーザー層は暇な時間にサクサクとコンテンツを楽しみたい層が多いので、動画内で商品を宣伝しても、あまり反応がなく動画も拡散されません。

投稿する動画はセールスだと気づかせず、見て欲しいターゲットに楽しんでもらうコンテンツを作ることを意識しましょう。
動画にコメントやいいねが増えれば、TikTokのAIに認知され、広く拡散されるのでフォロワーの獲得につながります。

ユーザーが楽しめる動画を作って、フォロワーを獲得していきましょう。

3.自社サイトや他SNSへの誘導に活用する

TikTokを運用して、自社サイトや他SNSへの誘導に活用しましょう。
TikTokは新規フォロワーを獲得しやすいSNSですが、商品を販売するには工夫が必要となります。

そこで、TikTokで集客したユーザーを自社サイトや他のSNSに誘導して、ファンになった顧客に商品を販売する方法が効果的です。
集めたユーザーには、誘導先のサイトやSNSで価値提供できれば、あなたのファンを獲得できます。

ファンになった顧客に自社商品を販売すれば、高い成約率が見込めます。

自社サイトや他SNSへの誘導目的に、TikTokを活用しましょう。

▼無料でビジネス力を飛躍的に高められるLINEマガジン

無料でビジネス力を飛躍的に高められるLINEマガジンは、起業4年で年商10億円を突破した迫 佑樹が、ビジネスのノウハウを紹介する無料のマガジンです。
  • 18歳から起業し、年商10億円を突破
  • オンライン事業をやりながら、飲食店や美容室も成功に導く
  • 不動産6個保有
  • ベンチャー投資家として5社に出資
など、短期間で実績を出したノウハウを、限定コラムや動画という形で配信しています。 ビジネス力を高めたいマーケティングのスキルを伸ばしたいと考えている方は、ぜひ登録を検討してみてください。