>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【必見】フロントエンジニアで年収1000万は達成できる!5つのやるべきことや7つのスキルなど徹底解説

「フロントエンジニアで年収1000万は達成できる?」
「年収1000万を超えるには何をすれば良い?」
「フリーランスでも年収1000万は実現できるか知りたい!」

などの疑問を持つ方もいるでのはないでしょうか。

フロントエンジニアとして活動している方やこれから目指したい方で、年収1000万円を目標にする方もいらっしゃるでしょう。

ところがどのようにスキルを身に着けていけば良いのか、そもそも1000万円が目指せるのかどうかがわからないと、どう行動すればよいかがわからないですよね。

そこでこの記事では、フロントエンジニアが年収1000万円を目指すためにやるべきことや、必要なスキルについて解説します。

これからフロントエンジニアを目指したいという方は、ぜひ記事を参考にしてみてください!

監修者:平井 隆嗣 システム開発に加えてマーケティングまで対応し、集客や売上に貢献するエンジニア。 開発会社にて4年間の勤務をし、リーダーとして活躍したあとフリーランスとして独立。WordPress導入、デザイン、開発、アプリケーション開発などを幅広く手掛ける。
監修者:迫 佑樹 株式会社SkillHacks代表取締役。大学在学中からプログラミングスキルを身につけ、フリーランスエンジニアとして独立。 自身の経験を活かしプログラミングを教え、その知見からオンラインスクール事業Skill Hacksを運営。そのほか、実店舗ビジネスや知識プラットフォームBrainなどさまざまなビジネス経営中。

【結論】フロントエンジニアで年収1000万は達成できる

結論から言うと、フロンエンジニアが年収1000万円を達成することは可能です。スキルを持っていて、クライアントの価値提供ができれば達成できます。

年収1000万円を超えるにはフリーランスと会社員のどちらがが良いのか」という疑問も出てくると思いますが、どちらでも十分達成可能な金額です。

例えば、大手企業のフロントエンジニアは年収1000万円を超えている方がたくさんいます。フリーランスとして複数の案件を受け持ちながら達成している方もいるので、自分のスキルや実績を踏まえて働き方を選択しましょう。

とはいえ、年収1000万円を超えるにはそれなりのスキルが必要です。

適切なスキルアップと実績を身につければ具体的に達成可能な数字ですが、継続的に学び続ける必要があります。

フロントエンジニアの平均年収は594万円

こちらでは、現在のフロントエンジニアの平均年収を紹介します。あくまで平均の数字ですが参考にしてみてください。

求人ボックスによると、フロントエンジニアの平均年収は594万円です。

年齢別の平均年収は以下の通り。

年齢年収
20〜24339万円
25〜29445万円
30〜34533万円
35〜39573万円
40〜44621万円
45〜49651万円
50〜54666万円
55〜59652万円

これらはあくまでも平均なので、中には年収1000万円を超えている人も多数いらっしゃいます。

全職業の中でもフロントエンジニアの年収は高めなので、十分1000万円を狙える職業です。

フロントエンジニアが年収1000万を目指すうえでやるべき5つのこと

では、実際のどのようにフロントエンジニアとして年収1000万を目指せば良いのか、5つのやるべきことを紹介します。

  1. スキルを磨く
  2. 働き方を選ぶ
  3. 全ての仕事を全力でこなす
  4. 時給単価が高い案件を選ぶ
  5. まずは手を動かす

それぞれ詳しく確認していきましょう。

1.スキルを磨く

フロントエンジニアとして年収1000万を達成するために1番大切なのが、スキルを磨くことです。

エンジニアとしての価値を高めて、高単価な仕事をもらうまたは給料アップを狙うならば、スキルを磨き続ける必要があります。

エンジニアは資格を必要とせず、自分の価値にスキルが直結するため、技術不足の場合は仕事がもらえません。

フロントエンジニアとして必要なスキルを磨くのはもちろん、幅広い分野で知識を身につけると関われる仕事が増えて、さらに自身の価値が高まります

例えば、フリーランスのフロントエンジニアがサイト設計の依頼を受けたときに、インフラ構築からサイト運用、サービスの集客まで行えたら、その分報酬がもらえますよね。

エンジニアとしてのスキルに加えて、その他の付加価値をつけられると、年収1000万が見えてきます。

2.働き方を選ぶ

働き方を選ぶのも、年収1000万を目指す上で大切です。会社に勤めるのかフリーランスで働くのかで、やるべきことや求められるものが変わります。

具体的には、会社に勤めたら自社へ貢献できるスキルを身につけて昇給アップを狙う、副業を始めるなどの手段が取れるでしょう。

フリーランスの場合は、スキルと実績を身につけて高単価な案件を狙いながら、その他の業務を巻き取れるとさらに報酬を貰えます。

とはいえ、どちらの場合でもスキルと実績がある場合のみ、高い報酬が狙えるでしょう。

まずはスキルを身につけて、未経験OKの案件や会社で実績を積みながら、自分にあった働き方を選ぶのをおすすめします。

3.全ての仕事を全力でこなす

年収1000万を目指すのであれば、全ての仕事を全力でこなしましょう

スキルを身につけて仕事を受け始めたら、どんな仕事でも全力でこなしてクライアントや上司の信頼を得るのが大切です。

例えば、クライアントや上司から信頼されたらさらに重要なポジションを任されますし、新たな仕事をもらえます。

仕事を全力でこなすというのが具体的にイメージしにくい方は、以下を意識してみてください。

  • 仕事をできるだけ早くこなす
  • クオリティを上げる
  • レスポンスを早くする
  • さらに行える業務を提案する

単価が低かったりやりたくない仕事だったりしても、上記のポイントを意識してこなしましょう。

4.時給単価が高い案件を選ぶ

年収を上げるには時給単価が高い案件を選びましょう。

収入アップを考えるのであれば、案件の単価よりも時給単価を重視して働く必要があります。

スキルが認められて高単価な案件を獲得できたとしても、1ヶ月にその案件しかこなせないくらいに時間を取られたら意味がありません。

それであれば、単価は低くなるけど半分の時間でこなせる仕事を2つもらった方が、時給は上がります。

同じ作業時間で、時給換算したときに報酬が高い案件を選ぶのが年収アップのコツです。

5.まずは手を動かす

まずは手を動かしてどんどん仕事をこなすのも、年収1000万を目指すためにやるべきことです。

特に、未経験の方やスキルの伸び代がある方に言えますが、知識をつけたり必要なものを探したりするの大切ではあります。

しかし、まずは手を動かしてスキルを身につけながら実績をつけないと、高いスキルは得られません。

まずは行動量を増やして限界に達したときに、効率化させる術を身につけるという流れを作ると、気づいたら収入がアップしていますよ。

フリーランスのフロントエンジニアでも年収1000万は可能

フリーランスでもフロントエンジニアとして活躍できるのか、やるべきことはあるのか気になる方も多いでしょう。

フリーランスのフロントエンジニアでも、年収1000万は十分可能です。スキルがあるエンジニアなら、フリーランスになると単価が上がる傾向にあるので、会社員より容易に達成できる可能性すらあります。

実際に求人で募集されている案件には、単月80~100万円の仕事が多数存在しています。

フリーランスとして活動するのであれば、さらにスキルの重要性が高まるでしょう。会社員と違い、クライアントから仕事の成果を1番に求められるので、スキルアップが欠かせません。

また自由に仕事を選択できるので、幅広いスキルを習得しておくと巻き取れる仕事が増えて、報酬アップを目指せます。

ただしフリーランスのフロントエンジニアが高単価な案件を受けるには、実務経験が求められる場合が多いです。

具体的には2〜3年の実務経験があると、単価が60万円以上の案件が視野に入ってきます。

なので、2〜3年は企業で実績を積みながらスキルアップを目指し、その後独立するとフリーランスとして年収1000万円を狙えますよ。

フロントエンジニアが年収1000万を目指すために必要な7つのスキル

こちらでは、フロントエンジニアに必要なスキルを具体的に7つ紹介します。

  1. HTML/CSS
  2. JavaScript
  3. Webに関する知識
  4. フレームワークやライブラリの知識
  5. デザインスキル
  6. コミュニケーションスキル
  7. マネジメントスキル

それぞれ詳しく確認していきましょう。

1.HTML/CSS

フロントエンジニアとして活するには、最低限のHTML/CSSの知識が必要です。

フロントエンジニアの主な仕事は、Webサイトやアプリ用に設計されたデザインを、ブラウザに表示させます。

主にフロントエンドのコーディングを行うので、プログラミングの基礎となるHTML/CSSが欠かせません。

HTML/CSSをマスターする必要はありませんが、最低でもLPを作成できるレベルのスキルは身につけておきましょう。

2.JavaScript

フロントエンジニアになるには、JavaScriptの知識が必須です。

フロントエンドのコーディングは、主にHTML/CSSとJavaScriptを用いて行います。

そのため、フロントエンジニアとして活躍するためにマストなスキルになるので、専門的な部分までしっかり学習しましょう。

フロントエンジニアに必要なプログラミングをこれから身につける方は、オンライン講座の受講がおすすめです。

Front Hacksでは、フロントエンジニアに必要なフロントエンドプログラミングについて基礎から学べます。

実務経験豊富なエンジニアの講師がわかりやすく動画で解説してくれているので、未経験の方でもマスターできる内容です。

無制限の質問サポートがついているので、いつでも疑問を解決できます。

3.Webに関する知識

フロントエンジニアとして年収1000万を目指すのであれば、Webに関する知識も必要です。

Webの構造や仕組みを理解しておくと、バックエンドとのコミュニケーションに役立ちます。

具体的には、HTTPの仕組みやデータベースに保存されるプロセスなど、Webに関する基本的な知識は必須です。

バックエンドとのコミュニケーションがスムーズになると、仕事を円滑に進められて需要の高いフロントエンジニアを目指せます。

フロントエンドプログラミングについて学んだら、Webに関する知識を身につけましょう。

4.フレームワークやライブラリの知識

フレームワークやライブラリの知識も、フロントエンジニアとして活躍するために必要な知識です。

フレームワークやライブラリというのは、汎用的な機能が用意された骨組みのようなもので、作業を効率化させるために必要になります。

というのも、フロントエンジニアがコーディングをするときに、1からコードを書いているととても大変です。いちいち全てのコードを書いていると、時間と労力が取られて非効率的になります。

フレームワークやライブラリはあらかじめルール化されているので、作業を効率化させることが可能です。

年収1000万を目指すのであれば時給単価を上げていきたいので、必ず身につけておきましょう。

5.デザインスキル

フロントエンジニアがUI/UXなどのデザインスキルを身につけておくと、行える仕事が増えて単価アップを狙えます。

というのも、フロントエンジニアはサービスやサイトの目に触れる部分を作成する仕事です。デザインを自分で作成して、さらにフロントエンジニアとしての役割をこなせると、巻き取れる仕事が増えて報酬アップを目指せます。

しかし、就職する場合だと別にデザイナーさんがいる場合もありますし、フリーランスで案件を受けたとしても、デザインを指定される可能性があるでしょう。

そのため、必ず身につけるべきスキルではありませんが、個人で年収1000万円を目指すためには役立ちます

フロントエンジニアとしてのスキルを習得できたら、デザインを学んでみましょう。

6.コミュニケーションスキル

フロントエンジニアとして価値を高めるには、コミュニケーションスキルが重要です。

エンジニアは1人で黙々とパソコンと向かい合っているイメージがありますが、実はそんなことはありません。特にフロントエンジニアの場合は、チームで作業したりバックエンドとの会話が必要です。

そのため、仕事を円滑に進めるためにもコミュニケーションスキルが大切だといえます。

また、営業をするときやクライアントと良好な関係を保つためにも、円滑なコミュニケーションが求められます。

実際に、エンジニアの募集基準として、ヒューマンスキルを重視している企業は多いです。

プログラミングスキルだけでなく、最低限のコミュニケーションスキルを身につけましょう。

7.マネジメントスキル

フロントエンジニアとして年収1000万を目指すのであれば、マネジメントスキルを身につけましょう。

というのも、フロントエンジニアとして年収1000万は現実的に目指せる数字ですが、ある程度の作業量や案件の単価に左右されます。

さらに効率的に収入アップを目指すのであれば、エンジニアからディレクターやマネージャーなどのリーダーポジションを目指すのがおすすめです。

案件のリーダーポジションはそのプロジェクトの責任者なので、相応のスキルが求められますが報酬も高くなります。

マネージャーになるには、チームで円滑に作業を進めるためのマネジメントスキルが必要です。

エンジニアとして年収を上げてきたけど、さらに効率的に仕事をこなしたいという方は、マネジメントスキルを学びましょう。

Front Hacksならフロントエンジニアになる基礎が学べる

  • 実務経験豊富なエンジニアから現場で使える知識を学べる
  • 無期限の質問サポート付き
  • 買い切り型で受講期限も無制限