>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【損しない】転職におすすめのタイミング5選!年代別や時期別で徹底解説

「転職に適したタイミングが知りたい」
「転職するなら何月がよい?」
「転職に良いタイミングは年代で違うの?」

このような悩みにお答えしていきます。

転職を考えた時、どんなタイミングがよいのか迷う方も多いでしょう。良いタイミングを知らずに転職を進めると、後悔する可能性があります。

転職に良いタイミングを知ってから、活動を始めたいですよね。

そこでこちらの記事では、以下の内容について解説していきます。

  • 【年代別】転職のタイミングと特徴
  • 【時期別】転職するのにおすすめのタイミング
  • 【シーン別】転職を考えるタイミング
  • 転職するタイミングの見極め方
  • 転職を考える前に押さえておきたい3つのこと

転職のタイミングに悩む方は、ぜひ参考にしてみてください。

【年代別】転職のタイミングと特徴

転職にベストなタイミングは、年代によって異なります。こちらでは、年代別に転職のタイミングとその特徴について解説していきます。

  1. 新卒から3年未満の転職
  2. 20代の転職
  3. 30代の転職
  4. 40代以降の転職

ご自身の年代と照らし合わせてみてください。

1.新卒から3年未満の転職

新卒から社会人経験3年未満での転職は「第ニ新卒」と呼ばれます。第二新卒は、一般的な中途採用に比べると、専門スキルは求められない傾向です。

ただし、入社してすぐの転職の場合「長続きしないタイプではないか」とマイナスイメージを持たれる可能性があります。就業期間が短い場合、面接時に「なぜ転職を考えたのか」理由をしっかり答えられるようにしておきましょう。

2.20代の転職

20代で転職を考える人は、他の年代に比べると多い傾向です。社会人経験をある程度積むと「新しいことにチャレンジしたい」「もっとステップアップしたい」と転職を考え始める時期だからです。

もし、同業でのステップアップを考えるなら、今の職場で実績を積んでからの方が、転職がうまくいく確率がアップします。全く新しい分野にチャレンジしたいのであれば、早いうちに転職活動を始めるのがよいでしょう。

3.30代の転職

30代で転職を始めるなら、なるべく早いうちに取り掛かるのがよいでしょう。30歳を過ぎると中堅扱いになるので、年齢が上がるほど必要とされるスキルも高くなるからです。

30代の転職では、マネジメント経験を重視する企業もあります。もし現職で役職につく予定がないのであれば、なるべく早いタイミングで転職を始めたほうがよいでしょう。

4.40代以降の転職

40代以降は、管理職から管理職に転職するケースが多いでしょう。しかし、一般的な求人サイトなどから応募しても、年齢がネックとなり採用してもらえる可能性は低い傾向です。

これまでの経験を活かし転職するなら「転職エージェント」の利用がおすすめです。

転職エージェントは、転職を希望する人と、人材を探す企業の間に入りマッチングさせるサービスです。経歴をしっかり見てもらえるので、年齢で弾かれてしまうリスクは低いと言えます。

【時期別】転職するのにおすすめのタイミング5選

こちらでは、転職におすすめのタイミングを時期別に紹介していきます。

  1. 中途採用の求人が増える2・3月と8・9月
  2. 25歳以下の第二新卒枠なら4月入社を目指す
  3. 在籍中の会社でボーナスが支給された後
  4. 新しい期が始まるとき
  5. ライフイベントに合わせて

転職のベストタイミングを知るための参考にしてみてください。

1.中途採用の求人が増える2・3月と8・9月

企業が採用を考える時期は、一般的に新年度に向けて体制を整える2~3月と、下半期に向けて採用を始める8~9月です。
他の時期に比べて条件の良い求人が公開されやすいのが特徴です。

最も求人が多いのが4月スタートを見据えた2~3月。新卒が入社するタイミングに合わせることで、教育コストを抑えたいと企業が考えるためです。次に多いのが10月入社に向けた8~9月です。

人事異動によりこれまで空きがなかったポジションの募集があることも。

より良い条件の求人が見つかりやすいのが利点ですが、他の求職者も同じタイミングを狙っています。競争率が上がりやすい時期でもあることを把握しておきましょう。

転職のタイミングにこだわりがなく、良い時期に転職したいという方は、求人が増える時期がおすすめです。

2.25歳以下の第二新卒枠なら4月入社を目指す

25歳以下の第二新卒枠なら、4月入社を検討するのが良いでしょう。企業は新入社員を採用するタイミングに合わせて、求人数を多く出す傾向です。

新入社員と同じ研修を受けられるので、しっかり教育を受けられるのがメリットです。同期仲間を作りやすいので、今後仕事を行っていく上でも心強いでしょう。

3.在籍中の会社でボーナスが支給された後

転職のタイミングが合わず、ボーナスをもらえないと「損した」と感じるでしょう。
しっかり受け取ってから退職したいなら、ボーナス支給日まで在籍できるようスケジュールを調整するのがおすすめです。

ただし、他の転職希望者もボーナス支給後のタイミングを狙っています。他の月よりもライバルは多くなると考えておいてください。

4.新しい期が始まるとき

4月に新しい期が始まる企業が多いですが、他の月がスタートというところも少なくありません。狙っている企業が何月決算なのか調べておくとよいでしょう。

新しい期が変わるタイミングに入社できれば、他の新入社員と一生に研修を受けられるメリットがあります。

社員も決算時期が近いときよりもスタート時の方が気持ちに余裕があるので、わからないところを質問しやすいでしょう。

5.ライフイベントに合わせて

ライフイベントに合わせて転職のタイミングを考えるのも、ひとつの方法です。

女性の場合、務めている中で結婚や出産などのライフイベントが入る可能性があります。

例えば「出産したら育児休暇を使って職場復帰したい」という希望がある場合、制度が整っている企業であることが必須です。

もし出産を考えているなら、早めに制度が整った企業に転職することを考えた方が良いでしょう

男性の場合、例えば出産や子育てで出費が増える時期に転職すると、給料やボーナスが下がる可能性があります。

家計に影響が出ないよう、ライフイベントを見据えて転職を考えるなら早めに行動に移したほうが良いでしょう。

【シーン別】転職を考えるタイミング

転職を考えるタイミングは、状況によってもさまざまです。こちらでは、シーン別に前向きに転職を考えるタイミングを4つ紹介します。

  1. より専門性の高い仕事に付きたいと感じたとき
  2. 現在の環境ではこれ以上の経験が積めないと感じたとき
  3. よりやりがいを感じる仕事がしたいと思ったとき
  4. 未経験の仕事に挑戦したいと思ったとき

どんなときに転職を考える人が多いのか、チェックしてみてください。

1.より専門性の高い仕事に付きたいと感じたとき

専門性の高い仕事を目指したいと考えた時、転職を意識するものです。

企業によっては「ジョブ・ローテーション」制を導入し、社員の能力開発やワークギャップを解消するために多くの業務を経験させることがあります。

さまざまな業務を経験できるのは良いことですが、高い専門性を追求したい人にとっては効率的とは言えません。磨きたいスキルが決まっているなら、特定のスキルアップが図れる企業を選んで転職するのがよいでしょう。

2.現在の環境ではこれ以上の経験が積めないと感じたとき

同じ業種で一定期間の経験を積み「現在の職場ではこれ以上経験が積めない」と感じた時、転職を考えるものです。

すでに一定のスキルが身についているので、即戦力を必要とする企業からのニーズを満たせるでしょう。

ただし、同じ業種・職種でも企業によっては業務内容が全く違うことがあります。転職したらどんなスキルを磨いていきたいのか、明確にしてから最適な企業を選ぶことが大切です。

3.よりやりがいを感じる仕事がしたいと思ったとき

やりがいを感じられなくなったと感じたとき、転職を考える人も多いでしょう。やりがいは、人により異なります。

「専門的なスキルを磨いているとき」「成果を認められて評価されたとき」など。
やりがいを感じられなくなると、仕事に対するやる気が削がれて上手く行かなくなる可能性が高まります。

どんなことにやりがいを感じたいのかをはっきりさせた上で、希望が叶う企業への転職をするのがよいでしょう。

4.未経験の仕事に挑戦したいと思ったとき

同じ業界で働いていると、新しい職種に興味を持つことがあります。しかし、全く未経験の仕事に就く場合、年収がかなり下がる可能性があることを考慮しなければなりません。

それでも、どうしても諦めたくない気持ちが強いなら、転職するのもひとつの手です。

転職するタイミングの見極め方

衝動的に「転職したい」と思うこともあるでしょう。しかし、勢いに任せて転職すると後悔する可能性があります。そこで、こちらでは、転職するタイミングの見極め方について解説していきます。

  1. スキルや経験が十分に備わっているとき
  2. キャリアプランとの整合性が取れないとわかったとき

転職するべきか迷う方は、参考にしてみてください。

1.スキルや経験が十分に備わっているとき

転職するとなると、第二新卒を除き即戦力が求められるケースが多いでしょう。そのため、スキルや経験が十分に備わっていれば、同業・同職種への転職に成功しやすいと言えます。

もしスキルや経験不足で、現職でもう少し経験が積めるのであれば、すぐに転職しないほうが良い方向に働く可能性があります。

「今の職場ではこれ以上経験が積めない」と感じるのであれば、まだ十分なスキルが備わっていないとしても転職を考えたほうが良いでしょう。

2.キャリアプランとの整合性が取れないとわかったとき

仕事を行う上で、長期的なキャリアプランを立てることは大切です。キャリアプランをしっかり立てることで、今やるべきことが明確になるからです。

例えば、5年後にはプロジェクトリーダーになって皆をまとめる仕事をしたいと考えた場合、現職では年齢が高い人がリーダーになる制度の職場では夢が叶う可能性は低くなります。

自分のキャリアプランと照らし合わせ、整合性が取れないと感じるのであればすぐ転職を考えてもよいでしょう。

転職を考える前に押さえておきたい3つのこと

転職したいと考えた時、すぐに行動に移すことはよいことです。しかし、見切り発車でスタートし、失敗することは避けたいですよね。

こちらでは、転職を考える前に押さえておきたいことを3つ紹介していきます。

  1. キャリアアップなら経験を積んでからのほうが有利なことがある
  2. 求人に年齢制限を設けている企業がある
  3. 住宅購入を考えている場合ローンが組めない可能性がある

転職活動を始める前に、参考にしてみてください。

1.キャリアアップなら経験を積んでからのほうが有利なことがある

キャリアアップ目的で転職する場合「実務経験3年以上」という条件がある企業もあります。

特に社会人5~6年くらいの人は、実務経験が3年以上あれば、転職に有利です。一定のスキルがある上、今後育てていける人材だからです。

同業でキャリアアップを考える場合、現在の会社でもう少し経験を積んだほうがよい方向に働くことがあるので、転職を焦らないほうが良いでしょう。

希望する職種に、どんな人材が求められるのかリサーチし、経験を積むべきか転職するべきか見極めるのがおすすめです。

2.求人に年齢制限を設けている企業がある

転職したいと思っても、年齢によっては難しいケースがあります。なるべく若い人材を教育したいと考える企業の場合、ある程度年齢がいっている人が採用される可能性は低いでしょう。

企業では、24歳・29歳・34歳を採用基準の節目としていることが多く、年齢により求められる経験やスキルは異なります。

特に未経験の仕事に挑戦したいと考える場合、キャリアが求められる30代後半以降の人は転職が困難になることが予想されます。

どうしても諦められない場合は、志望動機をアピールしたり、関連する資格を取ったりして前向きな姿勢を見せると良いでしょう。

3.住宅購入を考えている場合ローンが組めない可能性がある

もし、住宅の購入を考えているなら転職の時期に注意が必要です。転職してすぐに住宅ローンを組もうと思っても、勤続年数が浅いことを理由に断られる可能性があるからです。

どうしても転職したいなら、現職を退職する前に金融機関などに相談しておくのがおすすめです。

Skill Hacksなら最速でプログラミング初心者を脱出できる

  • 初心者からWebアプリケーション開発の知識を学べる
  • 無期限の質問サポート付き
  • 買い切り型で受講期限も無制限
  • 転職のノウハウを共有