>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【重要】フリーランスの名刺に必要な5つの項目と注意点を徹底解説

「フリーランスの名刺の作り方がわからない」
「名刺を作るときの注意点は?」
「どんな項目を入れればいい?」

と考えていませんか?

フリーランスにとって名刺は、自分の名前や事業内容をアピールする重要なアイテムです。
名刺を渡しておくことで、後日相手に思い出してもらい、仕事に繋がる可能性が高まります。

特にまだフリーランスとしての実績が少ないときは、有効な武器にもなるでしょう。

しかしフリーランスの名刺にはいくつか注意点があります。トラブルにつながらないためにも、この記事でお伝えするポイントを意識してみてください。

  • フリーランスの名刺に必要な項目5つ
  • 注意点や作成方法

この記事を読むことで、フリーランスの名刺に必要な情報が理解できるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

フリーランスの名刺に必要な項目5つ

フリーランスの名刺に必要な項目5つを紹介します。

  1. 屋号や名前
  2. 職業や資格
  3. メールアドレス
  4. サイトやSNSのURL
  5. アピールポイント

最低限必要な項目をまとめたので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

1.屋号や名前

屋号とは、個人事業主やフリーランスが持つ事業の名称のことを言います。
法人でいうところの会社名にあたるため、どんな仕事をしているか、はっきりとわかるものが良いでしょう。

例えばデザイナーであれば、本名以外にも「〇〇デザイン事務所」などの屋号があればわかりやすいです。

フリーランスは、名刺をみただけで何を専門にしているかを分かりやすく伝える必要があります。

屋号があることで、取引先に覚えてもらいやすくなるため、非常におすすめです。

2.職業や資格

フリーランスの名刺を作る上で、職業や資格は非常に重要です。

名前や屋号だけでは、何を行なっているかわからない場合もあるため、職業を詳しく書き込んでおくことで、仕事にもつながりやすくなります。

この項目は最も丁寧に、相手に伝わるように記載しましょう。
また、資格を持っている人は一緒に記載しておくことで、信憑性も上がります。フリーランスの名刺で資格を記載するメリットは以下の通りです。
  • スキルを証明できる
  • 案件を獲得しやすくなる
  • 信用が得られる

専門的なスキルがあっても、言葉だけではなかなか伝わりにくいです。しかし名刺に記載されていれば、証明にもなるため、取引先や企業からの信頼も得られます。

3.メールアドレス

基本的に相手とはメールアドレスを使って連絡することが多くなります。

よってメールアドレスは必ず載せておきましょう。フリーアドレスでも問題はないですが、できれば独自ドメインをとった方が信頼性は高まるため、おすすめです。

独自ドメインでは、自分の名前やサービス名などを指定できます。よって取引先に覚えてもらいやすくなる点も大きなメリットと言えるでしょう。

独自ドメインの取得費用は年間1,000円ほどであるため、そこまで高額ではありません。

事業経費と考えればメリットの方が多いため、フリーランスの方は独自ドメインを取得することをおすすめします。

4.サイトやSNSのURL

仕事で運用しているサイトやSNSがあれば、名刺に記載しておきましょう。

現在はSNSのプロフィールが名刺代わりになるケースもあります。
実際に会って話すのは初めてでも、SNSでは会話したことあるかもしれません。

フォロワーが多かったり、SNSに実績を多く記載していたりするのであれば、フリーランスとして活動する上で武器になるため、おすすめです。

また、フリーランスの名刺はわかりやすくみやすいデザインが好ましいため、QRコードにしておくと良いでしょう。

QRコード作成サイトなどで、簡単にURLを画像にできます。方法としては「さっそく作る」の部分にURLを貼り付けるだけです。

サイズや色、ファイル形式など、カスタマイズできるため、名刺のデザインに合わせましょう。

5.アピールポイント

フリーランスとして名刺を作る際には、アピールポイントも入れておきましょう。

必ず入れなければいけない項目ではないですが、自分の武器を名刺に記載することで、仕事につながる可能性も上がります。

例えば、クリエイター系の仕事をしていく人であれば、イラストや写真、デザインなどの作品を名刺に載せることで、スキルをアピールできます。

文字だけの名刺では、ほかの名刺に埋もれてしまうため、イラストや写真を入れることで、人の目を惹きつけられるでしょう。

名刺に直接載せるのが難しいアピールポイントであれば、先ほどと同様にQRコードにして載せておきましょう。

他にも名刺の端に切り絵を行なったり、紙質にこだわったりと、紙自体に工夫を施してみるのもインパクトが生まれます。

フリーランスの名刺を作成する注意点5つ

フリーランスの名刺を作成する注意点5つを紹介します。

  1. 住所や電話番号は載せない方が良い
  2. 文字の大きさやふりがなに気を付ける
  3. 余白を使って見やすいデザインにする
  4. カラーやフォントを統一する
  5. サイズは55×91㎜で制作する

フリーランスにとって名刺は、自分のスキルをアピールしたり、取引先に覚えてもらったりと非常に重要なアイテムです。

フリーランスの名刺は、氏名や住所を記入して印刷すれば良いと言うものではありません。気をつけなければトラブルにつながる可能性もあります。

この章でお伝えする注意点を意識しておくことで、名刺作りや仕事がスムーズに進むでしょう。
ぜひ最後までチェックしてみてください。

1.住所や電話番号は載せない方が良い

フリーランスを始めたばかりの時や、職業によっては、自宅で仕事をする人も少なくありません。

一人暮らしの人もいれば、家族と同居の人もいます。よって、名刺に住所や電話番号を載せるのは避けた方が良いでしょう。

会社員であれば会社の住所を載せられますが、フリーランスはそうはいきません。見ず知らずの人に個人的な電話番号や住所を教えてしまっては危険です。

住所を知らせる時は、郵送物が必要な時だけにしておきましょう。

2.文字の大きさやふりがなに気を付ける

フリーランスとして名刺を作る際は、文字の大きさに気をつけましょう。

せっかく名前や職業を提示する名刺の文字が小さくて読めないと、読むことを諦められてしまうこともあります。

相手が後から仕事を頼む際に、自分の名刺はスキップされてしまうため、ビジネスチャンスを逃しやすくなります。

おすすめフォントサイズは以下の通りです。

  • 名前や屋号名:16〜17pt
  • 肩書き:9pt
  • SNSやメールなどの連絡先:8pt

他にも自分の名前や屋号などで、難しい漢字や英文がある場合は、必ずふりがなをふることをおすすめします。

自分の名前も覚えてもらいやすくなるため、文字は大きく、ふりがなをふって作成しましょう。

3.余白を使って見やすいデザインにする

見やすい名刺を作成する際は、余白の割合が大切です。

自分の名前や屋号、仕事の詳細をアピールしたいあまり、情報を載せすぎてしまうと、名刺が文字で埋まります。

文字での情報量が多い分、文字が小さくなったり余白がなくなったりして、見づらい名刺になるため注意しましょう

名刺には以下の情報だけにして、簡潔にまとめてみてください。

  • 屋号や名前
  • 職業や資格
  • メールアドレスやSNSのURL
  • アピールポイント

余白が多いと綺麗に見えるだけでなく、デザイン性も評価してもらえます。不安な人は知人やフリーランス仲間に見せて、第三者からの意見をもらうと良いでしょう。

4.カラーやフォントを統一する

名刺を作る際は、カラーやフォントを統一しましょう。

多くのフォントを使いすぎると統一感が薄れてしまいます。
伝えたいことがわかりにくい名刺になってしまうため、使用するフォントは1〜2種類に絞りましょう。

和風や上品なデザイン、手書き風など、仕事の方向性に合わせて適切なフォントでまとめることをおすすめします。

他にも文字の邪魔にならない程度であれば、イラストや装飾を入れるのも手です。

同時にフリーランスとしてのロゴを作成しても良いでしょう。

5.サイズは55×91㎜で制作する

日本で一般的に使用されている名刺は、サイズ規格4号と呼ばれるもので、大きさは、55×91mmです。

他の名刺と大きさを変えてしまうと、受け取った相手が保管に困ったり、紛失したりするリスクが高くなります。

特に大きい場合、名刺ケースやファイルに入らず、そのまま捨てられてしまう可能性も否めません

特別な理由がない限りは、仕事を円滑に進めるためにも、91×55mmで作成すべきです。

フリーランスの名刺を作る3つの方法

フリーランスの名刺を作成する際の注意点を5つ紹介します。

  1. llustratorなどを使って自分で作る
  2. 業者にまとめて依頼する
  3. クラウドソーシングで依頼する

では、それぞれ確認していきましょう。

1.Illustratorなどを使って自分で作る

デザインが得意な人は、Illustratorなどのソフトを使って、自分で作ることがおすすめです。

Illustratorは有料ですが、Canva(キャンバ)などの無料名刺作成ツールを使えば、誰でも簡単にオリジナリティ溢れる名刺をオンライン上で作成できます。

自分で作成する分、デザイン費用を節約可能です。

2.業者にまとめて依頼する

最もポピュラーな方法が、印刷業者にまとめて依頼する方法です。
作成から印刷までを一貫している業者も多いため、非常にスピーディに作成できます。

デザインは自分で初めから作ったものを入稿する方法と、業者のテンプレートを使う方法があります。

モノクロ片面で100枚印刷する場合の相場は1,000円〜1,500円前後になるため、そこまで高額ではありません。

3.クラウドソーシングで依頼する

デザイナーに依頼して、クオリティの高い名刺が欲しいという人は、クラウドソーシングなどで依頼するのもおすすめです。

フリーのデザイナーへ依頼する場合は5,000~3万円程度が相場です。

デザイン会社やプロに依頼する場合は3万円~10万円ほどかかりますが、要望が細かい場合や、有名なデザイナーへ依頼したいという人には向いています。

▼無料でビジネス力を飛躍的に高められるLINEマガジン

無料でビジネス力を飛躍的に高められるLINEマガジンは、起業4年で年商10億円を突破した迫 佑樹が、ビジネスのノウハウを紹介する無料のマガジンです。
  • 18歳から起業し、年商10億円を突破
  • オンライン事業をやりながら、飲食店や美容室も成功に導く
  • 不動産6個保有
  • ベンチャー投資家として5社に出資
など、短期間で実績を出したノウハウを、限定コラムや動画という形で配信しています。 ビジネス力を高めたいマーケティングのスキルを伸ばしたいと考えている方は、ぜひ登録を検討してみてください。