>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

TikTokに無断転載するのは違法?違反になる2つの理由やペナルティを徹底解説

「TikTokで許可なく他人の動画をアップしたけどこれは違反なのかな?」
「無断転載はどんなときに該当するの?」
「無断転載したときに、どんなことが起こるの?」

上記のお悩みにお答えします。

TikTokで動画やイラストを許可なく転載するのは、利用規約に違反しており、著作権法にも違反する行為です。
動画の削除やアカウント停止処置を受けたり、製作者から訴えられる可能性もあります。

ところが無断転載してはダメな理由や、許可なく転載したときにどんなことが起こるのかはあまり知られていないのが現実です。

そこで本記事では、TikTokの無断転載について、以下の内容で徹底的に解説していきます。

  • TikTokで無断転載が禁止になる理由
  • 無断転載に該当するケースとしないケース
  • 無断転載が発覚したときに起こりうること

「無断転載についてよく知らない」と思っている方は、この記事を読んで無断転載に関する知識を身につけてみてください。

TikTokに無断転載するのは禁止!違反になる2つの理由

TikTokに無断転載するのは、以下2つの理由で禁止されています。

  1. TikTokの利用規約に違反している
  2. 著作権法に違反している

それぞれ順番に解説していきます。

1.TikTokの利用規約に違反している

無断転載はTikTokの利用規約に違反しています。
TikTokの利用規約では、知的財産を保護するガイドラインが記載されています。以下、利用規約の抜粋です。

著作権侵害

当社は、著作権を侵害するいかなるコンテンツも認めません。正当な権限や法的に正当な理由なく著作権で保護された他社のコンテンツを利用した場合、TikTokのポリシーの違反と認められる場合があります。

出典:TikTok 知的財産権について 著作権侵害

TikTokのルール上、無断転載は禁止されています。

2.著作権法に違反している

無断転載は、著作権法第21条の複製権に違反する行為です。

複製権をでは「すべてのオリジナルコンテンツの製作者は著作権に守られていて、製作者以外が個人の利用目的以外で複製してはいけない」と決められています。

たとえば個人の観賞用として、お気に入りの動画やイラストのダウンロードは認められていますが、SNSに投稿したり知人にデータを送ったりするのは違法です。

著作権法を理解したうえで、無断転載は禁止になることを覚えておきましょう。

TikTokに投稿した動画が無断転載に該当する3つのケース

こちらでは、TikTokに投稿した動画が無断転載に該当する3つのケースを解説します。

  1. 複製した動画やイラストをそのまま投稿する
  2. 動画やイラストの一部を編集して投稿する
  3. JASRACやNexTone以外の楽曲を無断使用する

順番にみていきましょう。

1.複製した動画をそのまま投稿する

複製した動画をそのまま投稿することは、無断転載に該当します。
他のサイトやSNSから、お気に入りの動画やイラストをダウンロードして、動画投稿したくなるかもしれませんが、これは違法行為です。

自分で制作したものではない、コピーした動画やイラストをTikTokに投稿するのは危険です。

2.動画やイラストの一部を編集して投稿する

複製した動画やイラストの一部を編集して投稿しても、無断転載に該当します。
一部切り抜きや編集を加えたとしても、オリジナルの動画やイラストの著作権は、製作者が持っているからです。

複製した動画やイラストを編集してアップした場合も、無断転載に当たります。

3.JASRACやNexTone以外の楽曲を無断使用する

JASRACやNexToneに登録されていない楽曲を無断使用した場合、著作権の違反にあたります。

JASRACやNexToneとは、音楽の演奏や映像、ネット配信の著作権を管理する団体です。
TikTokと契約を結んでいて、かつJASRACやNexToneで登録されている音源は、動画で使用可能です。

ただし、音源を使用するにも条件があり、原盤のCDやダウンロード音源をそのまま使用はできません
使用したい楽曲をもとに、自分の演奏や歌を録音する必要があります。

ただし、公式に許可されている楽曲であれば、利用は可能です。

JASRACやNexToneの作品検索データベースで調べると登録楽曲がわかるので、使用する音源が使えるか事前に調べましょう。

TikTokで無断転載が発覚したときに起こりうること

TikTokで無断転載が発覚したときに起こりうることは、以下の2つが考えられます。

  1. TikTokの運営から動画の削除もしくはアカウント停止
  2. 製作者から訴えられる

それぞれ順番に解説していきます。

1.TikTokの運営から動画の削除もしくはアカウント停止

視聴者や製作者からTikTok運営に違反報告が入ると、動画の削除もしくはアカウントの停止処置が取られる可能性があります。

以下は、TikTokの利用規約の抜粋です。

コンテンツの削除:アカウントの停止又は閉鎖

著作権を侵害するユーザーコンテンツは削除されることがあります。TikTokサイト若しくはアプリの利用に関連した複数回の著作権侵害、又はその他のサービス規約及びコミュニティガイドラインの違反により、当該アカウントが停止又は閉鎖される場合があります。当社は、不正行為を目的としてアカウントを使用したアカウント所有者が、TikTokサイト若しくはアプリ又はその他TikTokが運営するサービスにおいて新しいアカウントを作成することを拒否する権利を有します。

出典:TikTok 知的財産について コンテンツの削除アカウントの停止

動画が削除もしくは、アカウントの停止処置になるかは、TikTok運営の判断となります。

2.製作者から訴えられる

無断転載で製作者から訴えられることで、民事裁判に発展する可能性があります。

著作権の侵害が理由で訴えられた場合、下記の請求がきます。

  • 侵害行為の差止請求
  • 損害賠償の請求
  • 不当利得の返還請求
  • 名誉回復などの措置の請求

もし裁判になった場合、弁護士や損害賠償など、多額な費用の支払いが発生する可能性があります。

無断転載に該当しない3つのケース

こちらでは、無断転載に該当しない3つのケースを解説します。

  1. 著作権フリーの音声・イラスト・動画のアップ
  2. 製作者に許可をとって動画を投稿する
  3. 動ら画内で作品を紹介する

それでは、順番に解説します。

1.著作権フリーの音声・イラスト・動画のアップ

著作権フリーの音声やイラスト、動画のアップは無断転載には該当しません。

たとえば、著作権フリーの動画素材サイトは、以下のものがあります。

他にも、著作権フリーの画像サイトや音源サイトもあるので、TikTokに投稿する動画に合わせたコンテンツを選びましょう。

また、サイトの規約によっては、著作権もとのURLを投稿先に明記する必要があります。素材サイトの利用規約を守ったうえで、コンテンツを使用しましょう。

2.製作者に許可をとって動画を投稿する

製作者に許可を取って動画投稿する場合も、無断転載に該当しません。
どうしても使用したいイラストや動画があった際には、製作者に連絡を取ってみましょう。

なお、製作者に許可が取れた場合、製作もとがわかるように説明欄や動画内に明記して投稿する必要があります。
自分のコンテンツだと視聴者に誤認されてしまうからです。

使用したい動画やイラストがあれば、転載するまえに製作者から許可を得ることが大切です。

3.動画内で動画やイラストを紹介する

動画内で他の動画やイラストの紹介は、無断転載には該当しません。
コンテンツの紹介は、引用に該当するからです。

たとえば、おすすめのイラストレーター紹介など、動画内でイラストとともに製作者のプロフィールを紹介すれば引用動画となります。

他の人におすすめしたい動画やイラストなどがあれば、動画内で紹介する形式で取り上げましょう。

転載ではなくオリジナル動画でフォロワーを伸ばすことが大切

TikTokで転載するには利用規約や法律上の制限も多く、意図せず無断転載に該当した場合、動画の削除やアカウント停止のリスクがあります。

自分の投稿を見てもらうには、オリジナル動画を作ってファンを獲得し、フォロワーを伸ばすことが大切です。
ただし、視聴者にとって魅力的な動画でなければ、オリジナル動画を投稿してもなかなかフォロワーの数や動画再生数は増えません。

フォロワーを伸ばすためには「TikTokでどのような動画が伸びているのか」というマーケティングが大切です。

  • 何が流行しているのか
  • どんな動画が観られているのか
  • どんな層がTikTokを利用しているのか

などを考えつつ、良質な動画を作成していきましょう。

▼無料でビジネス力を飛躍的に高められるLINEマガジン

無料でビジネス力を飛躍的に高められるLINEマガジンは、起業4年で年商10億円を突破した迫 佑樹が、ビジネスのノウハウを紹介する無料のマガジンです。
  • 18歳から起業し、年商10億円を突破
  • オンライン事業をやりながら、飲食店や美容室も成功に導く
  • 不動産6個保有
  • ベンチャー投資家として5社に出資
など、短期間で実績を出したノウハウを、限定コラムや動画という形で配信しています。 ビジネス力を高めたいマーケティングのスキルを伸ばしたいと考えている方は、ぜひ登録を検討してみてください。