>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【知らなきゃ損】YouTubeのサムネイルは超大事!作り方のコツ5つを抑えて再生回数UP

「おしゃれなサムネイルの作り方を知りたい」

「動画の再生回数が伸びなくて悩んでいる」

動画配信をしている方はこのようなお悩みを抱えてはいないでしょうか?YouTubeの運営はなかなか大変ですよね。

特に、サムネイルにこだわりたいけど何から手を付けていいか分からない人も多いと思います。

そこで本記事は、再生回数が伸びるサムネイルのコツを紹介していきます。

なおYouTubeにおいてサムネイルは超重要です!実際に人気YouTuberは、デザイン性の高いものを作っています。人気な動画を作りたい人はぜひ参考にしてみてください。

【再生回数UP】YouTubeで人気になるならサムネイルにこだわろう

冒頭でもお伝えしましたが、YouTubeのサムネイルはとても重要!最初に視聴者の目に入るものだからです。

雑誌で例えると表紙にあたるのがサムネイル。表紙のデザインによっては、購入する本も異なりますよね。

実際、人気YouTuberはサムネイルにこだわっています。こちらはチャンネル登録者数800万人超えのHIKAKINさんのサムネイルです。文字を入れたり画像を挿入したりしており、かなりのこだわりが感じられます。

さらにサムネイルは再生回数にも影響してきます。自分の動画を見てもらうためには、デザインにはこだわるようにしましょう!

なお当メディアが紹介するYouTube Hacksは、人気な動画を配信するためのノウハウを伝授しています。講師はチャンネル登録者数約10万人の現役YouTuber!質問はLINE@でサクッと解決することができますよ。

サンプルの講義動画も用意しているので、興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね。

YouTubeのサムネイルを作る前にしておきたい基礎知識

サムネイルの作り方を解説する前に、知っておくべき基本的な知識を紹介していきます。

【サムネイルの基礎知識】

  • 画像サイズ:2MB 以下
  • ファイル形式:JPG、GIF、PNG、GMP
  • 解像度:1280 x 720(最小幅が 640 ピクセル)
  • アスペクト比(縦横比):16:9

いろいろ記載していますが、とりあえず上記4つのポイントを守ればOKです!

基礎知識を抑えておかなければ、サムネイルの見栄えが悪くなる可能性もあります。十分注意が必要です。

 

また、サムネイルに使用する画像は著作権を侵害しないようにしましょう。著作権のルールはこちらのサイトの記事が役立ちます。

>>【刑事罰も】YouTubeの画像は著作権に注意すべし!動画やサムネイル作成の落とし穴

【要チェック】YouTubeのサムネイルの作り方のコツ5選

お待たせしました!ここではサムネイルの作り方のコツを紹介していきます。

大きく分けると下記4点です。

  1. 動画の内容が一目で分かるようにする
  2. 動画の素材を切り抜いて印象を強くする
  3. インパクトの強いフレーズを入れる
  4. フォント・文字色にもこだわる
  5. 動画ジャンルに合ったサムネイルにする

人気な動画を配信するためにも必ずチェックしておきましょう。

【サムネイル作り方のコツ1】動画の内容が一目で分かるようにする

サムネイルを作る際には、何の動画なのか一目で分かるようなサムネイルを心がけましょう。視聴者に情報が伝わりやすいからです。

例えば、瀬戸康史さんのこちらの動画。ZOZOMATのレビューをしているのだということが分かりますね。さらに「最高でした!」というフレーズがあるため、かなり良いものだということも伝わります。

このようにサムネイルには動画の情報を入れておくと良いでしょう。視聴者が興味のある分野であれば、動画を見てくれる確率も上がります。

【サムネイル作り方のコツ2】動画内の素材を切り抜いて印象を強くする

続いて紹介するコツは、動画内の素材を使用することです。これにより、サムネイルの印象が強くなります。

例えとして、フィッシャーズの動画を挙げてみましょう。こちらのサムネイルにはメンバーがダンクしたときの画像を切り抜いて使用しています。そのため、視聴者に与えるインパクトも強くなっているのです。

このように動画内の素材を使用するのも1つの方法でしょう。

【サムネイル作り方のコツ3】インパクトの強いフレーズを入れる

サムネイルには、キャッチーでインパクトの強いフレーズを入れると良いですね。視聴者が惹きつけられるからです。

こちらも例を挙げてみましょう。たっくーTVれいでぃおさんのこちらのサムネイルは、文字を入力しただけものですがとても目を引きますよね。

インパクトが強いサムネイルだと、ついつい動画も見たくなります

【サムネイル作り方のコツ4】フォント・文字色にもこだわる

サムネイルを作る際には、フォントや文字色にもこだわりましょう。見た目の印象が全く異なるからです。

東海オンエアの2つの動画を例に挙げて説明していきます。

こちらがフォントや文字色にこだわりがないものです。なんとなく「面白くなさそう…」と感じてしまいますよね。

続いて見て欲しいのが下記の動画です。フォントや文字色にもこだわりが感じられますよね!サムネイルのクオリティが高いと動画の内容も期待できます

目立たせたい文字は、赤や黄などの色を使うと良いでしょう。視聴者が思わず目を引いてしまう文字色を心がけるといいですね。

▼YouTuber御用達!おすすめのフォントを解説▼
【YouTuber御用達】おすすめのフォント11選【文字を活用してインパクトUP】 >>【YouTuber御用達】おすすめのフォント11選【テロップやサムネイルのインパクトUP】

【サムネイル作り方のコツ5】動画ジャンルに合ったデザインにする

最後に紹介するのは、動画のジャンルに合ったサムネイルにすること。サムネイルの雰囲気で、動画の中身もなんとなくイメージがつくからです。

例えば、下記のようなに意識すると良いでしょう。

  • エンタメ系:ポップ、明るい
  • Vlog系:スタイリッシュ、おしゃれ
  • ビジネス系:カッチリ、真面目

具体的なサムネイルも紹介していきます。

▼エンタメ系

▼Vlog系

▼ビジネス系

上記のように、見て欲しいターゲットに刺さりそうなデザインを心がけるようにしましょう。

【画像付き】サムネイルの追加・変更方法

ここではサムネイルを変更・設定する方法について解説していきます。

なおYouTubeのサムネイルをカスタマイズするには、アカウントの確認が必要です。設定方法については、公式ホームページを参考にしてみてください。

ここでは、YouTubeアカウントの確認が済んだ後のサムネイル設定方法を紹介していきます。

STEP.1
YouTube Studioに移動する

まずはYouTube Studioに移動しましょう。具体的な方法は以下2点です。

  1. studio.youtube.comに直接アクセス
  2. チャンネルにログイン
    右上のプロフィール写真 を選択
    YouTube Studioを選択します。

下記のような画面になればOKです。

STEP.2
サムネイルを変更・設定したい動画を選択

YouTube Studioにアクセスできたら、「動画」をクリックします。

アクセスすると自分がアップロードした動画の一覧が見れます。ここでサムネイルを変更・設定したい動画を選択しましょう。

STEP.3
サムネイルの変更を行う

サムネイルを変更したい動画の「詳細ボタン」をクリックします。少し分かりにくいですが、ペンのアイコンが目印です。

「サムネイル」という項目から作業を行います。サムネイルをアップロード」から作ったサムネイルを設定すれば完了です!

YouTubeのサムネイルを作るおすすめツール4選

ここではサムネイル作りにおすすめのツールを紹介していきます。以下の4点です。

  1. Photoshop
  2. Keynote
  3. Canva
  4. Pixlr Editor

それぞれの特徴について詳しく紹介していきます。

【サムネイル作りのおすすめツール1】Photoshop

使用可能な端末
  • Windows
  • Mac
料金2,480 円/月
特徴
  • デザイン性が高い
  • 操作に慣れるまで少々大変
  • 使用しているYouTuberが多い(東海オンエア、水溜りボンドなど)

まず紹介するのがPhotoshop(フォトショップ)です。

有償のソフトであるものの、できることのが幅が広いことが特徴。サムネイル作りはもちろんですが、バナーやアイキャッチの作成も可能です。

さらにPhotoshopはAdobe製品です。そのため、Premiere Proを使用している場合は連携することも可能。作業が効率的に進むでしょう。

しかし、Photoshopは操作が少々難しいというデメリットがあります。そのため、慣れるまでは練習が必要です。最近では、Webサイトや本などからノウハウを学ぶことができます。

当メディアが紹介するDesign Hacksは、Photoshopの操作方法も説明しています。動画形式の講座なので、スキマ時間にサクッと勉強することも可能です。さらに分からないことは、講師にLINE@で何度でも質問できます!Photoshopに慣れるまであなたのサポートを行います。

▼Photoshopを独学で学びたい人におすすめの記事▼
【保存版】初心者が0円でPhotoshopを独学マスターする極意を徹底解説 >>【初心者必見】Photoshopの独学は難しい?効率よく学べる2つの方法を徹底解説

【サムネイル作りのおすすめツール2】Keynote

使用可能な端末
  • Mac
  • iPad
料金無料
特徴
  • Macに元々入っているツール
  • Apple Pencilを使えば手書き風のサムネイルも作れる

Keynote(キーノート)は、Macに元々入っているソフトです。Mac版のPowerPointという認識でOK。Windowsでは使用でません。

KeynoteはiPadでも使用することができます。Apple Pencilを使えば、手書き風のサムネイルも作れるでしょう。Mac・iPadユーザーにおすすめのツールです。

【サムネイル作りのおすすめツール3】Canva

使用可能な端末
  • Windows
  • Mac
  • iPhone/iPad
  • Android
料金無料
特徴
  • 会員登録が必要
  • おしゃれなテンプレートが多い

Canva(キャンバ)は、Windows・Mac・スマホから使用できるツールです。

おしゃれでデザイン性の高いテンプレートが豊富なことが特徴。そのため、センスの良いサムネイルが簡単に作ることができます。

基本的には無料で使用できますが、一部のテンプレートは有料です。

【サムネイル作りのおすすめツール4】Pixlr Editor

使用可能な端末
  • Windows
  • Mac
料金無料
特徴
  • 会員登録の必要ない
  • 無料でもできることが多い
  • 知名度が低いため情報が少なめ

最後に紹介するのが、Pixlr Editor(ピクセラエディター)です。こちらのツールも基本的に無料で使用することができます。

画像を明るくする機能もついています。無料ツールではありますが、できることが比較的多いことがメリットでしょう。

しかし知名度が低いソフトのため、情報も少なめです。操作で分からないことがあれば解決できない可能性も高いです。

YouTube Hacksならコンテンツ力を上げるコツを学べる

  • チャンネル登録者数6桁以上の講師から攻略方法を学べる
  • 無期限の質問サポート付き
  • 買い切り型で受講期限も無制限