>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【保存版】サーバーエンジニアになるにはどうしたらいい?5つのロードマップを徹底解説!【現役エンジニア監修】

「サーバーエンジニアになるにはどうすればいいの?」
「ITの知識がないけどサーバーエンジニアになれるのかな?」
「サーバーエンジニアにはどんなスキルが必要なの?」

サーバーエンジニアエンジニアにはなりたいが、なにから学べばいいかわからない方もいるのではないでしょうか?サーバーやネットワークなどの専門的なスキルが必要なので、余計手を付けにくいと感じている方も多いでしょう。

そこで本記事では、サーバーエンジニアを目指す人のためにロードマップを解説します。加えて、必要なスキルや学習方法を紹介!

この記事を読むことで、サーバーエンジニアへの道筋が明確になります!なにから手を付けていいかわからない人は、ぜひ記事を参考にしてみてくださいね。

監修者:平井 隆嗣 システム開発に加えてマーケティングまで対応し、集客や売上に貢献するエンジニア。 開発会社にて4年間の勤務をし、リーダーとして活躍したあとフリーランスとして独立。WordPress導入、デザイン、開発、アプリケーション開発などを幅広く手掛ける。
監修者:迫 佑樹 株式会社SkillHacks代表取締役。大学在学中からプログラミングスキルを身につけ、フリーランスエンジニアとして独立。 自身の経験を活かしプログラミングを教え、その知見からオンラインスクール事業Skill Hacksを運営。そのほか、実店舗ビジネスや知識プラットフォームBrainなどさまざまなビジネス経営中。

【5ステップで解説】サーバーエンジニアになるためのロードマップ

サーバーエンジニアになるためには、なにが必要なのかを理解することが重要です。具体的な道筋を把握することで、やるべきことが明らかになります。

本章では、サーバーエンジニアになるためのロードマップを解説します主に、下記5ステップで進めていきましょう。

  1. 必要なスキルを身に付ける
  2. 資格を取得する
  3. ポートフォリオを作成する
  4. 案件をこなす
  5. サーバーエンジニアにの求人に応募する

ひとつずつ解説します。

1.必要なスキルを身に付ける

サーバーエンジニアになるためには、必要なスキルを身に付けることが大切です。専門的な知識がいるため、インプットに時間を割きましょう。

サーバーエンジニアが必要なスキルは、以下の通りです。

  • コンピューターの仕組みへの理解
  • サーバーOSの知識
  • サーバー設計の知識
  • サーバー運用・保守の知識
  • クラウドサーバーの知識

各項目の内容は「サーバーエンジニアに必要な6つのスキル」で解説します。まずは必要なスキルを身につけて、需要のあるエンジニアを目指しましょう。

2.資格を取得する

サーバーエンジニアを目指すなら、資格を取得しましょう。スキルが身に付いていることを証明でき、就職で有利になるためです。

資格取得を目標にすることで、専門知識の習得への目標が定まるメリットがあります。

サーバーエンジニアでは、以下の資格を取得することがおすすめです。

  • Linux技術者認定試験(LPIC)
  • CCNA
  • CCNP

ただし、目指している企業によって必要なものは異なります。そのため、求人票や募集要項を確認すると良いでしょう。

3.ポートフォリオを作成する

スキルが身に付いてくれば、ポートフォリオの作成に取り掛かりましょう。ポートフォリオとは、スキルをアピールするための作品集のようなものです。

作成するメリットは、企業に実力を評価されやすいこと。提出したポートフォリオが認められれば、就職が有利になります。

実際にサーバーを用いたものを作成しましょう。作る際には、アピールできるポイントを明確にすることがおすすめです。

4.案件をこなす

本格的にサーバーエンジニアとして活動する前に、実際の案件をこなすことをおすすめします。仕事をこなすことで、実務の内容が明確になるためです。

さらに案件によっては、ポートフォリオとして使える場合があります。実績があると、就職に有利に働くのでおすすめです。

サーバーエンジニアの案件は、クラウドソーシングサイトSNSなどを活用して探します。特にクラウドソーシングサイトは、未経験者でも仕事を獲得しやすいので、ぜひ利用してみてください。

案件の獲得方法は「【朗報】サーバーエンジニアでも副業の選択肢は多い!挑戦できるおすすめ5選【現役エンジニアが厳選】」にて解説します。こちらもぜひ確認してみてくださいね。

5.サーバーエンジニアの求人に応募する

サーバーエンジニアに必要なスキルが身に付き就職の準備ができれば、求人に応募します。

なお書類や面接対策も同時におこないましょう。準備不足では、ポートフォリオや実績があっても採用されない可能性があります。

求職者向けに書類・面接対策をおこなう転職エージェントがいるため、利用してみても良いでしょう。エンジニア就職に特化したサービスがあるため、必要なノウハウを学習できます。

サーバーエンジニアの仕事内容4選

サーバーエンジニアを目指すなら、実際どのような仕事をするのか知っておきましょう。

主な業務は以下4点に分けられます。

  1. 設計
  2. 構築
  3. 運用
  4. 保守

各項目を詳しく解説しましょう。

1.設計

サーバー設計は、利用するユーザーの要望に沿ったものを構築するために重要な業務です。サーバーをただ単に構築しても、ニーズを満たせるものはできないためです。

設計業務では、主に下記ポイントを確認します。

  • サーバーの設置台数
  • ネットワーク回線の通信速度
  • 利用電源の容量
  • コストバランス

なおサーバーの設計は、業務のなかでも難易度が高めです。よって、ある程度経験を積んだサーバーエンジニアが仕事を担当します。

2.構築

構築業務では設計業務で作成した設計図をもとに、サーバーを使える状態にします。

例えば以下のような作業を担当します。

  • パソコン機器の設置
  • OSやアプリのインストール
  • ネットワーク回線

サーバーの構築業務で重要なのは、設計図と差異がないようにすることです。もし異なる点があれば、後々トラブルに発展する可能性があります。

3.運用

構築したサーバーの運用も重要な業務です。サーバーが使えなくなっては、ユーザーの業務に支障をきたすためです。

そのためサーバーの稼働状況を常に監視しなければなりません。なお監視業務はサーバーエンジニアではなく、専用のオペレーターがおこなう場合があります。

加えて、サーバーを快適に運用できるようにすることも業務の一環です。例えば、OSやソフトウェアのバージョンアップをおこなったり、不正アクセスから守ったりします。

4.保守

日々の運用業務を行っていても、サーバーが障害を起こす場合があります。そのため、サーバーエンジニアはサーバーの保守をおこないます。具体的には、サーバーのトラブルを解明し、復旧させることです。

なおサーバーの障害は、ユーザーの業務に支障をきたします。そのため、いち早く復旧させなければなりません

サーバーエンジニアに必要な6つのスキル

サーバーエンジニアを目指す人は、必要なスキルを把握しておきましょう。就業前に身に付けておくことで、就職活動が有利になるためです。

サーバーエンジニアが必要なスキルは、以下の6点です。

  1. コンピューターの仕組みへの理解
  2. サーバーOSの知識
  3. サーバー設計の知識
  4. サーバー運用・保守の知識
  5. クラウドサーバーの知識

順番に解説しましょう。専門的な用語が出てくるため、噛み砕いて紹介します。

1.コンピューターの仕組みへの理解

エンジニア未経験者は、コンピューターの仕組みから理解しましょう。

特にネットワーク機器への知識は重要です。サーバーエンジニアは、ユーザーの要望や状況に応じで、必要なネットワーク機器を選びます。

  • ストレージ
  • CPU
  • メモリ

などの知識は、実務でも利用します。

サーバーエンジニアを目指すなら、コンピューターの仕組みをしっかりと理解しましょう。ここがスキルの土台となります。

2.サーバーOSの知識

サーバーOSとは、サーバー向けに設計されているOSのことです。

具体的なものは以下の通りです。

  • Windows Server
  • Linux
  • UNIX

サーバーOSはサーバーを操作する際に利用するため、概要や扱い方の知識が必要不可欠です。

就職する企業や案件によって、使用するサーバーOSは異なります。すべてのサーバーOSを習得する必要はありませんが、主要なものの使い方については把握しておくと良いでしょう。

なおWindows Serverは国内で高いシェアを誇ります。どのサーバーOSを学習するか迷った際には、需要の高いものから勉強することがおすすめです。

3.サーバー設計の知識

サーバーの設計は、キャリアアップの際に必要になる知識です

ユーザーの要望を満たし、快適にサーバーを動かすために、幅広い知識を用いて設計を行います

ハードウェアの知識やソフトウェアの設定方法など、必要になるスキルは多いです。

実務経験を積みながら、徐々に身につけていくことが求められます。

4.サーバー運用・保守の知識

サーバー運用・保守の知識は、就職前にぜひとも身に付けたい知識です。サーバーエンジニアになりたての若手が最初に任される業務だからです。

障害が起きないように監視したり、トラブルを対処したりします。そのため、企業向けの運用方法や監視項目を知っておくことが必要です。

運用や保守の知識は、サーバーエンジニアの実務に直結しやすいスキルといえます。

5.セキュリティの知識

サーバーエンジニアは、セキュリティ対策をおこなわなければなりません。

サーバーには、個人情報や顧客情報など漏洩してはいけない情報が格納されているためです。万が一情報が流出してしまえば、企業は損害賠償や信頼低下などの痛手を負います。

セキュリティは、主に以下の知識をつけましょう。

  • ハッキングなどの外部からの攻撃対策
  • 人的ミスによる社内からの情報漏洩の対策

サーバーのセキュリティを担保することは、サーバーエンジニアの重要な役割です。

6.クラウドサーバーの知識

サーバーエンジニアには、クラウドサーバーの知識が必要です。クラウドサービスを利用している企業が増加しており、需要が高まっています。

代表的なクラウドサーバーは、以下の通りです。

  • AWS
  • Microsoft Azure
  • Google Cloud Platform

特にAWSは、国内でトップシェアを誇るサービスです。クラウドサーバーの知識を身に付けるなら、まずはAWSから学習することをおすすめします。

サーバーエンジニアに必要なスキルを身に付ける方法4選

サーバーエンジニアになるためには、スキルの習得が必要不可欠です。この章では、具体的な学習方法を紹介します。

主に下記4点です。

  1. 本や参考書を読む
  2. Webサイトを活用する
  3. 専門スクールに通う
  4. オンライン講座を受講する

それぞれの方法について、詳しく解説していきます。

1.本や参考書を読む

サーバーエンジニアを目指すなら、本や参考書の活用がおすすめです。順序だてて知識を学習できるため、まったくの知識がない人にも勉強しやすい点が特徴だといえます。

サーバーエンジニアに向けの書籍は非常に多いので、学習する内容をはっきりさせ、自分のレベルにあったものを選びましょう。

購入前には書店で試し読みしたり、レビューを確認したりすることをおすすめします。

2.Webサイトを活用する

Webサイトを活用することで、サーバーエンジニアに必要なスキルを習得できます。

無料で利用できるものがあるため、学習コストを抑えたい人におすすめです。検索するキーワードによっては、自分の知りたいことをピンポイントで調べられるというメリットがあります。

一方、Webサイトは疑問が出てきたとしても質問ができずに解決できないケースが考えられます。個人ブログやYouTubeなどにコメントをしても、返信がないことがあるためです。

そのため、Webサイトは補助ツールとして活用することをおすすめします。

3.専門スクールへ通う

サーバーエンジニアに必要な知識を習得するなら、専門スクールへ通うと良いでしょう。

最大のメリットは、疑問点を講師に質問できること挫折せずに学習を進められます。カリキュラムが組まれているため、効率よく学習できることも利点ですね。

しかし、専門スクールは受講費用が高額です。相場は20〜40万円となっています。近くに教室がなければ、通学がネックになる場合もあるでしょう。

サーバーエンジニアの専門スクールは「【徹底解説】サーバーエンジニア養成スクール5選!選び方を7つの軸で詳しく紹介」にて詳しく解説しています!失敗しないために選び方を紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

4.オンライン講座を受講する

受講費を抑えつつスキルを習得したいなら、オンライン講座がおすすめです。専門スクールよりも受講費が安価な傾向にあります。

加えて、どこかの教室に通う必要はありません自宅やカフェなど好きな場所でサーバーエンジニアに必要なスキルを習得できます。

なおオンライン講座では質問できる回数や期限が決まっているものがあります。そのため、受講する前に確認しておくと安心できるでしょう。

サーバーエンジニアを目指すならAWS Hacksがおすすめです。最大の特徴は、質問を回数や期間の制限なしで受け付けていること。現役エンジニアにLINEで質問できるので、疑問点をすぐに解決できる点が魅力です。サンプル動画を用意しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

AWS Hacksなら最速でプログラミング初心者を脱出できる

  • 初心者からAWSの基礎を学べる
  • 無期限の質問サポート付き
  • 買い切り型で受講期限も無制限