>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【保存版】実務レベルでJavaScriptを活用するために必要なスキル5選!3つの学習方法を解説

「実務で使えるレベルでJavaScriptのスキルってどのくらい?」
「JavaScriptのスキルを高める方法はあるのかな?」
「実際にJavaScriptを活用した案件はどんなものがある?」

JavaScriptはWebサイトに動きをつけたり、アプリを開発したりするときに使用される言語です。汎用性が高いため、習得を目指している方も多いでしょう。

しかし、実務で使えるレベルのJavaScriptスキルはどのくらいなのか疑問ですよね。学習を始めるなら、具体的な目標を設定しておきたいところ。

そこでこの記事では、実務レベルでJavaScriptを活用するために必要なスキルを解説します。技術を高めるための具体的な学習方法も解説するので、JavaScriptの習得を目指している方はぜひチェックしてみてくださいね!

監修者:平井 隆嗣 システム開発に加えてマーケティングまで対応し、集客や売上に貢献するエンジニア。 開発会社にて4年間の勤務をし、リーダーとして活躍したあとフリーランスとして独立。WordPress導入、デザイン、開発、アプリケーション開発などを幅広く手掛ける。
監修者:迫 佑樹 株式会社SkillHacks代表取締役。大学在学中からプログラミングスキルを身につけ、フリーランスエンジニアとして独立。 自身の経験を活かしプログラミングを教え、その知見からオンラインスクール事業Skill Hacksを運営。そのほか、実店舗ビジネスや知識プラットフォームBrainなどさまざまなビジネス経営中。

【必要なスキル別】JavaScriptエンジニアの実務レベルはどのくらい?

JavaScriptエンジニアが持っておくべきスキルはどのくらいなのか気になりますよね。本章では、必要な知識・技術を紹介しながらJavaScriptの実務レベルを解説していきます。

習得しておきたいスキルは下記5点です。

  1. JavaScriptライブラリ
  2. jQuery
  3. フレームワーク
  4. HTML・CSS
  5. サーバー周りの知識

それぞれの項目について深掘りしていきましょう。

1.JavaScriptライブラリ

JavaScriptライブラリは、他人が書いたソースコードを活用できる仕組みのこと。ライブラリを使用することで、コードの記述を大幅に削減することが可能です。

実務では効率的なプログラミングスキルが求められるため、身に付けておきましょう。

JavaScriptの具体的なライブラリは、次項で紹介するjQueryやReact.jsが挙げられます。

2.jQuery

jQueryとは、JavaScriptのライブラリです。JavaScriptのコーディングをより簡単な記述で表現することを目的で作られました。

jQueryを活用することで、JavaScriptでは数行にわたるコードを1行にできます。実際にJavaScriptとjQueryをセットで使用しているところもあるため、実務レベルのスキルを目指す方は取得しておきましょう。

3.フレームワーク

フレームワークとは、アプリケーションの汎用的な機能が用意された骨組みのことです。ライブラリはソースコードを呼び出すものでしたが、フレームワークは良く利用されるライブラリまでまとめてテンプレート化したもの。

JavaScriptのフレームワークは下記の通りです。

  • Bootstrap
  • Vue.js

コードを書く工数が減るため、効率良くプログラミングを行えるでしょう。

4.HTML・CSS

HTML・CSSとは、マークアップ言語です。主に、Webサイトを構築したり装飾したりする際に使用されます。

JavaScriptはWebサイトに動きを付けられるため、HTML・CSSとあわせて身に付けておくと案件の幅が広がるでしょう。例えば、1からホームページの作成を代行することも可能です。

加えてユーザーが使いやすいデザイン・機能などを学ぶと良いでしょう。

5.サーバー周りの知識

JavaScriptエンジニアには、サーバー周りの知識を身に付けましょう。サーバーサイドの開発が多くみられるためです。

例えば、サーバーサイドの技術で用いられるフレームワークNode.jsの習得をおすすめします。加えて、JavaやPHPなどの言語があると有利に働くでしょう。

JavaScriptスキルを実務レベルまで高めるために知っておきたい3つのポイント

JavaScriptのスキルを高めるためには、ただ単に学習を進めていくだけでは不十分です。この章では、実務レベルまで向上させるための重要なポイントを紹介します。

意識したい項目は主に下記3点です。

  1. 具体的な目標を決める
  2. 実際に制作物を仕上げる
  3. 実際にJavaScriptの案件を受ける

それぞれのポイントについて詳しく解説します。

【JavaScriptの学習で知っておきたいポイント1】具体的な目標を決める

JavaScriptのスキルを高めたいなら、具体的な目標を決めましょう。学習していくモチベーションの維持につながります。

例えば「ゲームアプリを開発すること」を目標としましょう。ゴールが決まっているため必要なスキルが明確になります。またつまずきそうになっても自分を奮い立たせられるでしょう。

JavaScriptでどんなものを開発したいかまで、決めておくことをおすすめします。なお次章ではJavaScriptの具体的な案件を紹介するので、こちらも参考にしてみてください。

【JavaScriptの学習で知っておきたいポイント2】実際に制作物を仕上げる

プログラミングスキルがある程度ついてきたら、システムやアプリなど実際に制作物を仕上げましょう自分で作ったシステムやアプリはポートフォリオになり、案件獲得の際に有利になることも。

マネタイズが上手くいけば、制作物から報酬を得られる可能性もあります。習得したスキルの腕試しとして、オリジナルのものを作ってみましょう。

【JavaScriptの学習で知っておきたいポイント3】実際にJavaScriptの案件を受ける

実際に案件をこなすことで、実務に必要なJavaScriptのスキルがわかるでしょう。クライアントワークを行うため、コミュケーションなどのソフトスキルも身に付きます。

JavaScriptの案件を探すなら、以下の方法があります。

  • クラウドソーシングサイト
  • SNS
  • 知り合いからの紹介

▼JavaScriptを活用した副業を解説▼
【稼げる】JavaScriptエンジニアができる副業の種類と報酬例【仕事の探し方も解説】 >>【稼げる】JavaScriptエンジニアができる副業の種類と報酬例【仕事の探し方も解説】

JavaScriptを活用した具体的な案件4選

JavaScriptを活用した案件を解説します。代表的なものは下記4点です。

  1. フロントエンドの開発
  2. ゲームの開発
  3. スマホ向けアプリの開発
  4. Webシステムの開発

各項目について詳しく解説します。JavaScriptのスキルを高めたい方は、どんな案件があるのかを確認しておきましょう。

【JavaScriptの案件1】フロントエンドの開発

フロントエンドとは、Webサイトやアプリなどでユーザーの目に直接触れる部分のこと。フロントエンド開発は、JavaScriptのなかで最も多いと言われています。HTML・CSSの知識が必要になるため、案件獲得を目指すのであれば習得しておきましょう。

フロントエンドエンジニアを目指すのではれば、当メディアが紹介するFront Hacksがおすすめ。HTML・CSSやNode.js、jQueryなど、フロントエンド開発に必要なスキルを効率良く学習できます。動画形式のオンライン講座なので、仕事で忙しい方にもぴったりです。

【JavaScriptの案件2】ゲームの開発

JavaScriptではゲーム開発案件も見受けられます。主に下記ジャンルのゲームを作成できます。

  • RPG
  • シューティング
  • タイピング
  • ブロック崩し

なおゲーム開発の案件を行うには、図形などのグラフィックを描画できるCanvasを使えるようにしましょう。

【JavaScriptの案件3】スマホ向けアプリの開発

JavaScriptではHTMLと組み合わせることで、スマホ向けのアプリ開発も可能です。スマホにはiOSとAndroidの2種類がありそれぞれに必要なプログラミング言語は異なります。しかし、JavaScriptを利用することでどちらのアプリも開発可能です。

効率良く開発を進めるなら、React Nativeというフレームワークの習得をおすすめします。

【JavaScriptの案件4】Webシステムの開発

Webシステムの開発案件は業務内容が幅広いです。基本的にはサーバーサイドがメインですが、フロントエンドの開発も行います。

Webシステムの開発には、PHPやRubyなどと併用されることが多め。そのため、案件の幅を広げるならJavaScript以外の言語も学習しましょう。

実務レベルのJavaScriptスキルを身に付ける学習方法3選

JavaScriptのスキルを高めるなら、勉強手段にも気を使いたいところ。この章では、プログラミング未経験者でもおすすめの学習方法を紹介します。

具体的には下記3点です。

  1. 書籍を読み込む
  2. プログラミングスクールへ通う
  3. オンライン学習サイトを活用する

深掘りして解説していきましょう。

【JavaScriptの学習方法1】書籍を読み込む

JavaScriptのスキルを向上させたいなら、書籍を読み込み学習しましょう。

本を活用するメリットは、必要なスキルを体系的に学べること数千円で購入できるため、学習コストを抑えられます。

JavaScriptの関連の書籍はいくつか種類があるため、勉強したい内容や目的をはっきりさせると良いでしょう。試し読みしたりレビューを確認したりするのもおすすめです。

【JavaScriptの学習方法2】プログラミングスクールへ通う

プログラミングスクールに通うメリットは、未経験者でも学習しやすいこと。講師に疑問点を質問できるのでスキル向上も見込めます。

ただし、プログラミングスクールは受講料が高額です。スクールにもよりますが、相場は20~30万円となっています。分割払いに対応しているところもありますが、人によってはネックと感じてしまうでしょう。

【JavaScriptの学習方法3】オンライン学習サイト活用する

JavaScriptスキルを効率よく高めたいなら、オンライン学習サイトがおすすめです。プログラミングスクールとは異なり、どこかの教室に通う必要がありません。自宅やカフェなど好きな場所で学習できます。

なおオンライン講座では質問できる回数や期限が決まっているものがあります。そのため、受講する前に確認しておくと安心できるでしょう。

プログラミングの基礎知識を身につけたい方は、当メディアが紹介するFront Hacksがおすすめです。最大の特徴は、現役エンジニアが質問を回数・期間無制限で受け付けていること。LINE @で質問できるので、疑問点をサクッと解決できるでしょう。

Front Hacksならフロントエンジニアになる基礎が学べる

  • 実務経験豊富なエンジニアから現場で使える知識を学べる
  • 無期限の質問サポート付き
  • 買い切り型で受講期限も無制限