>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【2021最新】TikTokでおすすめ表示されるアルゴリズム5選!再生回数を伸ばす7つのコツを徹底解説

「TikTokで再生回数を伸ばしたい!」
「おすすめに表示されるアルゴリズムを知りたい!」
「視聴回数を伸ばすコツやテクニックはないの?」
と考えていませんか?

TikTokで再生回数を伸ばすコツは、おすすめに表示される動画を投稿することです。
おすすめは多くのユーザーが視聴していて、一度表示されると大きな流入が期待できます。

それでは、どのような動画を投稿すればおすすめに表示されるのでしょうか。

この記事では、TikTokでおすすめ表示される動画のアルゴリズムについて解説していきます。

また、再生回数が伸びる動画を作成するコツも紹介するので、TikTok運用で悩んでいる方は、参考にしてみてください!

TikTokでおすすめ表示される動画のアルゴリズム5選

TikTokで再生回数を伸ばしたりフォロワーを増やしたりしたいと思ったとき、大切なのがおすすめに表示されることです。

おすすめに表示される動画の特徴がわかれば、TikTokで多くのフォロワーを獲得できるようになります。

こちらでは、TikTokでおすすめに表示される動画のアルゴリズムを5つ紹介します

  1. 動画の視聴時間
  2. 動画の視聴完了率
  3. ユーザーの反応数
  4. ユーザーのシェア数
  5. ハッシュタグチャレンジへの参加

それぞれ解説するので、これからTikTokを伸ばしたい方は参考にしてみてください。

1.動画の視聴時間

動画の視聴時間は、おすすめに表示される上で大切な要素の1つです。

投稿した動画の視聴時間が長ければ長いほど、おすすめに表示されやすいと考えられます。

動画の視聴時間が長いと、それだけ人気な投稿とTikTokから判断されます
TikTokがおすすめに表示する動画を、ユーザーに興味を持ってもらえるものから選ぶのは当然です。

そのため、魅力的な動画を投稿しているとTikTokに判断される1つの要素が、視聴時間となります。

まずは、多くの人に視聴してもらえるような動画作りを意識しましょう。

2.動画の視聴完了率

動画の視聴完了率も、おすすめに表示されるアルゴリズムの1つです。動画の視聴完了率とは、最後まで再生した人の割合のこと。

最後まで視聴している人が多い投稿というのは、それだけ魅力的な動画と判断されます。

飽きずに動画を見る人が増えると、TikTokの利用者も増えるため、おすすめに表示されやすと考えられるでしょう。

最後まで見られる動画作りを意識すると、おすすめ表示されやすくなります。

3.ユーザーの反応数

TikTokのアルゴリズムとして、ユーザーの反応数もあります。
ユーザーの反応数とは、投稿した動画に対してのいいねやコメントなどの数です。

いいねやコメントなどの反応が多い投稿は、それだけ多くのユーザーを惹きつけてアプリを盛り上げていると判断できます。

具体的な数字などは公開されていませんが、視聴者から反響を得られるような動画はおすすめ表示されやすいでしょう。

4.ユーザーのシェア数

ユーザーのシェア数も、TikTokのアルゴリズムを考える上で大切なポイントです。

シェアとは、TikTokから他のSNSなどに拡散されること。
TikTokにはシェアというボタンがあり、他の媒体に直接シェアできるようになっています。

また、動画のシェア数も数字で表示されていて、シェアが多いほどおすすめに乗りやすいです。

5.ハッシュタグチャレンジへの参加

ハッシュタグチャレンジへ参加している動画は、おすすめ表示されやすいと考えられます。

ハッシュタグチャレンジとは、企業の広告などで作成されたタグで、ユーザーが参加すればするほど盛り上がります。

TikTokが企業から依頼を受けてチャレンジを作っているので、拡散のためにおすすめ表示を行う可能性が高いです。

おすすめ表示されたいけど、どんな投稿がいいかわからないと感じたら、ハッシュタグチャレンジに参加してみましょう。

TikTokで視聴される動画を作る7つのコツ

TikTokで視聴回数を伸ばすには、アルゴリズムを理解していくつかのポイントを抑えることが大切です。

こちらでは、TikTokで視聴される動画を作るコツを、7つ紹介していきます

  1. ターゲットを明確にする
  2. 投稿時間を工夫する
  3. 専門性の高いジャンルで発信
  4. 動画の量より質を重視
  5. トレンドのタグを使う
  6. 人気の楽曲を使う
  7. 最初の3秒に力を入れる

一つひとつ解説していきます。

1.ターゲットを明確にする

TikTokで多くのユーザーに視聴されるには、ターゲットを明確にすることが大切です。
ターゲットを明確にしてその相手に刺さる動画を作成できると、再生回数が伸びていきます。

逆にターゲットがあやふやな場合、無難な動画に仕上がってしまい、結果的に視聴されにくくなる恐れが。

TikTokは10代〜20代の若い世代のユーザーが多いので、その中でも性別や属性を踏まえたターゲット選定ができると、視聴回数が増えていきます。

2.投稿時間を工夫する

投稿時間を工夫するのも、視聴されやすくなるポイントです。

多くのユーザーがTikTokを開いている時間に投稿すると、視聴回数は増えやすくなります。

具体的には、夜の20時〜22時頃は、TikTokをみるユーザーが多いです。
逆に、ユーザーが少ない時間に投稿するとそもそも視聴されないですし、他の投稿に埋もれてしまいます。

動画を投稿するときは、多くのユーザーがログインしている時間を狙いましょう。

3.専門性の高いジャンルで発信

専門性の高いジャンルで発信しているアカウントは、視聴回数が増えやすい傾向にあります。

自分が専門性の高いジャンルは動画投稿がしやすく、深い内容の発信が可能です。

内容が深くなるとそれだけ視聴者にとって魅力的なコンテンツになるので、視聴回数が増えやすくなります。

専門性が低いジャンルで発信を続けると、浅い内容になるので視聴されにくくなる恐れも。
また、投稿ネタに悩むことも増えるので、まずは自分が詳しいジャンルの発信がおすすめです。

4.動画の量より質を重視

TikTokで視聴回数を増やしたいという方は、動画の量よりも質を優先しましょう。

近年では、SNS運用で成果を出すには量をこなすことが重要という意見が増えています。
しかし、TikTokで視聴回数を増やすためには、量より質が重要です。

どれだけ多くの動画を投稿しても質が低くて再生されなければ、クオリティの低いアカウントと判断されてしまいます。

しかし、1つの動画に力を入れて魅力的な投稿ができれば、おすすめに表示されやすくなりバズる可能性も出てきます。

まずは、量より質で勝負することが大切です。

5.トレンドのタグを使う

トレンドのタグを積極的に使うと、視聴回数が増えやすくなるでしょう。

TikTokにはトレンドのタグが存在します。人気のタグはトレンドに表示されていて、タグから検索して動画の視聴が可能です。

トレンドのタグは多くのユーザーが視聴しているので、おすすめに表示されなくても視聴回数を伸ばせる確率が高まります。

6.人気の楽曲を使う

人気の楽曲を使うのも、視聴回数を増やすコツの1つです。

TikTokには様々な楽曲が登録されていて、アプリ内で人気の高い曲が存在します。

ある1つの楽曲が流行ると多くのユーザーが真似して投稿するので、その楽曲を使った投稿を検索します。

そのため、人気が高い楽曲を使うと露出が増やせる可能性が高まるのです。

7.最初の3秒に力を入れる

TikTokで視聴回数を増やすコツとして、最初の3秒に力を入れることがあげられます。

というのも、多くのユーザーが動画を見るか見ないかの判断を最初の1〜3秒でしています。

TikTokは1つの動画が短いので、最初の3秒まで視聴されたら最後まで再生される確率が高いです。

アルゴリズム的に評価されるためにも、最初の3秒に力を入れて再生完了率を上げましょう。

アルゴリズム・動画のクオリティ以外で再生回数が伸びない3つの原因

アルゴリズムや動画のクオリティを意識しても、なかなか再生回数が伸びないという方もいるかもしれません。

どれだけ動画が面白くても、以下のような原因があると再生されない可能性があります。

  1. 動画に規制がかかっている
  2. 他媒体への誘導ばかり
  3. 技術的な不具合

それぞれ解説するので、再生回数が伸びずに悩んでいる方は参考にしてみてください。

1.動画に規制がかかっている

動画に規制がかかっている場合は、再生されません。

TikTokの規約違反やガイドラインに反する動画は、規制がかかり表示されなくなります。

また、シャドウバンといってガイドライン違反に該当するアカウントは、新規投稿をしてもおすすめに表示されないというケースもあります。

違反に該当するような動画がある場合は、すぐに削除しておきましょう。多くの場合は、動画を削除することで規制が解除されます。

2.他媒体への誘導ばかり

他媒体への誘導ばかりの動画は、おすすめに表示されにくいので再生回数が伸びません。

TikTokは、アプリを盛り上げてTikTokユーザーを増やすような動画を、おすすめに表示します。

そのため、他媒体への誘導ばかりするアカウントはTikTokからの評価が低く、おすすめ表示されづらいです。

再生回数が伸びない方は、他媒体への誘導ばかりしていないかチェックしてみましょう。

3.技術的な不具合

技術的な不具合により、動画が再生されないケースがあります。

TikTokでは、何も問題がなくても動画が再生されないバグが発生していると、一部ユーザーから声が上がっています。

動画を投稿して数日経っても再生されない場合は、何らかの技術的な不具合が起きている可能性が高いです。

対処法としては、まずは動画の再投稿をしてみましょう。それでも改善されない場合は、運営に問い合わせてみるのがおすすめです。

▼無料でビジネス力を飛躍的に高められるLINEマガジン

無料でビジネス力を飛躍的に高められるLINEマガジンは、起業4年で年商10億円を突破した迫 佑樹が、ビジネスのノウハウを紹介する無料のマガジンです。
  • 18歳から起業し、年商10億円を突破
  • オンライン事業をやりながら、飲食店や美容室も成功に導く
  • 不動産6個保有
  • ベンチャー投資家として5社に出資
など、短期間で実績を出したノウハウを、限定コラムや動画という形で配信しています。 ビジネス力を高めたいマーケティングのスキルを伸ばしたいと考えている方は、ぜひ登録を検討してみてください。