>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【必見】インフラエンジニアに必要な7つのスキルとは?おすすめの学習方法やポイントを徹底解説

「インフラエンジニアに必要なスキルを知りたい!」
「どんなスキルが重要なのだろう」
「スキルを得るおすすめの方法は?」

などの疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

インフラエンジニアはシステムやサービスの土台を作る重要な役割で、ITに頼る現代において需要の高い職業です。

ところがどのようなスキルが必要なのかがわからないと、勉強を進めにくいですよね。

そこでこの記事では、インフラエンジニアに必要なスキルや、具体的な学習方法を解説します!

これからインフラエンジニアを目指したいと考えている方は、ぜひ記事をご覧ください。

監修者:平井 隆嗣 システム開発に加えてマーケティングまで対応し、集客や売上に貢献するエンジニア。 開発会社にて4年間の勤務をし、リーダーとして活躍したあとフリーランスとして独立。WordPress導入、デザイン、開発、アプリケーション開発などを幅広く手掛ける。
監修者:迫 佑樹 株式会社SkillHacks代表取締役。大学在学中からプログラミングスキルを身につけ、フリーランスエンジニアとして独立。 自身の経験を活かしプログラミングを教え、その知見からオンラインスクール事業Skill Hacksを運営。そのほか、実店舗ビジネスや知識プラットフォームBrainなどさまざまなビジネス経営中。

インフラエンジニアに必要な7つのスキル

それでは早速、インフラエンジニアに必要なスキルを7つ紹介します。

インフラエンジニアとして活躍するにはスキルが重要視されるので、ぜひ参考してみてください。

  1. インフラ構築のスキル
  2. クラウドインフラのスキル
  3. IT関連のスキル
  4. プログラミングスキル
  5. コミュニケーションスキル
  6. マネジメントスキル
  7. 自己管理スキル

それぞれ詳しく確認していきましょう。

1.インフラ構築のスキル

インフラエンジニアとして活躍するには、インフラの基礎となる構築スキルが必要です。

インフラエンジニアの仕事内容は以下の通り。

  • 設計
  • 構築
  • テスト運用
  • 運用・保守

中でも、必要なインフラを設計して構築する工程は非常に重要です。インフラ構築が行えないと、インフラエンジニアと名乗れません。

具体的には、ネットワークやサーバーを扱う技術に加えて、実機を使うための製品に関する知識を身につける必要があります。

システムやアプリの開発内容に応じて、要件を満たすインフラを構築するスキルが大切です。

2.クラウドインフラのスキル

今後インフラエンジニアに求められる重要なスキルとして、クラウドインフラのスキルがあげられます。

クラウドインフラというのは、今まで物理的に行っていたインフラ設計や構築をクラウド上で行うことです。

インフラ構築をクラウド上で行うと、実機が必要なくなるのでスペースやコストを軽減できます。また、サーバーやネットワークの管理がオンラインで行えるので、インフラ整備にかかる時間を短縮できるのも魅力です。

クラウドインフラはコストを抑えられることから、最近では多くの企業が導入しています。

中でも、Amazonが提供しているAWSは、クラウド分野では33%のシェアを誇るほど人気なサービスです。

クラウドインフラのスキルを身につける場合は、需要の高いAWSをマスターしましょう。

3.IT関連の基礎スキル

インフラエンジニアはIT関連の基礎的なスキルや知識が求められます。

インフラエンジニアはサービスやシステムの土台を作る職業なので、ネットワークやセキュリティなどの基本的なITスキルが必須です。

具体的には、以下のスキルが挙げられます。

  • ネットワーク
  • サーバー
  • システム開発
  • セキュリティ

システムを動かすためのネットワークやサーバーを整備するスキルや、クライアントやユーザーの情報を守るためのセキュリティの知識が求められます。

ITスキルはインフラエンジニアだけでなく、IT業界で働く上で必要になるので身につけておきましょう。

4.プログラミングスキル

プログラミングスキルも、インフラエンジニアとして活躍するために必要なスキルだといえます。

インフラ構築や整備を行う際に、サービスの内容によってはPHPやRubyといったプログラミング言語が必要です。また、システム開発の流れを理解して土台を構築するためにも、プログラミング言語を理解しているほうが関われる仕事が増えます。

インフラエンジニアとしての仕事の幅を広げられるだけでなく、様々な職種で活躍できるようにもなるので、プログラミングスキルを身につけておきましょう。

5.コミュニケーションスキル

インフラエンジニアは専門的な技術だけでなく、コミュニケーションスキルがとても重要です。

インフラ構築は、クライアントから適切なヒアリングを行い、環境を設計したり整備したりします。

クライアントから必要な機能やシステムの概要をきちんと聞き出せないと、適切なインフラ環境を構築できないため、仕事が成り立ちません。

また、インフラエンジニアはチームで仕事を進める案件も多いです。その際に、円滑に仕事を進められないと、納期に間に合わずクライアントからの信用を失ってしまいます。

構築だけではなく、多くの人とのやり取りが必要になる職種なので、最低限のコミュニケーションスキルを身につけておきましょう。

6.マネジメントスキル

インフラエンジニアとして、さらにキャリアを進めるためにはマネジメントスキルも必要です。

インフラエンジニアとしての仕事は、システム開発の土台を作る技術的な作業だけではありません。1つの大きな案件を受け持って、他のインフラエンジニアに仕事を振って構築のリーダーとなる、マネジメント業務も含まれます。

案件の責任者となるので、かかる責任や求められる技術は増えますが、その分報酬も高いです。

インフラエンジニアとしてさらに活躍したい方、キャリアを進めたい方は、マネジメントについて学びましょう。

7.自己管理スキル

特にフリーランスのインフラエンジニアには、自己管理スキルが重要です。

案件にもよりますが行う作業が多く、時間をきちんと管理しないと納期に間に合わないリスクが生まれます。

特にフリーランスの場合は、納期までにクオリティの高い仕事をこなせないと、クライアントからの信用を失ってしまうでしょう。

もちろん会社員の場合でも、自分の体調をコントロールしながら計画的に仕事進めなければいけません。インフラ構築は地道で根気がいる作業なので、自分を管理して愚直のこなす力が必要です。

インフラエンジニアとして活躍するには、自己管理スキルも身につけておきましょう。

インフラエンジニアに必要なスキルを身につける5つの方法

こちらでは、インフラエンジニアに必要なスキルを身につける5つの方法を紹介します。

ぜひ参考にして、インフラエンジニアとしての価値を高めてください。

  1. オンライン講座を受講する
  2. 独学で学ぶ
  3. スクールに通う
  4. 案件に応募する
  5. 資格を取得する

それぞれ詳しく確認していきましょう。

1.オンライン講座を受講する

オンライン講座を受講すると、専門的な技術やスキルをわかりやすく自分のペースで学べます。

オンライン講座の多くは講師が動画でスキルを解説してくれているので、わかりやすいのがメリットです。また、オンラインの動画なので自分のペースで学習を進められます。

買い切り型の講座を選ぶと繰り返し学習できるので、コスパが高い学習方法です。

おすすめの講座は、今後インフラエンジニアに必要となるクラウドインフラを学べる「AWS Hacksです。

現役で活躍しているエンジニアから動画で必要なスキルを学べるだけでなく、無制限の質問サポートがついているので、挫折しにくい環境が揃っています。

インフラエンジニアとして高いスキルを身につけたい方は、ぜひAWS Hacksを検討してみてください。

2.独学で学ぶ

本やネット上の動画を利用して、独学で学ぶ方法もあります。

独学は、学習コストを抑えられるのが大きなメリットです。また、何度も繰り返して学習できるので、コスパが高い方法と言えます。

しかし本や動画だけの独学では疑問点を質問する環境が無く、スキル習得まで時間がかかるのがデメリットです。

ある程度知識があり、自力で学習する環境が整っている方は、独学を検討してみましょう。

完全未経験の場合は多くのことにつまずく可能性があるので、オンライン講座を受講すると効率的です。

3.スクールに通う

インフラエンジニアを養成しているスクールに通うのも1つの方法です。

スクールに通うと講師に直接教えてもらえるので、疑問を解決しながら学習できます。また、最短でスキルを習得するカリキュラムが組まれているので、効率的に学べるのがメリットです。

しかし、スクールに通うには高額な費用がかかります。高いもので数十万円と気楽に通えないのがデメリットです。

スクールに通えば必ずスキルを習得できる保証もないので、どうしても1人では学習できない方は選択肢に入れましょう。

4.案件に応募する

未経験OKの案件に応募すると、働きながらスキルを習得できます。

インフラエンジニアは需要が高いことから、企業がエンジニア育成にも力を入れていて、未経験でも案件の受注が可能です。

初めはスキルを得るまでに時間がかかり苦労しますが、お金をもらいながらスキルを学べるのは嬉しいですね。

未経験の方が案件に応募する際は、ヒューマンスキルをアピールしましょう。

コミュニケーションスキルを重視している企業が多いので、人間性で勝負すると面接に受かる確率が上がります。

5.資格を取得する

資格を取得するのも1つの学習方法です。インフラエンジニアになるのに資格は必要ありませんが、資格の勉強をするとスキルが身につきます。

やみくもに独学をするよりも、試験という目標があるのでモチベーションを保ちやすいのがメリットです。また、資格はスキルの証明にもなるので、取得して損はしません。

とはいえ、インフラエンジニアに必要なのはスキルです。求めている技術が資格で勉強できないと意味がないので、内容をよく確認して取得しましょう。

インフラエンジニアに必要なスキルを身につけるときの4つのポイント

こちらでは、スキルを身につけるときの4つのポイントを紹介します。

  1. 何度も復習する
  2. 継続的に学び続ける
  3. 実際に手を動かす
  4. わからない部分は聞く

それぞれ詳しく確認していきましょう。

1.何度も復習する

スキルを学習するときは、何度も復習して習得しましょう。

プログラミング系の学習は、すぐに内容を理解できるわけではありません。ひとつのスキルを身につけるまでに、多くの時間がかかります。

そのため何度も学習を繰り返して、時間をかけてスキルを定着させる意識が重要です。

実務レベルでスキルを使えるようになるためにも、反復練習を欠かさないようにしましょう。

2.継続的に学び続ける

継続的に学び続けるというのも、スキルを身につける上で大切なポイントです。

インフラエンジニアに必要なスキルは様々なものがあり、時間をかけて学び続けないと身につけられません。

じっくり時間をかけてコツコツ学ぶのが、スキルのあるエンジニアへの近道です。

また、1つのスキルに限らず様々な知識を時間をかけて学んでいくと、インフラエンジニアとしての価値を高められます。

3.実際に手を動かす

ただ知識を学ぶだけでなく、実際に手を動かして覚えるのが重要なポイントです。

インフラ構築やIT関連のスキルは、座学を学んで理解しても実際に作業を行わないと定着しません。

どんな場面で使えるのか、どんな役割があるのかなど、手を動かして理解することで現場で使えるようになります。

スキルや知識を頭で理解したら、その場ですぐに作業をする癖をつけましょう。

4.わからない部分は聞く

スキルの学習しているときに、わからない部分があればすぐに聞きましょう。

というのも、自分では解決できない問題にあたっても、詳しい人に聴いたら一瞬で解決するかもしれません。プログラミング学習のほとんどは、答えを聞けばすぐに解決できるので、1人で悩む時間はもったいないです。

例えば「AWS Hacksなら無制限の質問サポートがついているため、疑問をすぐに解決して効率的に学習できます。

壁にぶつかったら迷わず質問できる環境を作っておいて、疑問点を1つずつ解消していきましょう。

AWS Hacksなら最速でプログラミング初心者を脱出できる

  • 初心者からAWSの基礎を学べる
  • 無期限の質問サポート付き
  • 買い切り型で受講期限も無制限