>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

転職後に能力不足で悩んでいる人は必見!原因や対処法を5つに分けて詳しく解説

「転職したけど能力不足で仕事についていけない」
「転職先で無能扱いされていてる」
「今の状況を改善したい」

このような悩みを抱えていませんか?

期待に胸をふくらませて転職したにも関わらず、能力不足を痛感して辞めたくなっている方も多いのではないでしょうか。
よほどの事情がない限り解雇はされませんが、会社にいるのが心苦しいですよね。

そこでこの記事では、以下の内容を詳しく解説していきます。

  • 転職先を能力不足で辞めたくなる理由
  • 能力不足になってしまう原因
  • 能力不足を痛感したらやるべきこと

最後まで読めば、つらい状況を変えるためのヒントが見つかるはずです。自信を取り戻すためにも、ぜひ参考にしてみてください。

転職先を能力不足で辞めたくなる7つの理由

転職先を能力不足で辞めたくなる理由は、主に7つあります。

  1. 周囲ができることが自分だけできない
  2. 仕事内容を理解できない
  3. 同じミスを何度も繰り返す
  4. まわりに迷惑をかけて気まずい
  5. 仕事が終わらず残業時間が長い
  6. 頑張っても成果を出せない
  7. 成長している実感がない

順番に内容を見ていきましょう。

1.周囲ができることが自分だけできない

周囲が当たり前にできることが自分だけできないために、相対的に能力不足を感じるケースです。
他人と能力を比べる必要がなくても、真面目な性格の方はどうしても比べてしまう傾向にあります。

特に30歳前後は仕事の能力による差がはっきりしてくるので、焦ることもあるでしょう。

同時期に転職で入社した人ならまだしも、仕事のできる後輩を見るとひどく劣等感を抱いてしまいます。

周囲とのレベル差により能力不足を実感して、自分には適正がないと辞めたくなるようです。

2.仕事内容を理解できない

仕事内容を理解できないと、精神的に追い込まれます。上司や先輩から怒られたり呆れられたりする機会が増えるためです。

仕事内容を理解できないのは、いわゆる「わからないことがわからない」状態です。
仕事の進め方もわからないので何も行動できず、質問したくても何を聞けばいいのかわかりません。

自分の能力不足が情けなくなり、辞めたい気持ちが強くなってしまいます。

3.同じミスを何度も繰り返す

同じミスを何度も繰り返してしまい、能力不足を感じるケースは多いです。失敗が続くと自己肯定感が下がり、落ち込んでしまいます。

もちろん、ミスは誰にでも起こるものです。しかし一度起きたミスは予防でき、優秀な人は再発しないように努力をしています。

どれだけ気をつけても同じミスを繰り返してしまうと、自分は能力が低いと判断してしまいがちです。

4.まわりに迷惑をかけて気まずい

自分が困るだけでなく、まわりにも迷惑をかけてしまい気まずい思いをするケースです。
丁寧に教えてもらったりフォローされたりすると、余計に申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

たとえば、以下のように迷惑をかけてしまった場合です。

  • 指示された内容を勘違いする
  • 自分のせいで進捗が遅れる
  • お客様への納期が守れない

自分が能力不足のせいで足を引っ張っていると感じて、辞めたくなってしまうでしょう。

5.仕事が終わらず残業時間が長い

能力不足の場合は仕事が終わらず、残業時間が長いのも悩みのタネです。
疲労が蓄積されるだけでなく、周囲からもよく思われず職場の居心地が悪く感じてしまいます。

もし周囲の人が定時で仕事を終えて帰って行く中、自分だけが残業をしていると能力不足をアピールしている気分になるでしょう。

うまく他の人に仕事を依頼できればいいのですが、責任感の強い人ほど自分で仕事を抱え込みがちです

どうして自分だけ仕事が終わらないんだろうと悩み、退職希望につながります。

6.頑張っても成果を出せない

成果を出せないと、能力不足を強く感じてしまいます。頑張っているのであれば、なおさらです。

成果が出せないのであれば評価をされることもないので、モチベーションを維持するのは難しくなります

同じ時期に転職で入社した同僚や後輩が成果を出していると、より焦燥感に駆られるでしょう。

このまま続けていても見込みがないのではと思い、退職を考えるようになってしまいます。

7.成長している実感がない

成長している実感がないことで、自分は能力不足だと感じてしまう方は大勢います。

毎日努力をしているにも関わらず、過去の自分と変化がないのは想像以上につらいものです。
特に転職してから1~2年ほど時間が経ったタイミングでは、よりつらく感じてしまうでしょう。

成長するスピードは人それぞれですし、周囲から見ればできることが増えていることもあります。

しかし、自分自身の能力に限界を感じて、見切りをつけてしまうケースは少なくありません

転職先で能力不足になる5つの原因

能力を認められて採用されたはずなのに、なぜ転職先で能力不足になってしまうのか、主な原因を5つ紹介します。

  1. 周囲のレベルが高い
  2. 教育してくれる人がいない
  3. 社風や上司とのミスマッチ
  4. 自分なりのやり方にこだわっている
  5. 作業効率が悪い

ご自身の状況を整理するためにも、内容を確認してみてください。

1.周囲のレベルが高い

転職先で能力不足になっているのであれば、周囲のレベルを確認してみてください。
周囲のレベルが高い場合、あなたに問題がなくても能力の差が大きくなります

特に大企業の場合、上司や同僚には優秀な人がとても多いです。

膨大な数の就活生の中からよりすぐりの人材を採用していますし、実績が求められる中途採用であればなおさら身に付けているスキルは高度になります

他の企業であれば、あなたの能力も評価されていたかもしれません。しかし周囲のレベルが高いのであれば、相当な努力をしないと差は縮まらないでしょう。

2.教育してくれる人がいない

仕事の能力を上げるためには、上司や先輩など教育してくれる人の存在が欠かせません。
しかし転職の場合、新卒採用のように丁寧に教えてもらえる機会は少ないです。

いきなり現場に出されたり、引き継ぎの時間が不十分のままお客様の担当を変わったりするケースも珍しくありません。

きちんと教育を受けられなくては目の前の業務をこなすのに必死で、能力を上げるのは困難でしょう。

教育をしてくれる環境が整っていないことが、転職先で能力不足になる原因となっている場合もあります。

3.社風や上司とのミスマッチ

以前の職場では問題なく能力を発揮できていたのであれば、転職先の社風や上司とのミスマッチが起きている可能性もあります。

自分の得意な環境でなければ、能力を最大限に発揮するのは難しいものです。

たとえば提案資料を作り込んでから商談すれば受注率が高い営業マンでも、上司が飛び込み営業による商談数を重視するタイプでは、成果を出すのは困難です。

控えめな性格の人が体育会系の会社に転職して、能力を発揮できず成果を出せなくなるケースも珍しくありません。

転職先で社風や上司とのミスマッチが起きているにも関わらず、能力不足だと自分を責めているケースも考えられます。

自分なりのやり方にこだわっている

自分なりのやり方にこだわっていることが原因で、転職先で能力不足になっている人もいます。過去の実績やプライドが邪魔をして、転職先に馴染む意欲を失っているケースです。

せっかく先輩や上司がアドバイスをしてくれても聞き流したり、自分なりの解釈で満足したりする人は少なくありません。

仕事の能力を高めるために時にはプライドも大切ですが、それ以上に謙虚な姿勢が求められるものです。

自分なりのやり方に固執してしまい、転職先で能力不足になるのは意外とよくあります。

5.作業効率が悪い

仕事のクオリティや実力は申し分ないのに、作業効率が悪いために能力不足と判断されているケースもあります。想定よりも進捗が悪く、周囲にマイナスの印象を与えてしまうためです。

作業効率が悪い人には、以下のような特徴があります。

  • 優先順位がつけられない
  • 全体像を把握していない
  • 臨機応変に対応できない
  • スケジューリングが苦手
  • 整理整頓をしない

時間をロスすることが多いので、作業効率が悪い人は頑張っていても能力不足のレッテルを貼られます。

転職後に能力不足を痛感したらやるべきこと5選

こちらでは、転職後に能力不足を痛感したらやるべきことを厳選して5つ紹介します。

  1. 優秀な先輩や同僚の真似をする
  2. マルチタスクを目指さない
  3. タスク管理と効率化を徹底する
  4. メモを取る習慣を身につける
  5. アウトプットを意識する

すぐに実践しやすいものばかりです。ぜひ参考にしてみてください。

1.優秀な先輩や同僚の真似をする

転職後に能力不足を痛感したら、まずは優秀な先輩や同僚の真似から始めてください。
自分なりのやり方との違いや、なぜ差が生まれるのかわかるようになります。

誰であっても、最初から仕事が完璧にできる人はいません。

今は優秀な先輩や同僚たちも、能力が高い人の真似をすることで、自分のスキルとして身に付けていったのです。

能力不足を痛感したときこそ自分なりのやり方やプライドは捨てて、謙虚な姿勢で仕事ができる人の真似をしてみましょう

2.マルチタスクを目指さない

転職後に能力不足を痛感したのであれば、マルチタスクを目指すのをやめて目の前の業務に集中するのもポイントです。
1つ1つを確実にクリアしていくことで、仕事の精度が向上します。

複数の作業を同時に行おうとすると、人間の脳は処理能力が低下してしまうものです。

マルチタスクは仕事を頑張っているように感じますが、ロスする時間が増えてむしろ効率の悪さにつながっています。

さまざまな業務に手を出さずシングルタスクを意識するのが、能力不足を改善するポイントの1つだと言えます。

3.タスク管理と効率化を徹底する

能力不足で周囲よりも作業に時間がかかったり、残業時間が長かったりするのであれば、タスク管理と効率化を徹底するのが大事です。やるべき業務を可視化することで行動を整理しやすくなり、集中力のアップも期待できます。

タスク管理をするには、以下のコツがあります。

  • タスクをできる限り細分化にする
  • 重要度と緊急度で分類して優先順位をつける
  • やらないタスクも決める
  • タスクにかかる時間も計算する
  • 一日のスケジュールに落とし込む
  • アプリなどのツールを活用する

タスク管理と効率化を徹底すれば、生産性は大幅に向上するはずです。地道な努力を継続していくことで、能力不足の改善につながります。

4.メモを取る習慣を身につける

誰でも頭の中で思っていることを完璧に覚えるのは難しいものであり、時間が経てば忘れてしまうことがほとんどです。
メモを取る習慣を身につけることで、聞き漏れや同じミスの繰り返しを防止できます。

ポケットに入る小さなサイズのメモを用意して、常に持ち歩くようにしましょう。ただし、メモを取っただけで満足するのはNGです。

何度も見直して、理解度を深めていくのが能力不足を改善するポイントです。

5.アウトプットを意識する

アウトプットを意識することで知識が整理され、より定着しやすくなります。さらに得た情報を自分の言葉に置き換えることで、人に伝えるスキルも向上するのもメリットです。

インプットしたら同僚や家族に話す、ブログやSNSで情報発信をするなど、積極的にアウトプットをしていきましょう。

アウトプットの質を高め、習慣化するには以下の5点が秘訣です。

  • インプットしてから時間をおかない
  • 間違えてはいけないと思わない
  • フィードバックをもらう
  • 否定されても落ち込まない
  • 目標を高くしすぎない

習慣化するには努力が必要ですが、アウトプットは仕事における強力な武器になります。しっかり意識して、能力不足の改善に役立ててください。

Skill Hacksなら最速でプログラミング初心者を脱出できる

  • 初心者からWebアプリケーション開発の知識を学べる
  • 無期限の質問サポート付き
  • 買い切り型で受講期限も無制限
  • 転職のノウハウを共有