>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【高年収】フロントエンドエンジニアのフリーランスなら単価アップ!必要なスキルや仕事内容を解説

フロントエンドエンジニアとして活躍している人にとって、フリーランスになるのはひとつの選択肢。「収入は上がるの?」「会社員と違って安定しなくなってしまうのでは?」と、独立を悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

また、フリーランスが実際どんな仕事をしているのか気になりますよね。そこでこの記事では、フリーランスのフロントエンドエンジニアの実際のところを詳しく解説!

  • 年収
  • 仕事内容
  • 求められるスキル
  • 仕事のとり方

をまるっと解説しています!フロントエンドエンジニアとしてフリーランスを目指す方は必見です。

フリーランスになるとフロントエンドエンジニアの年収はあがる

求人ボックス調べによると、フロントエンドエンジニアの年収は約600万円です。

ITエンジニアの平均年収が483万円(求人ボックス調べ)なので、エンジニアの中でも給与水準は高め。そもそもが年収の高い職業と言えます。

さらにフリーランスに絞った場合、月の平均単価は68.7万円フリーランススタタート調べ)。単純計算すると、年収平均は824.4万円になります。

年収をあげたいならばフリーランスになる選択肢を考えてみても良いでしょう。なかには月単価160万円の案件もあるので、スキル次第で大幅に収入を伸ばせるチャンスがあります。

フリーランスのフロントエンドエンジニアの仕事内容

フロントエンドエンジニアのフリーランスになっても、仕事内容は企業に在籍する場合とほとんど変わりませんレバテックフリーランスで募集している案件を見てみると、

  • 既存サイトの改修
  • ECサイトの作成
  • 管理システムの改修
  • アプリ開発

などが見つかります。

実際に現役フリーランスとして活躍しているエンジニアに聞いてみても、仕事内容は正社員のときとほぼ変わらないとのこと。ただし、業務の中で開発をする時間はより増える傾向にあるようです。

開発に集中したい方やスキルを身に着けて自由に生きたいならフリーが向いています。一方で、運営側に携われずひたすら開発者という立ち位置になるので、人によってはデメリットと感じるかもしれません。

フロントエンドエンジニアのフリーランスが必要な5つのスキル

フロントエンドエンジニアに求められるスキルは5つあります。

  1. JavaScriptの開発スキル
  2. フレームワークを使った開発経験
  3. Web全体の仕組みの理解
  4. UI/UXの知識
  5. CMSの構築スキル

なお、現役のフロントエンドエンジニアに必須のスキルを取材しています!フリーランスとして活躍したい方は「【現役に取材】フロントエンドエンジニアのスキル厳選4選【マストでない知識は除外】」もぜひご覧ください!

1. JavaScriptの開発スキル

まず必要なのはJavaScriptの開発スキルと経験です。JavaScriptはWebサイトに動きをつける目的で利用される言語。フロントエンドエンジニアなら必須です。

フロントエンドエンジニアとしてJavaScriptでプログラムを書く機会は多いので、しっかり身につけましょう。

もし、まだJavaScriptのスキルを身につける前ならば、当メディアで提供するオンライン講座、Front Hacksがおすすめ。フロントエンドエンジニアに必要なスキルを、現役フリーランスから学べます。

質問対応が無制限なので、挫折せずに学習をすすめられるのもポイント。公式サイトにてサンプル動画もあるので、ぜひご覧ください。

また、具体的に身につけるべき知識とレベルは「フロントエンドエンジニアにはJavaScriptが必須!最低限必要な基礎知識を解説」で詳しく紹介!こちらもぜひご覧ください。

2. フレームワーク・ライブラリを使った開発経験

フレームワーク・ライブラリとは、アプリケーションの汎用的な機能が用意された骨組みのことです。

ライブラリはソースコードを呼び出すもので、フレームワークは良く利用されるライブラリまでまとめてテンプレート化したものを指します。どちらも、よく使う機能がテンプレ化されたツールと理解しておけば大丈夫です。

フロントエンドエンジニアの現場でよく使用されるフレームワーク・ライブラリは下記の通りです。

  • Bootstrap
  • Vue.js
  • React

コードを書く工数が減るため効率化できるほか、ページの一部だけを再読み込みできるので、ユーザーにもメリットがあります。しっかりと身に付けておきましょう。

3. Web全体の仕組みの理解

フロントエンドエンジニアでも、サーバー周りを含むWeb全体の仕組みを理解しておきましょう。

具体的には

  • HTTPの基本的な仕組み
  • データベースでの保存のされ方
  • ネットワークの仕組み

などを頭に入れておく必要があります。

概念をしっかり理解することで、バックエンドエンジニアとのやり取りが円滑になります。

4. UI/UXの知識

UI/UX設計とは、ユーザーが使いやすいWebサイトを作るための設計です。

いくらデザイン性が高いWebサイトでも、ユーザーにとって必要な情報が見つけにくければ利用頻度は減ります。そのためフロントエンドエンジニアは、常に利便性を意識することが重要です。

UI/UX設計のスキルを身に付ければ、ユーザーにとって有益なWebサイトを作成できますその結果、フロントエンドエンジニアとしての評価も高まるでしょう。

5. CMSの構築スキル

CMS(コンテンツマネジメントシステム)とは、専門的な知識がなくてもWebサイトを簡単に作成できるシステムです。

有名なサービスだと、

  • WordPress
  • Movable Type

が挙げられます。

近年ではCMSを使ったWebサイトが増えています。CMSをつかうことで、エンジニアの知識が少なくても、サイト更新ができるからです。

ブログやお知らせなど、サイト内の一部のコンテンツを更新していきたいクライアントは多いです。特に個人で直接仕事を受注するならば、身につけておきたいスキルでしょう。

フロントエンドエンジニアのフリーランスの仕事獲得方法

フロントエンドエンジニアがフリーランスとして仕事を獲得する方法は3つです。

  1. エージェントに登録する
  2. クラウドソーシングを用いる
  3. 直接営業をかける

1. エージェントに登録する

エンジニア系フリーランスが仕事をとるのに最も一般的な方法が、エージェントからの紹介です。開発経験を積むにつれてより条件のいい案件を紹介してもらえるので、単価アップも見込めます。

エンジニアの場合スキルシートに学歴や社歴を書かないので、経験した開発案件と利用した技術しかアピールできません。そのため、最初にスキルシートを埋めた上でレベルの合った案件を紹介してもらうのが正攻法。

エンジニア向けのエージェントには以下のようなところがあります。

  • レバテックフリーランス
  • Workship
  • Midworks

なお、エージェントに登録すると単価などの交渉を代行してくれるのもメリットです。エンジニアから独立したとしても、フリーランス経験が浅い場合はまずエージェントを活用すると良いでしょう。

2. クラウドソーシングを用いる

クラウドソーシングを用いて直接案件を探す方法もあります。この場合は、比較的小規模な開発が多いでしょう。

仕事が探せるクラウドソーシングサービスには以下のようなものがあります。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ

複数のサービスに登録して、仕事を探していくのがおすすめです。

3. 直接営業をかける

難易度は高いですが、フリーランスとして直接企業に営業をかける方法もあります。この場合は、フリーランスでチームを作っておく必要があります。

Webデザイン、コーディングも含めて全部依頼できる人を企業は求めているためです。

なお、エージェントから紹介していただいた企業と直接契約を結ぶのは禁止されています。契約違反になってしまうので、気をつけてください。

【未経験は危険】フロントエンドのフリーランスになる前の準備

フリーランスに憧れている場合も、未経験からいきなり独立するのはおすすめしません。駆け出しのフロントエンドエンジニアの場合、ほとんど仕事が取れない可能性が高いためです。

以下の4つの準備をすすめてからフリーランスとしてデビューするのをおすすめします。

  1. 実務経験をつんでおく
  2. ポートフォリオを準備する
  3. 収入の相場を調べておく
  4. 資格をとっておく

足りないものがある方は、ぜひご確認ください。

1. 実務経験をつんでおく

フリーランスになる前に、就職して実務経験をつんでおきましょう。企業によっては、実務経験の年数を足切り基準にしているので、そもそも面接に進めません。

また、フリーランス向けエージェントの中には、勤務年数を登録条件に設けているところも。スキルがあっても仕事が取れない可能性もあります。

そのため、まずは実務経験をつんでからフリーランスデビューする方が良いでしょう。

2. ポートフォリオを準備する

フリーランスになるならば、ポートフォリオは必ず準備しましょう。ポートフォリオとは過去の作品集のこと。エンジニアのスキルを測れるため、提出を必須にしているところが多いです。

企業にずっと勤めていて個人のポートフォリオがない場合は、事前に制作しておくと良いでしょう。

3. 収入の相場を調べておく

エージェント登録せず、自分で仕事を探していく場合は、あらかじめ相場を調べておきましょう。

仕事ごとの相場を把握していなければ、安価で仕事を受けがちになります。特にクラウドソーシングを使う場合は要注意。なかには安すぎる案件も紛れているためです。

仕事をしても稼げない状態から抜け出すために、正しい単価感を理解しておくことが大切です。

また、相場がわかれば独立前に用意しておく貯金額も見えてきます。フリーランスになったのに貯蓄がなく、挫折することがないように準備をすすめましょう。

4. 資格をとっておく

スキルが有ることをアピールするために資格をとっておくのも有効です。フリーランスのフロントエンドエンジニアに役立つ資格には以下のようなものがあります。

  • 基本情報技術者試験
  • Webデザイン検定
  • Webクリエイター能力認定試験
  • HTML5プロフェッショナル認定試験

資格に向けて勉強することで、自分の知識が整理されることもあるので、必要に応じて取得しましょう。

Front Hacksならフロントエンジニアになる基礎が学べる

  • 実務経験豊富なエンジニアから現場で使える知識を学べる
  • 無期限の質問サポート付き
  • 買い切り型で受講期限も無制限