>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【必見】転職が決まらない7つの原因とは!すぐに採用されるための5つのコツを徹底解説

「転職活動してるけどまったく内定がもらえない……」
「なんで自分は転職できないのだろう?」
「仕事が決まらず焦ってばかりで不安な毎日だ……」

こんなお悩みを解決します。

転職活動を開始したものの書類選考で落とされたり、面接試験が通らなかったりして、まったく内定が出ないと不安になりますよね。

採用が決まらない原因は応募する企業数が少ないか、転職活動のすすめ方に問題があるかもしれません。

そこでこの記事では、以下の内容について解説します。

  • 転職活動の平均期間
  • 転職が決まらない原因
  • すぐに内定をもらえるコツ

この記事を読んで転職が決まらない原因を知ったうえで、採用されるコツを実践すれば、あなたに合う企業が見つかるはずです。

転職活動を続けてるけど仕事が決まらず不安な方は、ぜひ最後までお読みください。

転職活動の平均期間は3〜6ヶ月

「採用が決まらない」と焦っている方は、転職にかかる期間をご存知でしょうか。エン転職が調べたアンケート結果によると、転職活動の平均期間は3〜6ヶ月です。

年齢が上がるにつれて期間は伸びるものの、転職希望者の8割が3〜6ヶ月で転職しています。

一方で、採用が決まらず半年以上かかったとしても、落ち込む必要はありません。4〜6月など全体の求人が少ない時期だと応募できる企業も限られるので、開始したタイミングによっては転職活動の長期化も考えられます。

また希望年収を高く設定すると、応募先も限定されるので採用は決まりにくくなるでしょう。

すぐに内定が出ないからといって、焦らず準備をすすめることが転職の成功における大切なポイントです。

転職が決まらない7つの原因

転職活動は新卒採用と比べて募集枠が少ないので、必然的に採用へのハードルは高くなります。こちらでは、転職が決まらない7つの原因をまとめました。

  1. 転職先に求める条件が曖昧
  2. 志望動機と自己PRが弱い
  3. 応募する企業数が少ない
  4. 面接対策が不十分
  5. 企業が求める経験やスキルの不足
  6. 年齢が高い
  7. 応募企業の競争率が高い

それぞれ順番に説明します。

1. 転職先に求める条件が曖昧

転職先に求める条件が曖昧な場合、応募する企業に一貫性がなく転職活動が長期化する原因です。

転職先に求める条件が曖昧だと、企業を選り好みして応募に踏み切れなかったり、志望動機や自己PRが作り込めなかったりする可能性があります。

求める条件が曖昧だと、しっかり企業に自分をアピールできずに落ちてしまい、なかなか転職が決まりません。

2. 志望動機と自己PRが弱い

志望動機と自己PRが弱いと、企業から見たときに「採用したい人材」と評価されないので、内定につながりません。

中途採用は新卒採用と比べ採用枠が少ないので、できるだけ優秀な人を雇いたいと企業は考えます。
採用担当者が納得するような志望動機や自己PRがないと、他の優秀な応募者に内定は取られてしまいます。

転職活動では志望動機と自己PRの練り上げが、採用の合否を分けると認識しましょう。

3. 応募する企業数が少ない

応募する企業数が少ないことも、転職が決まらない原因として考えられます。

転職サービスdodaのアンケートでは、転職を始めてから内定が出るまで平均して22社以上の応募が必要でした。

特に中途採用の場合、企業は即戦力を求ているため、新卒採用と比べ内定を出すまでのハードルが高くなります。

「2~3社受けただけ」という状態は、そもそものチャレンジ数が少ないと考えておきましょう。

4. 面接対策が不十分

面接対策が不十分な場合、採用担当者の印象に残らず内定が出ない原因となります。

入念に企業研究したうえで、採用担当者が納得する自己PRや志望動機を作り込んでも、面接の場で相手に伝えられなければアピールは弱くなります。

面接の事前練習をしないことは、勉強せずに試験に望むようなものです。
一方で、面接官は数百人以上の転職希望者をみている訳なので、一発勝負の面接ではごまかしは通用しません。

受け答えが簡潔でなかったり、質問への回答が曖昧だったりしたら、不採用につながってしまいます。

5. 企業が求める経験やスキルの不足

企業が求める経験やスキルが不足している場合、書類選考の段階で落とされます。

例えば、実務経験3年以上や資格取得などの条件を募集要項に入れているケースです。
募集要項を確認して、自分のスキルや実績は合格ラインに達しているか判断しましょう。

経験やスキル不足による足切りは、転職市場においてよくあることです。

6. 年齢が高い

応募時点での年齢が高いと採用率は下がります。求人数は20代がもっとも多く、30代以降は減少傾向にあります。

求人数が減るほかに、中途採用では年齢が上がるごとに経験や実績が評価されます。
未経験職種への転職が難しくなったり、マネージメント経験を求められたりと採用までのハードルは高くなる傾向です。

今までアピールできるスキルや実績のない方は、年齢が上がるにつれ転職で苦戦する可能性が高いです。

7. 応募企業の競争率が高い

応募企業の競争率が高いことも、転職が決まらない要因です。
大手企業や事務職などの求人は人気が高く、応募が殺到するので、求人倍率は高くなります。

大手企業へ応募する際には、応募者同士の厳しい選考を勝ち抜いかなければ採用されないことを理解しておきましょう。

転職ですぐに内定をもらう5つのコツ

転職ですぐに内定をもらうには、事前の準備が重要です。こちらでは、すぐに内定をもらうための5つのコツを紹介します。

  1. 転職サポートを利用する
  2. 不採用の原因を振り返る
  3. 志望動機と自己PRを練り上げる
  4. 職務経歴書を作りこむ
  5. 面接の事前練習をする

上記の内容を実践すれば採用率を上げられるので、ぜひチェックしてください。

1. 転職サポートを利用する

転職サポートを利用すれば、自分の希望にマッチした企業を紹介してもらえるので転職活動を有利にすすめられます。

求人の紹介のほかに、転職サポートを利用するメリットは以下の通りです。

  • 職務経歴書や履歴書の添削
  • 面接対策
  • 面接日程の調整
  • 内定後の年収交渉

また、転職サポートは大きく分けると3つの種類に分類されます。

  1. 転職保証付きの教材
  2. 大手転職エージェント 
  3. 業界・職種特化型エージェント

それぞれ解説していきます。

1.1 転職保証付きの教材

転職保証付きの教材を活用すれば、スキルを身につけながら転職サポートを受けられます。

転職サポートについては、教材が斡旋する企業や業界への転職に有利です。教材で学習した内容を採用試験でアピールすれば、企業から「スキルアップに熱心な人」と評価され、採用につながりやすくなります。

そこで、当サイトでおすすめする教材は『Skill Hacksです。

94個の動画コンテンツと無制限のLINEの質問対応により、Webアプリケーション開発の知識を学べ、初心者が独学でプログラミングスキルを身につけられます。

教材費用は79,800円ですが、転職サポートは追加料金なしで受けられます。現在市場が伸びているIT業界に転職したい方や、プログラミングスキルを身につけエンジニアになりたい方におすすめの教材です。

1.2 大手転職エージェント

大手転職エージェントの特徴は、扱っている求人数が多く希望とマッチした企業を見つけやすいことです。

また、転職エージェントは非公開求人を多く持っています。ここで非公開求人とは、求人サイトに載らない求人のことです。一般公開されると応募者が殺到してしまうような人気の求人が多く、エージェントが選定した人のみ採用試験を受けられます。

エージェントと相談して採用の見込みがあるなら、非公開求人の紹介を受けられるでしょう。

大手転職エージェントは、以下のサイトがおすすめです。

パソナキャリア充実したサポートを受けたい
doda非公開求人を扱っている数が多い
マイナビエージェント業界No1の求人数。非公開求人の数も多い

1.3 業界・職種特化型エージェント

希望する業界や職種が決まっているなら業界・職種特化型エージェントの登録がおすすめです。

大手エージェントより求人数は少ないものの、専門の業界や職種の転職実績が豊富で、面接や書類添削の手厚いサポートを受けられます。

業界・職種特化型エージェントの具体例として、以下の3社をあげます。

リクルートエージェント第二新卒
リクルートダイレクトスカウト外資系転職・管理職
クリーデンスアパレル・ファッション業界

希望の業界や職種が決まっている方は、業界・職種特化型エージェントを登録しましょう。

2. 不採用の原因を振り返る

不採用の原因を振り返りましょう。落ちた原因を改善していけば、必ず内定につながるからです。

書類選考と面接試験によって、不採用理由は異なります。具体的には以下のような要因が考えられるでしょう。

選考不採用理由の例
書類
  • 書類に不備がある
  • 条件を満たしていない
  • 志望動機に熱意が感じられない
  • 自己PRが魅力的でない
  • 条件のミスマッチ
面接
  • 回答が簡潔でない
  • 質問の意図と異なる回答をしている
  • 質問に答えられない
  • 転職理由に一貫性がない
  • キャリアプランが曖昧

面接試験で不採用通知を受け取ったら、採用担当者にメールで落選した理由を確認することをおすすめします。企業によっては不採用理由を教えてくれるので、次の採用試験の対策が立てられます。

不採用の原因を振り返り、次の選考までに課題を改善して内定を勝ち取りましょう。

3. 志望動機と自己PRを練り上げる

転職活動で内定をもらうために、志望動機と自己PRを練り上げることは重要な要素です。書類選考や面接での合否を分ける要素として、採用担当者が重要視しています。

志望動機は、応募企業に長く働き続けることを証明することが重要です。具体的には『転職理由』と『志望企業の魅力』がマッチしていて「この会社でなければならない」ような熱意が伝わる内容を考えます。

自己PRは過去の実績を整理して、応募企業にマッチしたアピールを仕上げましょう。以下の順番で整理すると、相手に伝わりやすい自己PRがつくれます。

  • 結論:私は『営業力』がある人間です。
  • 根拠:今までに『不動産営業の売り上げで部内トップの実績』があります。
  • 具体策:私は御社で、自分の強みを活かして『営業のトッププレイヤー』となれるような活躍ができます。

採用担当者が納得するような志望動機と自己PRを練り上げ、転職活動を有利にすすめましょう。

4. 職務経歴書を作りこむ

中途採用では履歴書より職務経歴書を重要視します。職務経歴書を作りこむことで、書類選考の通過率を上げられるでしょう。

職務経歴書を作るうえで重要なポイントは、以下の通りです。

  • 自分のスキルや経歴が魅力的に伝わるように書かれている
  • 相手企業に合わせて志望動機や自己PRを作る
  • 職務要約は自分の強みをコンパクトにまとめる
  • 職務経歴は新しい順に上から記載する
  • 誤字脱字はないか見直す

特に重要なポイントは、スキルや経歴のアピールです。今までの経験を具体的な数値をもとに説明できると、採用担当者からみて魅力的な職務経歴書が作れます。

書類選考の通過確率を上げるため、職務履歴書を作りこみましょう。

5. 面接の事前練習をする

面接の事前練習をしましょう。会話のなかで自分の強みや志望動機を整理して相手に伝えるには、事前の準備や練習が必要です。

面接練習では転職サポートのサービスや知人、友人に協力をお願いしましょう。このとき、面接の様子を動画で撮影すると、あとで見返したときに客観的に改善点が洗い出せます。

じっくり時間をかけて面接練習して、自信を持って採用面接に臨みましょう。

Skill Hacksなら最速でプログラミング初心者を脱出できる

  • 初心者からWebアプリケーション開発の知識を学べる
  • 無期限の質問サポート付き
  • 買い切り型で受講期限も無制限
  • 転職のノウハウを共有