>>Webでスキルを身に付けられるHacksシリーズ

【2022年最新】Twitterマーケティングを成功させよう!運用までの5ステップや3つの事例を徹底解説

「Twitterを使ったマーケティングとは」
「マーケティングの運用方法が知りたい」
「成功事例から学びたい」

とお悩みの方もいるのではないでしょうか。

気軽に使えるTwitterは、マーケティングにおすすめのツールです。ユーザーが多いTwitter上でマーケティングを行えば、多くの人の目に触れさせて効率よく集客することが可能です。

しかし、Twitterマーケティングはただアカウントを運用するだけではありません。

そこでこの記事では、

  • Twitterマーケティングの手法
  • Twitterマーケティングのメリット・デメリット
  • 運用方法やおすすめの分析ツール

さらに、成功事例も紹介していきます。

Twitterマーケティングを行いたいと考える方は、参考にしてみてください。

Twitterマーケティングの4つの手法

TwitterマーケティングはTwitterを活用するSNSマーケティングのひとつです。大きく分けて4つの手法があります。

  • アカウント運用
  • Twitter広告
  • インフルエンサーを利用する
  • キャンペーンを開催する

Twitterを使ってマーケティングの方法を行いたいと考える方は、どの手法が向いているか参考にしてみてください。

1.アカウント運用

Twitterのアカウントを運用して情報発信を行い、情報発信をしたり、プロモーションをしたりするマーケティングの手法があります。

ユーザーとコミュニケーションが取れるので、フォロワー(ファン)の獲得をしやすいのがTwitterの良いところです。フォロワーが増えて行けば、効果的に商品のプロモーションが行えます。

しかし、アカウントを運用する際は、コンプライアンスに気をつけて炎上しないように細心の注意を払うことが大切です。

2.Twitter広告

Twitter広告は、タイムラインや検索結果に出稿できる広告のことです。Twitter広告は、詳細なターゲットを設定できるのが特徴です。

Twitter広告にはさまざまな種類があります。

  • プロモツイート:利用者へのリーチや、既存フォロワーのエンゲージメント獲得を目的とする広告で、プロモーションタグがつく
  • プロモアカウント:フォロワーの獲得を目的とする広告で、プロモーションタグとフォロワーボタンがつく
  • プロモトレンド:プロモツイートよりも大々的に自社商品やサービスを発信する際に利用できる広告で、企業のみ利用できる
  • プロモビデオ:動画を活用した広告で、リプライ・リツイート・いいねが可能
  • インストリーム動画:ユーザーが動画を再生した際、動画本編の前に再生される動画広告

さまざまな広告形態が選択できます。自社商品やサービスに興味・関心のあるユーザーへ広告でアプローチできるので、効率よくマーケティングを行えるでしょう。

3.インフルエンサーを利用する

インフルエンサーを活用するものTwitterマーケティングのひとつです。インフルエンサーはフォロワーが多いので、ツイートに影響力があります。インフルエンサーに商品やサービスを紹介してもらうことで、多くのフォロワーに見てもらえます。

しかし、きちんと「PR」であるという表記がないとステマと誤解されることもあるため、気をつけなければなりません。PRの実績があるインフルエンサーを選んだほうが安心です。

4.キャンペーンを開催する

Twitterでキャンペーンを行うマーケティングの手法があります。企業ではキャンペーンの開催を積極的に行っています。

参加したら抽選でプレゼントがもらえるなど、ユーザーにメリットを提供することで集客を行います。

  • フォロー&リツイート
  • フォロー&ハッシュタグ投稿
  • フォロー&写真投稿(マストバイ)

これらがよくある参加条件です。フォロワーを獲得したり、ユーザーの情報を獲得したりできます。話題になるとトレンド入りできるので、拡散力をより高めることが可能です。

Twitterを利用したマーケティングのメリット4つ

Twitterを利用したマーケティングのメリットは主に以下の4つです。

  • 10~20代の若者をターゲットにしやすい
  • ユーザーとコミュニケーションを取りやすい
  • 拡散力があるため広範囲に情報発信できる
  • トレンドや話題を生み出しやすい

ぜひ参考にしてみてください。

1.10~20代の若者をターゲットにしやすい

総務省の「情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」によると、Twitterを利用している10~20代は約70%というデータが出ています。前世代のTwitter利用率は約40%なので、20代以下の若者が主に利用していることがわかります。

若者に興味を持ってもらえる投稿内容を意識するのがマーケティング成功の秘訣です。

2.ユーザーとコミュニケーションを取りやすい

Twitterはユーザーと直接コミュニケーションが取れるのが特徴です。いいねやリプライなどで気軽にアクションできるのがTwitterの良いところでしょう。

ユーザーから直接商品やサービスへの意見や感想も受け取れるので、サービス改善にも役立ちます。また、ユーザーからの問い合わせにもすぐ対応できるので、信頼性のアップにつながります。

3.拡散力があるため広範囲に情報発信できる

Twitterはリツイート機能による拡散力があります。フォロワーがリツイートすることで、そのユーザーのタイムラインに投稿されます。

それを見てツイート内容や商品・サービスに興味を持った人がフォローしたり、さらにリツイートしたりしてどんどん広めることが可能です。

また、広告やインフルエンサーを起用することも、拡散効果が期待できます。ツイートがたくさんの人の目に触れることが、マーケティング成功の第一歩です。

4.トレンドや話題を生み出しやすい

ツイートが人気になれば、トレンド入りを狙えます。トレンド入りすれば、より多くの人の目に触れるため、フォロワーを増やしたり、商品やサービスのファンを増やしたりすることにつなげられます。

バズりそうな投稿を狙ってみるのも良いでしょう。

Twitterを利用したマーケティングのデメリット2つ

Twitterを利用したマーケティングには、SNSならではのデメリットがあります。こちらでは、デメリットを以下の2つの項目に分けて解説していきます。

  • 炎上するリスクがあ
  • 結果がでるまでに時間がかかる

ぜひ参考にしてみてください。

1.炎上するリスクがある

Twitterは拡散力が高いことがメリットですが、それにより炎上のリスクが高いことがデメリットです。1度炎上してしまうと、悪い印象を良い印象に変えるのはなかなか難しいでしょう。

悪い印象を与えるつもりはなくても、情報を受け取る側のユーザーがどんな印象を受けるのか、しっかり考えてからツイートを投稿することが大切です。

2.結果がでるまでに時間がかかる

Twitterマーケティングは、フォロワーを獲得することが必須です。しかし、アカウントを作ってからすぐにフォロワーが増えるわけではありません。成果が出るまではある程度の時間がかかります。

フォロワーを増やすためには、ユーザーの興味を引く魅力的なツイートを増やすことが大切です。どのような内容を投稿したら良いかわからないという場合、マーケティングの知識をつけてアカウントを運用していくのがおすすめです。

Twitterマーケティング運用5STEP

Twitterマーケティングを運用していく方法を確認しておきたいという方もいるでしょう。そこで、こちらではTwitterマーケティング運用の流れを5ステップに分けて解説していきます。

  1. 運用の目的をはっきりさせる
  2. 具体的な目標数値を設定する
  3. ペルソナを設定する
  4. アカウントの運用方針を決定する
  5. アカウントの分析を行う

運用の流れを事前に把握しておいたほうがスムーズに進められるでしょう。ぜひ確認してみてください。

1.運用の目的をはっきりさせる

まずは何を目的にTwitterアカウントを運用していくのか明確にしておきましょう。Webマーケティングは「KPI」と「KGI」を使用して具体的な目標を設定します。

  • KPI(重要業績評価指標):大きな目標を達成するためにクリアすべき短期的な中間目標
  • KGI(重要目標達成指標):長期的な最終目標

まずは「KGI」を設定します。Twitterの運用目的には、

  • マーケティング
  • 広報
  • コミュニケーション
  • カスタマーサポート

などさまざまです。

運用方法は大きく分けると「情報発信のみ」と「ユーザーとコミュニケーションをとる」の2パターンがあります。運用目的と運用方法を明確にしましょう。

運用の具体的な目的の例は、

  • 自社商品やサービスを認知してもらう
  • 自社商品やサービスのファンを獲得する
  • ユーザーから商品やサービスの改善案をもらう
  • 自社商品やサービスの売上向上

などがあります。まずは運用目的を具体的に設定してみてください。

2.具体的な目標数値を設定する

KGIを設定したら、最終目標を達成するためのKPIを設定します。目標を達成するために、具体的な数値を設定するのが成功のカギです。

  • フォロワー数
  • いいね数
  • リツイート数
  • インプレッション数

インプレッション数とは、表示された回数のことです。これらをどれくらいの期間でいくつくらいの数字を獲得するのか、目標を具体的に設定しましょう。

3.ペルソナを設定する

Twitterの投稿をどんな人に見てほしいのか、ペルソナを設定します。ペルソナをしっかり設定しておくことで、ユーザーが興味や関心を持ちそうな内容を投稿に盛り込むことが可能です。

  • 年齢
  • 性別
  • 家族構成
  • 職業
  • 趣味
  • ライフスタイル

など、細かく設定しましょう。具体的に1人のターゲットを想定し、その人がどんな情報を欲しがっているのか考えてみてください。不特定多数のユーザーをターゲットにするよりも、ずっと有益な投稿ができるでしょう。

4.アカウントの運用方針を決定する

目標やターゲットを設定したら、アカウントの運用方針を決定していきます。自社商品やサービスをアピールするアカウントにするのか、関連した情報をメインとして役立つ情報を発信するのかでも、運用方法は異なります。

例えば、アパレル系のアカウントなら

  • お店の新着アイテムを発信する
  • 洋服のコーディネートを発信する

この2つでも運用方法はかなり違ってきます。

また、投稿頻度や時間も決めておくとよいでしょう。これは、ペルソナに沿って決めるのがおすすめです。社会人がターゲットなら通勤時間や休憩時間を考慮して設定すると、見てもらえる確率を上げられます。

5.アカウントの分析を行う

運用を初めたら、アカウントを分析しましょう。分析結果を見て改善していくことがマーケティングの成果に繋がります。

具体的には、

  • ツイートに対するいいね数やリプライ数
  • フォロワーの特徴
  • プロフィールページの閲覧数
  • エンゲージメント数

など、チェックしておくべき点はたくさんあります。Twitterの分析ツールを使うと、さまざま項目を簡単にチェックできるので利用してみてください。

Twitterマーケティングに役立つ分析ツール3つ

Twitterマーケティングには、運用アカウントを分析することが大切です。しかし、どのように分析していけばよいのか迷う方もいるでしょう。アカウントの分析はツールを使うのがおすすめです。

こちらでは、Twitterアカウントの分析におすすめツールを3つ紹介します。

  • Twitterアナリティクス
  • whotwi
  • SocialDog

使いやすいツールを利用してみてください。

1.Twitterアナリティクス

Twitterアナリティクスは、マーケティングに必要なさまざまな項目が分析できる無料のツールです。

  • 過去28日のインプレッション数
  • 各月で最もインプレッション数が高いツイート
  • フォロワー数の増減
  • エンゲージメント率

などをチェックできます。自分のアカウント分析のみ可能で、他人や他社のアカウント分析はできません。

2.whotwi

引用:whotwi

whotwiは、自分のアカウントだけでなく競合アカウントの分析も可能なツールです。トップページにIDを入力するだけで簡単に分析できます。

フォロワーの状況をチェックするのにおすすめです。一方的にフォローされているアカウントを一括フォローができます。その他競合のフォロワー一覧や投稿が活発な時間帯などもチェックできるので、自分のアカウントの改善を検討できるでしょう。

3.SocialDog

引用:SocialDog

アカウントの分析だけでなく、管理も行うツールです。

  • フォロワー管理
  • 予約投稿
  • フォロワー分析
  • 複数アカウントの管理

など、幅広いサポートを行います。無料、有料あわせて4つのプランがあるので利用したいサービスに合わせて選んでみてください。

Twitterマーケティングの成功事例3つ

Twitterマーケティングで成功しているアカウントをチェックすると、運用の参考になるでしょう。こちらでは、成功事例を3つ紹介します。

  • 任天堂
  • ユニクロ
  • セブンイレブン

アカウント運用の参考にしてみてください。

1.任天堂

任天堂のアカウントは、ゲーム会社の中でも圧倒的な人気があり、2021年6月時点で191万人のフォロワーがいます。

ツイートにはマリオなど海外からも人気のキャラクターをたくさん登場させ、親しみやすさも抜群です。動画を活用したツイートも多く、ユーザーが楽しめるよう工夫されています。

2.ユニクロ

ユニクロは2021年6月時点で78万人のフォロワーがいる人気アカウントです。セール情報だけでなくコーディネートの紹介も発信していて、着用イメージがわくように工夫しています。

さらに、ユーザーからツイートで意見を求めることで、一方的に情報を発信するだけでなくコミュニケーションも大切にしています。

3.セブン‐イレブン・ジャパン

セブンイレブンのアカウントは2021年6月時点で390万人の人気アカウントです。セブンイレブンはリツイートを積極的に行っています。

一般の人が商品の感想を載せたツイートをリツイートし、商品への「生の声」を拡散して口コミを増やす効果を生み出しています。プロモーションの方法はかなり参考になるでしょう。

▼無料でビジネス力を飛躍的に高められるLINEマガジン

無料でビジネス力を飛躍的に高められるLINEマガジンは、起業4年で年商10億円を突破した迫 佑樹が、ビジネスのノウハウを紹介する無料のマガジンです。
  • 18歳から起業し、年商10億円を突破
  • オンライン事業をやりながら、飲食店や美容室も成功に導く
  • 不動産6個保有
  • ベンチャー投資家として5社に出資
など、短期間で実績を出したノウハウを、限定コラムや動画という形で配信しています。 ビジネス力を高めたいマーケティングのスキルを伸ばしたいと考えている方は、ぜひ登録を検討してみてください。