>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【これで完璧】転職のやり方がわからない人へ!手順やスムーズに進める5つのポイントを詳しく解説

「転職のやり方がわからない」
「転職のやり方が知りたい」
「転職するまでのコツは?」

このような悩みにお答えしていきます。

転職したいと考えた時、どんな順番で進めていけばよいか迷う方もいるでしょう。

やり方がわからないと、スムーズに進まなかったり、無駄な時間を過ごしてしまったりする恐れがあるので、正しい手順を把握しておきたいところです。

そこで、こちらの記事では以下の内容について解説していきます。

  • 転職のやり方5STEP
  • 転職をスムーズに進めるためのポイント
  • 【転職を決めたら】退職を会社に伝えるときの注意点3つ

スムーズに転職を行うために、ぜひ参考にしてみてください。

転職のやり方5STEP

こちらでは、転職のやり方を5つのステップに分けて詳しく解説していきます。

  1. 自己分析を行う
  2. 転職希望先の情報をリサーチする
  3. 応募書類を作成する
  4. 求人に応募する
  5. 面接対策を行う

これから転職活動を始めようと考えている方は、参考にしてみてください。

1.自己分析を行う

本格的な転職活動を始める前に、自己分析を行いましょう。自己分析を行う事により、持っているスキルを活かした転職先を見つけられるからです。

また、面接で志望動機を語る際にも具体的に話せるようになります。

自己分析のやり方に正解はありませんが、重要なポイントは、

  • 自分には何ができるのか
  • 転職でどんなことをしたいのか
  • 希望を叶えるためにやるべきことは何か

という3つの視点で分析するのがおすすめです。

もし、転職エージェントを利用するなら、診断ツールを利用するのもよいでしょう。

2.転職希望先の情報をリサーチする

自己分析により目指したい業界や職種が明らかになったら、転職先の情報を詳しくリサーチしましょう。しっかりリサーチせずに転職を始めてしまうと、以下のようなリスクがあります。

  • 縮小傾向にある業界を選んで将来的に苦労する
  • きちんとした志望動機を用意できず、ライバルに負けてしまう
  • 業務内容を想像で予測してしまい、実際に仕事に就いたときにギャップに悩む

ネットでキーワード検索したり、口コミ検索したりして、新しい情報をできるだけ多く入手しましょう。

もしネットの情報が正しいのか判断に困るのであれば「業界地図」という書籍を購入するのがおすすめです。業界の最新の動向などがわかるので、転職活動に役立ちます。

3.応募書類を作成する

企業に応募する際には、「職務経歴書」と「履歴書」の作成が必要です。
履歴書は、本人確認書類として内定後に企業が保管するために使われます。JIS規格のものに従って書類を用意しましょう。

特に重要なのは、書類選考の合否を大きく左右する職務経歴書です。履歴書のように決まったフォーマットはありませんが、A4サイズ1~2枚にまとめるのが一般的です。

職務経歴書には、主に3つの書式があります。

  • 編年体式:業務経歴を時系列に示す。これまで同一業務を行ってきた人が経験をアピールするのにおすすめ
  • 逆編年体式:最新の業務経歴から伝える書式。最新の業務をアピールしたいときにおすすめ
  • キャリア式:職務内容ごとに経歴をまとめる。複数の分野で活躍してきた人におすすめ

これまでの職歴に合うフォーマットを選んでみてください。

4.求人に応募する

実際に求人に応募していきましょう。インターネットを使って求人を探すなら転職サイトと転職エージェントを併用するのがおすすめです。

  • 転職サイト:自分で希望する求人を見つけて応募する
  • 転職エージェント:希望する条件に合う求人を、担当者が紹介してくれる

例えば、転職エージェントだけを利用する場合、よい求人を紹介してもらえるまで待たなければなりません。自分でもよい求人がないかどうか、転職サイトで探しましょう。

ただし、気になる求人はすべて応募するのではなく、3~4社を目安に絞るのがおすすめです。
大量に応募すると、面接対策がおろそかになったり、書類を使い回すことになり書類選考に残れなかったりするリスクが高まります。

「これだけは譲れない」というポイントを決めて、希望に合う企業を厳選することが大切です。

5.面接対策を行う

書類選考に通ったら、面接対策を行いましょう。具体的に、どんな質問をされるのか想定し、答えを用意していきます。志望動機」や「退職理由」「長所・短所」といった定番質問は必ず押さえておきましょう。

それ以外にも、

  • 基本的なマナー
  • 第一印象を良くするための自己紹介
  • 面接の後に評価を上げる逆質問

なども押さえておけば、内定にぐっと近づきます

誰かに疑似面接を行ってもらえるなら、依頼するとよいでしょう。1人で練習する場合は、鏡の前や動画で撮影するなどが効果的です。他人からどう見えているのか、客観的に判断してみてください。

転職をスムーズに進めるためのポイント5選

転職をスムーズに進めるために、いくつかのポイントを押さえておきましょう。以下5つのポイントについて解説していきます。

  1. 自分の市場価値を正しく知る
  2. 自分に合った企業や求人に応募する
  3. 企業・ポジションに合わせた職務経歴書を作成する
  4. 面接に備えて基本的なマナーを確認する
  5. 複数社から内定をもらったときはポイント制で比較する

ぜひ参考にしてみてください。

1.自分の市場価値を正しく知る

自分の市場価値を正しく知って、転職活動を行うことが成功するコツです。

例えば、年収アップ目的で転職する場合、自分の市場価値を知らずに高望みしても、スキルや経験不足によりなかなか採用にたどり着かない、ということがあります。

「大企業にいたからスキルは十分なはず」「資格をもっているからやっていけるはず」と、自分の市場価値を高く見積もると失敗するリスクが高まります。

大切なのは「あなたが企業に対してどのように貢献できるか」です。自分の市場価値がよくわからないなら、転職エージェントに登録し、どんな企業からオファーが来るのか見てみるとある程度分かるでしょう。

2.自分に合った企業や求人に応募する

当たり前に思うかも知れませんが、自分に合う企業・求人に応募することは重要です。企業が求めるスキルや経験にマッチしていないと、上手く行かない可能性が高まるからです。

例えば、

  • 企業が求めるスキルや経験に満たないが、待遇が良いから応募する
    →書類選考は難しい
  • 企業が求めるスキルや経験を大きく上回る
    →企業側が「すぐ辞めるのでは」「スキルを持て余すかも」と不安を抱き、選考に残らない可能性がある

など、自分のスキルや経験に見合う企業を選ばないと、失敗するリスクが高くなります。また、スキルアップしたいからという理由だけで大企業を選ぶのもおすすめできません。あなたが成長・活躍できる環境かどうかを重視して選ぶようにしてみてください。

3.企業・ポジションに合わせた職務経歴書を作成する

応募書類の職務経歴書は、企業が求めていることに合わせて作成することが大切です。特に、自己PRや志望動機は、しっかり考えて作成しましょう。

自己PR

自己PRは、前職の経験を転職先でどう活かせるのか、明確にすることが大切です。例えば、前職は事務職で営業職を希望する場合「黙々と仕事をこなす」という内容はPRにならないでしょう。

自己PRを作成するときは、以下の内容を企業に合わせて作成するようにしましょう。

  • 仕事内容とその成果
  • 業務をこなす中で得られた強み
  • 企業に何を貢献できるか

以上の内容を盛り込むことで、企業に合う自己PRが作成できます。

志望動機

応募する企業に合わせた志望動機を作ることも重要です。志望動機に欠かせない要素は以下の3つです。

  • 企業に惹かれる理由
  • 事業やポジションに惹かれる理由
  • 企業や事業に貢献できる強み

特に、現在の仕事で身につけた強みが、転職先の企業でどう活かせるのかはとても大切です。強みが何もない、というのはNGです。単に「やる気があります!」というよりも、強みを明確にして志望動機を語ることで、熱意がしっかり伝わるでしょう。

4.面接に備えて基本的なマナーを確認する

転職では特に、面接時に社会人としてのマナーが備わっているかしっかり見られます。

  • 入室時のマナー(ノックの回数やドアの閉め方)
  • お辞儀のマナー
  • 正しい名刺の受け取り方
  • 退室時のマナー
  • 不快感を与えない服装・髪型

など、最低限のマナーはしっかり押さえておきましょう。マナーに関する本を1冊買っておくのもおすすめです。社会人としてのマナーは転職後にも役立つので、しっかり身につけておいて損はありません。

面接の内容が良いのに、マナーがなっていなくてマイナスイメージを与えることがないよう、しっかりチェックしておきましょう。

5.複数社から内定をもらったときはポイント制で比較する

転職する際は、複数社応募することもあるでしょう。複数社から内定をもらったり、今の職場とどちらがよいか迷ったりするときは、ポイント制で比較するのがおすすめです。

転職で求める項目を書き出し、最も重視するポイントを3点、次に重視するポイントを2点、その他1点として点数を出してみましょう。点数を出すことで企業の良さを客観的に見られます。

一番高得点の企業を選ぶことにより「他の会社にすればよかった」「転職しなければよかった」という後悔を防げます結果的に今の企業のほうが良いことも、ポイント制にすることで明らかにできます。

【転職を決めたら】退職を会社に伝えるときの注意点3つ

転職が決まったら、現在の企業に退職を伝えなければなりません。こちらでは、退職を伝えるときの注意点を解説していきます。

  1. 転職が決まってから退職の意思を伝える
  2. 退職1~2ヶ月前までに伝える
  3. 退職で損をしないよう交渉を行う

退職を伝えるときの参考にしてみてください。

1.転職が決まってから退職の意思を伝える

転職が決まる前に退職を伝えないほうがよいでしょう。もし、スムーズに転職が進まなかった場合、特に金銭面のリスクが大きいからです。

金銭的な余裕がないと、精神的に追い詰められてしまい、妥協して就職先を選んでしまうことがあります。

「激務で今の仕事をしながら転職活動はできない」「もう1日でも今の職場にいたくない」という場合以外は、ひっそりと転職活動を進めるのがおすすめです。

誰にも伝えなければ、転職活動をした結果、今の職場のほうが良いとわかったときに居心地の悪さを感じなくて済みます。

2.退職1~2ヶ月前までに伝える

退職を切り出すときは、退職する1~2ヶ月前を目安にしましょう。円満に退職するために、正しい手順を踏む必要があります。

まずは直属の上司に話し、その後の指示を仰ぎましょう。退職したい理由は、会社のせいにするのではなく個人的な都合にするのが無難です。転職先が決まっているなら、たとえ引き止められても意思を変えないようにしましょう。

3.退職で損をしないよう交渉を行う

退職は自分の希望と会社の意見で対立することがあります。なるべく損をしないよう、しっかり交渉を行いましょう。

特に、退職日で揉める可能性が高いです。引き継ぎは全力で行うことを示しつつ、退職日を妥協して転職先に迷惑をかけないようにしなければなりません。

また、できるだけ退職前に有給休暇を消化できるよう交渉することも大切です。退職への交渉が済んだら、退職届・退職願を提出しましょう。

Skill Hacksなら最速でプログラミング初心者を脱出できる

  • 初心者からWebアプリケーション開発の知識を学べる
  • 無期限の質問サポート付き
  • 買い切り型で受講期限も無制限
  • 転職のノウハウを共有