>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【朗報】Webエンジニアは年収1000万円も夢じゃない!稼げるスキルを身につけよう

「Webエンジニアは年収1000万を狙える?」
「収入を上げるコツを教えて」
「20代〜30代で達成するにはどうすれば良い?」

そんなお悩みにお答えしていきます。

Webエンジニアはオンライン化が進む現代において、注目されている職種の1つです。需要の高まりも著しいので、転職することで稼ぎが増えるかもと考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では

  • Webエンジニアは年収1000万円も夢じゃない
  • 年収1000万円を超えるための戦略
  • 収入が上がるスキルとは
  • 最速で達成するために必要な考え方

と、Webエンジニアが年収1000万円を達成するまでの道のりを詳しく解説します。

実際に「年収1000万円を達成したら何ができるかな…!」と考えると想像が膨らみますね!

ぜひこの記事を参考に、Webエンジニアとして高収入を目指してみてください!

監修者:平井 隆嗣 システム開発に加えてマーケティングまで対応し、集客や売上に貢献するエンジニア。 開発会社にて4年間の勤務をし、リーダーとして活躍したあとフリーランスとして独立。WordPress導入、デザイン、開発、アプリケーション開発などを幅広く手掛ける。
監修者:迫 佑樹 株式会社SkillHacks代表取締役。大学在学中からプログラミングスキルを身につけ、フリーランスエンジニアとして独立。 自身の経験を活かしプログラミングを教え、その知見からオンラインスクール事業Skill Hacksを運営。そのほか、実店舗ビジネスや知識プラットフォームBrainなどさまざまなビジネス経営中。

Webエンジニアは年収1000万円も夢じゃない

Webエンジニアは、年収1000万円も狙える職種です。2020年は生活様式がガラッと移り変わりましたが、相変わらずWeb・IT領域は伸び続けています。

実際に2019年にはネットがテレビ広告費を超えたことがニュースになりました。その規模は約2兆円を超え、YouTubeやInstagramなどSNSの発展とともに、さらに市場が拡大することが予想されます。

また、フリーランススタートによるとプログラミング言語Rubyを5年以上経験したエンジニアの単価相場は年収1000万円を超えると報告されています。

他のメジャーな言語にもおいても同様の傾向が見られるので、IT・Web領域で年収1000万円を目指すのは不可能ではないということが見て取れます。

Webエンジニアが年収1000万円を超える戦略

とはいえ、寝てても勝手に年収が上がっていくという類のものではありません。現在所属している企業や働き方によって、収入アップの難易度は変わってくるでしょう。

こちらでは、あなたがWebエンジニアとして年収1000万円を目指すにあたり、知っておくべき情報や戦略を紹介していきます。

以下5つのポイントを確認しておきましょう。

  1. 会社のモデルケースを確認する
  2. 会社の給与体系を確認する
  3. 市場価値を確認する
  4. 副業との合わせ技を使う
  5. フリーランス独立して稼ぐ

それぞれ詳しく解説します。

1. 会社のモデルケースを確認する

会社や業種によってどのくらい給料がもらえるかは変わってきます。いちばん参考になるのは、自分の直属の先輩や上司の年収でしょう。

順当に昇格すれば年収が1000万円を超えるのであれば、現在の仕事できちんと成果を残すことが重要です。あまり収入の話をするのははばかられるかも知れませんが、飲み会の席などでフランクに聞いてみると良いでしょう。

2. 会社の給与体系を確認する

会社によっては、プロジェクトで成果を残せば臨時ボーナスが支給される場合があります。ボーナスと月間給与の合算で、年収1000万を狙えるかどうか検討してみましょう。

自分の会社の給与体系にインセンティブ(成果報酬)があるか、過去の支給実績をリサーチしておく必要があります。もし可能性が見いだせそうなら、大きなプロジェクトに参加できるように積極的な行動を心がけましょう。

3. 市場価値を確認する

リサーチの結果、自分の会社で年収1000万は難しそうだとわかったら、転職エージェントに相談してみると良いでしょう。担当者はさまざまな会社&求職者を取り扱っているので、今のあなたの実力に見合った年収をざっくり教えてもらえます。

時間がある方は複数のエージェントとコンタクトを取るとより信憑性の高い情報が得られますよ。

4. 副業との合わせ技を使う

会社で得られる収入はあまり高くなくても、自分の時間が多く確保できそうなら、副業との合わせ技で年収1000万円超えを狙ってみましょう。特にWeb・IT領域は副業がしやすいジャンルなので、参入障壁はあまり高くありません。

今の会社が副業を容認しているかを、きちんと確認しておくのがおすすめです。副業を始めること自体は政府が推奨しているので絶対にNGということは無いですが、あまり公言しないほうが仕事がやりやすいということもありますよ。

5. フリーランス独立して稼ぐ

Webエンジニアの場合、フリーランス独立した方が稼げるようになる事例も多いです。たとえばフリーランススタートによると、使用する言語や経験年数によっては1案件で100万円を超えることもあるので、いちど検索してみるのがおすすめです。

なかなかイメージがつきにくいという方は、レバテックフリーランスなどの案件紹介会社に相談してみると良いでしょう。

Webエンジニアの年収を1000万円まで引き上げるスキル

戦略をきちんと立てて行動すれば、Webエンジニアは年収1000万円以上も十分に狙えるでしょう。それでは、どんなスキルが市場で高く評価されているのでしょうか。

こちらでは、年収を高めるのに必要な5つのスキルを紹介していきます。

  1. 需要の高い言語を習得する
  2. マネジメントスキルを磨く
  3. Webマーケティングスキルを身に付ける
  4. 営業力を高める
  5. クラウドをマスターする

それぞれ詳しくみていきましょう。

1. 需要の高い言語を習得する

これから勉強を始めるなら、需要の高い言語を学ぶことを意識しましょう。働ける企業や案件の幅が広がるからです。

たとえば、以下の言語は安定した需要が見込めます。

  • Ruby:純国産なので参考文献が多い。Railsを利用することで、開発スピードが早くなるためスタートアップ企業にも好まれる。講座「Skill Hacks」なら未経験から学べる。
  • PHP:フロントエンド言語やデータベース言語との相性が良い。シンプルな記述で初心者にも最適。講座「PHP Hacks」で効率的に学べる。
  • Python:大規模な金融システム開発からブロックチェーン・AI開発などの最新技術まで幅広く利用できる注目度の高い言語。記述量もそこまで多くない。

そのほか、Googleが開発したGo言語を習得しているエンジニアは年収が高いことで有名です。

ただし、プログラミングは現在も発展中の技術なので、流行の移り変わりとともに時代遅れになってしまうことが多い点に注意しましょう。

そのため、Webエンジニアとして継続的に稼いでいくなら、常に新しい知識を取り入れていく姿勢が重要です。たとえば、弊社が提供している未経験からRubyエンジニアを目指せる講座「Skill Hacksなら効率的に学習を進められます。

わかりやすい動画講義や無制限の質問サービスで挫折しにくい環境を整えています。

ぜひ、稼げるWebエンジニアを目指すお供に、受講を検討してみてください!

2. マネジメントスキルを磨く

ずっとプレイヤーのままだと、たとえ1000万円稼げたとしても労働集約的で自分の時間を全く確保できません。Webエンジニアに限らず、言われたとおりに仕事をこなす下請けのフェーズから抜け出さないと大きく稼ぐのは難しいです。

ゆくゆくは発注者・管理者になるために、早い段階でマネジメントスキルを身につけておくと良いでしょう。

3. Webマーケティングスキルを身に付ける

希少性の高い人材になるためにはスキルの掛け算という視点を持っておきましょう。

たとえば、以下のようなWebエンジニアと親和性の高いマーケティングスキルを身につけておくのがおすすめです。

  • SEO対策(検索エンジンで上位表示させるための技術)
  • SNS運用
  • インターネット広告 など

結果が出れば、企業メディアのコンサルティングまで巻き取れるので、仕事の単価を上げるのに役立ちます。

4. ソフトスキルを高める

円滑にコミュニケーションが取れるWebエンジニアは重宝されます。複数人で制作を分業するときや、クライアントの意向を忠実に再現するときに役立つからです。

ソフトスキルが高いWebエンジニアは、仕事がしやすいと思ってもらえるので継続的に案件を任されやすいです。

また「営業力」を身につければ、たとえ独立しても仕事に困ることはないでしょう。

5. クラウドをマスターする

2021年現在、インフラエンジニア界隈は大きなゲームチェンジを強いられています。より効率的にITインフラを開発できるクラウド製品が登場したからです。

クラウドを使えば物理サーバー・ネットワーク機器が不要になり、メンテナンスの手間が省けます。また従量課金制で、使った分しか請求されないので費用の節約になります。

従来のサーバーエンジニア・ネットワークエンジニアは、近い将来クラウドエンジニアに取って代わられる可能性が高いので、早急に新技術を習得しておくのがおすすめです。弊社でも、アマゾンが提供するクラウドサービス(AWS)を活用する講座「AWS Hacksの問い合わせが増えています。

ぜひ、時代に乗り遅れないよう受講を検討してみてくださいね!

Webエンジニアが年収1000万円を最速で達成するために必要な考え方

今まで安定的に稼げていた技術でも、Web・IT領域は移り変わりが激しく、数年後には廃れてしまっているということがしばしばあります。

そういった環境では、常に知識やノウハウをアップデートし、学び続ける姿勢が大切ですこちらでは、20代〜30代でも最速で年収1000万円を達成するために必要な考え方を3つ紹介します。

  1. 仕事を効率化する
  2. 常に学び続ける
  3. 効率的に学ぶ

今すぐ実践できることばかりなので、ぜひ試してみてくださいね!

1. 仕事を効率化する

現在の仕事を早く終えられるように工夫しましょう。余剰時間が確保できれば、以下のような効果が期待できます。

  • 稼げる新プロジェクトに参画できる
  • 精力的に転職活動を進められる
  • 副業やスキルアップに時間を割ける

仕事が終わって体力が残っていないと、他のことにエネルギーを使えません。自分が担当する業務のうち簡略化できる部分はないか、常に考えることが大切です。

2. ムダな飲み会には出席しない

会社の飲み会は愚痴大会になってしまうことが多いです。不毛な時間をなるべく減らせるように、誘いを断る勇気を持ちましょう。

早く帰宅し、自己研鑽に時間を充てられると収入アップが近づきます。単純に浪費を減らせるので、お金の節約になるメリットもありますよ。

3. 効率的に学ぶ

人間の活動時間には限界があります。たとえ早く帰宅できたとしても、終業後の自由時間は3時間前後という方が多いのではないでしょうか。

そのため、なるべく自己投資の時間も効率的に過ごすことが大切です。独学でイチから学ぶよりは多少コストを掛けても、わかりやすい・身につきやすい勉強法を採用すべきです。

そこで、会社員におすすめなのがオンライン講座を活用することです。なぜなら動画配信型のことが多く、時間や場所にとらわれず自分のペースで学習を進められるからです。

特に弊社が提供する未経験からRubyエンジニアを目指す講座「Skill Hacks は、わかりやすい動画講義に定評があります。LINE@と連携した無制限質問サービスにより、挫折しにくい環境を用意しています。

ぜひ稼げる技術の習得に、Skill Hacksの受講を検討してみてください!

Skill Hacksなら最速でプログラミング初心者を脱出できる

  • 初心者からWebアプリケーション開発の知識を学べる
  • 無期限の質問サポート付き
  • 買い切り型で受講期限も無制限