>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【結論】資産運用はいくらからでも可能!4つのパターンと成功するコツを解説

「資産運用はいくらからできる?」
「少額から始めてみたいけれど不安…」
「成功させるにはどうすればいい?」

などと考えていませんか?

資産運用の中には、投資信託やポイント投資など、100円からできる商品も存在します。

しかしいざ始めようと思っても種類がたくさんあるため、何から始めたら良いか迷ってしまいますよね。

そこでこの記事では、資産運用について、以下の内容を詳しく解説します。

  • 資産運用で必要な金額
  • 資産運用4つのパターン
  • 少額から資産運用を行うメリット
  • 資産運用を成功させるコツ

この記事を最後までチェックすることで、少額からの投資について理解できるだけでなく、より低いリスクで運用できるでしょう。

ぜひ参考にしてみてください。

資産運用はいくらからでも可能!4つのパターンで解説

資産運用の4つのパターンについて解説します。

  1. 投資信託なら100円からでも可能
  2. 債券投資は個人向け国債であれば1万円から
  3. 株式投資は10万円からが相場
  4. ポイントを投資に回せるサービスもある

資産運用と聞くと、お金持ちの人が資産の一部を使って不動産や株式に投資しているイメージがあると言う人も多いかもしれません。

しかし実際は、少額からでも運用は始められますぜひ参考にしてみてください。

1.投資信託なら100円からでも可能

投資信託とは、たくさんの投資家から集めた資金をまとめて運用会社が分散投資を行い、成果を分配する金融商品のことを言います。

投資信託の購入単位は100円以上の1円単位です。よって少額から始めたい人や、大きな資産がない人でも、気軽に始められます。

大金を投資するとその分損する危険性も高まるため、100円から始められる投資信託は、まだ慣れていない初心者の人にもおすすめです。

日々の評価額の動きに慣れてきたら、徐々に投資額を増やせば良いだけなので、低いリスクで少額から始めたいと言う人に向いているでしょう。

ただし全ての投資信託が100円から購入できるわけではないため、事前に確認しておくことが大切です。

2.債券投資は個人向け国債であれば1万円から

債券投資とは、企業の債券を保有することで、利息を受け取れる投資方法です。

個人向け国債であれば1万円から購入できるため、ローリスクで運用できます。

しかし、個人向け国債は利率が低く、資産はほとんど増えない点がデメリットです。
多くのリターンが欲しい場合は、社債の方が利率が高くおすすめです。

社債とは、一般の事業会社が発行する債券のことで、企業によって異なりますが、数%の利子がつくケースもあります。

その分個人向け国債よりも多くの資金が必要で、10万円や100万円単位でなければ購入できません。

株式投資に比べるとリターンは低いですが、価格の変動が小さいためリスクを抑えたい人におすすめです。

3.株式投資は10万円からが相場

株式投資とは、株式会社が発行する株式を売買し、配当金などの利益を得ることを言います。

株式とは会社の所有権の一部で、資金を会社に提供した投資家に発行されるものです。

つまり、投資家は資金を提供することで企業のオーナーになれます。

1株あたり数千円で購入できる場合もありますが、国内株式は100株単位で購入するのが一般的です。

よって、仮に1株1,000円であっても10万円は必要です。

株価は会社の規模によってある程度比例してくるため、事前に確認しておきましょう。

最近では1株から購入できる「ミニ株」と言うサービスも存在します。

また、外国株式であれば1株からでも購入できるため、少額から始めたいと言う人はチェックしてみても良いでしょう。

4.ポイントを投資に回せるサービスもある

買い物時に付与されたポイントを投資に回せるサービスも存在します。

おまけのポイントを運用に回すだけなので、実質の元手は0円です。

たとえばキャッシュレスサービスのPayPayは、利用状況に応じて0.5~1.5%のボーナスが付与されます。

そのポイントをそのまま、PayPayが設計している自動運用コースに回すことが可能です。

「自動で稼げるの?」と思うかもしれませんが、利益が多いときだと、平均で18.5%も資産が増えたそうです。

もちろん下落のリスクはありますが、元手が還元されたボーナスなので自身へのダメージはありません。

手軽に投資を楽しみたい方にとって、ポイント運用はおすすめの手段です。

資産運用を初めて行う場合は積立投資がおすすめ

資産運用を初めて行う初心者の方は、積立投資がおすすめです。

  1. つみたてNISA
  2. iDeCo
  3. 投資信託

積立投資とは、毎月決められた金額の投資信託を購入して積み立てていく金融商品のことを言います。

少額で始められる以外にも、毎月自動で購入が行われるため投資に対するストレスが軽減される点も大きなメリットです。

この章では数千円から始められるおすすめの積立投資を3種類紹介しますので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

1.つみたてNISA

つみたてNISAとは2018年から開始した積立投資専用の少額投資非課税制度です。

投資で得た利益は、本来約20%の税金がかかりますが、つみたてNISAの場合は税金がかかりません。

さらに非課税になるだけでなく、どの銘柄に投資をするかファンドマネージャーが選んで運用してくれるため、初心者にもおすすめです。

投資は安くなっているときに買い、高いときに売ると利益が得られます。

そのタイミングを読むのは、たとえプロでも非常に難しいため初心者は高いのか安いのかさえも分かりにくいでしょう。

つみたてNISAのような積立投資は、金額を設定するだけで毎月自動的に買い付けてくれるため、タイミングを自分で見計らう必要もありません。

そのため、投資に全く詳しくない初心者でも始められやすいです。

2.iDeCo

iDeCoとは自分が出した掛金を自分で運用して、資産を形成する年金制度のことです。

60歳になるまで拠出し、60歳以降に給付金を受け取れます。iDeCoのメリットは以下の通りです。

  • 投資による利益は非課税になる
  • 所得税の控除対象になる
  • 年金か一時金か受け取り方法を選べる

iDeCoで積み立てた掛金は全額所得控除対象になるため、確定申告を行うと所得税と住民税が軽減されます。

軽減される額は年収や掛金によって異なりますが、積立期間中は控除され続けるため大きな節税効果が得られるでしょう。

3.投資信託

投資信託は、100円から始められる点が魅力です。

資産運用のプロに運用してもらい、発生した利益が分配されるため自分で作業を行う必要がありません。

必ず利益が出るわけでは無い上に手数料も必要になる点がデメリットですが、コツコツ運用していけば 長期的に見てプラスになるケースも十分ありえます。

少額から資産運用をする3つのメリット

少額から資産運用をする3つのメリットを紹介します。

  1. ローリスクで投資を学べる
  2. 手数料を低く抑えられる
  3. スマホアプリ等から気軽に始められる

それぞれ確認していきましょう。

1.ローリスクで投資を学べる

少額で資産運用を始めるとローリスクで投資を学べます。

様々な投資方法で思い切ってチャレンジできるため、始めたばかりの投資家にとっては、ノウハウを身に付けやすいです。

初めのうちは、実践しながら勉強していきましょう。

2.手数料を低く抑えられる

投資をする際は手数料が必要ですが、ネット証券などを利用したオンラインの取引であれば安く抑えられます。

10万円以下の取引ならば、手数料が100円程度しかかからない少額投資に対応したサービスも増えているため、大きなメリットと言えるでしょう。

3.スマホアプリ等から気軽に始められる

近年は、少額投資方法としてスマホアプリから手軽に資産運用を始められるサービスが数多く登場しています。

有名なものは主に以下の通りです。

  • トラノコ
  • CREAL(クリアル)
  • ネオモバ
  • PayPay証券

アプリをダウンロードし初期設定を済ませるだけで始められるため、投資経験がない人でも非常におすすめの方法と言えます。

少額からの資産運用を成功させるコツ5選

少額からの資産運用を成功させるコツを紹介します。

  1. 自動引き落としなどを使って少しずつ続ける
  2. 資産運用の目的を明確にする
  3. 稼ぐには時間がかかることを理解する
  4. 分散投資しながらリスクを軽減させる
  5. 実際に稼いでいる人からアドバイスをもらう

コツを押さえることで、リスクを軽減できるでしょう。

ではそれぞれ確認していきましょう。

1.自動引き落としなどを使って少しずつ続ける

余ったお金を資産運用に回すと言う考え方では、なかなか手元にお金が残らず継続させられません。

資産運用を継続させるために、銀行の自動引き落としを利用するのもおすすめです。引用資金を先取りすることで、無理なく継続させられるでしょう。

注意点としては、生活に影響が出るほどの金額は危険です。無理のない範囲でコツコツと続けることが最も大切です。

2.資産運用の目的を明確にする

資産運用を成功させるには、目的をしっかり決めることが大切です。

投資の目的が曖昧だと、少額投資と決めていても気がついたら大金を投入してしまうリスクもあります。

短期間で大きい目標を達成したいのか、長期間ローリスクローリターンの運用をしたいのかなど細かな目標設定をしましょう

目的がなかなか思いつかないという人は、お金が必要なケースを書き出してみることをおすすめします。

  • 結婚や出産の足しにしたいから
  • 憧れの車を買いたいから
  • 医療や介護費で必要だから
  • 習い事がしたいから

資産運用の目的を明確にすることで、いつまでにいくらまで増やさなければならないのかが理解できます。

ただし短期間での運用はハイリスクハイリターンになるため、取り扱いには十分注意しましょう。

3.稼ぐには時間がかかることを理解する

資産運用は、始めた瞬間に稼げると言うわけではありません。

短期間で稼げると思い込んでいると、焦りが出て損をしてしまう可能性もあります。

少額投資の場合は特に、長期的になることを理解しておきましょう。

5年、10年と保有期間を長くすることで1年あたりの運用コストを減らせたり短期売買の失敗を防げたりします。

4.分散投資しながらリスクを軽減させる

分散投資とは、その名の通り投資先を分散させる投資手法です。分散させることで価格変動を制御し、安定したリターンが狙えます。

投資先を絞ってしまうと、値下がりした時に損をしてしまいますが、分散すると他でカバーできるため全体的なリスク軽減が行えます。

値動きの異なる資産を組み合わせることで、リターンを安定させられるため初心者の人は特に分散投資を意識しましょう。

5.実際に稼いでいる人からアドバイスをもらう

少額からの資産運用を成功させたいのであれば、実際に成功して稼いでいる人から話を聞くのが最も近道と言えるでしょう。

すでに実績がある人から話を聞くことで、自分は次に何をすべきか見えてきます。

自分にあう運用方法を見つけるためにも、勉強会などで先人の知識を吸収しましょう。

▼無料でビジネス力を飛躍的に高められるLINEマガジン

無料でビジネス力を飛躍的に高められるLINEマガジンは、起業4年で年商10億円を突破した迫 佑樹が、ビジネスのノウハウを紹介する無料のマガジンです。
  • 18歳から起業し、年商10億円を突破
  • オンライン事業をやりながら、飲食店や美容室も成功に導く
  • 不動産6個保有
  • ベンチャー投資家として5社に出資
など、短期間で実績を出したノウハウを、限定コラムや動画という形で配信しています。 ビジネス力を高めたいマーケティングのスキルを伸ばしたいと考えている方は、ぜひ登録を検討してみてください。