>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

集客対策5ステップ!マーケティングとの違いや集客方法14選も解説

「すぐにできる集客対策が知りたい」
「マーケティングのアイデアや考え方を学びたい」
「どの集客方法が自分に合っているかわからない」

このような悩みを抱えていませんか?

集客はオンラインでもオフラインでも売上に直結するので、自分のビジネスに合わせて効果の高い施策を選ぶことが大切です。
ところが集客の方法を知らないと、何をすれば良いのかがイマイチわからないですよね。

そこでこの記事では、集客の対策とマーケティングを解説します!

  1. 集客とマーケティングの違い
  2. 集客対策の手順
  3. オンライン・オフライン別の集客方法
  4. 集客やマーケティングのポイント3つ

以上の内容を詳しく解説するので、集客に悩んでいる人はぜひ記事を最後まで読んでみてください。

集客とマーケティングの違い

集客とマーケティングは同じような意味で使われることもありますが、実際は違います。こちらでは以下の2つを解説します。

  1. 集客とは
  2. 集客とマーケティングの違い

詳しく確認していきましょう。

集客とは「顧客を集めること」

集客とはその名の通り、顧客を集めることです。顧客には大きく分けて以下の5種類があります。

  • 新規顧客:初めて利用してくれる
  • リピーター客:何度も利用してくれている
  • 見込み客:これから利用する可能性がある
  • 潜在顧客:まだ存在すら知らない
  • 休眠顧客:以前は利用してくれていた

集客において重要なのは、どの顧客をターゲットにするか、どうアプローチするかの戦略です。集客はすでに自社のサービスや商品は決まった状態で取り組みます。

集客とマーケティングの違いとは

マーケティングとは、セールスをするための仕組み全体を指します。

マーケティングはサービスや商品ありきではなく、開発前からの取り組みです。
集客は商品に対してユーザーを集めることなので、マーケティングの一部分であるといえます。

  • 自社の強みや競合他社の分析
  • 市場の選定
  • ターゲットの選定
  • 商品の価格の設定
  • 流通の方法
  • プロモーションの方法
  • 販売後のアフターフォロー

などもすべて、マーケティングに含まれます。

集客対策を5ステップに分けて解説

集客対策は5つのステップに分けられます。

  1. 目的と目標を決める
  2. ターゲットを決める
  3. 競合他社を分析する
  4. 集客方法を選ぶ
  5. PDCAを回す

それぞれ内容をチェックしていきましょう。

1.目的と目標を決める

どのような集客対策をするかは、目的によって変わります。
サービスや商品の認知度を上げたい、売上を伸ばし利益の最大化したいなど、目的は企業の考え方や成長フェーズで決めましょう。

目的が決まれば、次は目標です。成の進捗を計測するための定量的な評価指標であるKPI、最終目標を定量的に評価する指標のKGIを決めます。きちんと数字で評価ができるものか、現実的な目標であるかがポイントです。

2.ターゲットを決める

新規顧客、リピーター客、見込み客、潜在顧客、休眠顧客のうちどの顧客をターゲットにするか決めます。

次に、ターゲットをより細かく設定していきましょう。

たとえば30代でも、性別や職業、ライフスタイルや年収などを設定しターゲット像を明確化します。

3.競合他社を分析する

競合他社の分析は、重要なステップです。集客がうまくいくかは自社の施策だけでなく、競合他社がどのような施策を打つかが大きく影響します。

もし自社で10%割引のキャンペーンを実施しても、他社が20%割引をしていたらインパクトは弱まりますよね。

差別化をして自社の強みを活かすためにも、競合他社を分析しましょう。

4.集客方法を選ぶ

これまでに決めた目的と目標を達成するために、ターゲットへどうリーチするのが効果的な集客方法かを決めます。

ターゲットが若者ならオンライン、年配ならオフライン、サラリーマンなら通勤時間を狙うなどを徹底的に考えてから選択しましょう。集客対策を成功させるための重要なステップです。

5.PDCAサイクルを回す

PDCAサイクルとは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)の頭文字を取ったマネジメント手法です。

特に大切なのは、Cの評価です。
期待した結果が出なかった場合に、どう改善するかの判断材料になります。

顧客の環境やニーズは変化しやすいので、PDCAサイクルを回しながら柔軟に集客対策をしていきましょう。

【オンライン】具体的な集客の対策方法7選

こちらではオンラインでの具体的な集客の対策を7つ紹介します。

  1. ホームページ・ブログ
  2. リスティング広告
  3. SNS
  4. YouTube
  5. 予約サイト
  6. 口コミ
  7. メルマガ

ECサイトを運営している方などは、ぜひ内容を確認してみてください。

1.ホームページ・ブログ

ホームページは安心感を、ブログは親近感を顧客に伝えるツールです。自分で簡単に作れるサービスもあるので、作成をおすすめします。

ただし、ただ作っただけではアクセス数は増えません。インターネット検索で上位に表示されるための「SEO」が重要です。

検索されやすいワードや、信憑性のある優れた情報のある記事作成が求められます。

2.リスティング広告

リスティング広告は、Google や Yahoo! JAPAN などの検索結果に表示される広告です。
基本的な仕組みは SEO と同じで、検索キーワードに連動して広告が表示されます。

SEOとの違いは費用が発生するかです。
リスティング広告は、広告がクリックされると費用が発生します。

費用がかかる分、すぐに効果が現れるのが、リスティングの特徴です。

3.SNS

SNSは今や生活に欠かせなくなっており、ユーザー数は莫大な人数です。
うまく活用できれば強力な集客対策になります。

TwitterやInstagramなど、媒体によってユーザー層や特性が違います。自社の強み、ターゲット層にマッチした媒体を選んで活用しましょう。

4.YouTube

動画はテキストよりも短い時間で多くの情報を伝えられるのが魅力です。
また、静止画よりも記憶に残りやすい特徴もあります。

動画の作成は手間と時間がかかりますが拡散力が強いので、より多くのユーザーにリーチする可能性があります。

5.予約サイト

予約サイトは強力な集客ツールです。すでに利用する店舗を探している顧客が利用するので、アピールできれば集客に成功します。

代表的な例は食べログやホットペッパービューティー、楽天トラベルなどです。

ただし利用している競合他社も多いので、広告費用がかかりやすいのがデメリットと言えます。

6.口コミ

口コミはすでに商品やサービスを利用した既存顧客が新規顧客に向けてアピールしてくれるので、情報の信憑性が高い集客対策です。

顧客から顧客へアピールしてくれるので、コストがかからない点も魅力です。
看板メニューや口コミを記入してくれた顧客に特典を用意すると、より集客は増えるでしょう。

7.メルマガ・LINEマガジン

メルマガやLINEマガジンのメリットは、手間が少ないことです。ECサイトなどからメールアドレスが登録されるので、配信作業以外は不要です。

また配信作業も、ステップメールという機能を使えば自動で行なえます。

キャンペーン情報などを配信することで、来店やサイトの利用が期待できます。また、SNSを利用しない年齢層の顧客にもアプローチできる強みもあるなど、効果が高いです。

【オフライン】具体的な集客の対策方法7選

こちらではオフラインでの具体的な集客の対策を7つ紹介します。

  1. ポスティング広告
  2. 新聞雑誌広告
  3. ダイレクトメール
  4. テレアポ
  5. イベント・セミナー
  6. 紹介
  7. 看板

店舗を経営している方などは、ぜひ内容を確認してみてください。

1.ポスティング広告

チラシのポスティング広告は古いイメージがあるかもしれませんが、現在でも効果的な集客対策です。
商圏エリアで集中的に配布が可能で、ネット広告と違い自社のみのアピールができます。

ファミリー層を狙うならマンションで配布するなど、エリア選択もコツです。ただし配布の際は、マンションの住民や管理人からクレームにならないように注意しましょう。

2.新聞雑誌広告

新聞雑誌広告は信頼性に優れていて、年配の顧客にアピールする際は効果の高い集客対策です。

一方で広告費用が高額、再読率が低いというデメリットもあります。

3.ダイレクトメール

ダイレクトメールは郵送されるので、顧客に確実に届くメリットがあります。また送り先を指定できるので、効果測定がしやすいのも特徴です。

ただし開封率が低い、ミスがあった場合に修正ができないデメリットもあります。

4.テレアポ

テレアポは顧客リストを基に電話でリーチする集客対策です。セールスの電話を嫌う人も多いので話を聞いてもらうハードルは高いですが、成約につながる可能性は大いにあります。

トークスキルが必要になるので、専門業者に外注するのも方法のひとつです。

5.イベント・セミナー

イベント・セミナーは自社のファンを増やす集客対策です。商品やサービスを知ってもらうための貴重な機会になります。

オフラインで開催する場合は来場特典を用意するなど、満足度を上げる施策が必要です。
オンラインで開催する場合は写真の投稿やコメントを促し、一方的にならないように心がけましょう。

6.紹介

紹介はリピーター客からされる場合が多いので、受注率の高い集客対策です。実際に使用した感想などを伝えてもらうことで信用度が増します。

長い付き合いのリピーター客がいれば、紹介できる人がいないか積極的に聞いてみましょう。

7.看板

店舗型のビジネスにおいて、看板は店の顔とも言える大事な集客対策です。たまたま通りかかった潜在顧客にアプローチするチャンスにつながります。

手書きのウエルカムボードやデジタルサイネージなど、自社の雰囲気に合った看板を選びましょう。

集客やマーケティングのポイント3つ

集客やマーケティングには、以下3つのポイントがあります。

  1. 長期スパンで考える
  2. 自社の強みを活かす
  3. 集客した後の仕組みを作る

それぞれ詳しく確認してみましょう。

1.長期スパンで考える

集客やマーケティングは、継続すると効果が出やすくなる性質があります。たとえばSNSの拡散力は、フォロワー数の増加によって大きくなります。

ブログも記事数が増えるほど顧客の目に留まる機会が増えます。はじめは時間や労力がかかりますが、継続していくことが大切です。

すぐに効果が出なくても諦めず、長期スパンでのPDCAサイクルも回していきましょう。

2.自社の強みを活かす

集客やマーケティングには、自社の強みを活かすことが重要です。他社と差別化して良質な情報を届けなければ、顧客の購入意欲は高まらないでしょう。

リスティング広告や予約サイトなどでも、費用を多くかければ効果が高まるとは限りません。

自社の強みを活かした内容で、ターゲットに合った方法を選ぶことが大切なポイントです。

3.集客した後の仕組みを作る

集客したら終わりではなく、顧客への継続的な接触ができる仕組みを作りましょう。
継続的に接触することで顧客は自社に親近感を覚え、リピート客になる可能性が高いです。

SNSやメルマガ、イベントなど複数の接触機会を用意することをおすすめします。リピート客の増加は安定した収益アップにつながるので、集客した後の仕組み作りがポイントです。

▼無料でビジネス力を飛躍的に高められるLINEマガジン

無料でビジネス力を飛躍的に高められるLINEマガジンは、起業4年で年商10億円を突破した迫 佑樹が、ビジネスのノウハウを紹介する無料のマガジンです。
  • 18歳から起業し、年商10億円を突破
  • オンライン事業をやりながら、飲食店や美容室も成功に導く
  • 不動産6個保有
  • ベンチャー投資家として5社に出資
など、短期間で実績を出したノウハウを、限定コラムや動画という形で配信しています。 ビジネス力を高めたいマーケティングのスキルを伸ばしたいと考えている方は、ぜひ登録を検討してみてください。