>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【独立】フリーランスの働き方とは!7つの事例や向いている人を徹底解説

「フリーランスとして働きたいけど難しそう」
「フリーランスの働き方がわからない」
「自分も独立して働けるのか」
と考えている人も多いのではないでしょうか。

フリーランスは、企業や組織に属さずに働く人のことです。フリーには「拘束されない」と言う意味もあります。
会社員とは違い、自分で仕事を獲得したり、自分のブランドを企業に売り込みに行ったりしなければなりません。

独立にあこがれがあるものの、どのように進めていけば仕事が獲得できるのかは気になるポイントですよね。

そこでこの記事ではフリーランスについて以下の点を、わかりやすく解説しています。

  • フリーランスの働き方7例
  • 向いている人の特徴
  • フリーランスとして充実させて働くポイント

この記事を最後まで読むことで、フリーランスとしての働き方が分かるだけでなく、自分が向いているかと言う点や、充実させるコツも詳しく理解できるでしょう。

ぜひ最後までチェックしてみてください。

フリーランスとは企業や組織に所属しない働き方

フリーランスとは企業や組織に属さずに仕事をこなす働き方です。

企業に属している会社員の場合は、仕事の対価として毎月「給料」をもらいますが、フリーランスの場合は、1つの仕事ごとに「報酬」をもらいます。

よって継続的な契約がない限り、毎月安定した金額が入ってくるわけではありません。

仕事が与えられる会社員とは異なり、フリーランスは自分で仕事を獲得する必要があるため、営業力やコミュニケーション能力が重要です

またフリーランスの場合は仕事だけでなく、経理や税務面の管理もすべて自分で行います。

企業に属さないため自由ではありますが、一方で業務量が多くなるのも、フリーランスの特徴です。

フリーランスの働き方7例

フリーランスの働き方7例を紹介します。

  1. ライター
  2. デザイナーやイラストレーター
  3. 動画編集者
  4. システムエンジニアやプログラマー
  5. マーケター
  6. カメラマン
  7. アフィリエイター・ブロガー

フリーランスに明確な定期はないため、企業に属さずに名乗った瞬間からフリーランサーです。

この章では特にフリーランスが多い職業をまとめました。どういった働き方をしようか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

1.ライター

ライターとは、依頼された内容に合った文章を書く仕事です。ライターが書く媒体は、主に以下の通りです。

  • 書籍
  • 雑誌
  • フリーペーパー
  • ニュースサイト
  • 企業のオウンドメディア

昔は紙媒体が中心でしたが、最近はWeb媒体の仕事が増えており、アフィリエイトサイトやブログを代筆するような仕事が多いです。

必要な知識や技術が少ないため、文章力があればすぐにデビューできます。

しかし、単純に文章を書けば良いと言うわけではなく、読者が理解できるよう日本語作成能力が高くなければいけません。

情報をわかりやすく読者に伝えるための文章を作成することが、ライターの主な仕事です。

2.デザイナーやイラストレーター

デザイナーには以下のようにさまざまな種類があります。

  • Webデザイナー
  • グラフィックデザイナー
  • 3Dデザイナー

WebデザイナーはWebサイトのデザイン、グラフィックデザイナーは雑誌や新聞の広告やポスターなどのデザインを行う仕事です。

IllustratorやPhotoshop、3Dデザイナーであれば、グラフィックソフトなどを使って制作を行うため、ツールを使用する高いスキルが求められます。

また、ソフトのスキルだけでなく、デザインする力や発想力、頭にあるアイデアを絵やイメージに起こす画力も必要です。

イラストレーターの主な仕事内容は、クライアントの依頼に応じてイラストを提供することであるため、自分の好きな絵を描けば良いというわけではありません。

元々デザインすることが得意な人や、芸術系学校に行っていた人は特に向いていると言えるでしょう。

3.動画編集者

動画編集者とは、撮影した映像や音声をネットに公開するために編集する人のことを言います。

動画の需要は年々高まっているため、非常に人気な職業です。

動画編集者と聞くと、YouTubeに投稿する動画と考える人も多いですが、他にも広告や研修用の動画を作成する仕事もあります。

例えば動画の前や途中で流れるストリーム広告や、Webページを見ていると途中で流れるインリード広告です。

  • カット
  • テロップの挿入
  • 効果音やBGMの挿入
  • サムネイルなどの画像編集

などの技術を用いて、クライアントのニーズにあった動画を作成します。

4.システムエンジニアやプログラマー

システムエンジニアとは、その名の通りシステムの設計図を作る人のことを言います。

一般的にSEと略され、以下のジャンルがあります。

  • サーバー系
  • ネットワーク系
  • クラウド系
  • セキュリティー系
  • アプリ開発

専門的なスキルが必要な分、需要が高く人気のプログラマーだと、月に200万円の案件を請けることもあります。

仕事に就くまでの学習期間は長いですが、スキルを身につけると長く活躍できる仕事です。

5.マーケター

マーケターとは、商品やサービスを売るための仕組みを作る人のことを言います。

商品やサービスの価格、ターゲットを決めて宣伝の方法を考え、売り上げに貢献する仕事です。

マーケターの中でも、ネット上で商品を売る仕組みを作る「デジタルマーケティング」と、ネット以外の事業に関わる「オフラインマーケティング」があります。

マーケターに必要なスキルは以下の通りです。

  • 市場調査を積極的に行う行動力
  • リサーチ力
  • 結果の分析力
  • プレゼン能力
  • コミュニケーション能力

「トレンドを把握する情報収集が得意」という方に向いています。

6.カメラマン

カメラマンは、プロ、アマチュアを問わずに、その名の通り写真や動画を撮る人のことを言います。

フリーランスとしてカメラマンになるには、常にニーズがある企業や人をリサーチしなければなりません。

また、写真の中でも自分が得意なジャンルを極め、売り込みに行く営業力も必要です。

カメラマンのジャンルは以下の通りです。

  • 広告・出版カメラマン
  • 報道カメラマン
  • 水中・スポーツカメラマン
  • スタジオ・芸術家カメラマン

写真が好きな人や、コミュニケーションを苦に思わない人には向いているでしょう。

7.アフィリエイター・ブロガー

アフィリエイターやブロガーは、自分で書いた記事に広告を貼り、紹介報酬を得る仕事です。

自分が使っててよかった商品やサービスを紹介するなど、非常に多くのジャンルが存在します。

人気のメディアを作ると、月1000万円以上稼ぐことも夢ではありません。

ただし稼ぐまでには時間がかかり、最初は1年以上無給で記事を書き続ける可能性も十分ありえます。

いきなり独立するには不向きですが、将来大きく稼ぎたいのであればチャレンジしてみる価値のある仕事です。

フリーランスの働き方が向いている人の特徴5つ

フリーランスの働き方が向いている人の特徴5つを紹介します。

  1. 時間や金銭の管理能力が高い人
  2. 仕事とプライベートをきっちり分けられる人
  3. コミュニケーション能力が高い人
  4. 黙々と一人で仕事ができる人
  5. 今の日常や自分を変えたい人

それぞれ確認していきましょう。

1.時間や金銭の管理能力が高い人

フリーランスになると、自分で仕事の時間や給料を決めます。
会社員とは異なり自由にできる分、オンオフの切り替えや、管理能力が必要です

収入も不定期になるため、しっかり自分を管理し、切り替えができる人ほどフリーランスに向いていると言えるでしょう。

反対に経費や収入を把握し、節約や費用計算ができないと言う人は、フリーランスとしてのスタイルを成立させにくいです。

2.仕事とプライベートをきっちり分けられる人

フリーランスでは、働けば働く分収入になります。
「毎日働かなければ」と、休みがなくなってしまった結果、体調を崩しては意味がありません。

反対に会社に行く必要がないため、毎日ダラダラと休みがちになってしまうケースもあるでしょう。

休むときは休み、働くと決めた日はしっかり働く、と言う流れができる人は向いています。

3.コミュニケーション能力が高い人

仕事内容によっても異なりますが、フリーランスは自分が持っているスキルだけでなく、営業力も必要です。

交流会やオフ会などで、他者とのコミュニケーションを上手くできる人ほど仕事にもつながりやすくなるため、必須項目と言えるでしょう。

より有利な仕事を得るためにも、渡り歩くための交流術はとても大切です。

4.黙々と一人で仕事ができる人

フリーランスは個人で仕事を請け負います。
ほとんどの場合はすべて一人で行うことが多いため、一人で仕事をしても苦ではないという方は向いています。

「会社に行ってチームで動くよりも、個人で黙々と作業したい」という方には、快適な環境と言えるでしょう。

5.今の日常や自分を変えたい人

毎日電車に乗って出勤し、遅い時間に帰って寝ると言う日常から抜け出したいと強く感じている人は、フリーランスに向いています。

いつもの生活に飽きた、変えたいと思っている人は、働き方を見直す時期かもしれません。

選択肢を増やすと考えて、ぜひ検討してみてください。

フリーランスとして充実させて働くポイント3つ

フリーランスとして充実させて働くポイント3つを紹介します。

  1. 実際に成功している人を参考にする
  2. スキルを掛け合わせて活動する
  3. SNSや教材などで勉強する

ぜひ最後までチェックしてみてください。

1.実際に成功している人を参考にする

実際にフリーランスとして成功している人を参考にするのもおすすめです。

アドバイスをもらったり、話を聞いたりすることで、成功までのヒントを得られます話を聞くには以下のツールやサービスを利用してみましょう。

  • TwitterなどのSNS
  • オフ会
  • オープンチャット
  • オンラインサロン

一人では壁に当たって挫折することも多いです。実際に人に聞くことで、素早く解決できるためおすすめです。

2.スキルを掛け合わせて活動する

フリーランスとして成功するためには、スキルを掛け合わせる必要があります。

例えばカメラマンとして活躍していきたい場合、フリーランスの場合は自分で売り込みに行かなければなりません。

よってカメラのスキル以外にも流行を掴む力やクライアント対応、営業力が求められます。

高収入を得るためには、様々なスキルを鍛えて掛け合わせましょう。

3.SNSや教材などで勉強する

今はSNSやネットなどで、様々なことを勉強できます。

教材では、専門分野の知識はもちろん、稼ぐまでのステップも細かく理解できるため、参考にしてみましょう。

中には無料で公開されているものも多く、初学者向けからプロ向けまでの内容が記載されています。

YouTubeなどのSNSでは、ほとんど無料公開されているため、参考にしてみましょう。

▼無料でビジネス力を飛躍的に高められるLINEマガジン

無料でビジネス力を飛躍的に高められるLINEマガジンは、起業4年で年商10億円を突破した迫 佑樹が、ビジネスのノウハウを紹介する無料のマガジンです。
  • 18歳から起業し、年商10億円を突破
  • オンライン事業をやりながら、飲食店や美容室も成功に導く
  • 不動産6個保有
  • ベンチャー投資家として5社に出資
など、短期間で実績を出したノウハウを、限定コラムや動画という形で配信しています。 ビジネス力を高めたいマーケティングのスキルを伸ばしたいと考えている方は、ぜひ登録を検討してみてください。