>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【エンジニア必見】JavaScriptの将来性は高い!4つの理由や価値を高める方法を徹底解説

「JavaScriptの将来性や需要は高いの?」
「今からJavaScriptを学ぶのは遅い?」
「優秀なエンジニアになるにはどうしたら良いのだろう」
などの疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

JavaScriptはフロントエンドの開発に欠かせない言語ですが、これから勉強しても使えるのか気になりますよね。

プログラミング学習は時間と労力がかかるので、将来性がある言語を学びたいと思うのは当然でしょう。

結論から言うと、JavaScriptの将来性と需要はとても高いです。現在も人気の言語であり、これからも需要が消える恐れが少ないと言えます。

しかし、なぜJavaScriptの将来性が高いのか理由を理解していないと、価値のあるエンジニアにはなれません。

そこでこの記事では、JavaScriptの概要を始めとして、将来性や需要について解説していきます!

  • JavaScriptの概要
  • 将来性と需要
  • 将来性が高い理由
  • 懸念されるポイント
  • エンジニアとしての価値を高める方法

などを紹介しますので、これからJavaScriptを学ぼうと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

監修者:平井 隆嗣 システム開発に加えてマーケティングまで対応し、集客や売上に貢献するエンジニア。 開発会社にて4年間の勤務をし、リーダーとして活躍したあとフリーランスとして独立。WordPress導入、デザイン、開発、アプリケーション開発などを幅広く手掛ける。
監修者:迫 佑樹 株式会社SkillHacks代表取締役。大学在学中からプログラミングスキルを身につけ、フリーランスエンジニアとして独立。 自身の経験を活かしプログラミングを教え、その知見からオンラインスクール事業Skill Hacksを運営。そのほか、実店舗ビジネスや知識プラットフォームBrainなどさまざまなビジネス経営中。

そもそもJavaScriptとは?概要をサクッと解説

 

まず初めに、JavaScriptの概要について簡単に紹介します。

JavaScriptとは、オブジェクト指向スクリプト言語の1つです。簡単にいうと、Webサイトやアプリケーションを開発するのに使う言語で、Webサイトに動きを付加する役割を担います。

JavaScriptは、HTMLやCSSと組み合わせて使うと、Webブラウザ上で動きのあるページが作成できるのが特徴です。

  • Webサイト
  • Webアプリ
  • スマホアプリ

など、汎用性が高く多くの場面で使用できる言語なので、人気が高まっています。

JavaScriptは、ポップアップウィンドウや入力フォームの確認画面に表示など、フロントエンド(ユーザーから見える場所)の開発や制作に必要です。

そのため、フロントエンドエンジニアの必須スキルにもなっています。

習得しておくことで、様々な場所で利用できるでしょう。

JavaScriptの将来性と需要は高い

気になるJavaScriptの将来性と需要ですが、どちらにおいても非常に高いです。

というのも、JavaScriptは、

  • Webサイト制作
  • Webアプリ制作
  • スマホアプリ制作
  • ユーザービリティの向上
  • フロントエンドのメンテナンス

など、幅広い業務に使われていて、非常に需要が高い言語です。

多くの企業が自社のHPやサービス紹介ページのユーザービリティを向上させたいと考えているので、JavaScriptを扱えるエンジニアを探しています。

また、実際に多くの企業から求められるだけでなく、既存のシステムやサービスはJavaScriptで作られているものが多いです。

そのため、JavaScriptの将来性は高いと言えます。

将来性・需要ともに高い言語なので、これからエンジニアを目指す方やすでに活躍している方は、JavaScriptを習得しておくと良いでしょう。

JavaScriptの将来性が高い4つの理由

こちらでは、具体的なJavaScriptの将来性が高い理由を4つ紹介します。

  1. フロント開発の圧倒的なシェアを占める
  2. 多くのアプリ・サービスに使われている
  3. フレームワークが豊富にある
  4. 学習環境が整っている

1.フロント開発の圧倒的なシェアを占める

JavaScriptはフロント開発の圧倒的なシェアを占める言語なので、将来性が高いです。

フロントエンドのコーディングにおいて、JavaScript以外に選ばれる言語は多くありません。実際にフロントエンドにおいて多くのシェアを占めていて、他の言語に奪われる心配が少ない言語です。

Web制作やアプリ開発のユーザービリティの向上にJavaScriptが必要なので、需要が高く将来性も安心です。

ライバルになりそうな言語も今は多くないため、今後も安定して仕事があるでしょう。

フロントエンドエンジニアを目指す方にとっては、マスター必須の言語です。

2.多くのアプリ・サービスに使われている

JavaScriptは汎用性が高くて使いやすいことから、多くのアプリやサービスに使われています。

すでに多くのシステムに使われている言語は、仮に新規開発の案件がなくなっても、今後もメンテナンスや保守の案件が発生します。よって、突然仕事がないという状況にはなりません。

Webサイトの制作やスマホアプリの開発まで、様々な用途でJavaScriptは使えます。
PHPやRubyなどの需要の高い言語と組み合わせられる特徴もあり、人気が高く多くのシーンで選ばれる言語です。

元から人気で将来性が高いJavaScriptですが、既存のサービスの保守の仕事も絶えないことにより、さらに安定しているといえるでしょう。

3.フレームワークが豊富にある

JavaScriptのフレームワークは豊富に作られているのも、将来性が高い理由の1つです。フレームワークやライブラリは、汎用性の高い機能が組み込まれた「骨組み」のこと。

フレームワークやライブラリが豊富に作られている言語というのは、それだけ多くのエンジニアに支持されています。

実際に多くのサービスに使われていて扱うエンジニアが多くなければ、フレームワークやライブラリは作られません。

JavaScriptは世界中でも多くのエンジニアに支持されていて、様々な現場で使われているので、将来性が高い言語と言えます。

4.学習環境が整っている

学習環境が整っているのも、JavaScriptの将来性が高いと言える理由の1つです。

そもそも学習環境が整っている理由としては、

  • 多くのエンジニアが扱っている
  • 企業が育成に力を入れている
  • JavaScriptの需要が高いと考えられている

などがあげられます。

多くのエンジニアが使用している言語なので、エラーやトラブルの解決策をネットで簡単に見つけることが可能です。また、需要が高いと考えられているので、JavaScriptの学習を手助けするサービスが生まれていきます。

学習環境が整っていると、企業はエンジニアを育成するのが簡単です。

IT業界は深刻な人手不足に陥っているので、多くの企業は自社で人材を育成しやすいJavaScriptで開発を行います。

JavaScriptでの開発が行われると保守や運用の案件が増えてくるので、結果的に将来性が高くなるのです。

JavaScriptの将来性が懸念される3つのポイント

こちらでは、JavaScriptが懸念されている3つのポイントを紹介します。

  1. アップデートが頻繁にある
  2. 環境によっては動かない
  3. テスト運用に労力がかかる

懸念点も把握した上で、将来性について考えていきましょう。

1.アップデートが頻繁にある

JavaScriptはアップデートが頻繁に行われるのが、将来性が懸念される意見の1つです。頻繁にアップデートが行われると、それに伴いエンジニアが対応しないといけません。

機能が追加されたり言語の仕様を変更されたりするので、その度に毎回対応してサービスを運用します。

毎回アップデートの対応を行うのはエンジニアにとって負担になりますし、サイトやサービスの運営者からしてもメンテナンスを増やさなければいけません。

アップデートのたびに、エンジニアを応募するのも負担になるでしょう。

2.環境によって動かない

環境によっては動かないのも、将来性が懸念されているポイントです。

JavaScriptは標準化された言語とは言われているものの、いまだにブラウザによっては動作しない場合や、不具合が起こる可能性があります。

環境によって動かない理由として、アップデートが頻繁なのでブラウザが言語についていけないことがあげられるでしょう。

仮にアップデートのたびに動かなくなってしまってはサービスの運営が行えないので、将来性が懸念されています。

とはいえ、深刻な問題になるレベルで不具合が起こっているわけではないので、そこまで神経質になる必要はありません

3.テスト運用に労力がかかる

JavaScriptの将来性が懸念されている理由として、テスト運用にかかる労力が大きいというのもあげられます。

環境によって動作しない場合などがあるので、テスト運用が大変です。具体的には、ブラウザごとにテストしたりトラブルを探したりするので、通常よりも手間がかかります。

また、記述方法が多いので、ぱっと見でエラー部分が見つかりにくいです。

便利な言語でもありますが、テスト運用の負担が大きいことはエンジニアの不満になっているでしょう。

言語の将来性に左右されないエンジニアになるには

エンジニアとして活躍する上で、言語の需要や将来性に左右されるのは避けたいですよね。

こちらでは、将来性に左右されないエンジニアになるために必要なことを5つ紹介します。

  1. 常に最新情報を勉強する意識を持つ
  2. 需要の高い言語を学ぶ
  3. 実務経験を積む
  4. プログラミング以外のスキルを身につける
  5. 受けた仕事は全力でこなす

それぞれ詳しく確認していきましょう。

1.常に最新情報を勉強する意識を持つ

エンジニアとして言語の将来性に左右されずに活躍し続けるには、常に最新情報を勉強する意識を持つことが大切です。

IT業界は常に新しい情報がアップデートされています。特にエンジニアにおいては、最新のトレンドや有益な情報をキャッチする力が必要です。

時代の流行においていかれないためにも、常に最新情報をキャッチする意識を持ちましょう。

また、常にスキルアップを目指していないと、周りとの差別化がはかれません。新たなスキルを身につけていけば、価値の高いエンジニアになれるので、言語の将来性に左右されません。

オンライン講座などを利用して、常に最新の情報をチェックするようにしておきましょう。

2.需要の高い言語を学ぶ

需要の高い言語を学ぶと将来性に左右されることが少なくなります。

今やプログラミングは、人間が生活する上で必要不可欠な技術です。多くのサービスは身近な物がITの恩恵を受けているので、需要の高い言語を学べば、将来性に悩まされる可能性は減ります。

需要の高い言語というのは、以下のようなものです。

  • JavaScript
  • PHP
  • Ruby
  • Python

IT業界はまだまだ市場が伸びていて、需要の高い言語をマスターしていれば活躍し続けられるでしょう。

3.実務経験を積む

言語の将来性に左右されないエンジニアになるには、実務経験を積みましょう。

エンジニアは実務経験が重要視されるので、フリーランスとして活動したい場合やこれから転職したい方は、企業で3年程度の経験があると単価を上げやすいです。

エンジニアとしての価値が高ければ高いほど、言語の将来性に悩まされません。まずは自分の価値を上げる意識が大切です。

初めからフリーランスの場合でも、多くの案件を受けて実績をつけると価値を高められますよ。

4.プログラミング以外のスキルを身につける

エンジニアとしての価値を高めるという点において、プログラミング以外のスキルを身につけるのも1つの手段です。

言語の将来性に悩んでいるのであれば、他のプログラミング言語を学んだり別のスキルを学んだりすると、さらに価値を高められます。

エンジニアとして活躍したいのであれば、

  • ITスキル
  • コミュニケーションスキル
  • マネジメントスキル

などを学べば、さらに活躍の幅を広げられます。

他にも、SEOやライティングに関するスキルを学べば、サイトの制作からメディアの運営まで行えるでしょう。デザインスキルがあれば、Webサイトの制作を1から全て巻き取れます

様々なスキルを身につけると、将来性に悩まされないエンジニアを目指せますよ。

5.受けた仕事は全力でこなす

受けた仕事を全力でこなすのも大切なポイントです。

どんな仕事を受けたとしても、丁寧に迅速な仕事をこなしていれば、クライアントから信用されます。

仮に、自分が使っている言語の将来性が少なくても、目の前のクライアントから信頼されていれば、プログラマーとしての需要は消えません

クライアントからの信頼を得ていれば、新たな仕事をもらえる可能性もあるので、まずは全ての仕事を全力でこなしましょう。

Front Hacksならフロントエンジニアになる基礎が学べる

  • 実務経験豊富なエンジニアから現場で使える知識を学べる
  • 無期限の質問サポート付き
  • 買い切り型で受講期限も無制限