>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【必見】転職に勇気が出ず行動できない方へ!5つの原因と対処法を徹底解説

「転職したいけど新しい職場でやっていけるか不安だ」
「転職に失敗して後悔するのだけは避けたい」
「転職するための勇気が出ない」

こんなお悩みを解決します。

今の職場に不満はあるものの、新しい職場への不安から転職への勇気が出ないとお考えではないでしょうか?
転職したからといって悩みが解決すると言い切れませんが、将来を見据えたときに今の職場にとどまることは後悔が待っています。

転職に対する不安な気持ちを解消するため、本記事では以下の内容を解説します。

  • 行動できない5つの原因と対策
  • 転職しなかったときのリスク
  • 勇気を出す方法
  • 転職を決意したあとの行動

転職への勇気が出ず一歩を踏み出せない方は、ぜひ最後までお読みください。

転職に勇気が出ず行動できない5つの原因と対処法

転職への勇気が出ない原因はさまざまです。こちらでは、勇気が出ず行動できない5つの原因と対策を紹介します。

  1. 転職先が見つからないかもしれない
  2. 新しい職場になじめるか不安
  3. 上司に辞職を切り出せない
  4. 今のキャリアや評価を失う
  5. 転職先の条件が今より悪くなるかもしれない

それぞれ順番にみていきます。

1. 転職先が見つからないかもしれない

転職未経験の方にとって「転職先が見つからないかもしれない……」と考える方は多いのではないでしょうか。

社外で通用するようなスキルがなければ「転職してもまともな仕事につけないかも」と不安になるものです。

しかしながら、実際の転職市場において20〜30代は求人数も多く、転職のチャンスに恵まれています

20代であれば、将来を見据えたポテンシャル重視の採用傾向です。たとえスキルや経験が不足していても、企業への熱意を伝えられれば転職も可能です。

一方で、30代は企業にとって即戦力を期待されます。今までの経験から転職の目的を明確にして、企業ごとに書類や面接対策するなど事前準備が成功のポイントです。

2. 新しい職場になじめるか不安

新しい人間関係を構築したり仕事を一から覚えたりして、転職後の職場になじめるか不安になるものです。

不安解消の考え方は、転職後の1ヶ月間は新しい環境に溶け込むため、積極的にコミュニケーションを取ることです。
同僚や上司と円滑にコミュニケーションが取れれば、短期間で職場へ適応できるでしょう。

まずは以下のことを実践して、新しい職場に馴染めるように努力します。

  • 職場の人の顔と名前をできるだけ覚える
  • わからないことは積極的に聞く
  • 新しい職場のルールに従う
  • 職場の人間関係を把握する
  • 業務知識はプライベートの時間も使って覚える

転職後の職場に馴染むため、積極的にコミュニケーションを取りましょう。

3. 上司に辞職を切り出せない

「退職すると周りに迷惑をかけてしまう」という思いから、上司に辞職を切り出せないと考え、転職を踏みとどまる方も多いのではないでしょうか。

しかし、会社があなたの面倒を見るわけではないので、ここで立ち止まっていては今までの環境と何も変わりません。

退職を申し出たら、企業が社員を引き止める法律上の権限はありません。もし引き止めにあっても、退職の意向をはっきりと伝えれば仕事は辞められます。

もし勇気が出ない場合は、退職代行などのサービスを活用して、転職への一歩を踏み出しましょう。

4. 今のキャリアや評価を失う

今のキャリアや評価を失うことで、転職に踏み切れない方も多いのではないでしょうか。
たしかに慣れた仕事や職場の同僚との関係が無くなることは、不安になるものです。

不安解消の方法は、もう一度転職したい理由を整理してみることです。

転職後の年収や福利厚生に不安を感じるなら、求人情報やネットの口コミ情報を調べて、納得できる条件か判断できます。また転職で叶えたい目標が決まっていれば、現職にとどまることは足枷になります。

退職したい理由を整理して、転職するかどうかを判断しましょう。

5. 転職先の労働環境が今より悪くなるかもしれない

転職先の労働環境が今より悪くなるかもしれないと考え、転職活動を始められない方もいます。

実際に入社してみないと、労働環境はわからないことも事実です。転職によって今よりも残業時間が増えたり、人間関係の問題が発生したりするかもしれません。

こうした不安を解消するには、転職を通して達成したい目的を考えましょう。転職の目的が決まっていれば、多少困難なことがあっても乗り越えられます。

予測できない不安に目を向けるより「5年後にどうなりたいか?」という転職の目的を明確にすることで、迷いをたち切れるでしょう。

転職しなかったときに想定される3つのリスク

今の仕事に残ることは間違いではありません。しかし転職しなかったことで、将来転職を考えたときに起こりうるリスクもあります。

こちらでは、転職しなかったときに想定される3つのリスクを解説します。

  1. 年齢とともに転職時に求められるスキルや経験が上がる
  2. 生活環境の変化によって身動きが取れなくなるかもしれない
  3. 仕事への不満は解消されない

それぞれ順番にみていきます。

1. 年齢とともに転職時に求められるスキルや経験が上がる

年齢とともに転職時に求められるスキルや経験は上がっていきます。20代のうちはポテンシャルを重視した採用なので、未経験職種へもチャレンジしやすいです。しかし30代以降は、ある即戦力を求められます。

もし現職でキャリアアップに必要なスキルや経験が身につかない環境であれば、年齢を重ねるごとに転職は難しくなることを理解しましょう。

2. 生活環境の変化によって身動きが取れなくなるかもしれない

生活環境の変化によって、身動きが取れなくなるかもしれません。結婚や出産、マイホームの購入によるローンの返済など、人生にはさまざまなイベントが待っています。

とくに子供が生まれたあとは、保育園や学区の制限により転職先の勤務地は限定されます。また住宅ローンの返済が残っていれば、年収が下がるような未経験職種への転職は難しくなるでしょう。

人生のイベントを迎えることで応募する企業への制限がかかり、身動きが取りにくくなることを覚えておきましょう。

3. 仕事への不満は解消されない

当たり前のことですが現職にとどまっても、あなたの不満は解消されません。

たしかに転職したからといって、悩みがすべて解消される保証も無いでしょう。しかしながら、何も行動しなければ問題を先送りにするだけです。

もしも現状の給与やキャリアへの悩みを抱えているなら、一生その不満は消えないでしょう。

転職の勇気を出すための5つの方法

転職に踏み切れない方に向けて、勇気が出る5つの方法を紹介します。

  1. 転職に有利なスキルを習得する
  2. 転職経験者の81.6%は結果に満足していると知る
  3. 転職で得られる明るい未来を想像する
  4. 転職経験のある友人や知人に相談する
  5. 転職エージェントに相談する

転職への一歩を踏み出したいと考えているなら、ぜひチェックしてみてください。

1. 転職に有利なスキルを習得する

転職に有利なスキルを習得しておきましょう。スキルを身につけることで、転職が有利になり「自分の決断によっていつでも転職できる」と気持ちが前向きになるからです。

転職に有利なスキルは以下の通りです。

  • IT・プログラミング系スキル
  • 英会話スキル
  • 経理系資格・スキル
  • OAスキル
  • コミュニケーションスキル

とくにおすすめのスキルは、IT・プログラミング系スキルです。現在IT業界の市場は伸びているので、キャリアアップや年収アップの転職が狙えます。

そこでIT・プログラミン系スキルのおすすめの教材は「Skill Hacks」です。

初心者が独学でプログラミングスキルを身につけられるコンセプトの教材です。Webアプリケーションの開発ができるように、94個の動画教材と無期限のLINE質問サポートがついています。

追加料金なしの転職サポートが付いていて、価格は79,800円。ほかのプログラミングスクールより安い料金設定です。

IT業界に興味がある方やプログラミングスキルを身につけ、エンジニア転職したい方におすすめの教材です。

2. 転職経験者の81.6%は結果に満足していると知る

転職経験者の満足度をご存知でしょうか。マイナビ転職のアンケートで、転職経験者の81.6%は転職の結果に満足していることがわかりました。

転職活動そのものは事前準備が忙しく、転職後も新しい職場に慣れるための努力が必要です。しかしながら、81.6%の転職経験者が結果に満足している事実を知れば、転職への勇気がわいてくるものです。

3. 転職で得られる明るい未来を想像する

転職で得られる明るい未来を想像しましょう。転職によって将来が明るくなると考えると、転職活動を前向きに検討できます。

転職後に達成したいことをリストアップすれば、いきいきと働く自分の姿をイメージしやすくなります。

4. 転職経験のある友人や知人に相談する

転職経験のある友人や知人に相談してみるのも、転職への勇気を持つために大切なことです。実体験を通して得た情報を聞けるので、転職活動のイメージがわきます。

転職で成功や失敗した点を聞いておけば、転職先に求める条件が整理しやすくなります。また、利用した求人サイトや面接の注意点を聞けば、転職活動のすすめ方を想像できるでしょう。

友人や知人に相談して転職活動のすすめ方がわかれば、漠然とした不安が解消され転職するかどうか決断できます。

5. 転職エージェントに相談する

転職エージェントに相談してみることもおすすめです。自分の経験やスキルを評価して応募先の候補を挙げてくれるので、転職に踏み切るか判断できます。

もしも希望する業界や職種への転職が難しいとわかれば、今の仕事を続けながらスキルアップや資格取得に挑戦して次の転職の機会を待てます。

長期的なビジョンで転職するかどうか判断するため、エージェントへ相談しましょう。

転職を決意したあとの具体的な行動4ステップ

転職を決意したらあとは行動するのみです。こちらでは、転職活動を開始するまでに必要な行動を4ステップで解説します。

  • ステップ1:転職の目的を明確にする
  • ステップ2:スキルや経験を棚卸する
  • ステップ3:就業規則を確認して転職活動のスケジュールを立てる
  • ステップ4:転職サポートに登録して転職活動をスタートする

それぞれ順番に解説します。

1. 転職の目的を明確にする

まずは転職の目的を明確にしましょう。転職の目的がはっきりしていないと、入社後にミスマッチを起こすかもしれません。

転職の目的を明確にするには、以下3つの順番で整理します。具体例を表にまとめたので、参考にしてみてください。

目的を決める手順具体例
1今の仕事を辞めたい理由を書き出す・営業が向いていない
2転職で達成したい条件をピックアップ・ノルマのない仕事がしたい
・事務職で働きたい
35年後の姿を想像して目標を決める・日商簿記2級を取得
・経理業務全体に携わる

「転職で達成したい条件」と「5年後のなりたい姿」が想像できたら、転職先に求める条件が決まるので、入社後のミスマッチを防げます。

2. スキルや経験を棚卸する

転職の目的が明確になったら、スキルや経験を棚卸しします。面接や書類作成のアピールポイントに使います。

スキルや経験の棚卸しの例は、以下の通りです。

  • 後輩指導の経験がある:マネジメント経験をアピール
  • 営業で社内売上1位を取った:営業力やコミュニケーション能力をアピール

ここで「転職でアピールできるようなスキルや経験は何もない」と思うかもしれませんが心配いりません。「普段の業務で工夫していること」や「意識して取り組んでいること」がそのまま強みとして使えるからです。

面接や書類作成のアピール材料を集めるため、スキルや経験を棚卸ししましょう。

3. 就業規則を確認して転職活動のスケジュールを立てる

転職活動のスケジュールを立てましょう。退職までの日程を決めることで、円満退職しやすくなります。

転職活動の期間は、3〜6ヶ月を想定します。ここで、あらかじめ就業規則を確認しましょう。会社によって退職できる時期が異なるからです。

内定が決まった翌月から入社できるとしても、会社から「退職を申し出て2ヶ月は退職できない」と言われたら、退職できない可能性もあります。

退職交渉がスムーズに終わらなかったら、内定取り消しの可能性もあるので、就業規則を確認したうえでスケジュールを立てましょう。

4. 転職サポートに登録して転職活動をスタートする

スケジュールを立てられたら、あとは転職サポートに登録して転職活動をスタートさせましょう。はじめての転職ではサポートを受けた方が、希望する条件での就職が決まりやすいからです。

転職サポートを使うメリットは、以下の通りです。

  • 希望する条件の求人紹介
  • 書類試験の添削
  • 面接対策の実施
  • 面接の日程交渉
  • 内定後の年収交渉

一方で、転職サポートは以下の3種類に分けられます。

  1. 転職サポート付き教材
  2. 大手転職エージェント
  3. 業界・職種特化型エージェント

希望する業界や職種が決まっているなら『転職サポート付き教材』か『業界・職種特化型エージェント』がおすすめです。専門の転職実績に特化している分、業界の知見が豊富で、書類添削や面接来策などの手厚いサポートが受けられます。

まだ業界や職種が絞りきれない方は、求人数の多い大手転職エージェントに登録して、企業の紹介を受けながら転職活動をスタートしましょう。

Skill Hacksなら最速でプログラミング初心者を脱出できる

  • 初心者からWebアプリケーション開発の知識を学べる
  • 無期限の質問サポート付き
  • 買い切り型で受講期限も無制限
  • 転職のノウハウを共有