>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【事前にチェック】フリーランスの準備19選!独立前にすべきことを徹底解説

「フリーランスになりたいけど、どんな準備をしたら良いのかな?」と疑問に思ったことがある方も、多いのではないでしょうか。

会社などを辞めれば、誰でもすぐにフリーランスになることが可能です。ただ、準備を怠ると、上手くスタートを切れないことがほとんど。

独立したはいいけど、全然仕事が無くてお金が無くなってしまった、なんて方も実際にいます。

フリーランスとして成功するために、この記事では、独立の準備についてまとめています。

  • 準備が必要な理由
  • 最低限必要な準備
  • 仕事を受注するまでの準備
  • 稼ぐためのコツ

それぞれ解説しますので、参考にしてください。

フリーランスになるために準備が必須な4つの理由

フリーランスになるために準備が必要な理由を4つ紹介します。
理由は以下の4つ。

  1. 仕事がなく、お金がなくなることがある
  2. 信用情報が無くなってしまう
  3. 手続きに時間がかかる
  4. 確定申告を行う自分で必要がある

それぞれ解説します。

【理由1】仕事がなく、お金がなくなることがある

フリーランスになっても仕事がないと、お金がなくなってしまうことがありますフリーランスは成果報酬なことがほとんど。仕事が取れないと、収益をあげることができません。

クライアントが既にいたり、新規開拓の見込みが立ったりしてから、フリーランスになると安心です。

まだ、会社員や学生なのであれば、ある程度貯金をしておくのも手です。お金に困ってすぐ会社員に戻る、なんてことにならないようにしたいですね。

▼アルバイトをしながらフリーランスとして独立したい方に▼
【やりすぎ注意】フリーランスと掛け持ちできるアルバイト5選!選び方のポイントも解説 >>【やりすぎ注意】フリーランスと掛け持ちできるアルバイト5選!選び方のポイントも解説

【理由2】信用がなくなってしまう

フリーランスになったばかりの頃は、収入が安定しにくいため信用がなくなってしまいます。

特に、フリーランスになりたての場合はなかなか収入も増やせないでしょう。

たとえば、下記のようなことがなかなかできません。

  • クレジットカードを作る
  • 新しく家を借りる
  • ローンを組む

現在会社員の場合は、先に済ませておきましょう。

【理由3】手続きに時間がかかる

フリーランスになる際には、様々な手続きが必要なので、すぐに仕事をスタートできない場合も

開業届けを出したり、保険証を国民健康保険に切り替えたり、細々とした手続きをしなければなりません
実は一つひとつの手続きは、あっという間に終わる簡単なものばかり。調べていれば1時間もかかりませんが、知らないともたついてしまいますよね。

すぐに仕事をスタートするためにも、書類の準備や提出先の把握はしておいたほうが良いですね。

【理由4】確定申告を自分で行う必要がある

フリーランスになると、確定申告を自分で行う必要があります。

売り上げや経費などを全て管理する必要があるので、税金の知識をある程度身に付けておきたいですね。

会計ソフトを準備しておくと、管理がスムーズになるのでおすすめです。

フリーランスになるまでに最低限必要な準備8選

フリーランスになるまでの最低限必要な準備を紹介します。
必要なのは、以下の8つ。

  1. 稼げるスキルをつける
  2. クライアントを確保しておく
  3. ポートフォリオを用意する
  4. クレジットカードを申請する
  5. ローン・不動産などの契約をする
  6. 貯金する
  7. 税金の知識をつける
  8. 固定費を減らしておく

それぞれ紹介します。

【最低限のフリーランス準備1】稼げるスキルをつける

最低限生活できるくらいの、稼げるスキルを身につけておきましょう

当たり前ですが、なんの戦略もなしにいきなりフリーランスになったとしても仕事はもらえません。また、狙いがあったとしてもそれが確実にお金に変わる保証はないのです。

少しでも生活を安定させるためにも、稼げるスキルを身につけておくと、苦労を減らせるかもしれません。

フリーランスでは、スキルのレベルが高いほど、収益を上げやすいです。まずは生活費を稼げるレベルまで達しておきたいですね。

稼げるスキルを身に付けたいのであれば、Hacksシリーズがおすすめ。分かりやすい動画教材で勉強できる上に、現場で活躍している人に質問し放題と、充実のサポート体制があります。

講座も10種類以上あり、自分にあったスキルを見つけることができます。フリーランスを目指すのであれば、ぜひ参考にしてみてください。

 

【最低限のフリーランス準備2】クライアントを確保しておく

フリーランスになる前に、クライアントを確保しておきたいですね。独立した後に仕事を探し始めると、なかなか仕事を受注できず、お金が無くなってしまう場合もあります。

  • 現職のつながりのある方
  • クラウドソーシング
  • SNS

などで、クライアントを見つけておくことをおすすめします。可能ならばいくつか仕事を受けて、継続で受注できる関係性を作っておくとよいでしょう。

初めは、会社員をやめずに副業として仕事をしてみて、この先も稼げそうだと感じてからフリーランスに移行した方が確実です。

【最低限のフリーランス準備3】ポートフォリオを用意する

ポートフォリオを作りましょう。

ポートフォリオとは、ざっくり言うと、自分のスキルなどを伝えるための作品集のこと。営業の際に自分のスキルを伝えやすかったり、SNSなどに載せておくことで、問い合わせがきたりすることがあります。

フリーランスになってから、スキルをつけたりポートフォリを作ったりしても遅いです。すぐに稼ぎ始めないと、気付いたら資金がなくなっていたなんて場合も。

無料でポートフォリオを作れるものもあるので、ぜひ作ってみてください。

▼デザイナーのポートフォリオの作り方を解説▼
【保存版】未経験デザイナー向け爆売れポートフォリオの教科書 >>【完全ガイド】デザイナーのポートフォリオサイト作りの教科書【未経験でも0からわかる】

【最低限のフリーランス準備4】クレジットカードを申請する

クレジットカードの申請をしておきましょう。

フリーランスになると、信用情報がなくなり、クレジットカードの審査に通りにくくなってしまいます。

クレジットカードは、ネットで必要なものを買う時に非常に便利なものなので、独立する前に何枚か作っておくと良いですね。

【最低限のフリーランス準備5】ローン・不動産などの契約をする

信用情報が必要な、ローンや不動産の契約なども、フリーランスになる前に済ませておきましょう。

ローンなどの信用情報が必要なものは、売り上げが立ち、確定申告を済ませないと、なかなか審査に通りません。

少し先に必要になりそうなら、独立前に契約しておくことをおすすめします。

【最低限のフリーランス準備6】貯金する

クライアントがすぐには見つからなさそうであれば、フリーランスになる前に、ある程度貯金をしておきたいですね。

受託案件の報酬の支払いは、月末締めの翌月末払いのことが多く、受け取りが少し先になってしまいます。仕事を受注しても、すぐには報酬がもらえません。

最低でも、2〜3ヶ月、多くて半年くらい生活できる分の貯金はしておきたいですね。

また、開業するに当たって費用が必要になる場合もあるので、できるだけ貯金していて損はありません。

具体的に、1人で開業する場合に必要な貯金額の目安は、以下の通りです。

  • パソコンや名刺などの初期費用:約35万円
  • 3ヶ月分の生活費(家賃8万円、生活費5万円):約40万円
  • 3ヶ月分の最低経費(交通費、消耗品などの雑費など):約15万円

最低でも約90万円ぐらいの貯金があると、フリーランスとして活動するのに苦労しないで済むかもしれません。

仮に、外に事務所を借りる場合には、敷金・礼金などの初期費用に加えて数ヶ月分の家賃や光熱費なども必要になります。

さらに、約100万円〜150万円くらいの貯金がないと厳しいでしょう。

【最低限のフリーランス準備7】税金の知識をつける

税金の知識を身に付けましょう。

フリーランスになると、身の周りのほとんどの出費を経費にできることが多いです。

どんなものが経費になるか把握しておくことで、節税も可能。利益の最大化にも繋がるので、しっかり勉強しておきましょう。

【最低限のフリーランス準備8】固定費を減らしておく

固定費を見直して、不必要なものはカットしましょう。特に、以下の出費は見直しやすいです。

  • 家賃
  • インターネット料
  • 携帯代
  • 水道・光熱費
  • 生命保険

フリーランスは、収入が不安定になりがち。少しでも無駄な出費を減らすためにも、固定費を見直していきましょう。

フリーランスで仕事を受注するまでに準備すること7選

フリーランスになって、仕事を受注するまでに、準備しておくべきことあります。
準備すべきは以下の7つ。

  1. 健康保険・年金の切り替え
  2. 開業届け・青色申告の届出
  3. 会計ソフトの導入
  4. 銀行口座を作る
  5. 納品書・見積書の型を作る
  6. 名刺を作る
  7. 仕事場の環境を整える

それぞれ解説します。

【受注するまでに準備すること1】健康保険・年金の切り替え

会社員からフリーランスになる場合には、健康保険・年金の切り替えが必要です。

退社後20日以内であれば、現職の健康保険を任意継続することも可能。

今までは、会社が半分負担していくれたところを、全額自己負担となるのでコストはかかります。しかし、保険の内容が変わらないので人間ドックなどのサービスが受けられる場合も。

しかし、期間は2年間です、また、退社後20日を過ぎてしまうと継続できないので、あらかじめ検討しておきましょう。

国民健康保険に加入する場合は、地域や所得によっても保険料が変わるので、住民票がある地域の役所に相談してください。

もし収入が減る場合には、保険料や医療費の減額や免除があるので、金銭的に悩んでいる方はすぐに役所に向かいましょう。

社会保険から国民健康保険への切り替えは、退職後14日以内に済ませる必要があるので、早めに手続きを完了させてください。

【受注するまでに準備すること2】開業届け・青色申告の届出

開業届と青色申告の届出を税務署に提出しましょう。

開業届を出すことで、青色申告の届出をできることや屋号で口座を解説できるなどのメリットがあるのです。

ちなみに、開業届に必要な書類は、国税局のHPで手に入ります。

口座振り込みのときに屋号名義になっていると、取引先からの信用も得られますよ。

他にも、個人事業主向けの共済等にも申し込めます。フリーランスは収入が不安定で将来の不安も消えないでしょう。

不安の解消のために共済や積み立ての申し込みに、開業届が必要になります。

また、青色申告の届出をしておくことで、確定申告の際の控除額が大きくなり、節税が可能です。

書類を作るのが難しいというイメージがありますが、役所に行って紙を記入して出すだけなので、非常に簡単。

その年の売り上げを青色申告する場合、3月15日までに提出する必要があるので注意が必要。独立後に早めに行くようにしましょう。

【受注するまでに準備すること3】会計ソフトの導入

経理周りの業務も、全て自分でやる必要があるので、会計ソフトを導入しておくとスムーズに作業ができます。

全ての作業を自分で行おうとすると、時間がいくらあっても足りません。本業に加えて営業やスキルアップ、プライベートの時間などを大切にしたい人が多いですよね。

そのため、経理周りのことは会計ソフトに頼りましょう。

1ヶ月に1度くらいのペースで、経費や売り上げを計算しておくと、確定申告時も楽に進めることができます。

【受注するまでに準備すること4】銀行口座を作る

事業用の銀行口座を作っておきましょう

普段の生活用と分けておくことで、売り上げなどの費用の管理が楽になります。開業届を出しておけば、屋号の名前で銀行口座を作ることも可能です。

【受注するまでに準備すること5】納品書・見積書の型を作る

納品書・見積書の型を作っておきましょう。

フリーランスになると、クライアントとのやりとりで、書類を作ることが増えます。
ある程度型を作っておくと、作業がスムーズになりますね。

会計ソフトに書類の型が導入されている場合もあるので、確認してみましょう。

【受注するまでに準備すること6】名刺を作る

フリーランスになったら、名刺を作っておきましょう打ち合わせや営業をする際に名刺交換をする機会も多いです。

最近では、名刺は必要ないという意見も多いです。しかし、どんな会社がクライアントになるのか分からないですし、「名刺も持っていないのか」と評価を下げられてしまう可能性も、0ではありません。

スムーズに仕事を進めるためにも、用意しておいたほうが良いですね。

【受注するまでに準備すること7】仕事場の環境を整える

仕事場の環境を整えましょう。

  • インターネット回線
  • 固定電話・FAX
  • デスク・椅子
  • パソコン
  • 編集ソフト

など業種によって、必要なものは様々。

10万円以下のものは、開業費として経費できるで、フリーランスになる際は活用したいですね。

もし、打ち合わせなどでレンタルオフィスを借りることを検討している場合、信用がある独立前に契約しておきたいですね。

フリーランスとして稼ぐために準備したいこと5選

収益を上げるために、準備しておきたいこともあります。
準備したいのは、以下の4つ。

  1. 人脈を作る
  2. 高いスキルを身につける
  3. 営業力を身につける
  4. 新規のクライアントを見つける
  5. SNSを開設する

それぞれ解説します。

【収益アップを目指す準備1】人脈を作る

収益を上げるためにも、人脈を作りましょう。

人脈を広げることには、以下のようなメリットがあり、仕事に直接繋がりやすいです

  • 仕事を受注できるチャンスが増える
  • 仕事を発注できる
  • 人を紹介してもらえる
  • 最新の情報を知ることができる

フリーランスになる前も、人脈を広げるチャンスがたくさんあります。サラリーマンであれば取引先、学生であればOBなど、繋がりがある人と積極的に交流したいですね。「フリーランスとして独立しようと思っています」と話してみると、仕事に繋がることもあります。

また、コミュニティに所属することをおすすめします。同じ分野のインフルエンサーが運営しているオンラインサロンなどに所属すれば、人脈を広げやすいです。

同時期に独立した仲間がいれば、仕事のモチベーションも高まりやすいので、積極的に交流していきたいですね。

【収益アップを目指す準備2】高いスキルを身につける

単価をあげるためにも、スキルのレベルを高めていきましょう。スキルのレベルがそのまま報酬に直結することが多いです。

フリーランスになると、上司のような人がいないので、フィードバックをもらえる機会が減ってしまいます。効率良くスキルを高めるためにも、クライアントから積極的にフィードバックをもらい、改善点を明確にしていきましょう。

フィードバックを受けて、スキルを高めたい方は、Hacksシリーズがおすすめ分かりやすい動画教材に加え、以下の特徴があります。

  • 現場で活躍している講師に質問し放題
  • 添削指導がある講座も
  • お仕事紹介コミュニティへ案内

スキルがアップするだけでなく、仕事を紹介してもらえるチャンスもあります。フリーランスにメリットがたくさんあるので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

【収益アップを目指す準備3】営業力を身につける

営業力もしっかり身につけておくと、収益をあげやすくなります。

新規の案件を獲得できる営業力があれば、フリーランスになってすぐにでも、多くの収益をあげることができます。個人のクライアントよりも、企業から案件を受注した方が、単価が高くなりがち効率良く収益を上げるために必須のスキルですね。

メインとなる営業方法は以下の2つ。

  • 企業に電話・メールで問い合わせ
  • 人に企業・クライアントに紹介してもらう

自分を売り込むためにも、スキルを高め、人脈を増やしていきましょう。

対面の営業スキルだけでなく、ポートフォリオを作成したり、SNS運用を運用したりすることでも、営業力アップに繋がります企業などから問い合わせがくることもあるので、フリーランスとして活動するのであれば、同時にSNSを始めたいですね。

SNSを始めるのであれば、フリーランスのユーザーが多いTwitterがおすすめフォロワーが多いと信用力も高くなります。

フォロワーの増やし方は別記事でまとめているので、ぜひ参考にしてください。

▼Twitterのフォロワーを増やす方法▼
Twitterのフォロワーを増やす4つのメリットと増やし方10選【デメリットも】 >>Twitterのフォロワーを増やす4つのメリットと増やし方10選【デメリットも】

【収益アップを目指す準備4】新規のクライアントを見つける

収益を上げ続けるために、新規のクライアントを見つけていきたいですね

既存のクライアントだけでも収益を上がることはできます。しかし、既存のクライアントばかりに頼っていると、なんらかの事情で仕事が止まった場合、売り上げがガクッと落ちてしまうことも。

信頼関係を築くのに時間がかかりますが、信頼してもらえればリピートに繋がり、収益アップも見込めます。

リスクヘッジも兼ねて、時間を作って新規開拓をしていきたいですね。

【収益アップを目指す準備5】SNSを開設する

収益アップを目指すためにも、SNSを開設しましょう。現代は、フリーランスが仕事を取り続けて個人で活躍するために、SNSは必須です。

SNSを運用することで、仕事をもらえる可能性があったり、スキルアップにつながったりします。また、個人の影響力があると自信をコンテンツにして収入アップを目指せる可能性も。

フリーランスは孤独になりがちですが、SNSがあることで知っておくべき情報や、助けてくれる人と出会える可能性にもあるのです。

理想としては、会社員時代からSNSを運用しておいて、フリーランスになるときには多少の影響力がある状態にしておくと、恩恵を得られるかもしれません。

フリーランスとして働くなら確定申告の準備を忘れずに

フリーランスになると、確定申告を行う必要があるので、しっかりと準備しておきましょう。

青色申告をしている場合、売り上げから経費を引いた収入が38万円を超えていると、確定申告を行う必要があります。

確定申告では、大まかに以下の項目の支出を記載して提出します。

  • フリーランスの売上額
  • 経費
  • 給与所得

売上額は、納品書などの控えを取っておいて把握しましょう。会計ソフト等を使って書類を作っておくと、管理がしやすいです。

仕事に関するものなど、多くの支出が経費になるので、領収証は全て保管しておきましょう。医療費用や生命保険なども控除対象になるので、税金の勉強をしっかりしておきたいですね。

会社やアルバイトで働いていて独立したのであれば、給与所得があるので注意が必要フリーランスの売り上げとは別で記載する必要があるので、勤め先から源泉徴収票をもらっておきましょう。

確定申告をまとめてやろうとすると、非常に時間がかかります。月1くらいのペースで、会計ソフトに売り上げや経費を入力しておくと、年度末にスムーズに確定申告を行うことができます。

【有料級】LINEマガジン発信中

  • 濃いコンテンツが体系的に届く
  • クローズドな空間ならではの有料級の発信多数
  • 何をしていいかわからない人にも使えるスキルが見つかる