>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【超便利】Rank Trackerとは!5つのおすすめ機能や料金・メリットデメリットを徹底解説

「Rank Trackerの機能が知りたい」
「どんな料金体系?」

「メリットとデメリットを知ってから購入を検討したい」
と考えていませんか?

この記事では、Rank Trackerの機能や料金・メリットデメリットを詳しく解説します。

  • Rank Trackerのおすすめ機能5選
  • メリットデメリット
  • 導入するまでの3ステップ

この記事を最後までチェックすることで、Rank Trackerの魅力や導入の手順がわかります。

ぜひ参考にしてみてください。

Rank Trackerとは?サクッと30秒で解説

Rank Trackerとは、世界的に人気の高いSEO検索順位チェックツールです。

コンテンツの順位が知りたい場合、狙ったキーワードを1つずつ検索して確認する方法もありますが、コンテンツの量が増えてくると困難になってきます。

Rank Trackerを導入すると、一眼見て順位が確認できるようになるため、記事の改善だけでなく、時間短縮にも繋がります。

他にも利用できる機能は以下の通りです。

  • 競合サイトや自サイトの順位チェック機能
  • SEOキーワードをグループごとに分類
  • ドメインの強度確認機能

コンテンツが現在何位にランクインしているのか分からなければ、その記事が良いのか悪いのかわからないままになってしまいます。

Rank Trackerの導入は、サイト収益化を目指す全ての人に必要ともいえるでしょう。

Rank Trackerの料金プラン

Rank Trackerの料金は3つのプランに分かれています。

買い切りではなく、年間料金が発生するサブスクリプション方式しかありません。

それぞれのプラン内容は、以下のとおりです。

無料プロフェッショナルエンタープライズ
料金0円149ドル349ドル
登録URL1無制限無制限
競合調査数1510
データのコピー不可
エクスポート不可不可

その他にも20を超える機能が存在します。

おすすめは真ん中のプロフェッショナルプラン(299ドル)です
エンタープライズプランは機能が豊富ですが、大量にサイトを持っていない限りはオーバースペックだといえます。

5~10サイトほどの調査であれば、プロフェッショナルプランで十分可能です。

Rank Trackerのおすすめ機能5選

Rank Trackerのおすすめ機能5選を紹介します。

  1. 競合サイトの順位チェック機能
  2. 自サイトの順位チェック機能
  3. 順位チェックのスケジュール予約機能
  4. SEOキーワードのグループ管理機能
  5. ドメインの強度確認機能

ぜひ最後までチェックしてみてください。

1.競合サイトの順位チェック機能

競合サイトを登録しておくことで、SEOキーワードの順位チェックができます。

Googleだけでなく、Yahoo!やBingなどの検索プラットフォームも可能な上に、前日からの順位上下幅もチェック可能です

さらにベンチマークしている競合サイトがある場合、同じキーワードでの検索順位を比較できるため、記事改善に活かせるでしょう。

2.自サイトの順位チェック機能

競合だけでなく、もちろん自分のサイトやブログの順位も自動でチェックできます。

Rank TrackerのSEO検索順位画面では、以下の項目があるため、どのページがいくつ変動したかすぐにわかります。

  • 設定したSEOキーワード
  • SEO順位
  • 該当URL
  • SEO順位が前日からいくつ変動したか

順位が上がると「+ ↑」下がると「- ↓」で表示されるため、非常に見やすいです。

キーワードが数十であれば実際に検索して調査することは可能ですが、数百~数千ともなると、中々手作業では厳しいでしょう。

コンテンツを公開した後はRank Trackerへ登録し、順位をチェックしていくと、作業の時短につながります

3.順位チェックのスケジュール予約機能

Rank Trackerでは、順位チェックのスケジュール管理ができます。

SEOの順位測定は時間がかかることが多いため、あらかじめスケジュール設定しておくことで、スムーズに確認できます。

スケジュール予約は「環境設定」から「スケジューラー」で設定可能です。

注意点としては、Rank Trackerを起動していないと順位計測してくれません。よってあらかじめRank Trackerは起動させておきましょう。

4.SEOキーワードのグループ管理機能

Rank TrackerではSEOキーワードをグループに分けて管理できるため、順位チェックの利便性が上がります。

  • プログラミンググループ
  • 美容グループ
  • 集客用グループ

など、多様なジャンルのキーワードをグループ管理できるため、複数カテゴリのサイトや、雑記ブログを運営している人におすすめです。

5.ドメインの強度確認機能

Rank Trackerでもドメインの強度を確認できます。

ドメインエイジ、被リンクなどの複数の指標を元に0~10のレベルで、ドメインパワーを算出してくれるため、サイト改善を考えるきっかけになるでしょう。

ドメインパワーを高めるには以下のポイントが重要です。

  • 運営歴を長くする
  • サイトにアクセスを集める
  • リンクを獲得する

ドメインパワーを確認しようと思うと、別の有料サービスを使ったり、無料だとしても回数制限があったりするため、Rank Trackerで気軽にチェックできるのは嬉しいですね。

Rank Trackerを導入するメリット5つ

Rank Trackerを導入するメリットを知っていることで、より使った際のイメージがつきやすくなります。

  1. SEO対策が間違っていないか確認できる
  2. リライトの指標になる
  3. サイトの現在の状況がすぐにわかる
  4. 執筆時間を確保しやすくなる
  5. モチベーションにつながる

ぜひ参考にしてみてください。

1.SEO対策が間違っていないか確認できる

Rank Trackerには検索順位チェック機能があります。

キーワードの検索順位が一覧やグラフ等で簡単に見られるため、SEO対策の答え合わせができます

どれだけSEO対策を行なっていたとしても、答え合わせを定期的に行わなければ「何が良くて何がいけなかったのか」が理解できません。

Rank Trackerを使うと、検索順位が1日単位のほぼリアルタイムで簡単にチェックできます。

SEO対策の答え合わせが効率よく行えることで、サイトのアクセス数も順調に伸びていくことでしょう。

2.リライトの指標になる

Rank Trackerを導入すると、順位の推移がすぐにわかるため、リライトの指標にもなります。

リライトを適切なタイミングで行うことで、生まれるメリットは以下の通りです。

  • 検索順位が上がるケースもある
  • コンバージョン率が上がる
  • モチベーションが上がる
  • ライティング知識が高まる

Rank Trackerでは、推移をグラフとして見られるため、順位の停滞などのリライトの兆候がわかりやすいです。

リライトをして、SEO効果を高めることは流入数の向上へとつながるでしょう。

3.サイトの現在の状況がすぐにわかる

Rank Trackerを導入することで、サイトやブログの今の状態がすぐにわかります。

Rank Trackerには、検索順位の上下変動を表示してくれる機能があるため、原因や対策を考えるきっかけになるでしょう。

なぜ検索順位が下がってしまったのか、どのジャンルが落ちたのかなど考えられるため、すぐにサイトの順位を戻しやすいです。

Rank Trackerを使わずにサイトの順位変動を確認しようと思うと、1つずつ検索しなければならないので、手間も時間もかかります。

スムーズにサイトの現在の状況を確認できるのもRank Trackerの大きなメリットと言えるでしょう。

4.執筆時間を確保しやすくなる

Rank Trackerを使うことで検索順位の効率がアップするため、執筆時間を確保しやすくなります。

自力で行う場合は、先ほども述べたように1つずつ検索して順位を確認しなければならないため、多くの時間が取られてしまうでしょう。

こういった力技で順位チェックしても良いですが、肝心な執筆時間がなくなっては、もったいないです。

「登録したキーワードの順位自動チェック・一覧表示」の機能により、必要な情報をすぐに把握し、執筆にうつれる点も大きなメリットです。

5.モチベーションにつながる

検索順位が上がっているとモチベーションも上がります。

また「料金を支払っているから頑張らないと」というやる気にもつながるでしょう。

ブログやサイトは継続させることが最も重要で大変なため、モチベーション維持のためにRank Trackerを導入するのもひとつの手です。

Rank Trackerを導入するデメリット3つ

メリットが多いRank Trackerですが、デメリットも多少あります。

  1. 英語でのサポートしかない
  2. 買い切りがなく毎年課金が発生する
  3. ファイルが重くなる時がある

それぞれ確認していきましょう。

1.英語でのサポートしかない

Rank Trackerは海外の検索順位チェックツールになるため、サポートが英語しかありません。

ホームページやツール自体は日本語に対応していますが、サポートには連絡する際も英語で、相手からも英語で返答が来ます。

Google翻訳を使うことでやりとりはできますが、不自然な日本語になるケースもあるため、デメリットと言えるでしょう。

2.買い切りがなく毎年課金が発生する

Rank Trackerの支払い方法は「年間払い」一択です。

月払いや一括課金が適用できないため、デメリットと感じる人も多いかもしれません。

しかし、ブログやサイトは数年継続することが重要なため、本気で成果を出したいという人には向いているでしょう。

3.ファイルが重くなる時がある

パソコンの容量にもよりますが、ファイルが重すぎて、Rank Trackerのデータを保存できないエラーが表示されるケースも稀にあります。

使っていないアプリやフォルダを削除することで解決できるパターンがほとんどですが、時間もかかるため、人によってはデメリットに感じるかもしれません。

Rank Trackerを導入するまでの3ステップ

Rank Trackerを導入するまでの3ステップを紹介します。

  1. ダウンロードする
  2. インストールしてアップグレードする
  3. ライセンスキーと紐付ける

それぞれ確認していきましょう。

1.ダウンロードする

まずはRank Trackerの無料版をダウンロードします。

公式サイトに氏名とメールアドレスを入力すると、ダウンロード画面が表示されます。

PCのOSを自動で判別するため、そのまま「ダウンロード」をクリックしましょう。

インストールしたら次の工程に進みます。

2.インストールしてアップグレードする

インストールできたら、有料ライセンスにアップグレードしましょう。

まずはトップページから「注文」をクリックします。

すると、プランの選択画面が表示されるため、選んで「今すぐアップグレード」を選択します。

すると決済画面に切り替わるため、以下の項目を記入して「ORDER NOW」をクリックします。

決済が完了すると、記入したメールアドレス宛にライセンスキーが30分ほどで届きます。

3.ライセンスキーと紐付ける

最後に、メールに記載されているライセンスキーを​​Rank Trackerに入力し、紐付けます。

紐付けるには、以下の2のキーが必要になるため、コピーしておきましょう。

  • Registerd by:
  • Registration key:

Rank Trackerを起動したら「ヘルプ」から「情報を登録」の順でクリックします。

するとライセンスキーの入力画面が表示されるため、先ほどの2つのキーを入力しましょう。

以上でアップグレードは完了です。

▼無料でビジネス力を飛躍的に高められるLINEマガジン

無料でビジネス力を飛躍的に高められるLINEマガジンは、起業4年で年商10億円を突破した迫 佑樹が、ビジネスのノウハウを紹介する無料のマガジンです。
  • 18歳から起業し、年商10億円を突破
  • オンライン事業をやりながら、飲食店や美容室も成功に導く
  • 不動産6個保有
  • ベンチャー投資家として5社に出資
など、短期間で実績を出したノウハウを、限定コラムや動画という形で配信しています。 ビジネス力を高めたいマーケティングのスキルを伸ばしたいと考えている方は、ぜひ登録を検討してみてください。